GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
「GitHubが副業で支持される理由って何だろう?」
「GitHubを副業に活用するには、どんなスキルが必要なんだろう?」
GitHubを活用した副業に取り組みたいと考えている人にはたくさんの疑問・不安があるのではないでしょうか。

本記事ではGitHubが副業で支持されている理由や無料・有料プランの違い、必要なスキルなどの基礎知識に加え、実際の使い方を解説しています。さらに、主な案件例や報酬相場も紹介しているのが特徴です。

GitHubに関する基礎知識を身につけ、自分に合った副業案件に取り組むことで、効率的に副収入を得ることができるでしょう。GitHubを活用する副業について知りたい方は、ぜひ読んでみて下さい。

GitHubとは?

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubとはGitを使用してプログラムコード・デザインデータなどを保存・公開できるウェブサービスのことを指します。ちなみにGitとは、複数人でプログラミングを行う際、ソースコードを管理・運用するシステムです。

GitHubには有料と無料プランがありますが、無料プランの使用枠が広がったことでコストを抑えても、その機能を発揮させることが可能となりました。GitHubを活用すれば、世界中のエンジニアがアップしたプログラムコード・デザインデータを共有することが可能です。

さらにメモやタスク管理ツールなどプロジェクトで活用できる機能も備わっており、複数人でのシステム開発が飛躍的に効率化されるようになりました。実際にアプリ開発やシステム運用などの副業案件ではGitHubの実務経験が条件となっているものも少なくありません。

その利便性・コストパフォーマンスの良さから、今後GitHubはさらに様々な副業案件に用いられることが想定されています。エンジニアの副業で好条件の案件を獲得したいなら、GitHubの習得が不可欠だといえるでしょう。

GitHubが支持される理由

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubは無料で使える機能が増えたことで、世界中のエンジニアからさらに多くの支持を集めるようになりました。しかし、現役エンジニアにおいて正確に支持される理由が理解できている人は多くないのが現状です。

GitHubの副業に取り組むなら、支持される理由を正確に把握しておかなければ作業に活かすことができません。ここでは、GitHubが多くのエンジニアから支持される理由を3点に絞って解説します。GitHubが支持される理由を把握して、副業に活かしていきましょう。

無料でプライベートリポジトリが利用可能

GitHubが支持を集める理由の一つが、無料でプライベートリポジトリを利用することが可能となった点です。従来の無料プランではプライベートリポジトリは利用できませんでした。

GitHubにおけるリポジトリとはファイルを保存する場所を意味します。公開型(パブリックリポジトリ)と非公開型(プライベートリポジトリ)の2種類が用意されているのが特徴です。

GitHubで取り扱った様々な作業データはプライベートリポジトリに保存することができない状況だったといえます。そのためユーザーは不特定多数のユーザーに閲覧されるリスクを回避するため、別ファイルへ作業データを移行しなければなりませんでした。

しかし数年前にサービスの見直しが行われ、無料プランのユーザーであってもプライベートリポジトリが利用可能になったため、ユーザーは作業データを別ファイルに移行する負担から解放されました。

副業を効率的に行う上で情報漏洩のリスク対策・作業の効率化は非常に重要なポイントであり、在宅ワーカーにとっても大きなメリットだといえます。

オープンソースコミュニティである

オープンソースコミュニティである点もGitHubが多くのユーザーから支持を集める理由です。ユーザーの誰もが無料で利用できるオープンソースは、副業を行う上でも利便性が高いソフトウェアだといえます。

これまでGitHubではissueが掲示板のように使われてきましたが、「GitHub Discussions」がリリースされたことで、より利便性の高いオープンソースコミュニティとなりました。

GitHub Discussionsは単にソースコードを公開する場ではなく、ユーザー間で様々な情報交換・コミュニケーションが取れるコミュニティです。各ユーザーがもつ知識・スキル・経験を共有することができます。

副業を行う上で作業中に出た疑問点が解消できなければ、作業が止まってしまうことにもなりかねません。GitHub Discussionsを活用すれば、気軽に質問できることから作業性の向上にもメリットがあるといえるでしょう。

最先端のエンジニアの技術が集まる場

GitHubには最先端のエンジニアの技術が集まる場として知られています。GitHubが世界中のエンジニアに支持される理由の一つが、コストパフォーマンスの高いサービスが揃っている点です。

Microsoft社を中心とした人気のサービスが手軽に活用できるため、GitHubには世界中のエンジニアが最先端技術をもって集まる場となっています。まさに、エンジニアにとってはスキル・知識・経験が共有できる桃源郷だといえるでしょう。

集まるエンジニアが増えれば、その分有益な情報が集まることになり、さらに高いレベルのやり取りが繰り返されます。高いレベルを目指すエンジニアから支持されるのは必然だといえるでしょう。

副業ワーカーが大きく稼ぐには高いレベルのスキル・知識・経験が必要不可欠です。この観点からもGitHubは有益なサービスだといえるでしょう。

GitHubの無料・有料プランの違い

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubには無料と有料プランがあることから、副業で活用するならその違いを正しく理解しておくことが大切になります。主な相違点は以下のとおりです。

無料プランでは利用できない機能
・保護ブランチ:稼働プロジェクトに影響を及ぼさず開発作業が行える機能
・プルリクエスト:作業内容を他のエンジニアに通知する機能
・コードオーナー:リポジトリ内のコード責任者を示す機能

無料プランでは制限される機能
・担当者の複数登録
・ストレージ使用量

これらは確かにユーザーの利便性に関わる機能ですが、一定のスキル・経験があるエンジニアであれば十分に対応できるレベルです。無料プランができたことで、有料プランから無料プランに見直すエンジニアも少なくありません。

副業でGitHubを活用する場合、作業効率を考えれば最初は有料プランを利用し、慣れてきたら無料プランに移行するのも1つの方法です。その一方で、最初は無料プランで試しながら有料プランを検討する副業ワーカーも少なくありません。

いずれにしても、自分のエンジニアとしてのスキル・知識・経験と取り組む副業案件の内容から、自分に合ったプランを選択すると良いでしょう。

GitHubでできること

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubを活用して副業を行うなら、何ができるのか・どういった効果があるのかを正しく理解しておきましょう。GitHubには副業にも活用できる機能がたくさん盛り込まれています。

しかし、それらを正しく理解しないまま活用すると、その効果を十分に得られないことにもなりかねません。最初から全てを理解することは困難であっても、ベースとなる機能は正しく理解しておくことが大切です。

ここではGitHubでできることを3点に絞って解説します。しっかりと理解して、副業に取り組む際の参考としましょう。

費用対効果の高い効率的なチーム開発

GitHubを上手に活用することで費用対効果の高い効率的なチーム開発が実現できます。副業では大規模案件に関するプロジェクトチームに参加することも少なくありません。

GitHubを活用すれば、開発環境を自動で構築することが可能であるため、コストや労力をかけずに開発環境を整えることができます。無料で利用できるプライベートリポジトリを活用すればプロジェクトチームで作業データを共有することも可能です。

さらに、有料プランが活用できるならコードオーナー・プルリクエスト・保護ブランチ機能を駆使することで、プロジェクトチーム内で円滑なコミュニケーションを取りながら、開発作業を進めることもできます。

有料プランを用いたとしても、一般的なサービスと比較すると格安です。つまり、GitHubをプロジェクト案件に活用することで、費用対効果の高い効率的なチーム開発が可能になるといえます。

セキュリティに配慮した安全な環境での開発作業

セキュリティに配慮した安全な環境で開発作業が行えることも、GitHubを用いる大きなメリットだといえます。副業ワーカーにとって情報漏洩はあってはならないトラブルであり、クライアントに大きな損害を与えかねません。

GitHubではコーディング中は自動でレビューが行われており、コードを書くのと同時にセキュリティ対策が施されます。コーディング中にエラーなどがあれば、プロダクション前にその脆弱性が検知される仕組みです。

もちろん、これらのセキュリティ対策は無料で活用できます。一度情報漏洩が発生してしまうと、クライアントからの信用を取り戻すことは極めて困難です。セキュリティ面においてもGitHubは副業ワーカーの強い味方となってくれるでしょう。

効率的なプロジェクトの管理運営

GitHubを用いることで、プロジェクトにおける作業の進捗状況・チームメンバーを効率的に管理運営することが可能です。副業でプロジェクトに参加する場合、初めてチームを組むエンジニアも少なくありません。

プロジェクトを納期までに完成させるには副業ワーカーの足並みを揃え、作業の進捗状況を共有することが不可欠です。GitHubであれば、開発コードを軸にしたプロジェクト進行が可能となり、その進捗状況を様々なデバイスで確認できます。

また、プロジェクトの進捗状況やロードマップに関する各種情報は継続的にチームメンバーに配信され、自分自身のタスク完了までの進捗状況も自動追跡が可能です。

GitHubを活用すれば、副業ワーカーが参加するプロジェクトにおいて重要な課題である、効率的な管理・運営体制も簡単に確立できるといえるでしょう。

GitHubの副業をするために必要なスキル

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubの副業に取り組むには、一定のスキルを養っておくことが不可欠です。GitHubは非常に優秀なプラットフォームだといえます。しかし、導入さえすれば効率的に作業できるものではありません。

GitHubの機能を十二分に引き出すには、扱うエンジニア側のスキルも重要です。GitHubの副業に取り組むために必要なスキルを紹介します。自分の強み・弱みを正確に把握して、不足しているスキルを身につけましょう。

プログラミングスキル

GitHubを活用して副業するためには、高いプログラミングスキルを養いましょう。ここまで説明してきたとおり、GitHubはプログラムコードやデザインデータを保存・公開できるプラットフォームです。

プログラミングやコーディングスキルに加えて、扱えるプログラム言語が増えることで有料・無料プランを問わずにGitHubを使いこなすことができるでしょう。さらにGitコマンドを扱うことができれば、システムへ特定の実行を命令することも可能です。

言い換えればプログラミングスキルが不足していると、GitHubの機能を十分に引き出すことができません。最近ではGitHubを扱えることが条件となっている副業案件も増えています。

取り組める副業案件の幅を広げるためにも、プログラミングスキルを養うことは不可欠です。併せてGitHubを学ぶことで、獲得できる副業案件は大きく増えるでしょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルを養うこともGitHubの副業案件に取り組むには欠かせないスキルです。GitHubは単にプログラムコードやデザインデータを保存するだけのプラットフォームではありません。

新たに実装された「GitHub Discussions」を用いることで、ユーザー間で様々な情報交換が可能です。また、有料プランの「保護ブランチ」「プルリクエスト」「コードオーナー」を活用することで、プロジェクト管理・チーム開発を効率的に行うことができます。

ただし、いくら機能が万全であっても活用するのは人間です。特に副業では初対面のワーカーとプロジェクトチームを組むことも少なくありません。メンバー間でスムーズなやり取りができなければ、GitHubを使いこなすことはできないでしょう。

したがって、在宅を中心とした副業ワーカーだからこそ、チームメンバーやクライアントとの円滑なやり取りができるコミュニケーション力が必要だといえるでしょう。

マネジメントスキル

GitHubの副業で大きく稼ぐには、マネジメントスキルも磨きましょう。プロジェクトを成功に導くにはリーダーのマネジメントスキルが不可欠です。プロジェクトの進行状況やメンバーのタスクの完了状況を的確に見極め、柔軟に指示を出すのがリーダーの役割となります。

高額な副業案件ではプロジェクトメンバーではなく、リーダーとしての役割を担うものが少なくありません。GitHubに実装されているコードオーナーは、リポジトリ内のコード責任者を示す機能であり、効率的にプロジェクトを管理するために活用されています。

しかし、GitHubをより効果的に活用するには、活用する側の人間にマネジメントスキルが必要です。日頃から目的の共有・円滑な意思疎通を可能とするマネジメントスキルを養いましょう。

GitHubの使い方

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubを副業で活用するなら、その手順をしっかりとマスターしておきましょう。とりわけ、GitHubの初期設定ではユーザー名やパスワードの登録が必要であることから、丁寧に作業しておくことが大切です。

ここでは、GitHubの使い方を3つのステップに沿って解説します。まずは大まかな手順を理解し、詳細は実際に使いながらマスターするのがおすすめです。

1:アカウントを取得する

GitHubを使うにはアカウントを取得しなければなりません。しかし、その前にGitHubを使うためのシステム「Git」をインストールしておく必要があります。

Windowsの場合は「Git for Windows」からダウンロード・インストールします。Macの場合だと標準でインストールされているので特段の準備は必要ありません。

Gitをインストールしたら初期設定を行いましょう。初期設定はインストール後、1回だけ行うものであり、ユーザー名とメールアドレスを登録すれば完了です。なお、ここで登録した内容は、リポジトリにコミットしたユーザー情報として履歴に表示されます。

GitHubのアカウントは、公式サイトから作成可能です。画面右上の「Sign up」をクリックし以下の内容を登録すれば完了です。

・ユーザーネーム
・メールアドレス
・パスワード

登録した内容はGitHubを活用する上で大切な情報ですから、セキュリティに配慮し厳重に管理しておきましょう。

2:リポジトリを作成する

GitHubアカウントを作成したらリモートリポジトリを作成しましょう。リモートリポジトリには「Public」「Private」の2種類があり、作成したファイルを保存・共有するための場所です。

GitHubにログインした最初の画面から「New Repository」をクリックすると作成画面に移ります。「Repository name」に任意のリポジトリ名・必要に応じて「Description」を入力し、「Public」もしくは「Private」を選択しましょう。

「Public」はソースコードを公開する場合、「Private」は公開しない場合に選択しますが、「Private」は有料プランでなければ作成できません。なお、リモートリポジトリに最初からファイルを作成しておく場合は「nitialize this repository with a README」にチェックします。

最後に「Create repository」をクリックすれば、リモートリポジトリの作成作業は完了です。この時、画面上に表示されるリモートリポジトリのアドレスは忘れないよう控えておきましょう。

3:HTMLファイルを作成する

リポジトリを作成したらHTMLファイルを作成しましょう。ローカルPCを使用する場合は、ローカルリポジトリを作成します。

HTMLファイルはテキストエディタなどで作成・編集すると良いでしょう。HTMLファイルをコミットするには、ローカルリポジトリに作成したディレクトリ配下に「index.html」ファイルを作成します。

この状態ではリモートリポジトリには反映されません。リモートリポジトリへ反映させるにはコマンド「git push origin master」を実行します。この時、GitHubのユーザー名・パスワードの入力が求められますので、予め用意しておきましょう。

GitHubのエンジニアの副業案件例・報酬相場

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubのエンジニアの副業案件は、システム開発に止まらず非常に多岐にわたるのが特徴です。また、報酬相場は案件の内容により異なります。

GitHubを活用する副業に取り組む際には、案件の内容・報酬相場を確認しておくことが大切です。ここではGitHubのエンジニアの副業案件例・報酬相場を紹介します。案件例を確認して自分に合った案件を探してみましょう。

社内開発アプリケーションの運用・保守

社内開発アプリケーションの運用・保守においても、GitHubの実務経験があると獲得できる副業案件は多くなります。週3日・フルリモートで対応できる案件もあり、副業でも取り組みやすいのが特徴です。

例えば、自社開発アプリケーションのQAエンジニアとして運用・保守として携わる場合、月額約20万前後となる案件もあります。

システム運用改善

GitHubはシステム運用改善においても活用されており、案件の募集は多くあります。副業案件の場合だと約60万円が報酬相場となります。中には200万円を超える案件もあり、スキル・知識・経験を磨くことで大きく稼ぐことができるでしょう。

具体的には、口コミサイトのプロダクトマネージャー、業種に特化した求人サービスにかかるシステム開発・運用などの案件があります。また、エンジニアとしての経験が豊富であれば、IT人材プログラムの講師といった案件もやりがいがあるでしょう。

システムのドキュメント作成

システムのドキュメント作成案件においても、GitHubを活用するものがあります。ドキュメント作成案件はフルリモートで対応できるものも多く、副業でも気軽に取り組めるのが特徴です。

具体的には、Wordpressサイトのメンテナンス業務の一環として、ドキュメントの追加・修正作業・バナーデザインを作成するといった案件があります。報酬単価は約10万円~30万円と高額ですが作業量によって異なるので、作業時間をいかに確保するかがポイントです。

アプリ開発

アプリ開発において、GitHubを活用できることで獲得できる副業案件の幅が広がります。副業案件の場合だと、アプリケーション1本あたり数万円~約100万円が報酬相場です。ただし、100万円前後の副業案件は滅多になく、獲得するには厳しい基準をクリアする必要があります。

例えば新規スマホアプリの開発案件の場合、基本設計・詳細設計・実装といった業務内容で月額約80万円~100万円の報酬となる案件もあります。フルリモートの案件も多く、副業で取り組みやすいのもアプリ開発の特徴だといえるでしょう。

コーポレートIT関連のプロジェクトマネジメント

コーポレートIT関連のプロジェクトマネジメント案件においても、GitHubが活用されています。具体的には企画・ 要件定義・基本設計・ディレクション・マネジメントといった業務内容です。

報酬単価は月額約30万円~40万円と高額ですが、週3日・フルリモートでも対応できます。案件を獲得するにはエンジニアとしてのスキルはもちろん、高いマネジメント力が不可欠だといえるでしょう。

GitHubの副業で副収入を得よう

GitHubが副業が支持される理由は?必要なスキル・主な案件例も紹介
GitHubをマスターすることで様々な副業案件に取り組むことが可能となり、大きな副収入も期待できます。エンジニアの副業案件は多岐にわたりますが、前提条件としてGitHubでの実務経験が求められることも少なくありません。

GitHubは作業中のファイルを複数人で共有できるため、プロジェクトのようなチームでシステム・アプリなどを開発する作業に適しています。無料プランであっても十二分に作業の効率化が期待できることから、今後の様々な開発現場で導入されるでしょう。

エンジニアの副業で副収入を得たいなら、GitHubの習得を目指すのがおすすめです。
初回公開日:2023年01月17日
更新日:2023年01月17日
記載されている内容は2023年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カテゴリ一覧

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳
案件申し込み
キャリアのご相談
非公開案件のご案内\まずは60秒/
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら
案件検索