最終更新日時:2019年09月28日

フリーランスの営業のコツ10個|営業マンが成功しやすい理由

フリーランスとして活躍するには営業の能力も必要です。技術やセンスが良くても営業のコツがつかめていなければ、仕事がなく収入になりません。そこで、フリーランスの営業のコツ10個などをご紹介しますので、フリーランスとして営業をするのに役立ててください。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

フリーランスには営業は避けて通れない

フリーランスの営業のコツ10個|営業マンが成功しやすい理由
会社を辞めてフリーランスになった場合、自分の仕事は自分でとってこないといけません。仕事を受注しないことには報酬もないので、営業は避けて通れません。

自分の技術や自分が売る商品に自信があっても、それを売り込むコミュニケーション能力が無いとフリーランスとしてはやっていけません。会社勤めをしているときに営業を担当していなかったり、営業が自分の苦手な分野であったりしても、努力して営業力をつける必要があります。

フリーランスの営業のコツ10個

フリーランスの営業のコツ10個|営業マンが成功しやすい理由
フリーランスで活動する人が営業をする場合には、いくつかのコツがあります。会社というバックボーンが無いので、自分の力やコネや、営業をサポートしてくれるサービスを利用して、営業をすることになります。

フリーランスとして独立した方や、これからフリーランスになろうと考えている方のために、フリーランスが営業をするコツ10個をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

コツ1:セミナーやコミュニティに参加する

フリーランスは人脈を広げることで仕事を依頼される機会が増えるので、セミナーやコミュニティに参加しましょう。各種セミナーに参加すれば、同じ業種のフリーランスで活躍している人と名刺交換ができ、人脈を増やすことができます。

また、フリーランスと企業との仕事のマッチングをしてくれる「FleelanceNow」などのコミュニティに参加すれば、一人で営業をしなくても仕事をもらえる可能性が広がります。

コツ2:クラウドソーシングを利用する

フリーランスとして営業がするのが苦手な場合は「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングを利用するといいです。クラウドソーシングには数多くの仕事の情報が掲載されていて、自分の能力にあった仕事に応募することができます。

つまり、自分で営業をしなくても、クラウドソーシングにある仕事に応募して採用されれば、仕事を得ることができます。フリーランスの始めの一歩として利用するといいです。

コツ3:エージェントを利用する

企業に直接営業がかけにくい場合は、フリーランスに対して企業からの仕事の情報を提供し、マッチングしてくれるエージェントを利用するといいです。

MidworksはITエンジニア専門のエージェントとなっています。

コツ4:ブログやSNSを利用する

フリーランスの名刺がわりになるのがブログです。自分に知識のある専門的内容のブログを作ってたくさんの人にアクセスしてもらえるようにし、ブログ上で仕事を募集していることをアピールすれば、仕事の依頼がくることが期待できます。

ブログには無料で作れるものや簡単に作成できるところも多いので、自分の営業ツールとして作るといいです。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用して自分をPRすることも重要です。

コツ5:企業に直接電話をする

昔からある手法ですが、仕事がほしい企業に直接電話をして、仕事を貰う方法があります。会社勤めをしていたときに関係のあった会社の人など、面識がある人に直接電話をして、フリーランスになったことを伝えて仕事を貰います。

面識がなくいきなり電話をすることもできますが、仕事の実力がわからないのに、いきなり仕事を依頼する企業はないので、少しでも面識があるとか、電話で話したことがある企業に営業をかけるのがコツです。

コツ6:宣伝用チラシを作ってFAXをする

チラシを作って企業にFAXをしたり、お店に置いて貰うなどして営業する方法があります。FAXはFAX番号がわかれば送ることができるので、インターネットで企業のFAX番号を調べてリストアップし、なるべくたくさんの企業におくることで仕事がくる可能性があります。

コツは自分の得意とする仕事が忙しい時期を狙ってFAXすることです。仕事が忙しくて外注も足りない場合はFAXで来た営業でも依頼がくることがあります。

コツ7:コワーキングスペースの交流会に参加する

コワーキングスペースが定期的に行うフリーランス同士の交流会に参加することで、仕事を依頼されることがあります。

コワーキングスペースとは、フリーランスなどが共同で仕事をする場所です。共同といっても同じ仕事を共同でこなすのではなく、場所を共同で使っていても自分の仕事を一人でしています。

作業中に知り合いになり、仕事が貰える可能性もありますが、ゆっくりと話せる交流会に参加した方が仕事を得る可能性は高いです。

コツ8:友人に頼る

営業力がない場合は、友人に仕事がないか聞いてみましょう。学生時代の友人や、今まで働いてきた仕事場の友人などに仕事がないか聞いてみます。友人が直接あなたの仕事に関わりがなくても、友人の知り合いが仕事を頼める人材を探していることがあります。

仕事があるか聞きにくい場合は、ラインでもいいので積極的に連絡をしてみることが大切です。

コツ9:メールでポートフォリオを企業に送る

ポートフォリオを作ってメールで企業に送ることで営業する方法があります。メールアドレスをインターネットで調べて自分の住んでいる地域の企業にメールをします。

10件や20件メールをしても、結果は得られないので、なるべくたくさんの企業にメールをします。100件〜200件ほどを目標にメールをするのが企業からのアクションを貰うコツです。

その際には、自分のメリットを強調してインパクトを出すことを心がけましょう。

コツ10:飛び込み営業をする

他の営業方法を試して効果がないときは、最後の手段として企業に直接飛び込み営業をかけましょう。当然断られることが多いですが、あなたの仕事に対する熱量をアピールするには、直接企業の担当者とあって話をするのが一番です。

企業がフリーランスのことをどう考えているか、一番聞き出しやすいのは、やはり直接あって話をすることですし、あなたが仕事にたいして肌で感じられることも多いです。

フリーランスの営業マンが成功しやすい理由3つ

フリーランスの営業のコツ10個|営業マンが成功しやすい理由
フリーランスで仕事をする立場として参考にしたいのが「フリーランス営業マン」です。フリーランス営業マンとは、企業に所属せずに企業に業務委託されて、商品やシステムなどを売る営業の仕事をする人です。

技術や商品ではなく、人とのコミュニケーション能力を生かして、独立して働くフリーランス営業マンが営業に成功しやすい理由を3つご紹介しますので、ぜひ自分の営業に生かしてください。

理由1:自分のスタイルで営業ができる

フリーランス営業マンは自分のスタイルで営業ができるため営業に成功しやすいです。会社に勤めていれば、会社の規則に縛られ、会社の方針に沿った営業をしなければいけません。会社の方針に逆らえば上司の評価が低くなったり、最悪クビになることもあります。

その点、フリーランス営業マンは、自分で考えた営業方法をすぐに実践することができるので、いい営業方法を思いつけば早く結果に結びつけることができます。

理由2:自分の売りたい商品が選べる

フリーランス営業マンは売る商品を自分で選ぶことができます。会社が売りたい商品の場合は、売りにくい商品でも営業マンとしてなんとか売っていかなければいけません。

フリーランス営業マンは、本当に売れる商品のみを選んで売ることができるので営業がしやすくなります。もし、売りにくい商品の営業を頼まれた場合は断ることも可能です。自分の意思によって売りたい商品を売っていくのがフリーランス営業マンです。

理由3:時間を自由に使うことができる

フリーランス営業マンは働く時間の管理を自分で行うので、時間を自由に使うことができます。会社に所属している場合は働く時間が決まっていて残業をし過ぎるといけません。土・日の出社を依頼されることもありますし、逆に土・日出社したい場合でも休日出勤代の節約のためにできない場合もあります。

その点、フリーランス営業マンは自分の都合で仕事をする時間をきめるので、効果的に営業をすることができます。

フリーランスの営業を成功させましょう

フリーランスの営業のコツ10個|営業マンが成功しやすい理由
フリーランスとして活躍するには、営業をして仕事を取ってくることが不可欠です。

この記事でご紹介した「フリーランスの営業のコツ」や「フリーランスの営業マンが成功しやすい理由」を参考にして、ぜひフリーランスとしての営業を成功させましょう。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録