最終更新日時:2019年02月21日

年収1000万円稼げるフリーランスの仕事5コ│特徴10コ

フリーランスは、特定の企業などに属することなく仕事をします。また、自分の専門知識やスキルを最大限発揮することができるので、年収1,000万円稼ぐことも可能です。この記事では、年収1,000万円稼ぐ人の特徴や仕事を中心に記述しています。



フリーランスの年収は高いのか?

年収1000万円稼げるフリーランスの仕事5コ│特徴10コ
フリーランスの年収は、平均300万円前後と言われています。これは、フリーランスだけで生計を立てている人もいれば、お小遣い程度稼いでいる人もいるためです。

しかし、フリーランスは単価の高い仕事をすることで、サラリーマンの何倍もの年収を稼ぐことができます。特に、IT関係は人手不足なので年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。

フリーランスで年収1000万円稼ぐ人の特徴10コ

フリーランスで稼ぐ人には共通の特徴は、どんな仕事をする場合でも、効率よく仕事に取り組んでいるため、最大限の成果を出すことができることです。

今回は、フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴を10個紹介します。ぜひ参考にして真似してみてはいかがでしょうか。

年収1000万円稼ぐ人の特徴1:趣味を仕事にしている

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「趣味を仕事にしている」ことが挙げられます。趣味を仕事にすることで楽しく仕事に取り組んでいるためです。必然的に、成果も出やすいため、たくさん稼ぐことができます。

また、嫌な仕事をしているわけではないため、高い集中力や生産性を保ちつつ、仕事に取り組むことができます。

年収1000万円稼ぐ人の特徴2:謙虚

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「謙虚」であることが挙げられます。人の意見を聞き入れ常に新しいものを吸収しようとする気持ちがあるためです。このような謙虚な姿勢で仕事に取り組むことで、顧客や取引先の信頼を得ることができます。

傲慢な態度を取ったり自分の経験値を振りかざしている人は、どんどん仕事が減っていくので、常に謙虚な姿勢で仕事に取り組みましょう。

年収1000万円稼ぐ人の特徴3:売上のことを考えている

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「売上のことを考えている」ことが挙げられます。自分の仕事の範囲を超えて成果を上げようとしているからです。このように仕事をすることで、結果的に売上の見合ったリターンが返ってきます。

仕事ができる人は、自分の範囲の仕事をこなしているだけでは売上が出ないと判断し、売上を上げるために、自分の仕事の範囲を超えて行動しています。

年収1000万円稼ぐ人の特徴4:最新技術に左右されない

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「最新技術に左右されない」ことが挙げられます。仕事ができるフリーランスの人は、技術の本質を理解しているため、最新技術が導入されてもすぐに対応することができるためです。

現代では、便利な技術が数多く開発されていますが、使いこなすことが難しいものもあります。ぜひ本質を理解して最新技術に左右されないように仕事に取り組みましょう。

年収1000万円稼ぐ人の特徴5:成果を最大限にすることができる

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「成果を最大限にすることができる」ことが挙げられます。成果を上げるためにどのような行動をすればよいのか、常に考えながら仕事に取り組んでいるためです。

このような姿勢で仕事に取り組むと、現場の状況に合わせて臨機応変に対応することができるため、企画や開発などの成功に繋がります。

年収1000万円稼ぐ人の特徴6:働く時間を自分で決めている

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「働く時間を自分で決めている」ことが挙げられます。決められた時間で仕事をすることで生産性を上げることができるためです。残業をしないことで疲れが残りにくくなり、常にクリアな状態で仕事に取り組むことができます。

フリーランスに限らず、仕事をする上で時間を多く使うのはあまり得策ではなく、生産性を下げることなり、必然的に仕事の効率が下がってしまいます。

また、人それぞれ集中しやすい時間と収入しにくい時間があるので、自分が効率よく仕事ができる時間を見つけると、より短い時間で高いパフォーマンスを発揮できます。

年収1000万円稼ぐ人の特徴7:余裕がある

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「余裕がある」ことが挙げられます。仕事の力の入れ具合を把握しており、忙しくても切羽詰まることなく仕事に取り組んでいるためです。したがって、最低限の労力で最大限の成果を上げることができます。

また、スケジュールに余裕がある人は、急な仕事にも臨機応変に対応することができます。

年収1000万円稼ぐ人の特徴8:交渉力がある

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「交渉力がある」ことが挙げられます。フリーランスの人は会社員と違って自分で仕事を獲得するので、必然的に交渉力が上がるためです。

値段を交渉することで、大きな見返りが見込める仕事に取り組むことができます。したがって、サラリーマンの何倍もの年収を稼ぐことができます。

年収1000万円稼ぐ人の特徴9:コミュニケーション能力が高い

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「コミュニケーション能力が高い」ことが挙げられます。コミュニケーション能力が高いことで、考えを完結に伝えることができるためです。そのため、チームをまとめることができ、生産性が上がります。

このように、コミュニケーション能力が高いことで、仕事の生産性が上がり、最大限の成果を出すことができます。また、クライアントとの信頼関係があれば単価交渉ができたり、新しい仕事を依頼されることがあります。

コミュニケーション能力が高い人はクライアントとの信頼関係を築きやすいので、より良い仕事がもらいやすくいなります。

年収1000万円稼ぐ人の特徴10:さまざまなスキルがある

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人の特徴の1つに「さまざまなスキルがある」ことが挙げられます。Web関係やプログラミングのスキルを持つことでさまざまな仕事を獲得することができるためです。クライアントも複数のスキルを持っていた人を雇うことによるメリットが大きいです。

年収1,000万円稼ぐフリーランスのほとんどの人が、複数のスキルを持っているため、安定して仕事を獲得することができます。

年収1000万円稼げる?おすすめのフリーランスの仕事5選

フリーランスで仕事を受注することで、年収1,000万円稼ぐことができます。そのためには、専門知識やスキル、営業力やコミュケーション能力が必要不可欠です。

今回は、年収1,000万円稼ぐことができるフリーランスの仕事を5つ紹介します。

1000万円稼げるフリーランスの仕事1:ITエンジニア

年収1,000万円稼げるフリーランスの仕事に「エンジニア」があります。エンジニアは、IT関係の専門知識やスキルを持っている人です。仕事内容は、システムの構築や管理などになります。

IT業界は人手不足が深刻化しており、フリーランスで仕事をしている人も多いです。エンジニアは、専門知識やスキルを身に付けていれば、年収1,000万円稼ぐことも可能です。

最近ではブロックチェーンエンジニアの需要が増えており、海外では年収1,000万もザラと言われています。

1000万円稼げるフリーランスの仕事2:イラストレーター

年収1,000万円稼げるフリーランスの仕事に「イラストレーター」があります。イラストレーターは、クライアントや依頼主の要望に応じてイラストを描く仕事です。雑誌やポスター、キャラクター作成など仕事の幅はとても広いです。

企業から依頼されて描くイラストの仕事を請け負うことができれば、著作権や商法権などのロイヤリティー料が発生し、この収益で年収1,000万円稼ぐことができます。超人気イラストレーターの中には2年後まで仕事の予定がほぼ終わっているという人もいます。

1000万円稼げるフリーランスの仕事3:翻訳家

年収1,000万円稼げるフリーランスの仕事に「翻訳家」があります。翻訳家は、英語やフランス語などの外国語で書かれた文章を日本語に翻訳する仕事です。「文芸翻訳」「実務翻訳」「映像翻訳」といった分野に分かれています。

翻訳をする場合、日本語の表現力や高度な専門知識など、扱うものによって報酬が異なります。人気の映画などの翻訳に携わることで多くの報酬がもらえるため、年収1,000万円稼ぐことも可能です。

1000万円稼げるフリーランスの仕事4:不動産鑑定士

年収1,000万円稼げるフリーランスの仕事に「不動産鑑定士」があります。不動産鑑定士は、不動産を鑑定し値段をつける仕事です。不動産鑑定士の資格を取得し、実務修習を行わなければなりません。

不動産鑑定士の資格は難易度が高いため、合格率もかなり低いです。報酬の大きい民間の評価案件などを取扱う人は少なく重宝されますので、年収1,000万円稼ぐことも可能になります。

1000万円稼げるフリーランスの仕事5:宅地建物取引士

年収1,000万円稼げるフリーランスの仕事に「宅地建物取引士」があります。宅地建物取引士は、不動産売買や仲介の際に、重要事項の説明や書類作成などを行う仕事です。宅地建物取引士として働くためには、宅建試験に合格する必要があります。

宅建は不動産業界で仕事をすることが多く、歩合制のところが多いため、営業力次第では年収1,000万円稼ぐことも可能です。

フリーランスでも年収1000万円稼ぐことができる

フリーランスは、企業に属することなく仕事をすることができます。初めのうちは、実績がないため仕事が無くて苦労しますが、軌道に乗ってくると年収1,000万円稼ぐこともできます。

また、フリーランスは、比較的好きな時間に働くことができるので、ストレスを感じることなく仕事をすることができます。専門知識やスキルを身に付けている人は、ぜひフリーランスという働き方に挑戦してみてはいかがでしょうか。

フリーランスでも正社員のような保障が受けれるって知っていますか?

エンジニアがフリーランスを目指すときに気になるのが、社員だからこそ受けられたさまざまな福利厚生。Midworksは独自の補助制度で、独立のリスクを最小限に抑えます

本来は正社員しか使えないリロクラブが使えたり、会計ソフトのfreeeが無料で使えるといったサポートがあります。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?






60秒でできる
無料会員登録