最終更新日時:2019年03月25日

仕事を辞めるべきタイミングは?半年で仕事を辞めるときの対処方法

まずはじめに、一般的な仕事を辞めたくなる理由について、ランキング形式で紹介していきます。

この記事の目次
    Pocket

    仕事を辞めたくなる理由ランキング

    まずはじめに、一般的な仕事を辞めたくなる理由について、ランキング形式で紹介していきます。

    第3位:「仕事内容」

    仕事を半年で辞めたい理由として、非常に幅広い層から上がりやすいのが「仕事内容」となっています。現状の仕事内容に満足が出来なかったり、自分がこなしたいと思っていたものと違っていたりして、退職に踏み切る人は少なくありません。キャリリアップを目指して転職したものの、理想とは違った仕事内容になってしまうと、スキルを身に着け、キャリアプランに適切に活かしていくことも難しくなってしまうでしょう。

    また、自分がこれまで学んできた内容や、培ってきた技術を活かして働きたいと思っていたのに、実際の仕事内容はそれらと大きくかけ離れていたため、たとえ半年しか働いていなくても、時間や労力をムダに消費したと感じ、辞めたい人も多くなっています。

    第2位:「人間関係」

    人間関係に悩み、半年で仕事を辞めたいと思う人は人もとても多いです。指導が厳しすぎる上司や、性格が合わない同僚、悪意のある先輩や、なかなか言うことを聞かない部下など、人間関係はストレスに直結しやすいものでもあります。職場内いじめなどに悩んで辞めたい人もいます。

    人間関係が悪化することで、業務にも支障が出てしまうと、仕事の成果も上げにくくなってしまいます。折角のスキルやチャンスを、人間関係のせいでふいにしてしまうくらいなら半年しか経っていなくても辞めたいと感じる人もたくさんいます。

    第1位:「お金」

    半年でも仕事を辞めたい理由としては、やはり賃金や福利厚生などの「お金」にまつわる面が非常に多いです。仕事はやはり金銭を稼ぐためというのが大前提にあるため、労働時間が長いのに収入は低かったり、これからの給与アップがあまりに臨めなかったりすると、半年で仕事そのものに対するモチベーションも低下して辞めたいと感じるのです。憧れややりがいだけでは生活していけないため、どんな職業でもお金を理由に半年で辞めたいと思う人はたくさんいるのです。

    仕事を辞めるベストなタイミング

    仕事を辞めたいとき、適しているタイミングはいくつかあります。職場の状況や個人の資質によっても適したものが異なっています。ここからはそれらも踏まえて、仕事を辞めるベストなタイミングについて解説していきます。

    仕事の区切れ目のタイミング

    決算が終わったタイミングや年度の切り替えなどは、退職や転職を考える人がとても多いです。次の仕事について考えるときも、区切れの良いタイミングはリスタートにぴったりということも大きいです。

    大きな仕事の区切れ目のタイミング

    これまで手掛けていた仕事がひと段落したり、プロジェクトが終了したタイミングなども、仕事を辞めるのに適しています。引き継ぎなどが最低限で済みますし、チームが一度社内解散をするようなタイミングであれば、辞めるのもスムーズにいきやすいです。気まずさなども感じにくくて済むでしょう。

    貯金が貯まったタイミング

    次の仕事が決まっていてもいなくても、ある程度の貯金が貯まったところで辞めることは重要です。納得がいくまで転職活動をするためにも、しばらくゆっくりとした時間を過ごすためにも、先立つものの存在は非常に重要です。自由に使えるお金が、以前の給与の二か月分程度貯まっていると、リラックスした時間も過ごしやすいでしょう。

    仕事を半年で辞めたいけど言い出せない理由

    本心は半年で仕事を辞めたいけれど、なかなか言い出せずに時間が経過してしまったという人は少なくありません。代表的な理由をピックアップしてみましょう。

    仕事そのものがとても忙しい

    今の仕事は辞めたいけれど、とにかく忙しく、辞職したい意向を人事担当者に伝えられないという人はたくさんいます。半年で辞めたいはずの仕事も、多忙さに振り回されているうちに何年も居ついてしまったというパターンもあります。

    働き続けている他のスタッフに申し訳なく感じる

    半年で辞めたい仕事を長引かせてしまう理由として、上司や同僚、後輩など、自分以外に働いているスタッフに対して「申し訳ないから」という気持ちが強くなってしまう人も多いです。

    特に人間関係が良好であり、チームワークや雰囲気自体はとても良い職場だったりすると、辞めたいという気持ちをなかなか言い出せず、裏切るような気持ちに陥ってしまうパターンもあります。

    前述した理由にもかぶってきますが、繁忙期や人員不足が目立つ職場だと、自分が抜けたあとの他のスタッフの苦労が不安になり、なかなか辞めたいと言えない場合もあります。

    仕事を引き継げる人がいない

    人員が不足していたり、専門性が高い職場だったりすると、自分が半年で辞めたあとその職務を引き継いでくれる人がおらず、なかなか辞めたいと言えないパターンもあります。また、辞職を伝えたけれど、後任が決まるまで残ってほしいと頼まれてしまうケースも少なくありません。

    仕事を半年で辞めることを伝える方法

    半年で仕事を辞めたい場合、どのようにして伝えれば良いのでしょうか?人事担当者のタイプや職場によっても異なってきますが、代表的な例をいくつかピックアップして紹介していきましょう。

    辞表を提出する

    「まずは直接相談してから」と思って話し始めると、引き留められてしまったり、今後の職場内の苦労を語られてしまったりして、辞めたい気持ちが鈍ってしまうことは少なくありません。人員不足や多忙を理由にして、あなたを引き留める人事担当者もいるでしょう。

    それをはっきり断り、後腐れなく辞めることが出来る仕事であれば問題はありませんが、気持ちの整理がつきにくくなってしまったり、円満退職が遠のいてしまったりする可能性があるときには、辞表を書いて提出してしまうのが手っ取り早いです。あなたか「絶対に辞める」とスタンスを固めていることを、相手にしっかり証明する材料になってくれるでしょう。

    電話やメールなどのツールを利用する

    半年で仕事を辞めたいという旨を、直接はなかなか伝えにくいという人もいるでしょう。改まって人事担当者と話をする時間をとれないケースもあります。そんなときは、メールや電話など、相手と直接対面しなくても、辞表の意を伝えられるツールを活用しましょう。

    もちろん、その後の正式な手続きには直接対面も必要になりますが、間接的なツールを使用することで、最初の突破口を見つけやすくなります。

    次の仕事を決めてきてしまう

    相手がどんなに引きとめたとしても、「次の仕事が決まっているので」という理由は、大きな味方になってくれることが多いです。現在の仕事と転職活動を両立するのは、なかなか忙しく苦労することもたくさんあるでしょう。

    しかし、次の仕事が決まっているという強みは、すっぱり仕事を辞める後ろ盾にもなってくれます。あくまでステップアップのための前向きな退職というスタンスを出すことも出来ますから、円満退職を目指したい人には適していることが多いです。

    仕事を辞めるときは、円満退職を心がけよう

    いかがでしたでしょうか?仕事を半年ほどで辞めてしまう際は、何かと問題が起きてしまう場合が多いです。しかし、それらをくぐり抜けて円満な退職ができれば、人脈も壊さずに、気持ち良く次の目標に向かって歩みを進めることができます。ぜひ、本記事の内容に気をつけながら、円満退職を心がけてください。

    独立という働き方ってどうなの?

    • 年収は上がる?
    • 安定して仕事はある?
    • 保険等の負担が大きそう

    会社員から、フリーランスや独立への転身を考えてみると、いくつも不安が浮いてくると思います。エンジニアの独立を支援する「Midworks」は、それらの不安を解消して、フリーランスのような高単価、正社員のような収入の安定を実現しています。

    Mdiworksなら…

    • 年収が上がる
    • 安定した仕事の受注
    • 正社員同等の保障

    独立やフリーランスを考えているエンジニアの方は、まずは相談から始めてませんか。

    仕事を辞めるべきタイミングは?半年で仕事を辞めるときの対処方法
    60秒でできる
    無料会員登録