フリーランスのキャリアに関する記事

元請け会社と下請け会社の違いとは|転職時に注意するべきこと
IT業界や建設業界などで「元請け」「下請け」という言葉がよく使われます。 どちらも、依頼主からの仕事を請け負う契約の流れを表した言葉です。
退職前と退職後にすべきこと一覧|保険の手続き・挨拶周りなど
退職をする際は、適切なタイミングを考えることが重要です。やむ得ない事情によって仕事を辞めなくてはいけないことはありますし、後に残される人のことを考えていつまでもやられないのでは困ってしまいますから、決断したタイミングで出来るだけ早く退職するは重要でしょう。
やりたくない仕事を振られた時の対応方法・モチベーション維持方法
世の中には、医者や弁護士など誰もが憧れる仕事がある一方で、その仕事のイメージが先行して、やりたくないと思わがちな仕事があります。では、やりたくないと思われがちな仕事にはどのような仕事があるのでしょうか。以下にやりたくない仕事をランキング形式で紹介していきます。
研究職への転職時の自己PRの書き方と例文・面接時の受け答え方
研究職志望者が自己PRで押さえるべきポイントと書き方をお伝えします。まず研究職といっても自己PRの基本を押さえることには変わりありません。希望する会社と、その会社が求める人物像を分析し、自分とマッチしているか否かを判断、そしてマッチしているのであれば、どこがマッチしているのか、なぜそう考えるのかを自己PRに盛り込みましょう。 具体的な流れとしては、
SEとPGはなにが違う?|単価相場と年収と仕事内容の違い
ITエンジニアには様々な職域があり、中でもSEとPGはその代表的な職業と言うことができます。ですが現状においてこの2つの職域は互いにカバーする部分もあるため、見分けがつきにくい面もあります。改めてSEとPGの違いについて見ていきましょう。
金融系SEは激務なのか?|残業時間/平均年収/仕事内容/必要な資格
金融系SEは、金融関連の企業で使われているシステムを担当するSEです。金融業の種類や使用システムによって業務内容が変化するため、臨機応変さや柔軟さが求められます。
外資系IT企業のメリットとでデメリット|年収・評価制度の違い
外資系IT企業についての世間一般の認識はまず「エリート」「高収入」「高学歴」といったところでしょう。一歩踏み込んでみると「能力主義」「転職に有利」「きついがやりがいがありそう」などといった感想も出てきそうです。では、外資系IT企業に入ること、働くことのメリットは果たして何なのでしょう?
運用SEの仕事内容や残業時間とは|求められるスキルや資格一覧
運用SEとは、既に今現在稼働しているネットワークやサーバーの管理と保守をするのが仕事です。システムの安定と安全を守るのがメインの業務内容となっているSEのことを「運用SE」と呼んだり、「運用管理・保守SE」と呼んだりします。
SEから独立して起業するべき人の特徴|起業のメリット・デメリット
何年も会社に属し、SEとして働いていると多くのプロジェクトに参加し経験も豊富になっていきます。技術力も上がり、エンジニアとしての能力に自信がついてくると、自分に合った環境を模索し独立を視野に入れ始める人も少なくないでしょう。
プログラマーの将来性・キャリアアップ|業界の現状と35歳定年説
現代のコンピューター技術は日進月歩の歩みを見せ、今や企業だけではなく個人間でもなくてはならない存在になりました。
SEにはどんなキャリアプランがあるのか|キャリアプラン例一覧
SEには王道となるキャリアプランがあります。それはスペシャリストを目指すことです。これはどんな職種でも共通することですが、ある程度キャリアが積み上がってくると技術を磨いていくのか、それとも管理者としてのマネジメントスキルを磨いていくのか、という選択が必要になります。
オラクルマスターのブロンズに合格するための勉強法|オススメ参考書
日本オラクル社のデータベース認定試験がオラクルマスターで、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの順に難易度が上がっていきます。オラクルデータベースの基礎管理レベルの資格であるブロンズを取得するためには「SQL試験」「DBA試験」の二つの試験に合格する必要があります(順序はどちらが先でも構いません)。「SQL試験」は公認テストセンターでの受験のほか、自宅でオンライン受験も可能となっています。
将来性のあるSEの特徴とは?|SE職の現状・課題・勉強法
今日本でのパソコンの世帯普及率は約95%、携帯やPHS、スマートフォンなどの普及率は70%以上と言われています。インターネットが企業のみならず一般家庭にも深く浸透し始めている今、SEと言う職業の需要はますます高くなっていくと言われています。
「サービスエンジニア」とは?|平均年収・資格・仕事内容・将来性
サービスエンジニアとは、様々な機械のメンテナンスや保守点検を行う職業です。例えばオフィスに接地されているコピー機やサーバー機器から、精密な医療機器まで、扱う製品は所属した企業によって実に多岐に渡ります。
「組み込みエンジニア」の仕事内容とは|平均年収・求められるスキル
スマートフォンや家電製品、自動車まで、様々な製品に組み込まれるソフトウェアを開発するのが「組み込みエンジニア」の仕事です。製品そのものの動作性に関わる、非常に重要な役割です。
Oracleの勉強にはどれくらいかかる?|おすすめの学習サイト
Oracleの勉強で大切なのは、とにかく自分でやってみることです。
【業界研究】ゲーム業界の現状・動向とは|市場規模や将来性
世の中に娯楽は数多く存在していますが、その中でも現代に登場したコンピュータゲームは世界的に広まるようになりました。現在ではアーケードやコンソール、スマートフォンなど様々な領域へと拡大を見せその勢いは留まりません。
セキュリティエンジニアの仕事内容とは|平均年収・資格・スキルなど
インターネットの世界は自由で利便性が高いため様々な形で利用されるようになりました。企業の自社サイトはもちろん、料理のレシピを投稿できるサイトや匿名掲示板、ソーシャルネットワークサービスなどのサービスも大々的に展開され多くの利用者を生み出しています。
ブリッジSEの役割・平均年収・必要なスキルとは|役立つ資格一覧
ブリッジSEとは、オフショア開発をはじめとして、二カ国以上の間に立ち、プロジェントをスムーズに進めるための調整を行うITエンジニアのことです。
上流SEとは | 仕事内容・必要なスキル・平均年収・激務?
システムエンジニアが行っている、システム開発と言う仕事には下流工程と上流工程と呼ばれる仕事の役割分担があります。
プリセールスとは | 平均年収・キャリアパス・オススメの資格
プリセールスは、システムやソフトウェアなどを導入するときに、営業担当者のサポートをする仕事のことを指しています。高いITスキルや知識を持っており、より技術的な面から、顧客対応や営業サポートをしています。
SE業界はブラック? | ブラック企業の見分け方・特徴・対策方法
残念なことに、世間一般では「SE=ブラック」というイメージが成り立ってしまっているようです。
インフラエンジニアにおすすめの資格一覧・資格取得のメリット
インフラエンジニアの中かでも情報通信系エンジニアを目指す人が、ネットワークエンジニアなどアソシエイトレベルから徐々にスキルアップするために、取得や習得が望ましい資格や知識、業務経験や、隣接分野やケースなどがわかり、効率の良い業務経験や自己啓発の目安となることで、昇進に近づきます。
プロジェクトマネージャーに必要なスキル・キャリアパスの事例
この記事では、プロジェクトマネージャーに必要なスキルについて、そのスキルが必要な具体例も交えてご紹介していきます。
カスタマーエンジニアとは|平均年収・役立つ資格・将来性・やりがい
クライアントのコンピュータ・システムやネットワークシステムなどを良好な状態に保つために、保守・点検・修理を行う仕事がカスタマーエンジニアです。クライアント先にトラブルが発生した際に訪問し、業務にあたりますが、時には常駐で働くこともあります。
60秒 でできる
無料会員登録