Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. プログラミング言語
  4. その他の言語
  5. Swiftエンジニアとは?仕事内容や未経験から案件を獲得する方法を紹介

Swiftエンジニアとは?仕事内容や未経験から案件を獲得する方法を紹介

Swiftエンジニアとは?仕事内容や未経験から案件を獲得する方法を紹介のイメージ Swiftエンジニアとは?仕事内容や未経験から案件を獲得する方法を紹介のイメージ

Swiftエンジニアの仕事内容は、モバイルアプリの開発や自社サービス開発、ゲーム支援開発などです。SwiftはiPhoneのアプリ開発に活用されているプログラミング言語で、iPhoneのシェア率が高い日本では、Swiftエンジニアの需要は増加しています。

本記事では、Swiftエンジニアの仕事内容を中心に、案件単価や年収、Swiftエンジニアとして年収を上げる方法についてご紹介します。Swiftエンジニアに興味がある方は、参考にしてみてください。

Swiftとは?

Swifとtは、iOSやMacなどApple社製品のアプリ開発のために作られたオープンソースのプログラミング言語です。オープンソースとはソースコードを無償で一般公開することを言い、誰でもそのソフトを改良したり再配布したりすることが可能です。

Swiftは2014年頃に発表された新しい言語となっており、他の言語の仕組みや特徴の良いところを取り入れたため、書きやすく読みやすい言語であると言えるでしょう。そのため、プログラミング初心者でも比較的学びやすい言語となっています。

また、Swiftには日本語で「速い」という意味があり、この言語で開発されたアプリケーションは高いパフォーマンスを誇るというのも特徴です。

Swiftでできること

SwiftはApple社が自社の製品開発用に開発したこともあり、iPhoneのアプリに多く活用されている言語です。特に日本ではiPhoneのシェアが高く、効率よく開発できるため、Swiftの需要は増加傾向にあります。

SwiftはモバイルアプリだけでなくWebアプリも開発できるため、多くの企業でSwiftを採用しており、年々利用範囲が広がっているのです。ポイントサイトやチャット、社内業務、電子決済など様々なサービスに応用できます。それとともに採用案件も増え、単価も上昇しています。

Swiftはそのような状況の中、Apple製品の開発に使われることが多いです。iPhone、iPodtouch、iPad向けアプリの開発を中心として色々な製品に使われます。その他にもAppleWatch、AppleTVにも使われますし、もちろんMacにも使われます。

さらに、コードがシンプルで分かりやすく保守がしやすい言語であるため、膨大なデータ処理を必要とするゲーム開発にも活用されており、処理速度が早いことも大きな魅力です。

Swiftはコンパイラ型の言語であるため変換処理が手間ですが、実行速度が速いため、膨大なデータ処理や高速なレスポンスを求めるシステム開発にも適しています。そのため、システムの改修やクラウドベースのシステム開発にも使用されています。

Swiftエンジニアの仕事内容

Swiftエンジニアの仕事内容には、主にモバイルアプリ開発や自社サービス開発、ゲーム開発支援、システム開発が挙げられます。また、案件などによってはサーバーサイドの開発を行うこともあるでしょう。

さらに、SwiftエンジニアはSwiftの開発スキル以外にも、Objective-CやJavaScriptなどのプログラミング言語や開発環境を使用したり、上流工程を担当したりすることもあります。Objective-Cとは、C言語をベースに作られた言語で、Appleで開発言語として採用され、注目を集めました。2014年のSwiftが登場するまでは、iOSの開発において、主軸を担っていた言語です。

このように、Swiftエンジニアは、開発分野や使用言語を見ても、様々な分野で活躍できるということが分かるでしょう。

Swift案件の単価事情

前述したとおり、SwiftはiOSやMacなどApple社製品のアプリ開発に使われる言語です。

現在iPhoneのアクティブユーザー数が約10億に達すると言われるほど普及しており、最近はiOSアプリの開発が活発化しています。

特に日本ではiPhoneのシェア率がスマートフォン全体の半分弱を占めているということから、大きなマーケットになっており、案件の数も非常に多くなっています。

2014年頃にApple社からSwiftが発表され、2015年頃にオープンソース化されました。このようにまだ若い言語のため、Swiftを使いこなせるエンジニアが少ない現状です。

少ないSwiftエンジニアを現場が取り合っている状況のため、高単価の案件が多いようです。

Swiftエンジニアの年収

フリーランスのSwiftエンジニアの方の平均年収額は約870万円であり、少ない人で約360万円、多い人では約1,680万円となっています。

全エンジニアサラリーマンの平均年収は約470万円ですので、平均年収ではフリーランスのSwiftエンジニアの方が全エンジニアより400万円ほど高いことになります。

また会社員の方の中でもSwiftエンジニアの平均年収は約560万円となり、全エンジニア平均より高いと言えるでしょう。

フリーランスのSwiftエンジニアとサラリーマンのSwiftエンジニアには約310万円もの差があり、Swiftエンジニアは会社員として勤務するよりも、フリーランスの方が高額収入を得やすいと言えます。

言語別

IT人材の需要が高まる中、プログラミング言語を習得したいが、どの言語を学習したら良いか分からないという方も多いでしょう。

プログラミングスキルを必要とする分野では、どのプログラミング言語を身につけているかは非常に重要です。プログラミング言語により需要、年収、将来性に大きく影響があると言えます。

次の表に言語による年収の違いを挙げましたので、参考にしてください。

言語 平均年収
Kotlin 約980万円
Scala 約980万円
Go言語 約970万円
Ruby 約960万円
Swift 約950万円

年齢別

年代別のプログラミング言語の平均年収を見ると、特に20代の年収が約400万円と高い水準になっています。

20代の場合は実務経験も浅く、年収は300万円台になるケースも多いため、Swiftの平均年収は高いと言えるでしょう。

年代 年収
20代 約400万円
30代 約480万円
40代 約600万円
50代 約450万円

職種別

Swiftは、Apple製品向けのアプリケーション開発に用いられる言語です。そのため、Swiftエンジニアの職種としてはiOSエンジニアやMacアプリケーションエンジニアなどが挙げられるでしょう。

細かい調査のデータなどはありませんが、求人情報などを参照するとiOSエンジニアの平均年収は560万円ほど、Macアプリケーションエンジニアの平均年収は500~700万円ほどとなっています。

Swift案件の単価相場は60~70万円程

Swiftの単価相場は60~70万円程度です。しかし、Swift案件においてはエンジニアとしての即戦力性を求められるため1年以上の開発経験が必要な場合が多いです。

高単価の場合には、高いスキルと3年以上の開発経験を要求されるケースが多く、100万円以上の案件になることもあります。さらに、他のプログラミング言語の経験があり、マネジメントを経験していると評価される可能性が高いです。

経験年数別の単価目安

Swiftの単価相場は案件によって様々ですが、経験年数によっても変わってきます。

Swiftの経験年数別の単価は、1~3年目は約50~60万円です。3~5年目は約60~70万円となり、5年目以上は約70万円以上となります。

他の言語の経験年数やスキルが評価され、約90万円以上得られる可能性もあるでしょう。


▶︎Swiftの勉強方法や手順は?おすすめの公式リソースや書籍も紹介

Swiftエンジニアとして年収を上げるには?

Swiftエンジニアは需要に対して数が足りていない状態であるため、年収水準は高めであると言えます。しかしSwiftエンジニアとして、より年収をアップしていきたいという人も多いでしょう。

今後、Swiftエンジニアとして年収や単価を上げていくためには、どのようなキャリアプランやスキルアップが必要なのでしょうか。ここからは、Swiftエンジニアとして年収を上げる方法について解説します。

関連するほかの言語も学ぶ

Swiftエンジニアとして年収をアップするためには、Swift以外のスキルも身につける必要があります。SwiftはWebを利用することが前提となっているため、サーバーサイドの開発言語のスキルも身につけておくと良いでしょう。

具体的には、KotlinやJavaScriptなどの関連する言語のスキルを身につけておくのがおすすめです。


▶︎JavaScriptについて詳しく知りたい方はこちら!


▶︎需要増加中のKotlinエンジニアについてはこちら!

iPhoneアプリの開発経験を積む

SwiftはApple製品向けのアプリ開発に用いられる言語であるため、Swiftエンジニアとして年収アップを目指すのであれば、iPhoneアプリの開発経験を積む必要があります。

iPhoneアプリの開発経験があるSwiftエンジニアであれば評価されるため、フリーランスとして案件を獲得する際にも高単価な案件を獲得しやすくなるでしょう。一般的に、3年以上iPhoneアプリ開発の実務を積んでおけば、幅広い案件の中から希望の案件を獲得できるようになります。

iOSの開発を行うエンジニアについて詳しく知りたい方は、下の記事を参考にしてみてください。


▶︎iOSエンジニアについて詳しく知りたい方はこちら!

GitやSVNの経験を積む

Gitはソースコードの変更履歴などを管理するための分散型バージョン管理システム、SVNは集中型バージョン管理システムの一つです。特に規模の大きなプロジェクトの場合はチームで開発を行うことになるため、GitやSVNのスキルが求められることも多いでしょう。

そのため、GitやSVNを使った開発経験を積んでおくことで、高単価な大規模開発案件にも参画しやすくなります。他にも、チームで開発を行う際に有効な上流工程の経験やチームマネジメントの経験などがあると、市場価値の高いSwiftエンジニアとして重宝されます。


▶︎年収アップのための勉強方法はこちら!

未経験からでもSwiftエンジニアになれる?

エンジニア経験者はSwiftエンジニアになれる可能性はありますが、未経験の場合はハードルが高いと言えるでしょう。

そのため、まずは別のプログラミング言語でも良いため、エンジニアとしてIT業界に入ることをおすすめします。IT業界に入ったあとに様々な経験やスキルを吸収していくことで、Swiftエンジニアに近づくことでしょう。

未経験からSwiftエンジニアの案件を獲得するには

未経験からSwiftエンジニアの案件を獲得するためには、プログラミングスクールなどで学んだ知識やスキルをアピールする必要があるでしょう。ただ、個人で案件を獲得するのはハードルが高いため、転職エージェントなどを利用することをおすすめします。

転職エージェントは、自分の希望している条件に合った案件を紹介してくれるため、未経験の場合でも安心して案件を獲得できるでしょう。

Swiftの学習方法

Swiftの学習方法は主に2つあります。それは、プログラミングスクールで学習する方法と独学で学んでいく方法です。

プログラミングスクールであれば、手厚いサポートを受けられる傾向にあるため、Swift未経験でも安心して学ぶことができます。自分のキャリアプランを考えながらプログラミングスクールを探してみてください。

独学で学んでいく場合は、学習にかかるコストを抑えられるため、取り組みやすいと言えるでしょう。ただ、独学は心が折れやすいです。そのため、「アプリを作る」といった目標を設定しながら、強い意志を持って学習を進めていくことをおすすめします。

▼Swiftの勉強方法や手順について詳しく知りたいという方は、以下の記事もチェックしてみてください。


▶︎Swiftの勉強方法や手順は?おすすめの公式リソースや書籍も紹介!

Swiftエンジニアの案件例

案件紹介サイトで「Swiftを活かせるフリーランスの案件一覧」を見てみると、月単価が50万円台から120万円まで幅広くあります。

約50万円の案件は「自社商用サービスのアプリ(iOS)開発業務案件」であり、求められるスキルは「開発言語いずれかの開発経験のある方」でした。

約75万円の案件は「ライブ配信アプリのiOS開発業務案件」であり、求められるスキルは「Swiftの開発経験2年以上、RxSwiftの業務経験あり、RxSwiftやアーキテクチャーに関する深い知見」です。

約120万円の案件は「人材サービス業向け社員向けスマホアプリ開発業務案件」であり、求められるスキルは「Javaの開発経験、Swiftの知識、iPhoneでのアプリ開発経験、MacPCやWindowsPC上での開発経験があること」でした。

必要開発経験年数は「1年から3年以上」というものが多く見受けられました。

Swiftエンジニアの将来性とフリーランスの今後

SwiftはApple製品向けのプログラミング言語です。今後もiPhoneやMac、Apple watchなどのアプリケーション開発のニーズはなくなることは考えづらいことから、Swiftエンジニアには将来性があると言えるでしょう。

また、Swiftのフリーランス案件も開発案件全体で見ても一定の数があるため、Swiftを扱うフリーランスの今後の需要も期待できると言えます。


▶︎Swiftの勉強方法や手順は?おすすめの公式リソースや書籍も紹介!

Swiftエンジニアの年収や将来性について知ろう

SwiftはApple製品の開発に必須な言語であるため、Swiftエンジニアは将来性が期待できる職業だと言えるでしょう。

ぜひ本記事で紹介したSwiftエンジニアの年収や年収を上げる方法などを参考に、スキルや経験を積み上げて高い年収を獲得できるSwiftエンジニアを目指しましょう。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年02月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.06.13
更新日
2024.02.29

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス