初回公開日:2021年02月19日
更新日:2021年02月20日

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説

記載されている内容は2021年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

PHPにはどのようなフレームワークがあるのでしょうか。この記事ではPHPフレームワークのメリットやデメリット、PHPのおすすめフレームワークなどをご紹介しますので、PHPのフレームワークを学ぶ参考にしてみてはいかがでしょうか。

PHPとは

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説
PHPはWeb開発に強みを持つサーバーサイドのスクリプト言語です。

動的にWebページを生成することができる言語で、他の言語よりも文法などが簡単なので、学習コストが低いです。

また、PHPは世界中のWebサイト開発で多くのシェアを獲得している「WordPress」というCMSを構成しており、Web開発で広く利用されています。

フレームワークとは

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説
フレームワークとは、アプリケーション開発を行う際に土台として機能するソフトウェアです。

フレームワークは「枠組み」を意味する言葉で、アプリケーション開発に必要な機能があらかじめ実装されているものです。フレームワークを利用することでアプリケーションをゼロから開発する必要がなくなるため、開発にかかる工数を削減することが可能です。

また、フレームワークにはWebアプリケーションフレームワークやユーティリティ系フレームワークなどさまざまな種類があります。

ライブラリとの違いは?

ライブラリは、プログラムコードを再利用可能な形でまとめたファイルです。

ライブラリには、特定のソフトウェア開発キットとしてまとめられたライブラリや、使用頻度の高いコードをまとめたライブラリなどがあります。

そのため、ライブラリはコードを再利用することで開発を効率化するもの、フレームワークは枠組み自体を再利用することで開発を効率化するものという違いがあります。

PHPフレームワークとは

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説
PHPでWeb開発を行う場合、PHPで作成されたPHPフレームワークを利用することで効率の良い開発が可能になります。

前述のとおり、フレームワークはWebアプリケーション開発などを行う際の大枠として利用できるものなので、フレームワークを利用することでスピーディな開発が可能になります。

また、PHPで作成されたフレームワークにもさまざまな種類があり、それぞれ特徴も異なっています。

PHPフレームワークのメリット3つ

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説
PHPフレームワークのメリットをご紹介します。

フレームワークを利用することで、ゼロから開発を行うよりも効率的な開発ができるようになりますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではPHPフレームワークのメリット3つをご紹介しますので、どのようなメリットがあるのかぜひ参考にしてみてください。

PHPフレームワークのメリット1:開発速度の向上

PHPフレームワークを利用することで、開発の速度を上げて短期間で開発できるようになります。

フレームワークには開発の際に汎用的に必要となる機能がすでに実装されているため、簡単に呼び出すだけで利用できます。

そのため、フレームワークを利用する場合は、開発者は追加で搭載したい機能のみを実装すればWebアプリケーションを完成させることができ、開発速度を大幅にアップさせることが可能になります。

PHPフレームワークのメリット2:メンテナンス性の向上

PHPフレームワークを利用することで、メンテナンス性が向上します。

開発プロジェクトでは複数人のエンジニアが作業を分担して開発を行いますが、エンジニアによってコードの記述にバラつきが出やすいです。

しかしフレームワークを利用する場合はゼロから開発するわけではないため、コードが統一できるようになり、可読性が上がります。そのため、開発者以外がメンテナンスする場合も保守しやすくなります。

PHPフレームワークのメリット3:セキュリティの向上

PHPフレームワークを利用することで、セキュリティが向上します。

フレームワークから呼び出すことで使用できる機能は、これまで多くの開発プロジェクトで使用されてきたものなので、基本的にエンジニア個人で自作するコードよりもセキュリティ対策が取られています。

そのため、フレームワークを利用すれば、エンジニアが苦労することなくセキュリティ性の高いコードを利用できるようになります。

PHPフレームワークのデメリット

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説
PHPフレームワークを利用することで、基本的な構造ができあがってしまうため、カスタマイズが難しくなります。

また、フレームワークの中にはカスタマイズしやすいものもありますが、そういったフレームワークは規約が緩いです。そのため、規約の厳しいフレームワークよりもコードの統一性に欠け、バグが発生する可能性も高くなります。

PHPのおすすめフレームワーク10選

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説
PHPのおすすめフレームワークをご紹介します。

PHPで開発をする場合、どのようなPHPフレームワークを利用すればいいのかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。また、フレームワークの種類も多いため、それぞれどのような特徴があるのか知りたいという方もいるでしょう。

ここでは最後にPHPのおすすめフレームワーク10選をご紹介しますので、どのようなフレームワークがあるのか参考にしてみてください。

PHPのおすすめフレームワーク1:Laravel

Laravelは、はじめてフレームワークを学ぶ初心者にもおすすめの人気のフレームワークです。

「Love beautiful code? We do too」という理念を掲げており、はじめて利用する初心者でも美しいコードが書けるようになっています。

そのため、さまざまな種類があるPHPのフレームワークでも特に人気があります。

PHPのおすすめフレームワーク2:CakePHP

CakePHPは、Ruby on Railsの影響を強く受けているフレームワークです。ケーキを焼くかのように容易にPHPでの開発ができることを目指しています。

Ruby on Railsに影響を受けていることからWebアプリケーションの開発を得意としており、日本で人気なので日本語のドキュメントも豊富です。PHPエンジニアを目指すのであれば習得しておくと良いでしょう。

PHPのおすすめフレームワーク3:Symfony

Symfonyは、堅牢なアプリケーション開発に適しているフレームワークです。

MITライセンスに基づいたオープンソースのフレームワークで、個人よりも企業で多く採用されています。CakePHPと同様にRuby on Railsの影響を受けていますが、エンジニアの数は少なめです。

そのため、PHPエンジニアを目指すのであれば扱えると良いでしょう。

PHPのおすすめフレームワーク4:Codelginiter

Codelginiterは、近年人気が上がってきているフレームワークです。

処理速度が速く、手軽に利用できるPHPフレームワークです。ライブラリだけでなく、ライブラリにアクセスするためのインターフェースや論理構造も提供しているため、よりスピーディな開発を実現します。

また日本ではCodelginiterを利用した案件は少なめですが、世界のトレンドを先取りしたい人におすすめです。

PHPのおすすめフレームワーク5:ZendFramework

ZendFrameworkは、拡張性の高いフレームワークです。

MicrosoftやGoogle、IBMなどが技術パートナーとして協力していることから、信頼性も高いMVCフレームワークです。

規約が他のPHPフレームワークほど厳しくないため、開発したいアプリケーションに合わせてカスタマイズがしやすいです。

PHPのおすすめフレームワーク6:Phalcon

Phalconは、フルスタック型の高速なフレームワークです。

非常に高速に動作するのが特徴です。コアの部分がC言語で実装されていることから、高速な動作を可能としています。

Phalconを採用することで、フレームワークを利用する際の動作の遅さを気にすることなく、パフォーマンスを最適化できるようになります。

PHPのおすすめフレームワーク7:Slim

Slimは、オープンソースのマイクロフレームワークです。

必要最小限の機能を搭載することでシンプルな構成になっている軽量フレームワークで、シンプルであることから学習コストが低いのが特徴です。

そのため、単純なWebアプリケーションやAPIの開発に適しています。

PHPのおすすめフレームワーク8:Yii

Yiiは、大規模なアプリケーション開発に最適なフレームワークです。

ポータルサイトやCMSなどに利用されるケースが多いフレームワークで、日本での採用例はまだ少なめですが、世界的に人気が高いです。

高性能なコンポーネントベースのフレームワークになっており、アクセス負荷の大きなサービスの開発に適しています。

PHPのおすすめフレームワーク9:FuelPHP

FuelPHPは、さまざまなフレームワークの長所を活かしたフレームワークです。

高速な動作が可能で、CakePHPやSymfony、CodeIgniterといったフレームワークのメリットを取り入れているため、非常に高度なWebアプリケーション開発に利用できます。

PHPのおすすめフレームワーク10:Flight

Flightは、Twitterが開発したシンプルなフレームワークです。

シンプルであることをコンセプトにしている軽量なフレームワークで、独立性のある非同期なコンポーネントベースとなっています。シンプルで使いやすく、初心者でもすぐに利用することができるのが特徴です。

PHPのフレームワークを習得してスキルアップしよう!

【2021年】PHPのおすすめフレームワークとその理由を解説
PHPフレームワークを利用することで、スピーディで効率的な開発が可能になります。

ぜひこの記事でご紹介したPHPフレームワークのメリットやデメリット、PHPのおすすめフレームワークなどを参考に、PHPで利用できるフレームワークを学んでみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら