最終更新日時:2019年09月28日

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント

クラウドエンジニアという職種をご存知でしょうか。クラウドエンジニアはクラウド化されてきている昨今、需要が高まってきている職業でもあります。ネットワークエンジニアとして活躍されていた方も、クラウド技術を身につけてキャリアアップを目指してみましょう。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアはクラウド上でのネットワーク構築や保守などをおこなう、クラウドに精通したエンジニアの事を言います。クラウドエンジニアと一言でいっても、「クラウド」がそもそもどのようなものかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

クラウドとはクラウドコンピューティングの略で、目の前にあるパソコンの中だけでデータを管理するのではなく、ネットワークでつながった先にデータがある状態の事をいいます。

クラウドエンジニアの歴史

クラウドエンジニアが活躍するようになったのは、ネットワークの通信速度が速くなり、クラウドを利用したさまざまなサービスコンテンツが発展してきたことがきっかけです。

クラウド普及以前は、サーバーを自分の会社で管理するようになっていましたが、社内外問わずにアクセスできるなどのメリットがあり、現在ではクラウドを利用したシステムの開発が一般的となっています。そのためクラウドエンジニアの需要は高まっています。

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアにはクラウドに精通した知識と技術が求められます。クラウド化が進む昨今、クラウド環境で初期費用を安く抑えたコスト削減やシステム構築などのスケジュールを短縮することができるというメリットは、ベンチャー企業などに恩恵をもたらすでしょう。

クラウドエンジニアは、クラウドの最適化やネットワークの構築や保守などをおこなうことが仕事内容となっており、ネットワークエンジニアなどの負担を軽減します。

クラウドエンジニアが求められること

クラウドエンジニアが求められる事はクラウドの知識や技術の他にもさまざまあります。クラウドを使用したネットワークの構築や保守管理などが主な仕事ですが、ネットワークシステムなどの構築経験も求められるため、ネットワークエンジニアとしての経験なども必要となってくるでしょう。

よりキャリアアップを目指したいという方は、顧客折衝やコンサル、マネジメント経験などもあると良いのではないでしょうか。

クラウドエンジニアになるための8つのポイント

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアになるために必要なポイントはどのようなことになるのか考えてみましょう。クラウドエンジニアになるためにはただ単に知識を学んだりするだけではなく、クラウドというものがどのようなものなのかを理解してシステムを構築したり運用したりしなければいけません。

ネットワークエンジニアやインフラエンジニアとしての経験も持っていることで、より高みを目指したクラウドエンジニアとして活躍できるでしょう。

ポイント1:サーバーの経験・知識

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアになるためにはサーバーの知識や構築経験が必要となります。サーバーなどの知識があり、サーバーエンジニアとしての経験があるような場合も、クラウドエンジニアになるためのポイントの一つとなるでしょう。

未経験からクラウドエンジニアを目指すのではなく、サーバーエンジニアとして経験を積んでからクラウドエンジニアを目指すこともおすすめで、サーバーの知識はクラウドエンジニアにとって必ず役に立ちます。

ポイント2:ネットワークの経験・知識

クラウドエンジニアにとってはネットワークの経験や知識があることも大切なポイントの一つになります。ネットワークエンジニアとして活躍していた方はネットワークの設計や構築なども手掛けていたため、ネットワーク上のトラブルシューティングや保守に対する知識も豊富です。

どのようにネットワークに関する知識はクラウドエンジニアにとっては大きな強みになるでしょう。ネットワークの知識や経験を積んでおく事がおすすめです。

ポイント3:ミドルウェアやツールの知見・経験

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアの仕事内容にシステム構築などがありますが、設計したシステムをミドルウェアなどを使って行いますので、ミドルウェアやツールに関する知見や経験もあると良いでしょう。

ミドルウェアやソフトウェアなどを設定してシステムを組み上げていきますので、運用ミドルウェアやツールに関する知識もある事はクラウドエンジニアを目指している方にとっては必要ですので、しっかりと身につけておくことがおすすめです。

ポイント4:求人・案件に関係する知識やスキル

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアはクラウドに特化した知識だけを身につけるのではなく、求人や案件に関係する知識なども身につけておくと良いでしょう。どのような事を求められているのか、案件や企業規模の大きさなども自分の評価に関わってきます。

どのような仕事があるのか、どういった仕事内容に携わりたいのかなども含めて、将来を見据えた求人や案件などに関する情報も集めるようにしておくと良いのではないでしょうか。

ポイント5:コンサルタントやマネジメント経験

クラウドエンジニアとして働きたいと考えている場合、コンサルタントやマネジメント経験があるとフリーランスとしても活躍することができるようになります。クライアントの要望や問題点を洗い出し、クライアントがイメージしているシステムの構築をおこなうためには、コンサルタントとしての知識が必要となるでしょう。

マネジメント経験もあると、企業にとっては評価につながりますので、身につけておくことをおすすめします。

ポイント6:顧客折衝の経験

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
顧客折衝の経験もあるとクラウドエンジニアとしての評価も上がるでしょう。クライアントの要望をすべて聞くことができる場合は問題ありませんが、内容によっては譲れないという事もあります。そのような場合、顧客折衝の経験があると交渉などもスムーズにおこなうことができるようになるのではないでしょうか。

クラウドエンジニアとして身につけた経験をもとに、クライアントも納得できるような話し合いをしなければいけません。

ポイント7:資料作成経験

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアには報告書や資料などを提出するといったことも業務内容に含まれる場合があります。書類作成を苦手としているエンジニアは多く、仕事内容を言語化するのが難しいと考えている方も少なくありません。

クライアントとの打ち合わせには視覚的にも分かりやすい資料が必要になります。わかりやすい資料作成経験があればエンジニアとしての仕事にも役に立つのではないでしょうか。

ポイント8:クラウドに関係する知識や技術

クラウドエンジニアは、当たり前のことですがクラウドに関する知識や技術が必要になります。

クラウドエンジニアという職業はクラウドに精通している必要がありますので、これまでクラウドの知識をもたずにネットワークエンジニアなどで活躍していたという方はクラウドの知識を身につけ、クラウドエンジニアとしてキャリアアップを目指してみると良いのではないでしょうか。

クラウドエンジニアが影響を与える職種

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアが影響を与える職種にはどのようなものがあるのか考えてみましょう。クラウドコンピューティング技術に精通しているクラウドエンジニアの他に、エンジニアという名前の付く職種は他にもあります。クラウドエンジニアを目指している方は、クラウドエンジニア以外の職種についても知っておきましょう。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、データベースなどのシステム基盤を扱うエンジニアの事を言い、インフラエンジニアのなかにクラウドエンジニアというものが存在していると考えて良いでしょう。システムの裏側や土台を扱うような仕事ですので、役割によってさまざまな名称で呼ばれています。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアはサーバーに関する技術に特化したエンジニアの事をいいます。サーバーの役割や機能をどのようにするかを考え、アプリケーションなどを組み込み、サーバーを設置したり管理することが仕事内容になります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ネットワークシステムを設計したり構築したりするエンジニアの事を言います。どのように回路を組んでいくのかなどを考え、運用や監視なども仕事に含まれています。通常仁で設計や構築などをしていきますが、規模によっては役割ごとにおこなう場合もあるでしょう。

データベースエンジニア

データベースの扱いに関して特化しているエンジニアの事をデータベースエンジニアといいます。データを保管するための倉庫でもあるデータベースを管理し整理しやすいように構築していくことが主な仕事内容となっています。

クラウド時代に即した技術を身につけよう

クラウドエンジニアになるために知っておくべき8つのポイント
クラウドエンジニアになるためのポイントなどをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。クラウド化されてきている昨今では、クラウドエンジニアの需要が高まってきていますので、クラウドに特化した技術を身につけ、クラウドエンジニアを目指してみましょう。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録