Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランスの基礎知識
  4. 課題・悩み
  5. フリーランスは孤独?孤独感を感じた時の対処法やひとりで過ごすメリットも把握しよう

フリーランスは孤独?孤独感を感じた時の対処法やひとりで過ごすメリットも把握しよう

フリーランスは孤独?孤独感を感じた時の対処法やひとりで過ごすメリットも把握しようのイメージ

「自宅で過ごす時間が長い」「プライベートな交流が生まれにくい」などの理由から「孤独」を感じる人も多いと言われています。一方で、フリーランスは「働く場所に囚われない」「自由なスタイルで働ける」などのメリットがあるのも事実です。

本記事では、フリーランスのメリット・デメリット、「孤独」を解消するための方法についてご紹介しています。フリーランスとして働くことに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

目次を閉じる

  1. フリーランスは孤独?
  2. フリーランスが孤独と言われる理由
    1. 自宅で過ごす時間が長い
    2. 働く時間が不規則になりやすい
    3. 仕事上のつながりからプライベートな交流が生まれにくい
    4. 勤めていたときとは人間関係が変わっていく
    5. 勤めている友人と話が合わないことがある
  3. フリーランスのメリット
    1. 働きたい時間に働きたい場所で働ける
    2. したい格好ができる
    3. 仕事に集中できる
    4. 人間関係上の悩みが生まれにくい
    5. 「付き合い」に時間を割く必要がない
  4. フリーランスのデメリット
    1. すべての責任を自分で負わなければならない
    2. 自己管理が必須
    3. モチベーションの維持を自力でしなければならない
    4. コミュニケーション力が低下しやすい
    5. 人との新たな出会いのためには積極的な行動が必要
  5. 孤独の解消方法
    1. クライアントと会議を行う
    2. 定期的に出社する仕事を選ぶ
    3. シェアハウスに居住する
    4. コワーキングスペースを利用する
    5. フリーランス同士のコミュニティに参加する
    6. フリーランス向けのイベントに参加する
    7. SNS等で発信をする
    8. 友人との予定を入れる
    9. ジムや自宅で筋トレを行う
    10. 休みの日を設定する
    11. ワーケーションを行う
    12. ひとりで過ごすことのメリットを把握する
    13. プライベートの充実を図る
  6. 孤独への対処方法やひとりで過ごすことのメリットを把握しておこう
  7. Midworks おすすめの案件例

フリーランスは孤独?

フリーランスは会社に所属するのではなく、個人として仕事を請け負うスタイルの働き方です。また、在宅のフリーランスとなると、通勤などの外出の機会が少なくなるため、外に出る煩わしさが解消された分自宅にこもることが増えてきます。

このようなことから、フリーランスは孤独を感じやすい傾向があり、きちんと対策や解消方法を知っておかないと、仕事に支障をきたしてしまうリスクを抱えているのです。

そのようなリスクを回避するためにも、フリーランスとして活躍する人やこれから活躍しようと考えている人は、まず孤独を感じやすい理由を把握し、孤独を感じた場合の解消方法を身につけましょう。

フリーランスが孤独と言われる理由

フリーランスが孤独だと感じる理由は、自宅で自由に仕事ができる環境や人間関係の変化が大きなポイントとなっています。また個人で仕事をしているということ自体、孤独になりやすい要因であるとも言えます。

ここからは、そんなフリーランスが孤独とされる理由について5つ紹介します。理由を知り、フリーランスの仕事環境を理解することが大切です。

自宅で過ごす時間が長い

フリーランスは会社勤めをしていないため、好きな場所で仕事をすることができます。そして、在宅フリーランスの場合は自宅で仕事をするスタイルとなっているので、忙しいときはほとんど自宅で過ごすという人も少なくないです。

このように自宅で過ごす時間が長くなることで、誰とも会わない時間も増えていき、孤独を感じやすくなってしまいます。

ちなみに、家族がいる場合であっても、同じ家の中にいるのに生活スタイルが違うと家族と会えない時間が増えてしまい、結果的に孤独を感じやすいでしょう。

働く時間が不規則になりやすい

フリーランスで働くと、会社のように終業時間が決められていないため、働く時間が不規則になりやすいです。そうすると、会社で働く人たちと異なる生活リズムになるだけではなく、運動不足や寝不足になるなど、身体的にも精神的にも不調になりやすくなります。

このような精神的な不安定から、孤独を感じやすくなるでしょう。

仕事上のつながりからプライベートな交流が生まれにくい

フリーランスという仕事上のつながりとしては、案件を発注するクライアントや業務の一部を委託するほかのフリーランス、業者などが挙げられます。一般的な会社に勤めている人であれば、このような仕事上のつながりからプライベートの交流につながることも少なくないです。

ただし、フリーランスの場合は一時的な仕事のつながりであることが多く、長期的な案件で信頼関係が築けても、実際に会う機会は多くありません。その結果、プライベートな交流が生まれにくく、孤独や寂しさを感じてしまうでしょう。

勤めていたときとは人間関係が変わっていく

仕事の時間もプライベートの時間も自由に管理できるフリーランスは、会社勤めのときとは活動時間が異なってくるケースも見受けられます。そうすると、会社勤めしている友人・知人とは時間が合わなくなり、これまでとは人間関係が変わっていく人も多いです。

そうすると、人付き合いが苦手な人などは徐々に人間関係が狭くなっていく場合もあり、孤立しやすくなってしまうでしょう。

勤めている友人と話が合わないことがある

これまでの人間関係を維持することができたとしても、会社勤めの友人と話が合わなくなると孤独を感じやすくなります。

フリーランスと会社勤めでは、仕事のやり方やライフスタイルが異なっているため、共通の話題以外ではなかなか話が合わなくなりがちです。特に、共感できない話題になると疎外感を覚え、孤独を感じやすくなります。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは、働く時間や環境を自分で管理できることです。そのため会社勤めのときよりも時間を有効活用しやすく、無駄な人付き合いを省くことも可能です。このような自由度が、フリーランスの魅力と言えます。

ここからは、フリーランスのメリットについて具体的に5つ紹介します。

働きたい時間に働きたい場所で働ける

フリーランスは、会社勤めのようにオフィスに出勤する必要性がないため、仕事をする時間や場所を選ばずに働くことが可能です。

一般的に、働く場所としては自宅が選ばれやすいですが、自宅以外にもカフェやワーキングスペースなど、自分が働きやすい場所を選べます。時間も、勤務時間が決まっていないため、自分や仕事の予定に合わせて自由に時間を調整することが可能です。

したい格好ができる

自由なスタイルが売りのフリーランスは、仕事をするときの服装も自由です。クライアントとの打ち合わせでオンライン会議をするときや、出先で打ち合わせをする際はある程度気をつけなければならないものの、それ以外のときはどのような服装でも問題ありません。

働き方によっては、誰とも会わずに仕事に集中できるフリーランスだからこそ、ノーメイクやノーネクタイなど自由な格好で仕事ができるところは、メリットのひとつと言えます。

仕事に集中できる

基本的にひとりで作業をすることになるフリーランスは、他者との会話や人間関係を最小限に抑えられるので、仕事に集中しやすい環境となります。

また、音楽を聴きながらなど、自分が仕事に集中しやすい環境を整えることも可能です。誰かの邪魔が入らず仕事に集中できるところも、フリーランスならではのメリットと言えるでしょう。

人間関係上の悩みが生まれにくい

会社勤めの人にとって、人間関係の悩みは大きなストレスとなりやすいでしょう。そうすると仕事の効率が下がったり、モチベーションも下がったりなど、様々なトラブルが起きやすいです。

それに対してフリーランスは、最低限の人間関係だけで仕事をすることが可能なため、人間関係上の悩みが生まれにくいでしょう。ひとりで仕事をする環境は、このようなメリットにもつながります。

「付き合い」に時間を割く必要がない

ほかにもフリーランスのメリットとして挙げられるのが、付き合いに時間を割く必要がない点です。付き合いとは上司や同僚、部下などとの食事や飲み会などの付き合い、取引先との接待などが挙げられます。

フリーランスはこのような付き合いをする必要はなく、あったとしても最小限にとどめることが可能です。勤務時間外でも余計な時間を割かずに済むため、仕事やプライベートの時間を充実させやすくなるでしょう。

▼関連記事
フリーランスとして働くメリット・デメリットは?スキルを活かしたい人におすすめ

フリーランスのデメリット

フリーランスにはメリットだけではなく、デメリットもあります。孤独になりやすい・感じやすいという点もデメリットのひとつですが、それ以外にも仕事に関する部分が自己責任・自己管理であるという点が挙げられます。

ここからは、フリーランスのデメリットを具体的に5つ紹介します。

すべての責任を自分で負わなければならない

会社勤めであれば、仕事上のトラブルが起きても会社が守ってくれます。それに対して、フリーランスとして働く人たちは、仕事上のトラブルが起きるとすべて自己責任になります。

このため自分の仕事に対して責任を持っておかないと、思わぬトラブルが起きたときに対処できなくなってしまうリスクがあるでしょう。

自己管理が必須

フリーランスは自宅で仕事をしている人が多いため、仕事とプライベートのオンオフの切り替えができないと不規則な生活につながりやすくなってしまいます。

また、仕事のスケジュール管理も自分でしなければならず、休日やプライベートの時間も確保しながら納期までに仕事を終えなければいけません。このように仕事もプライベートも含めて、全体的な自己管理能力が求められるところは、人によってはデメリットになるでしょう。

モチベーションの維持を自力でしなければならない

他者との交流が減っていく可能性があるフリーランスは、最初は仕事の自由度の高さからモチベーションが維持・向上できていても、徐々に孤独感などからモチベーションが下がってしまう場合があります。

モチベーションが下がっても誰かがフォローしてくれるわけではないため、モチベーション管理を自分でする必要がある点もデメリットでしょう。

コミュニケーション力が低下しやすい

フリーランスは、人と会う機会が限られてくるほか、クライアントとのやり取りもメールなどの文面のみになってしまう可能性があります。対面で会話する機会が減ってくると、どんどんコミュニケーション力が低下しやすいです。

コミュニケーション力が低下してしまうと孤独を感じやすい、仕事の効率が悪くなるなどの弊害が起きやすくなり、仕事でもプライベートでも悪影響を起こしてしまうでしょう。

人との新たな出会いのためには積極的な行動が必要

会社勤めであれば、取引先の人をはじめとして飲み会や買い物、趣味の集まりなどで新たな人との出会いを期待することができます。そしてこれらは、自分から積極的に行動しなくても、出会いそのものが起きることも珍しくありません。

それに対して、フリーランスは自宅で過ごす時間が増えてしまい、積極的に行動しないと新たな出会いを見つけられなくなってしまうため、孤独を感じるようになってしまうでしょう。

▼関連記事
フリーランスを目指す前に知っておきたいデメリットとは?メリットも紹介

孤独の解消方法

フリーランスは、外出が少なくなって自宅で過ごすことが増える結果、コミュニケーションを取らなくなることが孤独を感じやすい主な理由となっています。

孤独を解消するためには、働く環境を変えることやコミュニケーションを取る機会を増やすことが大きなポイントです。ここからはそのポイントを踏まえて、孤独を解消するための方法を紹介します。

クライアントと会議を行う

普段、クライアントとはメールなどの文面でしかやり取りをしていないという場合は、クライアントと対面で会議することで、孤独を感じにくくなるでしょう。実際に会えない場合は、オンラインで会議を行う方法もあります。

文面だけではコミュニケーション力が低下するほか、一方的なやり取りになってしまうため孤独を感じやすくなります。対面で相手の顔を見ながら話をすることで、孤独を解消できるだけではなく、仕事の効率も上がるでしょう。

定期的に出社する仕事を選ぶ

在宅での仕事に孤独を感じる場合は、定期的に出社する仕事の中にリモートワークOKの会社や、常駐型のフリーランスの仕事を選ぶという解消方法もあります。

常駐型とは、会社勤めの人と同じくオフィスに出勤し、勤務場所・勤務時間なども決められている働き方です。業務委託という形での雇用契約になり、在宅型とは大きく異なります。

いずれもひとりで仕事をするというわけではなく、定期的に出社またはリモート会議などでコミュニケーションを取ることができるため、孤独を感じることなく仕事ができるでしょう。

シェアハウスに居住する

シェアハウスとは、共同で利用する共有スペースを持った賃貸住宅のことです。自分の個室もあるので、仕事をするときは個室で作業を行い、それ以外の時間は共有スペースで同居人になる人たちと交流を図ることができます。

シェアハウスの中には、フリーランスや在宅ワーク向けの条件で利用できるものもあり、そちらを利用すれば、働き方や価値観を共有できる相手と孤独感なく生活することが可能です。

またシェアハウスは家賃が安い傾向があるので、貯金をしたい人にもおすすめの方法と言えるでしょう。

コワーキングスペースを利用する

働く場所や環境に縛られない人たちのために提供されているオープンスペースのことを、コワーキングスペースと言います。個室がないところもありますが、仕事や作業に集中できる環境が整っているところが魅力です。

コワーキングスペースは月額料金を払えば誰でも利用でき、利用することでひとりではないという安心感が生まれます。また、コワーキングスペースを利用する人たち同士での交流ができるように、イベントが開催されることもあるため、人脈を広げるきっかけにすることも可能です。

なかなか交流ができないという場合でも、複数の人たちで空間を共有している安心感は、孤独を解消するうえで大切なポイントになります。

フリーランス同士のコミュニティに参加する

フリーランス同士が情報交換などの交流を楽しめるのが、フリーランス向けのコミュニティです。コミュニティの中にはフリーランス同士の交流だけではなく、様々なサービスや機能が充実しているところもあり、参加することで多くの恩恵が受けられます。

このようなフリーランス同士のコミュニティに参加することで、孤独を解消できるのはもちろん、交友関係や人脈が広がる、仕事を獲得できるチャンスにもつなげられるなどのメリットがあるところも魅力です。

ちなみに、フリーランス同士のコミュニティはオンラインメインですが、オフラインのコミュニティもあります。自分が参加しやすいスタイルのコミュニティを探してみましょう。

フリーランス向けのイベントに参加する

フリーランス向けのコミュニティでは、定期的に交流会や勉強会・セミナーなどのイベントが開催されています。これらのイベントに参加することで、孤独を解消するだけではなく新しい知識を身につけられるなど、仕事に対するモチベーションを上げることが可能です。

ちなみに、フリーランス向けのイベントに参加する場合は、参加する目的を明確にしておき、終わった後に連絡先を交換するなどフォローを入れるようにすると、信頼関係作りや人脈作りがしやすくなります。

SNS等で発信をする

SNS等のツールは、フリーランスが営業面で利用している傾向があります。孤独を解消するためには、このSNS等のツールを営業以外に活用してみましょう。

例えば、自分の考えや仕事に関することを発信すれば、同じ境遇のフリーランスや興味がある人が反応してくれます。そうしてSNS等に発信した内容から交流を広げていくことができ、場合によってはオフ会などの形で直接会えるケースもあるのです。

人脈づくりにも役立てられるので、仕事の面でもプライベートの面でも有効活用したい孤独の解消方法です。

友人との予定を入れる

仕事関係での人間関係ばかりだと、息が詰まってしまうという人もいるのではないでしょうか。そのようなときは、あえて仕事に関係ない友人との予定を入れてみましょう。

仕事と無関係の友人だと話が合わない可能性はありますが、趣味や共通の話題を見つけることで、仕事を忘れて思いっきり楽しむことができるでしょう。

友人との予定を入れていくことは、孤独を解消できるだけでなく、今ある人間関係を大切に守っていくことができます。

ジムや自宅で筋トレを行う

フリーランスは家にこもっての仕事が多くなるため、ひとり暮らしの場合だと運動不足に陥りやすくなります。運動不足になると、不規則な生活に拍車がかかってしまい、より孤独感を感じる生活に陥ってしまう場合があるでしょう。

そのような場合は、ジムや自宅での筋トレが効果的です。室内で行える運動なら、天候に左右されず継続できるでしょう。また、体を動かすことで運動不足の解消だけではなく、気持ちをリフレッシュさせる効果も期待できます。

自宅ではなくジムに通えば人と出会うきっかけにもなるので、より孤独感の解消につながりやすいでしょう。

休みの日を設定する

フリーランスとして働いていると、会社勤めのときのように勤務時間や休日が設定されているわけではないため、自分で仕事の進捗とともにスケジュール管理をすることになります。そうすると、ついつい休日を設定し忘れてしまうという人も出てきます。

こうなると、仕事とプライベートのオンオフの切り替えができなくなり、思い詰めて孤独を感じやすいです。そのため、休みの日を設定して何もしない日を作るようにすることが、結果的に孤独の解消方法になります。

しっかり休みの日を設定することで、オンオフの切り替えができるようになり、メリハリがつくので孤独感が解消されやすいでしょう。

ワーケーションを行う

ワーケーションとは、WorkとVacationを組み合わせた造語のことを指します。旅行先などの休暇の合間を使って仕事をするというスタイルで、国内での旅行だけではなく海外旅行でもできる働き方です。

ワーケーションをすることで、自分の好きな場所で仕事ができるうえに、気持ちをリフレッシュさせることができます。また、旅行先にプチ移住する形でしばらく滞在しながら仕事ができるなど、非日常を楽しめるところも魅力です。

状況によっては実践するのが難しいですが、旅行が好きな人にはおすすめの孤独の解消方法と言えるでしょう。

ひとりで過ごすことのメリットを把握する

孤独はデメリットばかりだと思われがちですが、メリットもあります。特に仕事の効率が上がる点や自由に働ける点は、会社勤めをしているときにはなかなか得られないメリットです。

このため、ひとりで過ごすことはデメリットばかりではなくメリットもあること、どのようなメリットがあるのかを把握することで、自然と孤独感を解消することができるでしょう。

これは、根本的に孤独ではなくなる方法ではないものの、孤独だと思い込む気持ちや考え方を変えることで、寂しさやつらさを解消できる方法として有効です。

プライベートの充実を図る

ずっと家の中で仕事をしてばかりになってしまい、プライベートが充実していないとなると、どうしても孤独を感じやすくなってしまいます。そのためプライベートを充実させることで、孤独を感じる暇がなくなるように調整していくことも必要な解消方法です。

具体的には趣味を楽しむ、ペットを飼う、友人や恋人を見つけるために出会いを求めるなどが挙げられます。


▶︎フリーランスの働き方は?詳細記事はこちら!

孤独への対処方法やひとりで過ごすことのメリットを把握しておこう

前述してきた通り、フリーランスはその仕事のスタイルからコミュニケーションの機会が減ることで、孤独を感じやすくなってしまいます。

ただ、フリーランスにはデメリットだけではなくメリットもあり、ひとりで過ごすからこそ得られる仕事やプライベートの自由度の高さは、フリーランスならではの大きな魅力です。

このためフリーランスとしてひとりで働くメリットを把握したうえで、孤独への対処方法を実践してみましょう。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.05.19
更新日
2024.02.24

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス