Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. エンジニアの職種
  4. ITエンジニア
  5. 【目的別】Salesforce認定資格10選!取得するメリットやおすすめの勉強方法を解説

【目的別】Salesforce認定資格10選!取得するメリットやおすすめの勉強方法を解説

【目的別】Salesforce認定資格10選!取得するメリットやおすすめの勉強方法を解説のイメージ

salesforcwe認定資格は、Salesforce 製品を扱うために必要なスキルを持っていることを証明できるベンダー資格です。資格対象者やレベル別に多くの種類があります。

本記事では、Salesforce認定資格の概要や、資格を取得するメリット、初心者向けや管理者向けなど種類別のSalesforce認定資格、勉強方法などについて広く解説しています。Salesforce認定資格について知りたい人は必見です。

目次

目次を閉じる

  1. Salesforce認定資格とは?
    1. 基本資格と上位資格がある
    2. Salesforce認定資格の難易度
    3. 資格取得後も更新が必要になる
  2. Salesforce認定資格は大きく3つに分類される
    1. 管理者/CRMコンサルタント
    2. 開発者/アーキテクト
    3. マーケティング/コンサルタント
  3. Salesforce認定資格を取得する4つのメリット
    1. 自身のスキルを証明することができる
    2. クライアントからの信頼を得られる
    3. 自身のスキルアップにつながる
    4. 転職時に有利になる
  4. 【初心者向け】Salesforce認定資格
    1. 認定アドミニストレーター
  5. 【管理者/CRMコンサルタント向け】Salesforce認定資格3選
    1. 認定上級アドミニストレーター
    2. 認定Sales Cloudコンサルタント
    3. 認定Service Cloudコンサルタント
  6. 【開発者/アーキテクト向け】Salesforce認定資格2選
    1. 認定上級Platformデベロッパー
    2. 認定B2C Commerceアーキテクト
  7. 【マーケティング/コンサルタント向け】Salesforce認定資格4選
    1. 認定 Marketing Cloud Account Engagement スペシャリスト
    2. 認定Marketing Cloudアドミニストレーター
    3. 認定Marketing Cloud Account Engagement コンサルタント
    4. 認定Marketing Cloudコンサルタント
  8. 【4選】Salesforce認定資格を取得するためのおすすめ勉強方法
    1. 身近な実務経験者や資格保有者に教えてもらう
    2. 公式のe-learningを活用する
    3. 専任の講師が付くアカデミーで学ぶ
    4. Trailblazer Communityに参加する
  9. Salesforce認定資格を取得して、市場価値を高めよう!

Salesforce認定資格とは?

Salesforce認定資格は、Salesforceを扱うために必要なスキルを証明できるベンダー資格です。

Salesforce認定資格は対象が「管理者」や「アプリケーション構築者」などわかれており、それぞれ基本資格と上位資格によって構成されているため、自分にあった試験を受験することが可能です。

ここではSalesforce認定資格について紹介していくため、どのような資格になっているのか確認してみてくだい。

基本資格と上位資格がある

どの試験も、基本資格試験に合格してから、上位資格試験を受験できるようになっています。

たとえば、認定Sales Cloudコンサルタントの受験の際には、認定アドミニストレーターの資格が前提条件になります。

Salesforce認定資格の難易度

Salesforce認定資格の難易度は、やや高めの水準だと言われています。Salesforce認定資格の場合は、実際にSalesforceを扱った経験がないと、合格することは困難です。

そのため、実務経験が浅い状態でSalesforce認定資格を受験する場合は、もっともやさしいレベルの「Salesforce認定アドミニストレーター」から挑戦すると良いでしょう。

資格取得後も更新が必要になる

資格の中には、一度合格すれば半永久的に保有できるようなものもあります。しかしSalesforce認定資格の場合は、年に1回の更新が必要です。

Salesforceは定期的に機能がアップデートされ、最新のものに対応するため、年に1度の更新が義務づけられています。

出典|参照:資格の更新|salesforce

\\Salesforceが活きる案件をご紹介します//

Salesforce認定資格は大きく3つに分類される

Salesforce認定資格は、資格の対象者ごとにさまざまな種類が設けられています。現在、Salesforce認定資格には30種類以上の資格が設けられており、受験者は自分に合った試験を受験することが可能です。

そのため、Salesforce認定資格の受験を検討するのであれば、どのような分野の試験に分かれているのか把握しておくことが大切です。ここではSalesforce認定資格の分類についてそれぞれ解説していきましょう。

管理者/CRMコンサルタント

「管理者/CRMコンサルタント」向けのSalesforce認定資格では、Salesforceを使ったCRMシステムの管理能力や、システムの設計、実装に関するコンサルティングスキルなどを証明できます。

「管理者/CRMコンサルタント」向け資格では、実装に関連したスキルよりも上位のシステムの設計や管理、カスタマイズスキルや、課題解決スキルなどを測る点が特徴です。

開発者/アーキテクト

「開発者/アーキテクト」向けのSalesforce認定資格は、プログラミング言語を使ったアプリケーションのコーディングスキルを測るものとなっています。

また、プログラミングの他にデバッグやテストといった、実際のアプリケーション開発の現場で必要とされるスキルを測ります。その他、ビジネスロジックやプロセスの自動化、セキュリティに関する知識も求められる試験です。

▼関連記事
システムアーキテクト試験に役立つおすすめの参考書10選!合格への勉強法も解説

マーケティング/コンサルタント

「マーケティング/コンサルタント」向けのSalesforce認定資格は、SalesforceのMAツールに備わっているマーケティングに関連したフローの実装スキルを測る資格となっています。

たとえば、アクセス解析やランディングページの実装、メルマガのシナリオの作成などが挙げられます。

Salesforce認定資格を取得する4つのメリット

Salesforce認定資格の取得には、さまざまなメリットがあります。Salesforceは海外でも大きなシェアを獲得していることから、資格の取得によって、自身の知識やスキルの証明に役立ちます。

Salesforce認定資格の受験を検討するのであれば、具体的にどのようなメリットがあるのか把握しておくようにしましょう。ここではSalesforce認定資格を取得するメリットを紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

自身のスキルを証明することができる

Salesforce認定資格の取得によって、自身のスキルを客観的に証明することができるというメリットがあります。ITエンジニアはどれだけスキルがあると主張しても、証拠がなければ相手も信じることができません。

Salesforceを扱えるエンジニアを求めている企業であれば、Salesforce認定資格を保有しているエンジニアの需要は高いでしょう。

クライアントからの信頼を得られる

Salesforce認定資格を取得することによって、顧客からの信頼も得やすくなるというメリットがあります。これからSalesforceの導入を検討する上で、Salesforce認定資格を持った専門家がいれば、クライアントにとっても心強いでしょう。

また、Salesforce認定資格に合格した人はSalesforceの公式サイトにも掲載されるため、新しい顧客の獲得にもつながる可能性があります。

自身のスキルアップにつながる

Salesforce認定資格を受験する場合、試験勉強を通して、Salesforceに関する知識やスキルが身につきます。

Salesforce認定資格はグローバルに求められている資格であるため、キャリアアップを目指す際にも有効です。

また、Salesforce認定資格の中でも難易度の高いテクニカルアーキテクトを保有しているエンジニアの年収は1000万円を超えると言われているため、年収アップを目指す人にもお勧めです。

転職時に有利になる

認定資格を取得することによって、Salesforceに関連した知識やスキルの証明になります。

Salesforce認定資格は難易度も低くはないため、Salesforce認定資格を保有しているだけで、他の求職者と差別化できます。同程度のスキルを持ったエンジニアがいる場合でも、Salesforce認定資格を保有していることで転職時に有利に働く可能性は高いでしょう。

\\Salesforce認定資格についてご相談ください//

【初心者向け】Salesforce認定資格

Salesforce認定資格にはさまざまな種類があり、資格によって難易度も異なっています。そのため、Salesforce認定資格を受験する場合は、自身のレベルに合った資格を選択することが大切です。

ここでは初心者向けのSalesforce認定資格を紹介するため、はじめてSalesforce認定資格を受験する人は参考にしてみてください。

認定アドミニストレーター

Salesforce認定アドミニストレーターとは、Salesforceシステムの管理者としての経験がある人を対象としています。普段から業務に携わっている人であれば、難易度はそこまで高くありません。

Sales Cloud、Service Cloud、Experience Cloudにおけるユーザーが利用できる機能や、管理者が利用できる設定、オプションなどを網羅する試験で、受験料は税抜20,000円です。

取得することで、業務に基づいた管理機能を利用できるスキルを証明できるため、初心者におすすめです。

出典|参照:SALESFORCE 認定アドミニストレーター|salesforce

\\Salesforce認定資格に関するご相談はこちら//

【管理者/CRMコンサルタント向け】Salesforce認定資格3選

Salesforce認定資格は試験によってレベルが異なるだけでなく、特定の職種などを対象とした資格が用意されています。

ここでは管理者/CRMコンサルタント向けのSalesforce認定資格を紹介するため、参考にしてみてください。

認定上級アドミニストレーター

Salesforce認定アドミニストレーターとは、Salesforceの高度な機能を利用してビジネス上の課題を解決する上級管理者のスキルを証明できる資格です。

認定アドミニストレーターに合格した場合に受験可能な資格となっており、Salesforceシステム管理者を対象としています。1年以上の実務経験が求められるレベルの試験となっており、受験料は税抜20,000円です。

出典|参照:SALESFORCE 認定上級アドミニストレーター|salesforce

認定Sales Cloudコンサルタント

Salesforce認定Sales Cloudコンサルタントとは、Sales Cloudソリューションの設計、実装ができるコンサルタントであることを証明できる資格です。

認定アドミニストレーターに合格した場合に受験可能な資格で、営業やマーケティングに関する知識なども求められるため、初心者には難易度が高いです。

受験料は、税抜20,000円となっています。

出典|参照:SALESFORCE 認定 SALES CLOUD コンサルタント |salesforce

認定Service Cloudコンサルタント

Salesforce認定Service Cloudコンサルタントとは、Sales Cloudソリューションの設計、実装ができるコンタクトセンター管理者であることを証明できる資格です。

認定アドミニストレーターに合格した場合に受験可能な資格で、Service Cloudを利用したコンタクトセンター関連のシステム構築スキルを測ります。

受験料は、税抜20,000円となっています。

出典|参照:SALESFORCE 認定 SERVICE CLOUD コンサルタント |salesforce

\\Salesforce取得を目指したい方はご相談ください//

【開発者/アーキテクト向け】Salesforce認定資格2選

Salesforce認定資格には、開発者やアーキテクト向けの試験も豊富に用意されています。ここでは開発者/アーキテクト向けのSalesforce認定資格を紹介するため、参考にしてみてください。

認定上級Platformデベロッパー

Salesforce認定上級Platformデベロッパーとは、Salesforce Platformを利用した開発スキルを証明できる開発者向けの資格です。

Apex言語やVisualforceフレームワークを使った、プログラミングやテストに関する内容を問われます。実際にエンジニアとして、2年程度の実務経験がある人向けの資格です。

受験料は、税抜20,000円となっています。

出典|参照:SALESFORCE 認定上級 PLATFORM デベロッパー |salesforce

認定B2C Commerceアーキテクト

Salesforce認定B2C Commerceアーキテクトとは、標準のデザインパターンを利用したグローバルサイトデザインのスキルを証明できる資格です。

テクニカルリードやテクニカルディレクターなどを対象とした資格です。Webサイト開発のプロジェクト管理に関するスキルを証明できる資格で、難易度は高くなっています。受験料は、税抜40,000円となっています。

出典|参照:SALESFORCE 認定 B2C COMMERCE アーキテクト|salesforce

▼関連記事
【基礎から解説】Webエンジニアとは?仕事内容や年収、必要な資格についてもご紹介!

【マーケティング/コンサルタント向け】Salesforce認定資格4選

Salesforce認定資格の中には、マーケターやコンサルタントに適した資格も用意されています。ここではマーケティング/コンサルタント向けのSalesforce認定資格を紹介するため、参考にしてみてください。

認定 Marketing Cloud Account Engagement スペシャリスト

認定 Marketing Cloud Account Engagement スペシャリストとは、Account Engagement を利用し、マーケティング施策に関するワークフローを設計、構築するスキルを証明できる資格です。

難易度としては半年から1年程度のマーケティングワークフローの構築の実務経験が求められるレベルとなっており、受験料は税抜20,000円となっています。

出典|参照:認定 Marketing Cloud Account Engagement スペシャリスト|salesforce

認定Marketing Cloudアドミニストレーター

Salesforce認定Marketing Cloudアドミニストレーターとは、Marketing Cloudでユーザーに提供される機能や構成オプションの知識があることを証明できる資格です。

難易度は高いですが、取得によって業界や製品のベストプラクティスに従い、Marketing Cloud設定ができる管理者であることの証明になります。受験料は、税抜20,000円となっています。

出典|参照:SALESFORCE 認定 MARKETING CLOUD アドミニストレーター|Salesforce

認定Marketing Cloud Account Engagement コンサルタント

認定Marketing Cloud Account Engagement コンサルタントとは、クライアントの要望をもとにAccount Engagement の設計、実装ができるコンサルタントであることを証明できる資格です。

1年以上の実務経験が求められる難易度の高い試験ですが、取得によって高度なスキルを持ったPardotコンサルタントであることの証明になります。受験料は、税抜20,000円となっています。

出典|参照:Salesforce認定 Marketing Cloud Account Engagement コンサルタント|Salesforce

認定Marketing Cloudコンサルタント

Salesforce認定Marketing Cloudコンサルタントとは、Marketing Cloud コンサルタントとして、ソリューションを提供できることを証明する資格です。

Marketing Cloudアドミニストレーターの上位にあたる資格のため、難易度は高いです。資格の取得によって、メールアプリケーションなどの構築に関するソリューションを提供できることの証明になります。受験料は、税抜20,000円となっています。

出典|参照:SALESFORCE 認定 MARKETING CLOUD コンサルタント|Salesforce

\\Salesforceが活きる案件をご紹介します//

【4選】Salesforce認定資格を取得するためのおすすめ勉強方法

ここまでさまざまなSalesforce認定資格を紹介してきましたが、Salesforce認定資格はどれも難易度は低くありません。Salesforceの実務経験が求められる資格も多いため、やみくもに勉強をしても合格できない可能性があります。

また、Salesforce認定資格には関連した問題集などもあまりないため、適切な勉強方法を把握していないと、何から手を付ければ良いのかわからないという人も多いでしょう。

ここではSalesforce認定資格の取得におすすめ勉強方法を紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

身近な実務経験者や資格保有者に教えてもらう

Salesforce認定資格の勉強方法としては、身の回りにSalesforceの実務経験者やSalesforce認定資格保持者がいる場合、直接レクチャーしてもらうのがおすすめです。

ただし、Salesforce認定資格の問題は持ち出せないため、資格保持者であっても試験の内容を覚えているということは考えにくいです。そのため、自分でも資格取得の勉強を行った上で、抜けを補完するものとして押さえておくと良いでしょう。

公式のe-learningを活用する

Salesforce認定資格の試験勉強をする場合、Salesforce社が実施している公式のe-learning「Trailhead」を利用するという方法があります。Salesforce社では資格取得を目指す人向けに、無料で利用できるe-learningを用意しています。

試験勉強をする場合は、まずは公式のe-learningを利用すると良いでしょう。

専任の講師が付くアカデミーで学ぶ

Salesforce認定資格の試験勉強には、専任の認定講師に指導してもらえる「Trailhead Academy」を利用するという方法があります。「Trailhead Academy」は費用は掛かりますが、認定講師による指導が受けられるアカデミーとなっています。

費用は科目ごとに異なりますが、高額な費用が必要となるため、公式のe-learningだけでは足りない場合に利用すると良いでしょう。

Trailblazer Communityに参加する

Salesforce認定資格の試験勉強には、Salesforce利用者のコミュニティである「Trailblazer Community」に参加するという方法があります。「Trailblazer Community」ではSalesforceの利用者が集まり、情報交換や共有などを行っています。

「Trailblazer Community」に参加し、わからない点を質問すれば、エキスパートが回答してくれることもあるでしょう。

\\Salesforce認定資格についてご相談ください//

Salesforce認定資格を取得して、市場価値を高めよう!

Salesforce認定資格にはさまざまな種類があるため、自分の目的に合った資格を取得すると良いでしょう。

ぜひ本記事で紹介したSalesforce認定資格を取得するメリットや対象者別のSalesforce認定資格などを参考に、Salesforce認定資格の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

\\Salesforce案件を公開中//

記載されている内容は2024年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2023.08.30
更新日
2024.03.31

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス