Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. プログラミング言語
  4. PHP
  5. 【5分で解説】PHPエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、将来性まで紹介!

【5分で解説】PHPエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、将来性まで紹介!

【5分で解説】PHPエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、将来性まで紹介!のイメージ 【5分で解説】PHPエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、将来性まで紹介!のイメージ

PHPはWeb開発に特化したプログラミング言語です。PHPエンジニアはフレームワークを使用して、Webアプリケーション開発、業務システム開発、ゲーム制作などを担います。Web開発の分野で大きなシェアを持っている言語のため、今後も将来性は高いと言えます。

本記事では、PHPエンジニアの仕事内容を中心に、求められるスキル、PHPエンジニアとして活躍する方法について紹介します。PHPエンジニアに興味を持っている方は、必見です。

PHPとは?【言語の特徴・意味】

PHPとは、「Hypertext Preprocessor」の略で、Web開発に特化したプログラミング言語です。サーバーサイドのWeb開発に用いられる言語で、データベースと連携してデータの取得や加工を行い、ブラウザ上に表示することができます。

また、PHPは豊富なフレームワークによる開発環境の良さや、WordPressで使用されている言語であるなどの理由により、人気が高い言語です。

そのため、インターネット上にも、PHPという言語に関する情報が豊富に存在しています。他のプログラミング言語と比較して学習コストが低いため、初めてプログラミングを学ぶ初心者にもおすすめの言語です。

さらに、PHPはWebサイトやブログの作成に用いられるCMSの「WordPress」の開発にも用いられています。したがって、PHPを扱うことができればWordPressのカスタマイズも可能になります。

PHPでできること

PHPはサーバーサイドのWeb開発に特化しているという特徴があります。そのため、PHPを用いることでWebアプリケーションやWebサービスの開発を行うことができます。

他にもWordPressを使ったブログのカスタマイズや検索機能、予約システムなどの実装、問い合わせフォームやグループウェア、社内管理システムなどの作成といったことが可能になります。

実際にPHPで作られたWebサービスには、FacebookやWikipedia、ぐるなび、Slackなど、有名なWebサービスが多数あります。Facebookは現在は独自開発したHackへと切り替えられていますが、もともとはPHPで開発されています。

PHPの案件としては、Webアプリケーションの作成やWordPress関連の案件が多いでしょう。


▶︎WordPressエンジニアについて詳しく知りたい方はこちら!

PHPエンジニアの仕事内容

PHPエンジニアの仕事内容は企業によって異なりますが、具体的な例としてはPHPフレームワークを利用したWebアプリケーションの作成や業務システム開発、ゲーム制作などが挙げられます。また、API連携などを行うこともあります。

PHPのフレームワークについては、この後詳細に紹介していますのでご覧ください。

このように、PHPエンジニアの仕事は幅広いWeb関連の業務を行うことだといえるでしょう。そのため、PHPエンジニアの職種はシステムエンジニアやWebプログラマーなど広義に捉えられるケースも多いです。


▶︎PHPエンジニアの仕事内容についてより詳細に知りたい方はこちら!

Web開発

PHP案件の中でも大部分を占めているのがECサイトなどを始めとするWeb開発です。PHPはWebアプリケーション開発に特化したサーバーサイド開発言語となっており、PHPはWebサーバーで動作するため動作確認が非常に容易です。

そのため、PHP案件の中にはさまざまなWebサービス開発の案件があります。新規開発案件以外にも、既存のWebアプリケーションに対する機能追加や不具合の修正、リプレイスといった案件があります。

システム開発・運用

PHP案件の中にはシステムの開発、運用の案件もあります。企業が利用する業務システムや検索システム、予約システムなど、さまざまなシステム開発にPHPが用いられています。

そのため、PHPエンジニアであればPHPを使ったシステム開発の案件に対応することもあるでしょう。また、開発案件だけでなく運用や保守を担当する案件も存在するため、PHPを利用したシステム開発・運用の案件も多いです。

ゲーム開発

PHP案件の中にはゲーム開発の案件もあります。PHPの案件であればソーシャルゲームなどの開発案件が多いため、他にもソーシャルゲーム開発に用いられるJavaやRubyなどのプログラミング言語のスキルが必要とされるケースや、3D技術などを用いるスキルが必要になる場合があります。

PHPとその他のプログラミング言語の年収比較

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、言語ごとに特徴も異なっています。そのため、プログラミング言語ごとに年収にも違いがあります。

PHPを扱うエンジニアの年収は400万円ほどだと言えるでしょう。なお、男性の場合は470万円ほど、女性の場合は360万円ほどと男女でも年収には差が出ています。

また、PHPエンジニアは需要が高くエンジニアの人数が多いため、経験年数やスキルなどの個人差によって年収が大きく異なる傾向にあります。このような理由で、PHPエンジニアの年収幅は他のプログラミング言語と比較しても広いと言えるでしょう。

言語 平均年収
PHP 約400万円
Ruby 約395万円
Java 約430万円
JavaScript 約340万円
Python 約440万円
Swift 約470万円

PHPエンジニアに必要なスキル

PHPエンジニアとして業務を行うためには、PHPでのプログラミングスキル以外にもさまざまなスキルが必要になります。

たとえばPHPはWebアプリケーションやWebサービスの開発に用いられる言語であるため、HTMLやCSSを含めたWebアプリケーション開発のスキルが必要になるなどの例があります。
ここではPHPエンジニアに必要なスキルを紹介するため、参考にしてみてください。

Webサービス・アプリケーション開発

PHPはWebサービスやWebアプリケーション開発に用いられる言語です。そのため、Web開発で必要となるHTMLやCSS、JavaScriptなどの開発スキルは身につけておきましょう。

他にも、PHPと共に「LAMP」と呼ばれているWebアプリケーションを開発するための環境(Linux、Apache、MySQL)のスキルを身につけておくようにしましょう。

PHPフレームワーク

PHPを使ってWebアプリケーションを開発する場合、フレームワークを利用するケースが多いです。そのため、PHPフレームワークを扱う知識やスキルも身につけておくようにしましょう。

PHPのフレームワークとしては、LaravelやCakePHPなどが有名です。しかし開発対象によって採用されるフレームワークも違ってくるため、PHPエンジニアには幅広いフレームワークの知識が必要になるでしょう。

下記記事で、PHPフレームワークについて詳細に解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。


▶︎PHPフレームワークおすすめ10選を紹介!トレンドも知って効率よく開発を

オブジェクト指向

オブジェクト指向とは、特定の役割を持ったモノ(オブジェクト)ごとにクラスを分割し、モノとモノの関係性を定義することによってシステムを開発していくというプログラミングの手法です。

PHP言語でプログラミングを行うためには、オブジェクト指向のスキルが必須になります。オブジェクト指向のプログラミングができれば、他のプログラマーと分業して開発を行う際にも効率的な作業が行えます。

PHPエンジニアとして活躍するポイント

PHPエンジニアとして活躍するには、上流工程やマネジメントの経験を積むことがポイントです。このような経験やスキルを持っている人材は希少価値が高いため、フリーランスのPHPエンジニアとしても需要の高い存在になれるでしょう。

また、資格を取得することで自身の知識やスキルを証明できるようにしておくことも、活躍できるPHPエンジニアになるために有効です。資格の取得は、仕事の幅を広げ、スキルアップにつながります。

PHPエンジニアが取得しておきたい資格は「PHP技術者認定試験」です。PHPのスキルを証明できる唯一の資格で、試験は初級・上級・認定ウィザードの3種類があり、自身のスキルや経験に合った難易度の試験を選択できます。

資格取得のための勉強方法については、以下の記事を参考にしてみてください。


▶︎PHPの勉強方法・手順を紹介!詳細記事はこちら!

PHP案件を見つけるには?

フリーランスエンジニアや副業エンジニアがPHP案件で収入を得るためには、継続的にPHPの案件を獲得する方法を見つける必要があります。

PHP案件の探し方としては、SNSを活用する方法や知り合いに紹介してもらう方法、エージェントを活用する方法、クラウドソーシングサイトを活用する方法が挙げられるでしょう。

ここでは、PHP案件を見つける方法について解説していきます。ご興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

SNSを活用する

近年ではSNSを利用してPHP案件を獲得しているフリーランスも多いです。SNSを使って自身のスキルやPHP案件を募集している旨を定期的に発信しておけば、目を留めた企業から声をかけてもらえる可能性もあるでしょう。

また、エージェントやクラウドソーシングの場合、クライアント側は利用料がかかりますが、TwitterやFacebookなどのSNSであれば無料で利用できます。そのため、最近ではSNS上で求人を出している企業も増えてきています。

気になる企業がある場合は、SNSをチェックしておくとよいでしょう。

知り合いに紹介してもらう

フリーランスエンジニアとして働いている人の中には、知り合いのツテで案件を獲得している人も多いです。PHP案件の場合、Webサイト制作やWeb上での店舗の出展など小規模な案件が多いため、知り合いの紹介で案件を獲得できる可能性は高いでしょう。

知り合いの場合はもともと信頼関係ができており、スキルなどを理解した上で仕事を紹介してもらいやすいです。また、報酬交渉などもしやすいというメリットがあるでしょう。

ただし不誠実な対応を行えば案件を紹介してくれた知り合いの顔にも泥を塗ることになるため、十分注意する必要があります。

エージェントを活用する

フリーランス向けのエージェントを利用することで、自分の経験や希望に合ったPHP案件を紹介してもらえます。エージェントであれば、個人で契約することが難しい大手企業の案件や高単価案件も紹介してもらえる可能性があるでしょう。

また、エージェントの担当者が報酬の交渉や契約周りのサポートを行ってくれるため、案件対応に集中しやすくなります。

エージェントが扱っている案件の中には週2日や週3日出勤の案件やリモート案件など柔軟な働き方ができる案件もあるため、自分に合った働き方が選びやすいのもポイントです。

クラウドソーシングサイトを活用する

クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネット上でさまざまな人材に業務委託を行う新しい業務形態です。近年ではクラウドソーシングサイトで案件を獲得するフリーランスも増えてきています。

クラウドソーシングはエージェントと似ていますが、エージェントのように仲介を行ってもらえるわけではないため、自分で直接応募する必要があります。

また、掲載されている案件は比較的小規模な案件や初心者でも対応しやすい案件が多いため、フリーランスとして独立したばかりのPHPエンジニアでもチャレンジしやすいでしょう。

未経験からPHPエンジニアになるのは難しい?

PHPのスキルを上げる必要はありますが、未経験からでもPHPエンジニアを目指すことは可能です。

即戦力を求められることが多いので、学ぶだけで終わるのではなく、実際にプログラミングしてみて、一通りの開発ができるスキルを身につけましょう。

ポートフォリオを作成することで、実力を証明できればPHPエンジニアとして会社で働くことができます。

ここからは、即戦力になるために知っておくべきPHP学習方法について紹介していきます。

PHP学習方法

効率的にPHPの基礎を学習するには、オンラインのプログラミング講座を利用することがおすすめです。基礎ならば無料で使えるものも多いので、試しに登録してみるのも良いです。

基礎が分かったら簡単なWebアプリを作ってみることで、よりPHPの理解を深めることができるでしょう。難しいと感じたら、人のソースコードをそのまま使用してみるのも1つの手です。

学習していて、分からない部分をすぐに聞きたいという方は、プログラミングスクールを選ぶと効率的にプログラミングを学べます。

また、書籍を利用するのもPHP学習方法の1つでしょう。PHPは日本でも人気のあるプログラミング言語となっているため、学習に利用できる書籍がたくさんあります。

PHPを初めて触る方に向けた初心者用の書籍や、基礎よりも深く知りたい方に向けた中級・上級者用の書籍もあるため、自分のレベルに合った書籍を選ぶことができます。

上記で紹介したPHP学習方法以外にもいくつかありますので、自分のスタイルに合った学習方法を選択してみてください。


▶︎PHPの勉強方法・手順|勉強におすすめの学習サイトや書籍も紹介

PHPの需要と将来性について

PHPは、Web開発の分野では、大きなシェアを誇っています。また、WordPressの開発に用いられている言語のため、非常に需要の高い言語になっています。初心者でも始めやすい言語ということもあり、今後も需要はなくならないと考えられ、また、将来性もある言語だと言えるでしょう。

言語別の求人数を見てもPHPの案件は非常に多いことから、今後もPHPは一定の将来性が期待できます。

PHPエンジニアの案件例

実際、どのようなPHPのフリーランス案件があるのか気になった方も多いでしょう。

ここからは実際にPHPのフリーランス案件副業案件の例について紹介していきますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

フルコミット案件

月の稼働時間が140時間~180時間の案件です。単純に計算して月曜から金曜、毎日8時間稼働する計算になるため副業としては参加するには難しいですが、100万円~130万円の単価は相場と比べて頭一つ抜けており、非常に魅力的な報酬だと言えます。

業務内容や求められるスキルを確認すると、報酬相応のレベルが求められるため、自信がある人におすすめの案件です。

週3日案件

週3回からOKが特徴の案件です。それでいて報酬が50万円~70万円と相場より高めなのが魅力でしょう。(月140時間~180時間稼働した場合)

副業として、もしくはフリーランスの登竜門としておすすめの案件です。

リモート・在宅案件

こちらはリモートOKが特徴な案件です。月に140時間~180時間と週40時間対応する必要がありますが、報酬が月100万円~110万円と相場よりも高額です。

リモートの案件を求めている方におすすめの案件だと言えるでしょう。

PHPは高い人気を持っている言語の1つ

先述のとおり、PHPはWeb開発における需要が非常に高い言語です。PHPの求人数も多いため、PHPエンジニアは将来性がある職種だと言えるでしょう。

本記事では、PHPという言語の特徴から、仕事内容、学習方法などを解説しました。

ぜひ本記事で紹介したPHPの特徴やPHPを扱うエンジニアの年収などを参考に、PHPについて理解を深め、キャリアについて考える際の参考にしてみてください。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年04月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2020.12.15
更新日
2024.04.03

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス