Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. エンジニアの職種
  4. ITエンジニア
  5. フロントエンドエンジニアの需要と将来性は?年収や必要なスキル、案件例をご紹介

フロントエンドエンジニアの需要と将来性は?年収や必要なスキル、案件例をご紹介

フロントエンドエンジニアの需要と将来性は?年収や必要なスキル、案件例をご紹介のイメージ

「フロントエンドエンジニアってどんな仕事をするの?」
「フリーランスとしてのフロントエンドエンジニアの年収や将来性が知りたい」
ITエンジニアを目指している方の中には、ユーザーから見える部分を開発するフロントエンドエンジニアについて、詳しく知りたい方も多いでしょう。

また、独立した場合の収入や需要も気になるのではないでしょうか。

本記事では、フロントエンドエンジニアの需要や年収などを中心に紹介します。また、フリーランスのキャリアプランや高単価を目指すための方法なども分かり、フロントエンドエンジニアの仕事やキャリアプランなどを具体的にイメージできるでしょう。

本記事を参考にして、高収入が得られるフロントエンドエンジニアを目指しましょう。

フロントエンジニアの需要と将来性

フロントエンドエンジニアの需要は高い傾向が続いています。現代のウェブ開発は、ユーザーエクスペリエンスの向上やユーザーインターフェースの開発に重点を置いており、そのためにフロントエンドエンジニアのスキルと専門知識が不可欠となっています。

フロントエンドエンジニアは、ユーザーが使いやすく、魅力的なデザインや機能を持つアプリケーションを開発する役割を果たし、常に最新の技術について学び、適切なツールを選択して開発する必要があります。

また、 ウェブアプリケーションのユーザーインタラクションは複雑化しており、リッチなユーザーエクスペリエンスを提供するためにフロントエンドエンジニアの役割が重要です。

したがって、フロントエンドエンジニアは、今後も高い需要が期待される分野であると言えるでしょう。フロントエンドエンジニアとしてのスキルや経験を磨くことが大切です。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人動向

「フロントエンドエンジニア」は、Webサービスにおいて、ユーザーの目に触れるブラウザ部分の開発を担当するエンジニアです。

近年、WebシステムやWebアプリの開発をする会社でのニーズが高いうえに、クラウドサービス関連システムの開発に関する需要が高まっています。

現在、数が多いのはJavaScriptによるWebコンテンツのフロントエンド開発案件で、単価が高い傾向にあるのは、TypeScriptに関する案件でしょう。

マイクロソフト社によって開発されたプログラミング言語であるTypeScriptは静的型付け言語で、JavaScriptのフレームワークやライブラリを使用できます。

【比較】フロントエンドエンジニアのフリーランス・会社員年収

ここからは、フロントエンドエンジニアの年収を見ていきましょう。フリーランスと会社員に分けて、年収を比較していきます。

なお、フロントエンドエンジニアを含むITエンジニアの収入は、スキルレベルに応じて大きな幅があります。

【フリーランス】フロントエンドエンジニアの年収

フリーランスのフロントエンドエンジニアの平均年収は約800~900万円、最高年収は約1,200~2,000万円、最低年収は約200~300万円です。

また、平均単価は約50~80万円、最高単価は約100~120万円、最低単価は約10~20万円です。

年収(万円) 単価(万円)
平均 約800~900 約50~80
最高 約1,200~2,000 約100~120
最低 約200~300 約10~20

【会社員】フロントエンドエンジニアの年収

経済産業省が発表した『IT関連産業の給与等に関する実態調査結果』によると、20代の平均年収は413万円、30代の平均年収は526万円、40代の平均年収は646万円という結果でした。年齢を重ねるにしたがって順調に平均年収も上がっていることが分かります。

上流工程に携わったり、マネジメント業務を担当したりしてキャリアを広げれば、年収アップが期待できるでしょう。

出典|参照:『IT関連産業の給与等に関する実態調査結果』<参考>米国との比較|経済産業省

平均年収(万円)
20代 413
30代 526
40代 646

フロントエンドエンジニアの仕事内容

WebサイトやWebシステムのフロントエンド開発を担当するフロントエンドエンジニアは、ディレクションからデザインまで幅広い業務に携わる可能性があります。ただし、企業やプロジェクトによって業務範囲が異なる場合もあります。

それではフロントエンドエンジニアの仕事内容について、具体的に見ていきましょう。

  • UI設計
  • テスト・デバッグ
  • フロントエンドのコーディング

UI設計

「UI設計」とは、WebサイトやWebアプリのUI(User Interface)構造を設計することです。フロントエンドエンジニアは、顧客からヒアリングをもとに、フロントエンドに求められる機能をまとめます。

また、システムエンジニアやWebデザイナーとともに、ユーザーの視点に立って全体の構造を考え、レイアウトや画面遷移、データ出入力のタイプなどを決めて、仕様書を作り上げていきます。

テスト・デバッグ

フロントエンドエンジニアの重要な仕事のひとつが「テスト」および「デバッグ」です。完成したWebシステムやWebアプリは、単体テストだけでなく結合テストも実施します。

また、フロントエンドエンジニアは、プログラムの脆弱性に関するテストやWebサーバー上でのテストなどを実施します。

問題点を修正するデバッグ作業とテストを繰り返し、リリースできるのです。さらに、リリース後に問題が見つかった場合は、修正プログラムを作成することもあるでしょう。

フロントエンドのコーディング

フロントエンドエンジニアの中心となる仕事はコーディングでしょう。当然のことながら、HTMLやCSSの仕組みをしっかり理解していることが求められます。

また、スケジュールに沿ってコーディングを行うのはもちろんですが、セキュリティ対策に力を入れたり、ライブラリやフレームワークを活用して効率的で読みやすいプログラムを作成したりすることが重要です。

▼関連記事
【2023年トレンド】おすすめのCSSフレームワーク40選!効率的にデザイン作成を

フロントエンドエンジニアの案件例

フリーランスのフロントエンドエンジニアの求人・案件には、以下のようなものがあります。

【フロントエンド開発およびWebデザイン】
・単価:約550,000円/月
・仕事内容:JavaScriptを用いたHP制作で、コーディングおよびWebデザイン作業
・求めるスキル:HTMLおよびCSS、JavaScriptを用いた開発経験
・歓迎スキル:ECサイトの構築経験

【フロントエンド開発(ECサイト制作)】
・単価:約750,000円/月
・仕事内容:ECサイトの制作および運用
・求めるスキル:HTMLおよびCSS、JavaScriptを用いた開発経験(3年以上)、WebpackおよびGitHubの使用経験        
・歓迎スキル:React.jsの実装経験

このように、フリーランスの案件は月ごとの単価が提示され、業務内容や求めるスキルに応じてその高さが異なるでしょう。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアは、その他のITエンジニアと同様、フリーランスとして独立することが年収アップに繋がります。ただし、独立してもスキルがなければ継続的に仕事を得ることはできないでしょう。

ここからは、フロントエンドエンジニアに必要な資スキルを紹介します。

  • HTML・CSSの知識
  • プログラミング言語に関する知識
  • CMSの知識
  • ライブラリ・フレームワークに関する知識
  • SEOに関する知識
  • Webデザイン・UI/UXデザインに関する知識
  • 英語力・コミュニケーション力

HTML・CSSの知識

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSなどを使用し、フロントエンド上の機能やデザインを実装します。

具体的には「マークアップ言語」であるHTMLで必要な情報を記述し、「スタイルシート言語」であるCSSでデザインを装飾します。

なお、フロントエンドエンジニアに必須であるHTMLのスキルを客観的に証明するためには「HTML5プロフェッショナル認定試験」があり、フロントエンドエンジニアにおすすめの資格です。

▼関連記事
【基礎から解説】HTMLコーダーとは?仕事内容や必要な知識、キャリアパスについて解説

プログラミング言語に関する知識

先述したHTML・CSSに加えて、アニメーションなどを実装するためのJavaScriptや、必要に応じてPHPやRubyなどのプログラミング言語を使う場合もあるでしょう。

Webページに動きを加えるのに適しているJavaScriptのスキルは、多くのWebサイト開発の案件で求められます。その他、PHPやRuby、Java、SwiftなどもWebサービスの制作実務に役立つでしょう。

▼関連記事
JavaScriptエンジニアの平均年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介

Javaエンジニアとは?仕事内容や年収アップ方法、将来性などを解説!

CMSの知識

CMSとは「Contents Manegiment System」(コンテンツ マネジメント システム)の略で、Webコンテンツの更新作業などを簡単に行えるシステムです。 代表的なCMSには、WordPressがあります。

CMSによって、Webサービスの開発・構築に関する知識がなくても、ブログの更新やニュース配信などができます。CMSの導入や構築、運用への知識はフロントエンドエンジニアにとって、必要不可欠です。

ライブラリ・フレームワークに関する知識

開発・構築作業を効率的に行えるライブラリやフレームワークに関する知識や運用経験は、フロントエンドエンジニアにとっても重要です。

特に、JavaScriptはライブラリやフレームワークが充実しているプログラミング言語であるため、その経験は高単価案件の獲得につながるでしょう。

たとえば、JavaScriptについての高単価案件には、Vue.jsやReact、Nuxt.js、Next.jsの経験が求められることが多いでしょう。

▼関連記事
【2023年】JavaScriptフレームワーク・ライブラリの8選を比較!おすすめも紹介

SEOに関する知識

フロントエンドエンジニアはWebマーケティングの知識も重要になります。その中でも、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)に関する知識は、エンジニアとしての価値を上げるでしょう。

SEO施策はWebサービスを制作する段階から始まっているため、フロントエンドエンジニアとして活躍していくためには、SEOの知識を身につけることをおすすめします。

Webデザイン・UI/UXデザインに関する知識

UI/UX設計(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンスの設計)とは、ユーザーの目に触れる、または体験する部分の設計をすることです。

Webデザインを含めて、ユーザーの印象や使いやすさを左右する大切な要素で、これらの知識はWebコンテンツのフロントエンド開発には欠かせません。

なお、Webデザインに関するスキルを上げるならPhotoshopやIllustratorの習得を、UI/UX設計に役立つ資格としては「ウェブデザイン技能検定」の取得を目指すと良いでしょう。

▼関連記事
【2023年版】Webデザイナーの平均年収は?年収アップを目指す方法やおすすめの資格をご紹介

英語力・コミュニケーション力

前述した技術的・専門的なスキル以外に、フロントエンドエンジニアには英語力やコミュニケーション能力も大切です。

エンジニアは、日々進歩する技術に関する情報収集や疑問解決のために論文を読んだり、新しいライブラリやフレームワークに取り組んだりする際、頻繁に英語に触れる機会があります。

そのため、スムーズに有益な情報を得るために、ある程度の英語力は備えておく必要があるでしょう。

一方、チームで開発プロジェクトを進める中で、コミュニケーション能力も欠かせません。また、クライアントとのやり取りの中でも、コミュニケーションがとれなければ業務が滞る可能性があります。

▼関連記事
エンジニアのフリーランスとして市場価値が高まるスキル例!市場価値を高めるために重要なこと

フロントエンドエンジニアで高単価を目指すためには?

前述したとおり、フリーランスのフロントエンドエンジニアの単価は、約10万円/月~120万円/月と、スキルやキャリアによって大きな差が生じます。

フロントエンドエンジニアが高単価の案件を獲得するためには、企業でフロントエンド開発経験を多く積むと同時に、できるだけ多くの言語やフレームワークなどを習得し、キャリアやスキルを上げることが重要です。

特に、需要の高いかつ希少価値の高いプログラミング言語やフレームワークの習得、Webデザインの経験、マーケティングへの理解、などが他のエンジニアとの差別化につながるでしょう。

フロントエンドエンジニアの将来性とフリーランスのキャリアプラン

フロントエンドエンジニアの将来性は、スキルや実績によって異なります。たとえば、HTMLのマークアップを主に行ってきたフロントエンドエンジニアは、コーダーなどと競合するため、淘汰される可能性があります。

コーディングだけではなく、前述したスキルや最新の知識・技術を身につけることで、長期間において活躍できるでしょう。

フリーランスとしてのキャリアプランとしては、マネジメント力を身につけてプロジェクトマネージャーになったり、バックエンドの領域を経験してフルスタックエンジニアになったりすることで、将来性および収入の向上が期待できます。

▼関連記事
フロントエンドエンジニアの今後|将来性や求められる能力を解説

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件例

ここまで記事を読み進めた方で、実際にどのようなフロントエンドエンジニアの案件があるのか気になった方も多いでしょう。

ここからは実際に出されているフロントエンドエンジニアのフリーランス案件について紹介していくため、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

常駐案件

月単価が80万円~100万円と相場以上に高額で魅力的な案件です。月140時間〜180時間の稼働となるため、副業として参加はできないでしょう。

ただ、高額な報酬に見合ったハイレベルな内容となっているため、スキルに自信がある方におすすめの案件となっています。

リモート・在宅案件

こちらはリモートOKが特徴な案件です。この案件は、JavaScript(TypeScript)を使用し、Nuxt.jsフレームワークやGCPデータベースなどの最新技術を用いた新規サービスの開発案件です。

また、実装からテストまで一連の開発プロセスを担当することができるため、スキルアップする機会にもなります。「好きな場所で働きたい!」という方におすすめなリモートの案件だと言えるでしょう。

フロントエンドエンジニアは将来性が期待できる職種

フロントエンジニアの年収は、持っているスキルやこれまでの実績によって差が出るため、転職前やフリーランスになる前に年収相場を確認しておきましょう。

多くの役立つスキルを持っているフロントエンドエンジニアは需要が高く、選択肢も広がるなど、将来性の高い職種です。独立した際は高単価の案件を獲得できるよう、早い段階から将来を見据えてスキルと実績を蓄積しておきましょう。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.05.16
更新日
2024.03.29

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス