最終更新日時:2019年11月11日

思いもかけないフリーランスとしてのキャリア。そこには大きな可能性がたくさん詰まっていた

エンタメ系のサイト運営に興味を持ち、正社員のキャリアを重ねていた渡邉芳久さん。将来に不安を感じた時に、出会ったのがフリーランスの道。それまで見向きもしなかった道に大きな可能性があることを知り、今はど真ん中を邁進するまでに成長。その軌跡を伺った。

エンタメ系のサイト運営に興味を持ち、正社員のキャリアを重ねていた渡邉芳久さん。将来に不安を感じた時に、出会ったのがフリーランスの道。それまで見向きもしなかった道に大きな可能性があることを知り、今はど真ん中を邁進するまでに成長。その軌跡を伺った。

利用者プロフィール

思いもかけないフリーランスとしてのキャリア。そこには大きな可能性がたくさん詰まっていた
渡邉芳久(わたなべ よしひさ)さん
美大卒のグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、徐々にWEBエンジニアに移行。当初、フリーランスは視野になかったが、正社員で行き詰まった先の新天地としてアプローチ。Midworksでキャリアを重ね、スキルを向上させ、さらなる将来像も思い描いている。

デザイナーからWEBエンジニアへ。エンタメ業界を中心に活躍

―フリーランスになる前のお仕事について教えてください。

渡邉氏:大学は美術系で写真と映像を専攻していました。卒業後はグラフィックデザイナーとして、デザイン制作会社に入社しました。そこで自社サイトの更新について、社長からHTMLやコーディングを教えてもらったことが、エンジニアへの第一歩です。その後、WEB制作会社を何社か転職。WordPressやPHP、JavaScriptの知識・技術を身につけ、デザイナー兼エンジニアとして働くようになりました。

単に表装のデザインだけに関わるだけでなく、サイトそのものを自分で作れることが面白かったですね。WEB制作会社の開発環境は、大がかりなプロジェクトというよりも、小規模なクリエーターチームが多かったので、一人でコツコツと取り組めるのも自分に合っていたんだと思います。
―主にどんな案件を担当されていたのでしょうか?

渡邉氏:もともとエンタメ系の華やかな世界に憧れていたので、若い女性に大人気のファッションイベントのサイト運用も担当していました。スピーディに表示できる基盤を作り、イベントの当日もリアルタイムに更新する仕事を、バックステージでバタバタと行うこともありました(笑)。納期に間に合わせるコミット力もかなり身についたと思います。

それから音楽制作会社のデザイナー兼エンジニアも経験しました。当時流行りのAJAXやCSSアニメーションなどのギミックを使って、ミュージシャンのオフィシャルサイトを自由に作れたのは楽しかったですね。

とは言っても、華やかに見える世界も理想と現実のギャップがありました。体力的にキツイ仕事もありましたし、知れば知るほど、方向性を見失いがちになっていたと思います。
―方向転換を考えてみましたか?

渡邉氏:エンタメ系ではない、堅めのWEB制作会社に一度入ってみたんですが、全然自分の性に合わなくて。タスクを細分化して進捗管理するワークブレイクダウンストラクチャーの手法を取り入れていたんですが、理詰めで仕事を進めるやり方についていけず、研修段階でリタイアしてしまいました。そうなると「この先、どうしようか」と路頭に迷う思いが募りました。
―その時点で、フリーランスになることは考えていなかったのでしょうか?

渡邉氏:フリーランスというのは、「本当に力がある人がやれる仕事」と考えており、自分は一生なれないものだと思っていました。だからチームの中でフリーランスの人がいても、働き方に関心を持つことはなかったですね。

Midworksが開いたフリーランスの世界

思いもかけないフリーランスとしてのキャリア。そこには大きな可能性がたくさん詰まっていた
―それでもMidworksとの出会いがあったんですよね。

渡邉氏:たまたまSNSに広告が出たんです。見てみると、これまでの経験を生かしてWEB業界で働くならフリーランスという方向性もあることを知りました。行き詰まりを感じていた時だったので、まずは話だけでも聞いてみようと、面談の予約を入れたんです。
―面談の感触はいかがでしたか?

渡邉氏:自分のスキルだと、正社員の倍近い報酬が得られることを知り、本当に驚きました。フリーランスの報酬がそんなにいいとは、まったく知りませんでした。一度帰宅して、よく考え直しましたが、フリーランス以外の答えは見つからなくて。Midworksに案件を紹介してもらうことにしました。
―フリーランスになってからは、ずっとMidworksからの紹介になるのでしょうか?

渡邉氏:はい。フロントエンドエンジニアとしての案件が、2年ほど切れ目なく続いています。正社員の頃のようにエンタメ業界に絞るのではなく、自社サイトや医療系企業、外資系金融、占いサイト等、業種はさまざま。フロントエンド技術が高められる案件を選んでいます。

たとえば医療系や金融系の企業サイトでは、堅実でシンプルなデザインが好まれますが、Rubyのような新しい言語やLaravel、Reactのようなフレームワーク・ライブラリも多用。モダンな言語や技術を積極的に採用しているので、勉強になります。
―他にフリーランスになって変化したことはありますか?

渡邉氏:正社員の頃は、システム開発はエンジニアの自分に一存されることが多かったのですが、フリーランスになって初めてチーム開発に加わるようになりました。

最初は慣れなかったですね。チーム開発はソースコードの管理が必須なのに、Gitも使ったことなかったですから。しかもフリーランスは即戦力が求められます。チームのメンバーは自分にある程度のスキルを見込んでいるので、1社目はずいぶん周りに迷惑をかけてしまいました。でもここで学んだことが、大きな糧になっていると思います。

フリーランスとしてスキルも向上。もう正社員には戻れない

思いもかけないフリーランスとしてのキャリア。そこには大きな可能性がたくさん詰まっていた
―1社目に大変な思いをしても、正社員に戻ろうとは思わなかったのですね。

渡邉氏:そうですね。チーム開発の経験も積めたし、フロントエンドのスキルも向上。案件ごとに使ったことがない言語があっても、これまでの知識をベースに対処できるので、応用力も増したと思います。

それから最初に聞いていたように、報酬も正社員時代に比べて上がりました。自分で保険や税金を払っても、それが負担になるようなことはありません。自力で収支管理できるようになったのも、自信に繋がりましたね。

また仕事先はどこも、極力残業をしない方針なので、残業時間も減りました。正社員時代のように休日返上で納期に間に合わせることもないので、フリーランスになってからのほうが圧倒的に働きやすいです。
―Midworksの対応はいかがでしょうか?

渡邉氏:自分の希望にあった案件を切れ目なく提案してもらえるので、とても助かっています。また、定期的にアンケートを行い、フリーランス側の声を聞いてもらえる機会があって。自分から仕事先に直接言いにくいことも、このような機会を通じて伝えられるので、安心して案件に臨んでいます。

将来はトータルクリエーターとして活躍したい

―どんな人がフリーランスに向いていると思いますか?

渡邉氏:自分のスキルを高めたい人ですね。ジャンルを問わず、幅広い案件に取り組めるので、言語や技術の視野も実力も広がります。

それから会社に縛られずに、自由に働きたい人も向いているかなと。私はこれまで常駐の案件で動いていますが、リモートの案件も少しずつ増えてきました。人脈も広がるので、ディレクターから直接仕事を紹介されることもあります。
―今後はどんな仕事をしていきたいですか?

渡邉氏:足元では、Vue.jsやNuxt.jsなどのモダンなフレームワークを使って、フロントエンドの知見を高めたいと思っています。それから近い未来では、クリエーター活動もしたいと考えています。大学でも学んでいたように、写真や映像が好きです。フリーランスになって収入も増えたおかげでプロ用の機材を揃えることができました。エンジニアの仕事は週5の常駐から、週3〜4くらいにペースダウンして、自分の時間を作り、自分で撮って編集して、サイトも運用。トータルクリエーターとして活躍できたらいいなと思っています。

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録