Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. エージェント紹介
  4. フリーランスエージェント
  5. mijicaの気になる評判は?おすすめポイントや使い方を詳しく解説

mijicaの気になる評判は?おすすめポイントや使い方を詳しく解説

mijicaの気になる評判は?おすすめポイントや使い方を詳しく解説のイメージ

フリーランスエージェントですが、サービスの数が多く困惑する方も多いのではないでしょうか?

今回は、「他社にはない独自案件・先行案件」に強く、実績を残しているmijicaを紹介します。「どのようなメリットがあるのか」「本当に案件獲得に役立つのか」といった悩みを抱えている方に多く支持されているのが、mijicaです。

以下では、mijicaの基本情報やおすすめコンテンツ、活用方法を紹介します。
この記事を参考にすれば、フリーランス生活をスムーズに進めることができるでしょう。

mijicaの基本情報について

mijicaは、現役フリーランスエンジニアが運営するエージェントサービスです。専門性が高いため、高いマッチング精度でミスマッチを防げます。

独自案件・先行案件も多数保有しているので、希望に合う案件を見つけられるでしょう。

サイト名 mijicaフリーランス
公式サイト https://mijica-job.com
運営会社 株式会社mijica
案件数 約60件(2022年8月20日現在) ※非公開案件もあり
手数料 無料
エリア 全国
業種 フロントエンド、バックエンド、サーバーサイド、アプリエンジニア、インフラ、ネットワーク、データベース、セキュリティ、プロジェクトマネージャーなど
主なコンテンツ キャリアカウンセリング、経歴や希望にマッチした案件の紹介、打ち合わせ
強み 独自・先行案件を多数保有しており、他社にはない案件に出会える

\\あなたに合った案件をご紹介します//

mijicaを利用するメリット

数あるフリーランス向けのエージェントの中から、mijicaが気になっている方もいるでしょう。mijicaが提供するサービスを見ると、どのようなメリットがあるかが分かります。

1.「現役フリーランスエンジニアが運営している」
2.「独自案件・先行案件を保持」
3.「細かくフィルターをかけて検索できる」

上記のようなメリットがmijicaにはあります。それぞれの項目について詳しく説明していきます。

現役フリーランスエンジニアが運営している

mijicaは現役フリーランスエンジニアが運営・監修しているため、エンジニアの視点からも適切なアドバイスをもらうことができます。

スキルや言語、フレームワークなど細かく希望を伝えられるため、希望に合う案件を見つけやすいです。

精度高くマッチングを行っているので、契約後にミスマッチが起こる心配もありません。

独自案件・先行案件を保持

mijicaは企業担当者から高い信頼を得ているため、独自・先行案件を多く保持している点がメリットです。

他社では取り扱っていないような、好条件の案件に出会える可能性があります。

さらに⼀般に公開されていない非公開案件も紹介してくれるので、まずは登録して相談してみましょう。

スキルアップを目指したい方や、収入アップしたい方にぴったりです。

細かくフィルターをかけて検索できる

mijicaでは細かくフィルターをかけて、自分に合った仕事を簡単に探すことができます。職種や単価、稼働日数はもちろん、言語・スキルやフレームワーク、インフラ系、デザイン系などからも絞り込んで検索可能です。

条件に合う案件を簡単に探し出せるので、忙しい方も利用しやすいでしょう。中には単価100万円以上の高額案件もあります。

mijicaを利用するデメリット

ここまで紹介したように、mijicaにはたくさんのメリットがあるフリーランスエージェントだと言えます。しかし、その一方でデメリットもあるため、知っておけば効率よく活用できるでしょう。

1.「案件数が少ない」
2.「スキルと経験が求められる案件が多い」
3.「福利厚生サービスがない」

上記のようなデメリットがmijicaにはあります。それぞれの項目について詳しく説明していきます。

デメリット1.案件数が少ない

mijicaで公開されている案件は、約42件です。

1,000件以上の案件を取り扱うフリーランスエージェントもあることを考えると、少ないと感じてしまうかもしれません。

しかし、mijicaでは、サイトに公開されていない非公開案件も多数取り扱いがあります。希望に合う案件が見つからない場合には、登録して担当者に相談してみましょう。

デメリット2.スキルと経験が求められる案件が多い

mijicaで公開されている案件は、ある程度のスキルと経験が求められる案件が多いです。

スキルに自信のない方や、初めてフリーランスとして独立される方はデメリットに感じてしまうかもしれません。

しかし、初めてフリーランスとして独立される方向けにキャリアカウンセリングを行っており、ステップアップのための道筋を相談することが可能です。

デメリット3.福利厚生サービスがない

フリーランスエージェントの中には、健康管理や保障制度などの福利厚生サービスが提供されている会社もあります。

mijicaにはそのようなサービスは用意されていないため、デメリットに感じる方もいるでしょう。

しかし、mijicaは現役フリーランスエンジニアが運営しているため、精度の高いマッチングが実現します。ミスマッチが起こりにくいので、安心して仕事を進めることができるでしょう。

\\年収アップ事例も多数//

あなただけのキャリアを歩もう。

利用する前に確認すべき注意点

mijicaをこれから利用しようと検討中の方は、利用前に以下の点を確認しておくことが大切です。

注意点をあらかじめ理解しておけば、スムーズに利用開始できます。

1.「年齢によっては案件の受注が困難になる場合もあり」
2.「ヒアリング日程の確保ができるか」
3.「単価の高い案件には理由がある」

上記のような確認すべき注意点がmijicaにはあります。それぞれの項目について詳しく説明していきます。

年齢によっては案件の受注が困難になる場合もあり

一般的にITエンジニアは20代・30代の若年層の需要が高く、年齢や実績によっては案件がなかなか受注できなこともあるので注意が必要です。

実際にmijicaで公開されている案件でも、「案件の特徴」の欄に「20代~30代活躍中」と記載されている企業が多いです。

シニア世代の方は、それなりのスキルが求められることが多いので、自分の強みをしっかりとアピールする必要があるでしょう。

ヒアリング日程の確保ができるか

mijicaに登録後は、担当者がスキルや経験のヒアリング、キャリアカウンセリングなどを行った上で、適切な案件を紹介してくれる流れです。

そのため、スケジュールが合わずいつまでもヒアリングの日程が確保できないと、案件を探してもらうことができません。

連絡が取れるスケジュールを調整するなど、あらかじめ時間が取れそうな日や時間帯を確認しておくようにしましょう。

単価の高い案件には理由がある

高額案件を契約したいと考える方もいるかもしれませんが、単価が高いだけの理由があることも多いです。

例えば高度なスキルを求められる、テレワークに対応していない、時間の制約がある、などが挙げられます。

特にテレワークに対応していない案件はかけもちしにくいので、フリーランスとして自由に働きにくくなってしまうかもしれません。

単価が高い案件を取り扱っているか、だけでフリーランスエージェントの利用を判断するのではなく、内容までしっかりと確認しましょう。

mijicaをうまく活用できる人

ライフスタイルや希望する条件、受けたいサポートなどによっても、最適なフリーランスエージェントは変わってきます。mijicaのサービスに合った人なら、効率よく活用できるでしょう。

1.「初めてフリーランスとして独立する人」
2.「良い案件が見つけられない人」
3.「専門の知識を持った担当者に相談したい人」

mijicaをうまく活用できる人には、上記のような特徴があります。それぞれの項目について詳しく説明していきます。

初めてフリーランスとして独立する人

「これからフリーランスとして独立するけど、目指すキャリアや働き方に迷っている」という方は、mijicaをうまく活用できる可能性が高いと言えます。

なぜなら、mijicaでは初めてフリーランスとして独立する方向けに、キャリアカウンセリングを行っているからです。

単なる案件紹介だけではなく、経験豊富な現役フリーランスが今後の働き方も含めて親身に相談に乗ってくれます。スキルや経験に自信がない方も、まずは気軽に相談してみましょう。

良い案件が見つけられない人

これまで自分で良い案件を見つけることができなかった、という方にもmijicaがおすすめです。

mijicaは取引企業担当者からの信頼が厚いため、他社では取り扱っていない独自案件や先行案件を多く保有しています。

さらに一般では出回っていない非公開案件も紹介してくれることもあるので、希望条件に合った案件を見つけやすいでしょう。

専門の知識を持った担当者に相談したい人

エージェントサイトによっては、フリーランスに関してあまり知識のない担当者が対応に当たることもあります。

その点mijicaでは現役フリーランスエンジニアが運営する、フリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトである点が強みです。

希望する案件について専門的な相談がしたい、専門の知識を持っている人に相談したいという方は、うまく活用できるでしょう。

\\あなたに合った案件をご紹介します//

mijicaの活用するポイント

mijicaをうまく活用するコツをあらかじめ知っておけば、スムーズに案件獲得まで進めることが可能です。

1.「積極的に情報共有する」
2.「希望条件を具体的に伝える」
3.「はじめから高い報酬を目指し過ぎない」

上記のような活用するポイントがmijicaにはあります。それぞれの項目について詳しく説明していきます。

積極的に情報共有する

いつから稼働できるのか、かけもちしたいのか、積極的に情報を共有することが大切です。

こまめに連絡を取って担当者と信頼関係を築いておけば、人気ですぐに募集が終了してしまう案件も優先して紹介してくれる可能性があります。

連絡が来てもすぐに気づけるように、普段使っているメールアドレスを登録しておくと良いでしょう。

希望条件を具体的に伝える

いつから稼働できるのか、かけもちしたいのか、積極的に情報を共有することが大切です。

こまめに連絡を取って担当者と信頼関係を築いておけば、人気ですぐに募集が終了してしまう案件も優先して紹介してくれる可能性があります。

連絡が来てもすぐに気づけるように、普段使っているメールアドレスを登録しておくと良いでしょう。

希望条件を具体的に伝える

あらかじめ希望条件を具体的に伝えておくと、担当者は希望に合う条件を探しやすいです。

契約後のミスマッチも防げるので、トラブルを事前に回避することにも繋がるでしょう。

今後どう働いていくかなど悩んでいることがある場合にも、相談すれば今後のキャリアビジョンが明確になるかもしれません。

現在の状況も含めて具体的に相談してみましょう。

はじめから高い報酬を目指し過ぎない

はじめから高単価の案件のみの受注に限定してしまうと、紹介される案件が少なくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

スキルに見合っていない高い報酬や、条件が細かすぎるなどの場合には、当てはまる案件が見つからず、契約までに時間がかかってしまいます。

エージェントとの信頼関係を構築するためにも、初めは低い報酬の案件で実績を積む方が良いでしょう。

mijicaを利用する流れ

mijicaで案件を獲得するまでの流れはどうなっているのか、知っておきたいという人もいるでしょう。

ここからはmijicaを利用する流れについて解説していくため、参考にしてみてください。

1.「無料会員登録」
2.「経歴ヒアリング」
3.「案件の紹介」
4.「打ち合わせ・契約締結」

mijicaを利用する流れは上記の通りです。

それぞれの項目について詳しく説明していきます。

1.無料会員登録

まずは公式サイトから、無料会員登録のページへ進みます。

氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号などを登録しましょう。

mijicaでは住所の詳細の記入の必要がなく、都道府県を選択するだけで利用可能です。

個人情報の漏洩が不安な方も、安心して利用できるでしょう。すぐに完了するので、スキマ時間に気軽に登録できます。

2.経歴ヒアリング

会員登録後に担当者から連絡があり、経歴や希望の詳細などのヒアリングがあります。今後フリーランスとしてどう活躍していきたいのか、キャリアカウンセリングも受けることが可能です。

具体的にスキルや経験、希望条件を伝えれば、最適な案件を紹介してくれるでしょう。

不安なことや伝えておきたいことがある場合には、しっかりと相談しておくことが大切です。

3.案件の紹介

ヒアリング終了後、経歴や希望にマッチした案件を紹介してくれます。

独自の非公開案件を紹介してくれることもあるので、連絡を待ちましょう。好条件の案件はすぐに応募が終わってしまう可能性があるので、紹介された中から気になる案件を見つけたらできるだけ早く連絡することが大切です。

気になる案件が見つからなかった場合にも、どの点に満足できなかったかを伝えておくと、担当者は案件を探しやすくなります。

4.打ち合わせ・契約締結

クライアント企業との打ち合わせを行います。

実際の業務内容の詳細、スキルマッチングしているかなどを確認可能です。

誠実な姿勢で受け答えを行い、企業担当者と信頼関係を結びましょう。気になることや聞いておきたいことがある場合には、質問しておくとスムーズに仕事を進められるでしょう。

応募者とクライアント企業の双方が問題なければ、契約を締結します。

まとめ

今回は、mijicaの気になる評判やおすすめポイントや使い方などを詳しく解説しました。

独自案件・先行案件も多数保有しているので、希望に合う案件を見つけられるでしょう。

現役フリーランスエンジニアが運営・監修しているため、専門性の高い相談もできる点が強みです。

職種や単価、稼働日数はもちろん、言語・スキルやフレームワーク、インフラ系、デザイン系などからも絞り込んで検索できます。

キャリアカウンセリングも行っているので、初めてフリーランスとして独立する人はぜひ利用してください。

\\あなたに合った案件をご紹介します//

フリーランス案件を探すならMidworks

Midworksでは、3,300件以上の多彩な案件に加え、全体の8割以上を占める非公開案件がたくさん。
将来のキャリアや現在の持っているスキルを参考にしたうえであなたに適した案件を提案できます。
まずは気軽に相談してみてください。

\\年収アップ事例も多数//

あなただけのキャリアを歩もう。

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.09.28
更新日
2024.07.10

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス