初回公開日:2022年06月13日
更新日:2022年06月13日

Perlエンジニアの年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介

記載されている内容は2022年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Perlエンジニアの年収はどのくらいなのでしょうか。本記事ではPerlエンジニアの年収やPerlエンジニアとして年収を上げる方法などを紹介していきます。Perlエンジニアのキャリアに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

「Perlエンジニアのフリーランス案件の求人ってどんな状況なの?」
「Perlエンジニアはどのくらいの年収が稼げるの?」
「Perl案件の単価相場って?」
このように、Perlエンジニアの年収やキャリアについて興味があるという人もいるのではないでしょうか。

本記事では、Perlエンジニアのフリーランス案件の求人動向や年収について解説しています。本記事を読むことで、Perlエンジニアの現状について把握できるでしょう。

また、Perl案件の単価相場などについても紹介するため、フリーランスのPerlエンジニアとして働いた場合の収入目安についても参考にできます。

Perlエンジニアのキャリアについて知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Perlエンジニアのフリーランス案件の求人動向

Perlエンジニアの年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介
某フリーランス向け求人エージェントを確認すると、公開されているPerlのフリーランス案件は2022年5月20日時点で50件ほどとなっていました。

公開案件は全体で5,000件ほどであるため、案件全体の1%ほどがPerl案件だと言えます。そのため、Perlエンジニアのフリーランス案件は安定していると言えるでしょう。

なお、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBE Index for May 2022」によると、Perlの順位は17位とベスト50の中でも上位にランクインしています。

出典:TIOBE Index for May 2022|TIOBE
参照:https://www.tiobe.com/tiobe-index/

Perlエンジニアの年収はどれくらい?

Perlエンジニアの年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介
言語平均年収最大年収
Perl約750万円約1,320万円
ruby約880万円約2,400万円
Python約870万円約1,920万円
JavaScript約810万円約2,160万円
C言語約680万円約1,920万円
某フリーランス向けエージェントに掲載されているフリーランス案件を参照すると、Perlエンジニアの平均年収は750万円ほどとなっていました。最高年収は1,320万円ほど、最低年収は330万円ほどとなっています。

他のプログラミング言語と比較すると、フリーランスのPerlエンジニアの年収は少し低めであると言えるでしょう。また、最高年収も飛びぬけて高い金額にはなりにくいことがわかります。

なお、会社員エンジニア全体での平均年収が470万円ほどとなっているため、フリーランスのPerlエンジニアの年収の方が高い水準であると言えます。

Perl案件の単価相場

Perlエンジニアの年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介
フリーランスのPerl案件の月額平均単価は60万円ほどとなっています。月額単価の中央値も60万円ほどとなっており、単価の幅は最低30万円~最高110万円ほどとなっているため、比較的に案件による単価の差が大きいと言えるでしょう。

なお、時給単価の場合は平均時給単価が4,700円ほど、中央値は4,650円ほど、最高時給単価は5,550円ほど、最低時給単価は4,300円ほどとなっています。

Perlエンジニアとして年収を上げるには?

Perlエンジニアの年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介
Perlエンジニアとして働いている人や今後Perlエンジニアとして独立したいと考えている人の中には、本記事で紹介した平均年収よりも高額な年収を稼ぎたいと考えている人も多いでしょう。

高額な年収を稼ぐフリーランスのPerlエンジニアを目指すのであれば、いくつかのポイントを押さえることが大切です。ここではPerlエンジニアとして年収を上げる方法について解説していきます。

上流工程を経験する

Perlエンジニアとして年収を上げるには、上流工程の経験を積み上げることがポイントです。開発工程はクライアントへのヒアリングや要件定義、設計などを行う上流工程と、プログラミング言語を使って実装を行っていく下流工程に分けることができます。

上流工程ではマネジメントスキルや経営視点など下流工程よりも幅広いスキルが求められることもあり、上流工程の経験がある人材は市場価値の高い人材として高い年収を獲得しやすくなるでしょう。

他プログラミング言語の知識をつける

一つのプログラミング言語しか使えないエンジニアよりも、複数の言語を使えるエンジニアの方が幅広い案件に対応できるようになります。

Perlエンジニアの場合は、HTMLやCSS、JavaScript、Ruby、Python、PHP、C#などフロントエンドやサーバーサイドで使用する周辺プログラミング言語の知識を身につけることで年収アップに繋がりやすくなるでしょう。

マネジメント能力を身につける

上流工程の経験と共に、マネジメント経験を持つPerlエンジニアは希少性の高いエンジニアとして年収アップに繋がりやすくなります。

プロジェクトチームのマネジメント経験があれば、エンジニアとしてではなくプロジェクトマネージャーなどのポジションで高単価な案件に参画するチャンスもあるでしょう。

Perlエンジニアの将来性とフリーランスの今後

Perlエンジニアの年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介
本記事でも紹介したとおり、Perlの案件は一定の需要があります。また、「TIOBE Index for May 2022」でも17位にランクインしていることもあり、Perlエンジニアは将来性があると言えるでしょう。

ただし、長い目で見ると他の言語の需要が拡大することでPerlエンジニアのニーズが減少していく可能性はあります。

Perlエンジニアのことを理解しキャリアアップを目指そう

Perlエンジニアの年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介
上流工程の経験や周辺プログラミング言語のスキルを身につけることで、Perlエンジニアとしてより年収をアップすることも可能です。

ぜひ本記事で紹介したPerlエンジニアの年収や年収アップの方法などを参考に、Perlエンジニアとしてキャリアアップを目指しましょう。

カテゴリ一覧

案件申し込みもキャリアのご相談も非公開案件のご案内もまずは60秒 無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら
案件検索