Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. プログラミング言語
  4. その他の言語
  5. Google Apps Scriptで副業ができる!必要なスキルと案件例

Google Apps Scriptで副業ができる!必要なスキルと案件例

Google Apps Scriptで副業ができる!必要なスキルと案件例のイメージ

Google Apps ScriptはGoogleが開発・提供しているプログラミング言語です。初心者でも使いやすく、日頃からGoogleサービスを使う人にとっては作業効率が上がる言語として注目を集めています。

副業でGoogle Apps Scriptを使いたい人は、Google Apps Scriptでできることや勉強方法を理解しておくことで短期間で習得できると思いますので、参考にしてみてください。

Google Apps Script(GAS)とは?

Google Apps Script(GAS)はプログラミング言語のひとつで、Googleが開発・提供しています。JavaScriptというWebブラウザ上で動作するプログラミング言語がベースとなっており、Google Apps Script用のエディタを利用すれば環境構築の必要がないところが特徴です。

Googleが提供するGmail、Googleスプレッドシート、Googleドキュメントなどのサービスとの連携が簡単にできるほか、チャットワークやLINEなどの外部アプリケーションとも連携できます。

初心者でも使いやすく、Googleサービスを使う人にとっては業務効率が上がるプログラミング言語として注目されています。また、無料のGoogleアカウントを取得すれば誰でも始めやすく、コストが安いところも注目されているポイントの1つです。

Google Apps Scriptは、GoogleドライブまたはGoogleのサービスから利用を始められますが、いずれの場合も手順を踏んでGoogle Apps Scriptスクリプトエディタを起動させる必要があります。

個人用のGoogleアカウントで利用すると制限がかかってしまうため、ビジネス用として制限なく使用したい場合は、企業向けに展開されている有料のGoogleワークスペースを利用するといいでしょう。

\\あなたに合った案件をご紹介します//

Google Apps Script(GAS)を使ってできること

Google Apps Scriptを使うことで、Googleが提供しているサービスが拡張できます。

Googleスプレッドシートの場合は特定の条件を満たした時に自動処理を実行する・メニューのカスタマイズができるほか、Gmailの自動送信やGoogleカレンダーのスケジュール記載処理などが可能になります。

また、Web情報の取得(スクレイピング)や外部アプリケーションと連携してのメッセージ送信など、幅広い処理を行うことも可能です。Web情報の取得は通常であれば手間や時間がかかる作業ですが、Google Apps Scriptを使えば作業を簡略化できます。

さらに、外部アプリケーションと連携しておくことでメッセージ送信以外にもGoogleサービスで入力した情報を自動的に共有できるため、後から情報を入力する手間が省けます。

ほかにもWebアプリケーション開発もできるため、自分たちで簡単な情報共有サービスや日程調整ツールなどを作成できるなど、多種多様な使い方ができる点が魅力です。

Google Apps Script(GAS)を使って副業はできる?

Google Apps ScriptはGoogleアカウントを取得していれば誰でも簡単に利用できる点や、Googleが提供しているサービスを中心に外部アプリケーションと連携することで様々なプログラミングができる点から、仕事の効率化ができると注目されています。

これは本業として利用するだけではなく、Google Apps Scriptのノウハウを活用した副業として利用する傾向にも反映されているようです。実際にクラウドソーシングサービスでも、アプリケーション開発などのGoogle Apps Script案件が発注されることもあります。

さらにWebアプリケーション開発ができる点を活用し、自分たちでツールを開発して販売する、開発したツールを使って収入を得るなど、多彩な副業が行われているのです。

徐々にGoogle Apps Scriptの需要が高まっている傾向が見受けられることから、自分が身につけたGoogle Apps Scriptのノウハウ・スキルそのものを販売する副業も出始めています。

Google Apps Script(GAS)案件を受けるために必要なスキルは

副業またはフリーランスとしてGoogle Apps Script(GAS)案件を受けるためには、当然Google Apps Script(GAS)のプログラミングスキルが必須です。少なくとも、Googleスプレッドシートのスキルは身につけておく必要があるでしょう。

そのうえで、Google Apps Script(GAS)をはじめとしたプログラミング言語を必要とする案件ではどのようなスキルや知識が必要になるのか理解しておくことが必要です。

Google Apps Script(GAS)のベースとなっているJavaScriptで例えると、Web制作スキルやWordPressのカスタマイズ、PHPの基礎などが挙げられます。特にWeb制作はプログラミング案件の中でも多いため、身につけておくことで受注できる案件が増えるでしょう。

ほかにもGoogle Apps Scriptで開発したツールの販売やノウハウの販売を行う場合は、コミュニケーション能力が必要になるなど、副業の種類に見合ったスキルが求められることもあります。

Google Apps Script(GAS)案件について、より詳しく知りたい方は以下のページから無料登録し、相談することもできます。ぜひ参考にしてみてください。

Google Apps Script(GAS)の学習におすすめの書籍

Google Apps Scriptのスキルを独学で習得したい場合は、Webまたは書籍を用いる方法が推奨されています。

その中でも書籍を用いた学習方法は、Webでは掲載しきれない詳しい解説を記載している場合が多いため、初めてGoogle Apps Scriptに触れるという人にもおすすめです。

ただ書籍で学習しようとすると、どのようなものを購入すればいいのかわからず悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。実際にGoogle Apps Scriptに関する書籍は数多く販売されているため、選ぶ際に迷ってしまう人も少なくありません。

ここからは、Google Apps Scriptを独学で習得したい人におすすめの書籍を4つ紹介します。

Google Apps Script 完全入門

「Google Apps Script 完全入門」は秀和システムから販売されている書籍で、電子書籍としての取扱いもあります。

ポイントはGoogle Apps Scriptについて丁寧に知識や技術が網羅されているところで、初心者にもわかりやすい解説内容です。

主にGASのベースとなるJavaScriptの基本からGSuiteサービスの自動化手法が解説されているため、Google Apps Scriptに関する辞書として活用することもできます。

実務性においても安定した内容が記載されているため、幅広い業務に対応することが可能です。内容のボリュームもありながら読みやすく、リーズナブルな価格であるため高く評価されています。

「Google Apps Script 完全入門」は内容こそ初心者向けの書籍ではあるものの、丁寧に網羅された情報と解説は、長く使い続けられる教科書的な役割を果たしてくれるでしょう。

Google Apps Scriptのツボとコツがゼッタイにわかる本

「Google Apps Scriptのツボとコツがゼッタイにわかる本」も秀和システムから販売されている書籍です。主にGoogle Apps Scriptの基本的な内容を解説しており、特に初心者が躓きやすいポイントを押さえているところが特徴です。

300ページ以上と内容のボリュームもありますが、図が多く使われているなど読みやすいレイアウトに配慮しているところもポイントです。

初めてGoogle Apps Scriptを学習するという人はまずはこの書籍で基本を押さえ、ほかの書籍で学習するという使い方がおすすめでしょう。

できる 仕事がはかどる Google Apps Script 自動処理 全部入り。

「できる 仕事がはかどる Google Apps Script 自動処理 全部入り。」は、名前の通りGoogle Apps Scriptを使ったGoogleアプリの自動化に特化しているところが特徴です。

特にスプレッドシートの作業効率化が中心となっており、普段Googleスプレッドシートを使った作業を行っている人におすすめです。

また、GmailやドキュメントなどのGsuiteサービスとの連携方法や、事例を踏まえた解説が多いため、実務に使うサービスやアプリの学習がしやすくなっています。

無駄を省いたシンプルな説明が多いため、必要な情報だけを知りたい、すぐに業務効率化できる情報だけを学習したいという場合にもうってつけでしょう。

ほかの書籍と比較しても自動処理の事例が豊富に紹介されているため、学習だけではなく実務に応用しやすいところがポイントです。

サーバーレスでお手軽自動化!Google Apps Script活用入門

「サーバーレスでお手軽自動化!Google Apps Script活用入門」はインプレスR&Dから販売されている書籍で、Googleが提供しているサービスの基礎的な部分がしっかり網羅されています。

基礎的な部分に関してはほかの書籍でもカバーできるため、内容が重複する可能性がありますが、記載されているコードの事例が実務でも活用できるほど豊富な点が大きな魅力です。

そのため、基礎的な部分を学習するというよりも、実務的な部分を学習する方法に利用するのがおすすめです。ただし、掲載されているコードは実務に応用できると言ってもシーンが限定される点は注意が必要でしょう。

また、程よいページ数なため初心者でも手に取りやすく、読書そのものが苦手だという人にとってはハードルが低くなる点もメリットと言えます。

\\GASを取得して案件を獲得しよう//

Google Apps Script(GAS)の副業案件例・単価相場

Google Apps Scriptを使ってできる副業の例としては、受注開発やツールの販売・開発、指導やスキルシェアなどが挙げられます。

受注開発は主にクラウドソーシングサイトを経由して行うもので、副業の中でもオーソドックスなものです。GASによる自動化のプログラムや、ツール開発案件を請け負って納品する案件が主でしょう。

単価相場としてはタスク単体で1,500~3,000円程度、継続や企業案件であれば30,000~50,000円程度の提示が多いです。クラウドソーシングサイトによっては単体・低報酬の案件も少なくないため、開発にかかる期間などを踏まえると割に合わないケースもあるでしょう。

ツールの販売や開発に関しては、自分たちで自動化ツールやレポートツールなどを開発して販売することになります。販売するだけではなく、自分たちでお金を稼げるようなツールを開発・導入する方法もあるでしょう。

販売する場合の単価相場は1ツール販売に対して1,000~1,500円程度が一般的で、ブログやGASアプリなどのプラットフォームを利用して販売する方法がおすすめです。

Google Apps Scriptのスキル指導やスキルシェアはブログや動画、スキルシェアサービスを活用することになるでしょう。スキルシェアは依頼者の相談に乗る形で提供することが多く、単価相場は3,000~10,000円程度です。

ほかにも情報発信ブログで広告収入を得たり、電子書籍の執筆による副業もあるため、自分が続けやすい副業を検討しましょう。

  • GASを使った受託開発
  • ツールを販売
  • お金を稼ぐGASツールを開発
  • GASの指導やスキルシェア

Google Apps Script(GAS)を使った副業の探し方

Google Apps Scriptを使った副業をしたい場合は、クラウドソーシングサービスを使った方法とGASアプリ・ツールの売買プラットフォームを使う方法があります。

クラウドソーシングサービスではGoogle Apps Scriptに関する案件が発注されているため、条件や仕事内容がマッチしたものを受注することで報酬を得られます。特にクラウドワークスやランサーズ、Bizseekが代表的なサービスです。

また、クラウドソーシングサイト以外にGoogle Apps Script案件を受注したい場合は、フリーランススタートなどのフリーランス求人情報検索エンジンやサイトを活用することで、高額案件を見つけられる場合もあります。

Google Apps Scriptのツールを販売して副業したい場合は販売先を探す必要があるため、GASスタンドなどのGASアプリ・ツールの売買プラットフォームを使うとよいでしょう。

ただし、クラウドソーシングサイトやGASアプリ・ツールの売買プラットフォームでは報酬から利用料などを差し引かれるため、副業の受注が安定した段階でブログなどを活用して情報発信しながら仕事を探すという方法がおすすめです。

自分にあった案件について知りたい方は、下記より無料登録をしてみてください。

\\スキルを使って自分らしい働き方を実現!//

Google Apps Script(GAS)の今後の可能性

Googleトレンドによると、Google Apps Scriptは2010年ごろから注目を集め始めたワードであることがわかります。世間で注目されるようになったのはまだ最近の出来事ではあるものの、その注目度や検索される頻度は増加傾向にあるようです。

特にGoogleサービスは多くの企業や業界で利用されていることから、Google Apps Scriptの認知度は確実に高まっています。

現在は案件数も決して多いわけではなく単価相場も安いものが多いですが、今後認知度や仕事上での需要が増えることで件数も増加していくでしょう。

特にIT社会においてプログラミングそのものが欠かせない存在となっていることも踏まえると、将来的にはほかのプログラミング言語同様に需要が高まっていくと期待されています。

GASを活用できるスキルを身につけよう

Googleが提供しているプログラミング言語であるGoogle Apps Script(GAS)は、新しいプログラミング言語ではありますが、Googleサービスや外部アプリケーションと連携できることから、徐々に認知度や需要が高まっている傾向です。

特にGoogleサービスの機能拡張や連携による自動化、アプリケーション・ツール開発などをうまく活用すれば業務の効率化を図れるため、企業にとっては重要なプログラミング言語になりつつあります。

ほかのプログラミング言語と比較すると少なめではあるものの、Google Apps Scriptを活用した副業やフリーランスとしてのプログラミング案件も増えてきています。今後案件数が増えると期待されているため、将来的に身につけておきたいスキルと言えるでしょう。

また、ほかのプログラミング言語と比較しても始めやすい環境が整っているため、これからプログラマーとして副業を始めたい・フリーランスとして活躍したいと考えている人は、本記事で紹介した書籍などを参考に学習してみてはいかがでしょうか。

\\あなたに合った案件をご紹介します//

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年06月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2023.01.11
更新日
2024.06.10

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス