Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. エンジニアの職種
  4. ITエンジニア
  5. カスタマーエンジニアが年収を上げるには?単価相場や今後の将来性についてご紹介

カスタマーエンジニアが年収を上げるには?単価相場や今後の将来性についてご紹介

カスタマーエンジニアが年収を上げるには?単価相場や今後の将来性についてご紹介のイメージ

顧客に近い位置で仕事を行なうカスタマーエンジニア。クライアント先を訪れ、コンピューターや周辺機器などの導入支援や保守点検を行います。

本記事では、カスタマーエンジニアの平均年収や最高年収、カスタマーエンジニアの年収アップにつながる資格や求められるスキルについても紹介していきます。
カスタマーエンジニアとして活躍したい人はぜひ参考にしてください。

カスタマーエンジニアの平均年収は548万円

2016年度のITスキル研究フォーラムの調査レポートによると、カスタマーエンジニアの年収は489万円となっていました。一方で、近年のカスタマーエンジニアの平均年収は約540万円と言われています。

そのため、近年カスタマーエンジニアの年収は大きく上昇していることが分かります。ここではカスタマーエンジニアの年収について詳しく解説していくため、参考にしてみてください。

出典|参照:IT技術者向けスキル診断 2016年度 調査レポート|ITスキル研究フォーラム

\\カスタマーエンジニアの案件をご紹介します//

カスタマーエンジニアの初任給

カスタマーエンジニアの初任給は、21万円程度が相場となっています。他の職業において、大卒の初任給は21万円程度が相場となっているため、カスタマーエンジニアの初任給は、標準的な金額だと言えます。

カスタマーエンジニアという仕事は残業や休日出勤が多いため、残業代や休日出勤分の金額が給与に反映される会社であるかどうかによって、初任給も大きく変わります。

カスタマーエンジニアの年代別の年収

カスタマーエンジニアの年代別年収は、20代で520万円ほど、30代で560万円ほどと年代別の平均年収には差があります。

また、カスタマーエンジニアの年収は、年齢だけでなく、保有する経験や勤務先によっても差が生じることがあります。

カスタマーエンジニアの最高年収は?

カスタマーエンジニアの最高年収は、年収1,000万円程度となっています。

求人サイトのデータによると、年収994万円以上というカスタマーエンジニアも、存在していました。

そのため、カスタマーエンジニアとしてキャリアを積み上げることで、年収1,000万円を目指すことも可能だと言えるでしょう。

他のエンジニア職種との年収比較

求人サイトを見てみると、カスタマーエンジニアの平均年収は約520万円ですが、システムエンジニアの平均年収は約500万円となっていました。

そのため、システムエンジニアよりも、カスタマーエンジニアのほうが平均年収は高いと言えるでしょう。

外資系企業は給与水準が高い

カスタマーエンジニアに限りませんが、外資系企業に勤めている社員は日系企業の社員よりも給与水準が高いです。

日本の企業で勤務するカスタマーエンジニアの平均年収は約550万円です。それに対して外資系企業のカスタマーエンジニアの平均年収は、約700万円と約150万円高くなっています。

ただし、外資系企業の場合は通常のカスタマーエンジニアに求められるスキルの他に、ビジネスレベルの英語力も求められることなどがあるため、外資系企業のほうが年収が高い傾向があります。

カスタマーエンジニアの需要・将来性は?

現在、経済産業省主導でDX化が進められており、多くの企業がデジタルを利用したビジネスの再構築を進めています。しかし、自社だけでDX化を進めることが困難な場合もあるため、IT企業にシステムの開発を依頼する必要が出てくることがあります。

そのため、システムベンダー企業とクライアント企業の間で活躍するカスタマーエンジニアの需要は、今後も増加していくと考えられます。

さらに、現在提供されている製品や機器がすぐに不要になる可能性も低いため、継続的に利用が続けられることが予想されます。

出典|参照:産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)|IPA

\\カスタマーエンジニアの案件を公開中//

カスタマーエンジニアに求められる4つのスキル

カスタマーエンジニアは一般的なエンジニア職と違い、システム開発に直接関わることはありません。また、顧客と近い立場で仕事をするため、他のエンジニア職とは違ったスキルが求められます。

カスタマーエンジニアを目指す場合、どのようなスキルや知識が必要になるのか、あらかじめ把握しておくべきでしょう。ここではカスタマーエンジニアに求められるスキルを紹介していくため、参考にしてみてください。

対象となる領域の専門的な知識

カスタマーエンジニアの仕事は、顧客に対して自社製品の技術的な説明を行ったり、顧客が使用している自社製品の運用保守を行うことです。そのため、自社が取り扱っている対象製品に関する専門的な知識が必要になります。

対象となる製品の使用方法はもちろん、メンテナンスの方法やトラブルが発生した際の対処法についても把握しておかなければいけません。顧客から質問された際にスムーズに回答するためには、対象領域の幅広い知識が必要になります。

顧客との対話能力

カスタマーエンジニアは、自社製品を使用している顧客のトラブルに対応することも仕事であるため、顧客との高い対話能力が必要になります。

製品を使用している顧客の担当者が専門的なIT知識を持っているとは限らないため、相手が伝えたいことを正確にヒアリングし、分かりやすい言葉で説明する能力が必要になります。そのため、高度なコミュニケーション能力が求められるでしょう。

現場での臨機応変な対応力

カスタマーエンジニアは、顧客のトラブルを迅速に解消することが求められるため、現場での臨機応変な対応力が必要です。近年の情報システムは複雑化しており、トラブル発生時の原因究明も難しくなってきています。

トラブルの原因にもさまざまなパターンが考えられるため、カスタマーエンジニアにはさまざまな可能性を考慮した上で、迅速に原因究明を行うスキルが必要です。

情報収集能力

IT業界は技術の進化が早く、日々新しい技術が登場しています。少し前まで主流だった技術が廃れ、新しい技術がトレンドとなっているケースも珍しくありません。

そのため、IT業界で活躍するカスタマーエンジニアには、自社に関連したさまざまな最新情報を収集する情報収集能力が必要といえるでしょう。

\\カスタマーエンジニアに関するご相談はこちら//

カスタマーエンジニアのやりがいや魅力は?

カスタマーエンジニアは他のエンジニア職と違い、顧客と直接関わることができるというやりがいがあります。一般的なエンジニアの場合、自身が開発に携わった製品が、どのような人に利用されているのかを直接知ることはできません。

一方で、カスタマーエンジニアの場合は、自社のシステムやサービスを利用している顧客と直接関わることになります。そのため、トラブルを解消することで顧客から直接感謝の言葉を貰うこともあるでしょう。

このように、相手の顔が見えることは、カスタマーエンジニアという仕事の魅力だと言えます。

\\カスタマーエンジニアを目指したい方はこちら//

【3選】カスタマーエンジニアの年収アップにつながる資格

カスタマーエンジニアという仕事は資格が必須の仕事ではないため、資格を持っていなくてもカスタマーエンジニアになることは可能です。しかし、資格を取得することで知識やスキルがあることの客観的な証明になるため、資格取得によって年収をアップできる可能性もあります。

企業によっては、特定の資格を取得することで資格手当などが出るケースもあります。ここではカスタマーエンジニアの年収アップにつながる資格を紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は、ITに関する基本的な知識があることを証明できる資格です。ITパスポートはエンジニア職に限らず、ITを利活用する全ての人を対象とした試験になっています。

そのため、IT未経験から資格取得を目指す場合は、ITパスポートの取得からチャレンジするのも良いでしょう。企業によっても異なりますが、ITパスポートを持っていると基本的なIT知識を持っていることの証明になるため、評価される可能性があります。

出典|参照:ITパスポート試験|IPA

▼関連記事
国家試験ITパスポート試験の概要・難易度を解説!受験するメリットも紹介

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITエンジニアの登竜門として位置付けられている資格です。IPAが実施している情報処理技術者試験の一つで、ITSSのスキルレベル2に相当します。

試験範囲が広く、取得することでITエンジニアに必要とされる基本的な知識の習得ができます。情報処理技術者試験の中では難易度は低めですが、合格率は50%ほどとなっているため、十分勉強した上で試験に臨む必要があるでしょう。

出典|参照:基本情報技術者試験(FE)|IPA

出典|参照:技術者とスキル標準|IPA

▼関連記事
基本情報技術者試験の難易度は?偏差値や勉強時間もご紹介!

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験のワンランク上の資格です。情報処理技術者試験の一つで、ITSSのスキルレベル3に相当する試験です。

記述式の問題も出題されるため、その分基本情報技術者試験よりも難しくなっています。取得することで、幅広い知識と応用力を持ったカスタマーエンジニアとして評価されやすくなるでしょう。

出典|参照:応用情報技術者試験(AP)|IPA

出典|参照:技術者とスキル標準|IPA

▼関連記事
応用情報技術者試験の難易度は高い!合格するための方法を解説

【2選】カスタマーエンジニアの年収アップにつながるネットワーク・データベース資格

年収アップには、ネットワークやデータベース系の資格を取得することも有効です。

ここではカスタマーエンジニアの年収アップにつながるネットワーク・データベース資格を紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

CCNA

CCNAとは、ネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施しているシスコ技術者認定のアソシエイトレベルの資格です。ネットワーク系の資格として、人気がある資格となっています。

ネットワーク機器にシスコシステムズ社の製品を使っているケースは多いため、カスタマーエンジニアにも役立ちます。CCNAを取得することで、ネットワーク系の基礎知識を身に付けることができるため、カスタマーエンジニアとしても評価されやすくなるでしょう。

▼関連記事
CCNAの資格とは?取得するメリットやスクール選びのポイントも紹介

ORACLE MASTER Bronze

ORACLE MASTER Bronzeは、日本オラクル社が認定しているデータベース系の資格です。オラクルデータベースの知識やスキルを証明できる資格となっています。

ORACLE MASTERには「Bronze」、「Silver」、「Gold」、「Platinum」という4段階のグレードがありますが、カスタマーエンジニアであればBronzeでも評価されやすいです。資格取得を通して、データベースの基礎知識を身に付けることができるでしょう。

【3選】カスタマーエンジニアの年収アップにつながる電気工事系資格

一般的なエンジニア職の場合、IT系資格やネットワーク、データベース系資格だけでも問題ありません。

一方で、カスタマーエンジニアの場合、現場でのハードウェアの設置などの際に電源周りの知識が必要になるケースもあるため、電気工事系の資格を取得しておくことも評価につながりやすいです。

また、IT未経験であっても、電気工事系の資格を持っているとカスタマーエンジニアとして採用される可能性が高くなります。ここではカスタマーエンジニアの年収アップにつながる電気工事系資格を紹介していくため、参考にしてみてください。

電気工事士

電気工事士とは、電気工事に関する作業を行うために必要な国家資格です。電気設備の工事や取り付けに関する専門的な知識や技能を持っていることの証明になります。

電気工事士の資格は第一種、第二種の2種類に分類されており、第二種では一般住宅や小規模な店舗など、第一種は第二種の範囲に加えて、最大電力500キロワット未満の工場やビルなども含まれます。

出典|参照:電気工事士の資格概要と電気工作物の範囲|一般財団法人電気技術者試験センター

認定電気工事従事者

認定電気工事従事者とは、自家用電気工作物の電気工事を行うために必要な資格です。認定電気工事従事者の資格を持っておくと、最大電力500kW未満の需要設備のうち、電圧600V以下の電気工作物の工事を行えるようになります。

認定電気工事従事者認定講習を修了して認定申請と交付申請を行うことで、認定証を交付してもらえます。受講するには、第二種電気工事士免状、もしくは電気主任技術者免状の交付が必要です。

出典|参照:認定電気工事従事者認定講習|一般財団法人電気工事技術講習センター

出典|参照:認定電気工事従事者|経済産業省

工事担任者資格

工事担任者資格とは、通信回線の工事を行うために必要な国家資格です。電気通信回線設備に端末設備などを接続する工事や監督を行うために必要な資格となっています。

カスタマーエンジニアとして通信に関する保守点検を行う場合、工事担任者資格が必要になるケースもあります。そのため、取得しておくことで需要の高いカスタマーエンジニアになれる可能性があるでしょう。

出典|参照:電気通信の工事担任者とは?|電機通信国家試験センター

\\カスタマーエンジニアに関する相談はこちら//

年収アップを目指せるカスタマーエンジニアのキャリアパス

一般的に、カスタマーエンジニアは現場のプロとして定年まで働くというキャリアパスが一般的です。しかし年収アップを目指すのであれば、カスタマーエンジニアをまとめるマネージャーなどの管理職へのキャリアアップを目指すルートがあります。

また、他にもセールスエンジニアや営業職など、より顧客に近い距離で仕事をする販売系職種へのジョブチェンジも視野に入ります。

エンジニア系の職種へのキャリアチェンジを考える場合は、カスタマーエンジニアのキャリアやネットワークやサーバーなどの知識を活かしてインフラエンジニアを目指すのがおすすめです。

\\カスタマーエンジニアでキャリアアップを目指そう//

カスタマーエンジニアになって年収アップを目指そう!

カスタマーエンジニアは、資格を取得することで年収アップが期待できます。

ぜひ本記事で紹介した、カスタマーエンジニアの平均年収やカスタマーエンジニアの年収アップにつながる資格などを参考にしてみてはいかがでしょうか。

\\年収アップを目指したい方はこちら//

記載されている内容は2024年02月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2023.08.30
更新日
2024.02.28

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス