Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. プログラミング言語
  4. その他の言語
  5. Dartを扱うエンジニアの年収はどのくらい?案件の単価を上げる方法や将来性

Dartを扱うエンジニアの年収はどのくらい?案件の単価を上げる方法や将来性

Dartを扱うエンジニアの年収はどのくらい?案件の単価を上げる方法や将来性のイメージ

DartはGoogle社によって設計されたプログラミング言語です。JavaScriptの代替を目指したプログラミング言語として開発されているため、人気が高く、Dart単体での求人も増加傾向にあります。

本記事では、Dartの将来性を中心に、Dartを扱うエンジニアの平均年収、年収を上げるための方法について紹介しています。Dartに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Dartを扱うエンジニアのフリーランス案件の求人動向

DartとはWeb開発用に、Googleによって設計されたプログラミング言語です。

学ぶ価値のない言語といわれていましたが、Dart2の発表により型システムが強化されました。Dartの性質から大規模開発に対応できることもあり、Dart単体での求人も増加傾向にあります。

加えて、スマホアプリ用のフレームワークであるFlutterを勉強することで、Dartフリーランスエンジニアとして活躍できる仕事の幅がさらに広がるでしょう。

Dartを扱うエンジニアの年収はどれくらい?

Dartエンジニアの年収は700万円から800万円程度となっております。

個人のスキルやフリーランスエージェントによってばらつきはありますが、単価の高いエージェントからの案件を得られるようにスキルアップを続けることで、年収はより高いものになっていくでしょう。

Dartを扱うエンジニアとして年収を上げるには?

近年Dartは注目されていますが、先述の通りFlutterの習得をすることで活躍できる仕事の幅が広がります。

フリーランスエンジニアとしてキャリアアップをすることで、年収アップが期待できる3つの方法を紹介します。

・プログラミング言語スキル
Dartフリーランスエンジニアとして、Java、JavaScript、TypeScript、Ruby、C#など他プログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。Dart開発で頻繁に用いられるスキルを多く習得することで、希少性の高いDartエンジニアとして企業側に評価されやすくなります。Dartエンジニアとしての他に、チームリーダーやプロジェクトマネージャーなど上流工程での経験や、チームマネジメント経験があることが望ましいです。

・論理的思考力
Dartエンジニアの年収アップに必要なスキルは、論理的思考です。Dartエンジニアに限らず、システム開発をする全てのエンジニアに共通する必要なスキルでもあります。システム構造は順序立てられているため、設計するには論理的思考が重要であり、そのためDartエンジニアにおいて論理的思考は必要なスキルになります。

・コミュニケーションスキル
Dartエンジニアはフリーランスであっても、開発チームに所属し協力しながら働くことが求められます。大規模なシステム開発や、モバイルアプリ開発に参画することも多いため、他のエンジニアやチームリーダー、プロジェクトマネージャーとのコミュニケーションが必須です。

Dartを扱うエンジニアの将来性とフリーランスの今後

Dartエンジニアのニーズは今後も増加傾向にあります。その理由としては、Dartの人気が上がり始めていることとIT業界が慢性的な人材不足であることがあげられます。

DartはJavaScriptの代替えを目指したプログラミング言語として開発されているため、これから将来性に期待が持てます。

また、GoogleがリリースしたFlutterは近年需要が伸びてきていることもあり、開発に使われる言語であるDartの将来性は安泰であると考えられます。

Dartを扱うエンジニアの年収や将来性について知ろう

Dartエンジニアの年収や将来性について紹介しました。

Dartは、JavaScriptやC#の影響を受けているため、扱いやすく習得しやすい言語になっています。また、Dartの人気は増加傾向にあり、今後もそのニーズは増えていくでしょう。

多様な働き方が増えていますが、フリーランスエンジニアとして新しい知識の習得や市場の動向を欠かさずチェックすることで、フリーランスとなっても安定した収入が見込めるでしょう。


▶︎将来性のあるフリーランスエンジニアの職種とは?詳細記事はこちら!

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年06月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.06.13
更新日
2024.06.11

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス