Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランスの基礎知識
  4. 課題・悩み
  5. 会社で嫌われている人はどんな人?原因と対処法を解説

会社で嫌われている人はどんな人?原因と対処法を解説

会社で嫌われている人はどんな人?原因と対処法を解説のイメージ

「会社で嫌われているような気がするけど、気のせい?」
「会社で嫌われているみたいだけど、何が原因?」
「会社で嫌われている状況を改善するためにはどうしたらいい?」
今まで普通に接してきた会社の人の態度が最近何だかよそよそしかったり、話しかけても目を合わせてくれなかったりすると嫌われているのではないかと不安になる人もいるでしょう。

本記事では会社で嫌われている時のサインや、嫌われる理由、また、会社で嫌われていると感じている時の対処法について詳しく解説しています。

本記事を読むことで会社で嫌われている時に周りが出しているサインや、どのような理由で嫌われてしまうのかを知れるでしょう。

会社で嫌われているかもしれないと感じている人や、会社で嫌われている時にどのように対処すればいいのかを知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

目次を閉じる

  1. 会社で嫌われるとはどういった状況?
  2. 会社で嫌われている人のサイン
    1. 周囲の人が視線を合わせない
    2. 飲み会などに誘われない・誘っても返事が曖昧である
    3. 笑顔で接してくれない
    4. 否定的な反応が多い
    5. 話しても相手の声のトーンが低い
    6. 自分に対する態度がよそよそしい
    7. 自分が会話に入ると盛り上がらなくなる
    8. 明らかに他の人と態度を変えられる
    9. SNSのグループで既読スルーされる
  3. 会社で嫌われる理由として考えられること
    1. 同じ失敗を繰り返してしまう
    2. 欠勤や遅刻が多い
    3. 場の空気が読めない
    4. 自慢話や人の悪口が多い
    5. 人によって見下したり態度を変えたりする
    6. 真面目に仕事をしない
    7. 自己中心的である
    8. 何事に対してもルーズ
    9. 嘘や言い訳が多い
    10. 見た目に清潔感がない
    11. すぐに感情的になる
    12. 基本的に思考がネガティブ
  4. 会社で嫌われていると感じる際の対処法
    1. 成果を出して自己肯定感を上げる
    2. 気にしない
    3. 周囲と距離をとる
    4. 理解してくれる人へと目を向ける
    5. 仕事以外での楽しみを見つける
    6. 信頼できる上司や先輩に相談してみる
    7. ポジティブな人と過ごしてみる
    8. 他人のために生きているのではないと考える
    9. 転職も考えてみる
  5. 会社で嫌われることのメリット
    1. 仕事に集中できる
    2. 気分が楽になることもある
    3. 無駄な付き合いが減る
  6. 会社で嫌われていると感じたら対処法を試してみよう
  7. Midworks おすすめの案件例

会社で嫌われるとはどういった状況?

職場で避けられているような気がしたり、今まで普通に接していた人たちの態度がよそよそしかったりすると、もしかして嫌われているかもしれないと不安になることもあるのではないでしょうか。

会社で嫌われると周りの人の態度にネガティブな違和感を感じるものです。

会社で嫌われるということは何かしらの原因があるはずで、その原因に気づけなければ改善することもできません。嫌われている状況を改善するためには、嫌われると原因となっている要素に気づき改善することが必要です。

会社で嫌われている人のサイン

会社で人間関係が上手くいっていると思っていても実際には嫌われていたり、嫌われてると思っていても思い込みだったりすることもあります。

ここでは会社で嫌われている時のサインについて解説するため、自分が会社で嫌われているのではないかと気になる人は当てはまるものがないかチェックしてみてください。

周囲の人が視線を合わせない

挨拶をしても目線を合わせずに返されたり、話していても目線を合わせなかったりして、視界に入れてもらえないことが多いです。

嫌いな人にはあまり絡まれたくないという思いから、目線を合わせないようにしているのでしょう。会話をしている時にも視線を合わせないようなら、強い嫌悪感を持たれている可能性もあります。

しかし相手が恥ずかしがりやで視線を合わせて会話できない人は別です。そのような人なら、誰と話す時も目を合わせないため、他の人に対する態度を見て判断しましょう。

飲み会などに誘われない・誘っても返事が曖昧である

懇親会や忘年会など、本来なら参加すべき飲み会にも誘ってもらえない場合は嫌われていると考えられるでしょう。

また、自分から飲み会などに誘っても、曖昧な返事が返ってくる場合にも嫌われているサインである可能性が高いと言えます。

嫌われていなければ、行けるのか行けないのかはっきりとした返事が返ってくるはずです。中には嫌っているということに気づいて欲しくてこのような態度をとる人もいるでしょう。

笑顔で接してくれない

自分以外の人と話す時には笑顔なのに自分と話す時だけムスッとした表情だったり、表情が引きつっていたりするようなら嫌われている可能性があるでしょう。

しかし中には誰に対しても無表情で接する人もいるため、笑顔がないからといって必ずしも嫌われているというわけではありません。

否定的な反応が多い

どのようなことを話しても否定されたり、正しいことを言っていても否定されたりして、否定的な反応が多いことも会社で嫌われている時のサインと言えます。

このような人はあなたが言うことを否定したいだけで、あなたに対して悪意を持っているため距離を置く方が良いでしょう。

しかし否定的な反応が多い原因があなたにあることも考えられるため、相手がどのような点を否定しているのか考慮した上で嫌われているかを判断してください。

話しても相手の声のトーンが低い

相手のことを苦手だと感じていたり、喋りたくないと思っていたりすると、態度や声のトーンに表れることがあります。

周りの人とは普通に話しているのに、あなたが話す時にだけ相手の声のトーンが低い場合には嫌われていると言えるでしょう。

自分に対する態度がよそよそしい

よそよそしい態度というのは、嫌いな人や苦手な人を避けたい時に出てしまうものです。今まで普通に接していたのに急に不愛想になったり、挨拶をしても無視されたりするようであれば、嫌われている可能性が高いでしょう。

自分が会話に入ると盛り上がらなくなる

自分が会話に入った途端、空気が変わるのを感じることもあるでしょう。一度や二度なら偶然とも考えられますが、何度も続くようであれば嫌われている可能性が高いです。

他の人が話したことは盛り上がっていくのに、自分が振った話題には「ふーん」など素っ気ない返事しかしないような場合には興味がないのでしょう。

また、会社の人が何かの話で盛り上がっている所に入っていくと、急に会話を止めて解散してしまう場合にも嫌われている可能性が高いと言えます。

明らかに他の人と態度を変えられる

明らかに他の人と態度を変えるということは、あなたが嫌いという意思表示を相手がしているのです。このような場合には、相手との関係を改善しようとしてもすでに難しい状況になっていると言えるでしょう。

会社に合わない人がいても、多くの人は他の人と態度を変えるようなことはしません。しかしそれをあからさまにするということは、嫌われている可能性が高いと言えるでしょう。

SNSのグループで既読スルーされる

会社での人間関係や連絡をスムーズにするため、会社の部署などでSNSのグループを作成することも多いでしょう。そのSNSの中で自分がメッセージを送信した時だけ、周りの反応がなく既読スルーされる場合には嫌われている可能性が高いです。

嫌いな人となるべく関わりたくないという気持ちから、既読スルーされていると考えられます。しかしたまたま返信し忘れているという可能性もありますし、見たものの忙しくて返信できないということもあるでしょう。

数週間経ってもう一度連絡をしても既読スルーされるような場合には、嫌われていると言えます。

\\自分に合ったお仕事を探してみませんか?こちらでプロに相談してみよう!//

会社で嫌われる理由として考えられること

会社で嫌われる理由として考えられることはさまざまです。自分に問題がなくても会社の人に問題があって嫌われることもありますし、自分自身の普段の言動に問題がある場合もあるでしょう。

ここでは会社で嫌われる理由として考えられることについて解説します。自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

同じ失敗を繰り返してしまう

真面目に仕事をしていても、失敗をしてしまうことは誰にでもあります。一度の失敗なら寛容な気持ちで周りも許してくれることが多いです。

しかし同じ失敗を何度も繰り返してしまうと、上司からはしっかり考えて行動しているのかと不審に思われ、同僚からはどうしていつも同じ失敗を繰り返すのかと腹を立てられるでしょう。

同じ失敗を繰り返すと、周りからは失敗から学ぼうとしない人だと思われてしまい、「いい加減にして」と嫌われる原因になってしまいます。

欠勤や遅刻が多い

欠勤や遅刻が多いと仕事に対する責任感がないと思われ、上司からの評価が悪くなります。

また、あなたが欠勤や遅刻をすることであなたがするべき業務を同僚がしなければならなくなると、同僚からは自分の仕事で手一杯なのになぜ仕事を肩代わりしなければならないのかと不満に思われるでしょう。

このような上司からの評価の悪さや、同僚からの不満が募ると会社で嫌われる理由になってしまいます。

場の空気が読めない

場の空気が読めない人は、周りに配慮したり相手の気持ちを考えたりすることが苦手な場合が多いです。そのため、相手の気分を損ねるような失礼なことを言ってしまうことが多く、人間関係が上手くいかないことがあります。

場の空気が読めない人は失言でその場の空気を悪くしてしまうため、嫌われがちです。その場の空気を読んで適切に対応できない人は、嫌われてしまうでしょう。

自慢話や人の悪口が多い

自慢話をする人は、周りに自慢したいあまり同じ話を何度も繰り返します。聞かされる方は退屈ですし、面倒に思ってしまうでしょう。そのため、自分の自慢話ばかりして相手の話を聞かないような人は嫌われてしまいます。

また、人の悪口が多いと周りから信用されなくなってしまいます。その結果、会社で嫌われるようになってしまうことも多いです。相手に不満がある場合には悪口にするのではなく、本人にアドバイスとして伝えるようにしましょう。

人によって見下したり態度を変えたりする

上司には媚びるのに部下には横柄な態度をとるなど、人によって態度を変えるのも会社で嫌われる原因となります。

人によって見下したり態度と変えたりするのは、自分の中で人をランク付けして媚びた方が良い人、見下してもいい人を判別しているからです。

このような場合、周りからしてみるといつ自分が見下されるか分からないため、できれば関わりたくないと思うでしょう。

真面目に仕事をしない

雑談が多かったり、休憩で席を外している時間が長かったりして真面目に仕事をしない人も会社で嫌われがちです。

仕事は周りと協力して行うため、一人が真面目に仕事をしなければ他の人の仕事に支障が出ます。また、その態度が真面目に仕事をしている周りに人に不快感を与えることもあるでしょう。

思い当たるふしがある人は、態度を改善することが必要です。

自己中心的である

会社に限らず自己中心的な人は人から反感を買うことが多く、嫌われる人の特徴でもあります。会社では周りの人が困っていても手を差し伸べることなく、自分の仕事だけをしているような人が自己中心的だと思われがちです。

心当たりがある場合には、周りの人が困っている時に手を貸してあげたり、話を聞いてあげたりするようにしましょう。一緒に働く人に対して思いやりの気持ちを持って接することが大切です。

何事に対してもルーズ

人間関係にルーズだったり、時間にルーズだったり、何事に対してもルーズな人も会社で嫌われがちです。とくに社会人として、時間を守るのはとても大切なことだと言えます。

何事に対してもルーズなことが原因となり、締め切りまでに業務が間に合わなかったり取引先に悪い印象を与えてしまったりすることもあるでしょう。そのようなことが何度もあれば、会社での信頼も失ってしまうため注意が必要です。

嘘や言い訳が多い

仕事で自分がミスをしたにもかかわらず、他の人のせいだと嘘をついたり、言い訳ばかりする人は会社で嫌われがちです。

嘘をついて人のせいにすれば周りの信用を失ってしまいますし、言い訳が多いと反省する気がないように見えてしまうでしょう。

「でも」というのが口癖になっている場合には、言い訳が多くなっている可能性があるため注意が必要です。

見た目に清潔感がない

服が汚れていてだらしなかったり、髪が乱れていたりして見た目に清潔感がないことも会社で嫌われる原因となります。

会社で一緒に働く人を不快にさせないよう身だしなみを整えることも、社会人としてのマナーです。

たとえ不快に感じても、人の見た目に関することは面と向かって言えないことも多いでしょう。そのため、服が汚れていないか、髪が乱れていないかなど自分でしっかりとチェックすることが大切です。

すぐに感情的になる

部下や後輩に対して感情的に叱ったり、上司に叱られたからと言って泣いたりすると、周りから精神的に未熟な人だと思われてしまうでしょう。

また、すぐに感情的になる人は扱いづらいため、周りから距離を置かれてしまうことも多いです。いつも感情的に部下や後輩を叱っていると、部下や後輩も接しにくいと感じるでしょう。

会社で嫌われないためにも、感情的に怒りや悲しみをぶつけないようにしてください。

基本的に思考がネガティブ

仕事中に面倒くさいなどネガティブなことばかり言う思考がネガティブな人も、会社で嫌われることが多いです。

頑張って仕事をしていても、そばにいる人がネガティブなことばかり言っているとモチベーションが下がってしまいます。

基本的に思考がネガティブな人は、ネガティブな発言が多くなりがちです。ネガティブな発言は周りを巻き込んでしまうため、仕事中はなるべくネガティブなことを言わないよう気をつけましょう。

会社で嫌われていると感じる際の対処法

会社で嫌われている時のサインで自分に当てはまることがあった場合や、会社で嫌われていると感じている場合にはどうすればよいのか知りたい人もいるでしょう。

ここでは、会社で嫌われていると感じる際の対処法について解説するため、参考にしてみてください。

成果を出して自己肯定感を上げる

仕事で成果を出して自己肯定感を上げることで、周囲の人からの信頼を得られ、職場での居場所を見つけられるでしょう。

そのため、会社で嫌われていると感じた場合には、自分を嫌っている人を見返してやるという気持ちで頑張って仕事に取り組んでみるのがおすすめです。

気にしない

嫌われていることを気にしているから辛く感じますが、気にしなければ辛さも和らぐでしょう。

会社で嫌われていると感じても、あなたが思っているほど周りがあなたに対してネガティブな感情を抱いていない可能性もあります。

しかし、会社で嫌われていると感じたら気にせずにはいられないというタイプの人もいるでしょう。そのような場合には、気にして考えたところでその答えは分からないと割り切って考えることも大切です。

周囲と距離をとる

なぜ自分が嫌われているのか、その理由がよく分からない場合には仕事以外であまり関わらないよう周囲と距離をとりましょう。

しかし完全に周囲と距離をとって挨拶もしなかったり、無視をしたりするとさらに相手の印象を悪くしてしまいます。周囲と距離をとりながらも、挨拶や業務報告など最低限の対応は忘れないようにしましょう。

理解してくれる人へと目を向ける

会社でみんなから嫌われているわけではない場合には、自分を理解してくれる人へと目を向けるようにしてみてください。

理解してくれる人と一緒に過ごすようにすれば、あからさまに悪口を言っていた人も悪口を言いにくくなるでしょうし、理解してくれる人がいるというだけで会社でも安心して仕事に集中できるでしょう。

しかし理解してくれる人に頼りすぎてしまうと、相手に負担をかけてしまうため気をつけてください。

仕事以外での楽しみを見つける

会社で嫌われていると感じた場合には、仕事以外での楽しみを見つけるのもおすすめです。仕事があなたの全てではありません。

会社での人間関係はあくまで仕事に必要なものだと割り切り、趣味やプライベートの人間関係を充実させてみてください。

プライベートは一切仕事と切り離して楽しむことで、会社での人間関係を気にせず過ごせるでしょう。

信頼できる上司や先輩に相談してみる

会社で嫌われていると感じたら、信頼できる上司や先輩に相談してみるのもひとつの方法です。信頼できる上司や先輩なら、あなたに改善すべきところがあれば率直に伝えてくれるでしょう。

また、場合によっては嫌っている人とあまり関わらなくてもいいように配慮してくれたり、部署を異動させてもらえたりすることもあります。

しかし相談する相手を間違えればさらに状況が悪化する可能性もあるため、相談する際は口が堅い信頼できる人に相談するようにしましょう。

ポジティブな人と過ごしてみる

会社で嫌われていると感じると、辛い気持ちになってしまいます。自分に自信を失くしてネガティブになっていると、周りの人もどんどん離れていってしまう可能性があるでしょう。

そのような場合には、ポジティブな人と一緒に過ごすのがおすすめです。ポジティブな人は何事も前向きに捉えることができます。

ポジティブな人と一緒に過ごしていればネガティブな感情も少しずつ薄れていき、前向きになれるでしょう。

他人のために生きているのではないと考える

会社で嫌われていると感じて辛い時には、他人のために生きているのではないと考えるようにしましょう。周りの人に嫌われようとも、自分は自分のために働いているんだということを頭に入れて働いてみてください。

会社で長年の経験を積めばスキルも身につき、人脈もできるため、転職も可能です。状況を改善するためには時間を要しますが、自分のために頑張りましょう。

しかし頑張りすぎると心身ともに疲れて体調を崩してしまうため、友達などに愚痴を聞いてもらうなどして適度に息抜きをすることも大切です。

転職も考えてみる

自分自身の悪いところを改善したり、上司などに相談したりしても状況が改善しないような場合には、転職を考えてみるのもひとつの方法です。

職場であからさまな嫌がらせを受けているなど、辛い思いを抱えたまま仕事をしているとストレスで心身のバランスを崩してしまうこともあるでしょう。そのようなことになるくらいなら転職をして新しい環境で働く方が良い場合もあります。

しかし今の会社から早く逃げたいという思いで急いで転職をしてしまうと、転職に失敗してしまう可能性もあるため、転職する際は信頼できる人に相談してから実行するようにしましょう。

Midworksでは、キャリア相談も可能で転職することも視野にいれている場合は、ぜひ活用してみてください。

\\プロに相談して、次のステップへ進もう!//

会社で嫌われることのメリット

会社で嫌われていると感じながら働くのは辛い一方で、会社で嫌われた結果メリットとなることもあります。

ここでは会社で嫌われることにどのようなメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

  • 仕事に集中できる
  • 気分が楽になることもある
  • 無駄な付き合いが減る

仕事に集中できる

人より優秀な人は周りに妬まれることが多く、人間関係のトラブルに巻き込まれることも多いです。度々そのようなトラブルに巻き込まれていると、ストレスが溜まって仕事に集中できないでしょう。

会社で嫌われていれば周りと関わることもあまりないため、無用なトラブルに巻き込まれることもなく、仕事に集中できます。

人間関係が苦手な人も、会社で嫌われることで人間関係の煩わしさから解放され、仕事に集中できるでしょう。

気分が楽になることもある

過去に信頼していた人に裏切られたことがある人や、周りに好かれようとしても嫌われてしまう人などは、人間関係で辛くならないようわざと嫌われるような態度をとることも多いです。

わざと嫌われようとするのは、好かれようとして嫌われるよりも、嫌われようとして嫌われた方が気分的に楽だと感じているからでしょう。

無駄な付き合いが減る

会社で嫌われると、飲み会や遊びなどの無駄な付き合いが減るのもメリットだと言えます。会社の人と一緒にお酒を飲みたくない、仲の良い人がいないのに飲み会に参加したくないと思っている人は意外と多いです。

会社で嫌われていれば、会社関係の飲み会に誘われる機会も減るでしょう。自分だけ飲み会に誘われなければさみしく感じることがあるかもしれませんが、時間が経てば無駄な付き合いが減ってお金も使わなくて済むからラッキーだと思えるようになるでしょう。

会社で嫌われていると感じたら対処法を試してみよう

会社で嫌われている時のサインや嫌われる理由、嫌われていると感じる時の対処法などについて詳しく解説しました。

会社にはさまざまな人がいるため、会社にいる人みんなに好かれようと思うのは難しいです。しかし仕事を円滑に進めるためにも、良好な人間関係を保ちたいと思う人は多いでしょう。

会社で嫌われていると感じる場合には、まず普段の自分の言動を振り返り、自分に嫌われる原因がないか考えてみることが大切です。

ご紹介した内容を参考に会社で嫌われる原因や対処法を知り、会社で嫌われていると感じた場合には、対処法を試してみてください。

\\3,300件以上の多彩な案件//

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2019.03.13
更新日
2024.02.24

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス