Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランスの基礎知識
  4. 課題・悩み
  5. 40代からフリーランスは目指せる?メリットや活躍するポイントも紹介

40代からフリーランスは目指せる?メリットや活躍するポイントも紹介

40代からフリーランスは目指せる?メリットや活躍するポイントも紹介のイメージ 40代からフリーランスは目指せる?メリットや活躍するポイントも紹介のイメージ

「フリーランスエンジニアの平均年収はどのくらいなの?」
「40代からフリーランスとして独立することはできる?」
「40代でフリーランスとして活躍するにはどうすればいい?」
このように、40代でフリーランスエンジニアとして独立することに興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、フリーランスエンジニアの平均年収や40代からフリーランスになるメリットなどについて解説しています。この記事を読むことで、40代からフリーランスを目指すことができるのかどうか把握できるでしょう。

また、フリーランスとして独立するのにおすすめのタイミングについても紹介していますので、独立するタイミングが知りたいという人も参考にできます。

40代からフリーランスを目指せるのかどうか詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニアの平均年収

フリーランス向けエージェントに掲載されているエンジニアの求人情報をもとにすると、フリーランスエンジニアの平均年収は790万円ほどと言えます。ただし、エージェントによっても金額は異なるため、平均年収が850万円ほどになっているケースもあります。

もちろんフリーランスエンジニアの場合、案件の規模や種類、年齢によっても年収が変わるため、平均年収よりも多くの年収を獲得しているフリーランスエンジニアも存在しています。なお、年齢ごとの平均年収では、40代のフリーランスエンジニアの平均年収は860万円ほどです。


▶︎40代フリーランスエンジニアの平均年収は?詳細記事はこちら!

40代からフリーランスになるメリット

フリーランスエンジニアは若いイメージがありますが、実際には多くの40代や50代の人材が活躍しています。それでは、40代からフリーランスエンジニアになることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは40代からフリーランスになるメリットを紹介しますので、独立を検討している人は参考にしてみてください。

  • 生活スタイルに合わせて仕事量を調整できる
  • 通勤時間や人間関係のストレスが軽減される
  • これまでのスキルを活かして収入アップも目指せる

生活スタイルに合わせて仕事量を調整できる

フリーランスは自分で仕事の内容や量を決めることができます。40代の人の中には、仕事と並行して家事や育児、家族の介護などをしているという人もいるでしょう。

40代からフリーランスになることで、自分の生活スタイルに合わせて仕事の量をコントロールできるというメリットがあります。自分がこなせる量の仕事を獲得し、納期を守って成果を出すことができれば、ライフスタイルに合わせて働きやすいのがフリーランスの魅力です。

通勤時間や人間関係のストレスが軽減される

どのように働くかによっても変わりますが、在宅で仕事ができるフリーランスであれば通勤する必要がありません。また、会社員のように深い人間関係を築く必要もないため、会社員時代の通勤や人間関係のストレスを軽減することができます。

通勤する必要がなければ、通勤時間分の時間を削減してその分業務に時間を充てることができます。また、満員電車のストレスからも解放されるでしょう。

さらにフリーランスは自分でクライアントを選ぶことができるため、合わない相手と無理に仕事をする必要もありません。

これまでのスキルを活かして収入アップも目指せる

40代からフリーランスになることで、これまでのスキルや経験を活かすことも可能です。たとえば前職で営業職として働いていた場合、営業時代のスキルを活かして営業活動を行うことによって、効率的に案件を獲得していくことができるでしょう。

このように、40代からフリーランスを目指すのであれば、これまでの職歴などから自身の強みを分析することが大切です。自身の強みをうまく活かすことによって、会社員時代よりも収入を上げることができるでしょう。


▶︎40代からでもフリーランスエンジニアは目指せる?詳細記事はこちら!

40代からフリーランスになる課題

40代からフリーランスになることには多くのメリットがあることを紹介しましたが、一方でいくつかの課題も存在しています。そのため、40代からフリーランスエンジニアを目指す場合はどのような課題があるのか把握した上で検討することが大切です。

ここでは40代からフリーランスになる課題を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 案件獲得が難しい場合はある
  • 最新のIT技術のキャッチアップが難しい
  • 体力を維持するのが難しい

案件獲得が難しい場合はある

開発プロジェクトではさまざまな職種のエンジニアがチームになり、協力しながら業務に取り組むことになります。このような事情から、他のメンバーよりも年齢が高いフリーランスエンジニアは案件に参画できないケースもあるでしょう。

実際にフリーランス向けの案件の中には、「30代まで」などの年齢制限が設けられている案件もあります。若い世代よりも経験やスキルがあったとしても、40代からフリーランスエンジニアになれば案件獲得が難しくなる可能性もあることを考慮しておきましょう。

最新のIT技術のキャッチアップが難しい

フリーランスエンジニアとして働くためには、日々新しい知識や技術をキャッチアップしていく必要があります。しかし40代からフリーランスになる場合、最新のIT技術をキャッチアップしていくのがだんだんと困難になっていくでしょう。

IT業界はトレンドの変化も早いため、フリーランスエンジニアとして長く働きたいのであれば常にスキルを磨く必要があります。今は仕事をこなせたとしても、スキルアップする努力をしなければいつか時代に追いつけなくなってしまうでしょう。

そのため、空いた時間を利用して勉強会などに積極的に参加することが大切です。

体力を維持するのが難しい

フリーランスに限らず、一般的に年齢を重ねるとともに体力や気力は衰えやすくなります。そのため、40代からフリーランスになることで仕事をするための体力や気力が低下し、仕事量が減っていくリスクがあります。

仕事量の低下は収入の低下を意味するため、フリーランスにとって死活問題となるでしょう。40代からフリーランスを目指すのであれば、日頃から仕事に必要な体力を維持できるように心がけておく必要があるでしょう。

40代でフリーランスとして活躍するポイント

40代からフリーランスとして独立したいと考えていても、何をどのようにすればよいのかわからないという人もいるでしょう。40代からフリーランスを目指すのであれば、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

ここでは40代でフリーランスとして活躍するポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ニーズに沿ったスキルを習得する

フリーランスは自身のスキルが資本となります。会社員であればスキルが低くてもすぐに解雇されるということはありませんが、スキルの低いフリーランスは仕事を獲得していくことができません。

逆に、スキルの高いフリーランスであれば高単価の案件が獲得しやすくなるでしょう。そのため、40代からフリーランスを目指すのであれば、クライアントのニーズに沿ったスキルを習得していく必要があります。

常にニーズにマッチした技術を習得し続けることで、フリーランスとして活躍できるようになるでしょう。

長期的に働き続けられる仕組みを作る

フリーランスとして長期的に働くためには、目先の仕事だけでなく、これから自分が長く働くための仕組みを考えることが大切です。

フリーランスには定年がないため、いつまででも働くことができますが、年齢を重ねるごとに体力や気力が低下し、参画できるプロジェクトの数も減っていきます。

そのため、体力的に無理のない仕事や需要が途切れない仕事にシフトしていくことも重要になるでしょう。また、事前に必要なスキルを身につけておくなど、将来を見据えてあらかじめ計画を練っておくことが大切になります。

40代におすすめの案件の種類

40代のフリーランスエンジニアにおすすめの案件の種類として、Webエンジニアの案件が挙げられます。Webエンジニアの案件にはさまざまな種類があるため、参画できるプロジェクトが減ったとしても案件を受注しやすいと言えます。

また、上流工程やマネジメント経験がある場合は、エンジニアとしてではなくプロジェクトマネージャーなどのポジションで案件に参画することも可能になるでしょう。

フリーランスとして独立におすすめのタイミングは?

フリーランスとして独立するのにおすすめのタイミングは、5年以上の実務経験を積み、仕事を獲得できる目途が付いたタイミングです。そのため、早い段階で独立するのであれば20代後半がベストだと言えます。

しかし実際にフリーランスとして活躍している人には40代の方が多いため、40代からでも十分フリーランスとして独立することは可能です。

フリーランスは女性にもおすすめできる働き方

フリーランスは会社員に比べて自分のペースで働きやすいというメリットがあるため、女性にもおすすめできる働き方と言えます。

たとえば小さな子どもがいる女性の場合、会社に出社して働くことは難しくても、在宅で作業が進められるフリーランス案件であれば家庭と仕事を両立できるでしょう。

40代でもフリーランスは目指せる!

40代からでもフリーランスを目指すことは十分可能です。ただし、体力的な問題やスキルのキャッチアップが難しくなるなどの課題も存在します。

この記事で紹介した40代からフリーランスになるメリットや活躍するポイントなどを参考に、フリーランスを目指しましょう。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.06.13
更新日
2024.03.17

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス