最終更新日時:2019年09月28日

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法

コーダーとは、どのような職業なのでしょうか。また、コーダーになるのに必要な知識や資格はあるのでしょうか。このページでは、「コーダー」をテーマにして、主な仕事の内容や、必要な資格・知識などについて、考察・ご紹介しています。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

コーダーとは

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
IT業界が発展していくとともに、IT関連の職業も増えていき、現在ではさまざまな職業が存在しています。「コーダー」もまた、IT関連の職業の1つと言えるでしょう。

しかし、「コーダー」とはどのような職業か、またプログラマーなどとはどう異なるのか、よくわからないという方も、少なくないと考えられます。

そこで今回は、「コーダー」をテーマにして、コーダーの仕事内容などについて、考察・ご紹介していきます。

コーダーの仕事内容

まずは、コーダーとはどんな仕事をする職業なのか、仕事内容について考察していきます。

コーダーは、Webデザインに関する職業です。WebデザイナーがデザインしたWebサイトなどを、実際にWeb上で閲覧できるような形にすることが、主な業務内容となっています。

HTMLやCSSなどを使って、依頼や指定されたとおりに表示・閲覧できるよう、コーディングすることが、コーダーの仕事だと言われています。

プログラマーとの違い

上記でご紹介したコーダーの仕事内容に対して、「プログラマーとはどう違うのだろう」と考えている方も多いでしょう。そこで続いては、コーダーとプログラマーの違いについて、考察していきます。

コーダーは、「フロントエンド」と呼ばれる、パソコンやスマートフォンの画面上に表示されるものを作成する職業です。一方プログラマーは、サーバーで実際に稼働・作動する、システムやプログラムを作成する職業となっています。

コーダーの年収

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
コーダーのお給料や年収、収入などがどのくらいあるのかも、気になるところです。

コーダーの年収は、条件や企業によって幅があると言われていますが、平均的には正社員のコーダーで年収300万円~400万円前後という説もあります。

また、アルバイトやパートなどでコーダーを募集している企業も多く、アルバイトなどの場合は、自給1200円~1500円くらいの場合が多いと言われています。

コーダーに必要なスキル

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
Webデザインに関する仕事がしたい方や、IT業界で働きたい人などに、特に人気があると考えられる職業・コーダーですが、コーダーとして働くには、Webデザインを画面上に問題なく表示できるようにする、スキルなどが必要だと考えられます。

そこで続いては、コーダーとして働くのに必要なスキルについて、考察していきます。コーダーを目指している方や、コーダーへの転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

必要なスキル1:HTMLの知識

コーダーとして働くのであれば、HTMLに関する知識は、必須だと言えそうです。

HTMLとは、Webサイトの制作をするのに必要とされる、最も基本的と言われているマークアップ言語です。

現在、パソコンやスマートフォンで表示されているWebサイトの大半は、HTMLで作成されているとも言われており、コーダーだけでなくWebサイトの作成などに携わる職業においては、必須と言える知識となっています。

必要なスキル2:XHTMLの知識

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
Webサイト制作の必須技術とも言えるHTMLには、種類も存在しています。HTMLの種類の1つとして、「XHTML」と呼ばれるものも存在しており、コーダーとして働く上で、必要な知識だと言えそうです。

XHTMLは、HTMLとXMLを合わせたものです。マークアップ言語は、HTML以外にも存在しており、XMLもその1つだと言われています。XHTMLは、そんなXMLから生まれた言語だとされています。

必要なスキル3:CSSの知識

CSSに関する知識もまた、コーダーとして働くために必要な知識だと言えるでしょう。

CSSとは、Webページのスタイルを指定する言語だとされています。上記でご紹介したHTMLと一緒に使う言語となっており、HTMLで作成した構成などを、どのように装飾するのか、指示や指定をするのが、CSSとなっています。

Webサイトの制作にあたり、装飾は重要な要素のため、コーダーにはCSSの知識が必須だと考えられます。

必要なスキル4:バグの対処法

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
Webサイトを制作していくと、自分の意思や想像した動作などに反して、文字や装飾などが表示したいように表示されなかったり、作り手の意思や指示とは異なる動作をしてしまったりする現象が起こるケースがあります。

上記のようなバグが出てきてしまった場合、対処したり改善したりするのも、コーダーの仕事です。そのため、コーダーとして働くには、バグへの対処法や対策に関する知識も、必要だと言えます。

必要なスキル5:JavaScriptの基本的な知識

「JavaScript」は、スクリプト言語の1種です。コーダーとして働く場合は、「JavaScript」の基本知識も覚えておいた方が良いと言われています。

JavaScriptは、Webサイトを閲覧しているブラウザがコードを受け取って、動作などを行わせる言語だとされています。

現在、Webサイトの開発では、JavaScriptを使用するケースが多いため、基本はおさえておく必要がありそうです。

必要なスキル6:PHPの基本的な知識

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
「PHP」は、Web開発で使われることが多い、言語の1種です。PHPに関する知識もまた、コーダーとして働く上で、基本はおさえておいた方が良いと言われています。

PHPは、スクリプト言語の1種だと言われており、サーバーサイドでコードを実行する点が、上記でご紹介したJavaScriptとの違いだと言われています。

コーダーとしてWeb開発に関わる場合は、PHPの基本知識はおさえておいた方が良いでしょう。

必要なスキル7:デザインの基本的な知識

コーダーは、Webサイトのデザインに携わる職業です。Webサイトの制作に利用する言語など以外にも、デザインに関する基本的な知識も、必要だと考えられます。

場合によっては、どうすればより見やすいWebサイトになるのか、またどんなデザインにした方がより良いサイトになるのか、判断しなければならない可能性もあるでしょう。ですから、デザインに関する基礎知識も学んでおくとコーダーとして働きやすくなります。

コーダーに役立つ資格

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
最後に、コーダーを目指したり、コーダーとして働いたりする上で、持っていると役立つ資格について、考察していきます。

コーダーには、国家資格などはありません。しかし、業務内容に関する資格を持っていた方が、コーダーとして就職・転職する上で、有利に働く可能性もあると予想できます。

役立つ資格1:Webクリエイター能力認定試験

「Webクリエイター能力認定試験」は、民間資格の1つです。大きくわけて、2つのランクにわかれており、「スタンダード」「エキスパート」があります。

実技のみの試験になっているスタンダードに対し、エキスパートでは実技に加えて知識に関する問題もクリアする必要があります。

また、試験の科目も、スタンダードよりも、エキスパートの方が多くなっています。

役立つ資格2:PHP技術者認定試験

「PHP技術者認定試験」は名称どおり、PHPに関する資格となっています。難易度がわかれており、初級から上級・準上級、そして認定ウィザードの3つで構成されています。

コーダーとして働く上で、PHP技術者認定試験を必ず取得しておかなくてはならないというわけではありません。しかし、PHP技術者認定試験を取得していると、就職や転職でも有利に働くこともあり、コーダーとしての可能性が広がると考えられそうです。

コーダーに必要なスキルを身につけよう

コーダーとは?コーダーに必要なスキル7つ|コーダーになる方法
今回は、「コーダー」という職業をピックアップして、仕事の内容や必要なスキル、おすすめの資格などについて、考察・ご紹介しました。

コーダーとして働く上で、必須と言われる資格などはありません。しかし、各種言語に関する知識や資格などは、取得しておくと知識やスキルとして役立つ可能性があります。

コーダーを目指している方は、必要な知識やスキルの習得に励むことをおすすめします。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録