Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. エージェント紹介
  4. フリーランスエージェント
  5. レバテッククリエイターの気になる評判は?おすすめポイントや使い方を詳しく解説

レバテッククリエイターの気になる評判は?おすすめポイントや使い方を詳しく解説

レバテッククリエイターの気になる評判は?おすすめポイントや使い方を詳しく解説のイメージ

「レバテッククリエイターってどんなサービスなの?」
「レバテッククリエイターを利用するメリットって?」
「レバテッククリエイターの活用するときのポイントは?」
このように、レバテッククリエイターについて詳しく知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、レバテッククリエイターの評判について紹介しています。本記事を読むことで、レバテッククリエイターがどのようなエージェントサービスなのか把握できるでしょう。

また、レバテッククリエイターを利用するメリットやデメリットについても解説するため、自分に合ったエージェント選びの参考になります。

レバテッククリエイターの気になる評判について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

以下の記事では18社のフリーランスエージェントを細かく比較解説しています。
レバテッククリエイター含め、複数のフリーランスエージェントを比較し、ご自身に合うエージェントを見つけてください。

>>フリーランスエージェントのおすすめ18選|エンジニア向けのサービスは?

目次

目次を閉じる

  1. レバテッククリエイターの基本情報について
  2. レバテッククリエイターを利用する12のメリット
    1. 1:案件数自体が多い
    2. 2:高単価を狙える
    3. 3:クリエイター職の案件が見付かりやすい
    4. 4:派遣や業務委託としても働ける
    5. 5:自分で案件の検索や比較ができる
    6. 6:週5案件も多く取り扱っている
    7. 7:未経験でもできる求人を募集している場合がある
    8. 8:適度な連絡でやりとりできる
    9. 9:専門知識が豊富なコーディネーターがいる
    10. 10:コーディネーターのサポートやフォローも手厚い
    11. 11:すぐに報酬が支払われる
    12. 12:福利厚生が整備されている
  3. レバテッククリエイターの良い口コミ
  4. レバテッククリエイターを利用する6つのデメリット
    1. 1:都内近郊に求人が集中している
    2. 2:経験がないと紹介してもらえない可能性がある
    3. 3:週2~3日でできる求人は職種による
    4. 4:ベンチャー系企業からの求人が少ない
    5. 5:在宅勤務でできる求人が少ない
    6. 6:正社員求人は期待できない
  5. レバテッククリエイターの悪い口コミ
  6. 利用する前に確認すべき注意点
    1. 地方在住だと利用しづらい
    2. 実務経験が必要になる
  7. レバテッククリエイターをうまく活用できる人
    1. 高収入を目指したい人
    2. 専門性の高いエージェントを探している人
    3. 福利厚生を重視している人
    4. 実務経験がある人
  8. レバテッククリエイターの活用する6つのポイント
    1. 1:複数のサービスと並行して活用する
    2. 2:プロフィール欄は充実させる
    3. 3:スキル習得で経験部分をカバーしておく
    4. 4:案件募集の相談は週5案件を中心に相談する
    5. 5:ポートフォリオを作成しておく
    6. 6:クライアントとは誠実に対応する
  9. レバテッククリエイターを利用する流れ
    1. 無料でサポート登録を行う
    2. カウンセリングを受ける
    3. 案件の申し込みと商談を実施する
    4. プロジェクトへ参画する
  10. レバテッククリエイターを活用しよう
  11. フリーランス案件を探すならMidworks

レバテッククリエイターの基本情報について

レバテッククリエイターは、Web・ゲーム業界などで活躍するクリエイターに特化したエージェントです。フリーランスはもちろん、正社員や派遣などさまざまな働き方の仕事を紹介してもらえます。

Webクリエイター案件やゲームクリエイター案件などを豊富に扱っており、職種もWebデザイナーやイラストレーター、Webディレクターなどクリエイティブな職種が中心となっています。

また、税務サポートやヘルスケアなどのフリーランス向けのサポートも提供していると評判です。

サイト名 レバテッククリエイター
公式サイトURL https://creator.levtech.jp/
運営会社 レバテック株式会社
求人数 1,000件以上
エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県など
業種 Webデザイナー、HTMLコーダー、UI・UXデザイナー、フロントエンドエンジニア、2Dデザイナーなど
強み 業界最大規模

レバテッククリエイターを利用する12のメリット

エージェントなどの案件紹介サービスの利用を検討している人の中には、レバテッククリエイターに興味を持っているという人もいるでしょう。

レバテッククリエイターは業界でも規模の大きなレバテックが運営しているクリエイター専門のフリーランスエージェントということもあり、レバテッククリエイターには良い評判も多いです。

ここではレバテッククリエイターを利用するメリットを紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 案件数自体が多い
  • 高単価を狙える
  • クリエイター職の案件が見付かりやすい
  • 派遣や業務委託としても働ける
  • 自分で案件の検索や比較ができる
  • 週5案件も多く取り扱っている
  • 未経験でもできる求人を募集している場合がある
  • 適度な連絡でやりとりできる
  • 専門知識が豊富なコーディネーターがいる
  • コーディネーターのサポートやフォローも手厚い
  • すぐに報酬が支払われる
  • 福利厚生が整備されている

1:案件数自体が多い

レバテッククリエイターは案件数が豊富なフリーランス向けエージェントです。レバテックはレバテッククリエイターの他にもレバテックフリーランスやレバテックキャリアなどさまざまな人材紹介、案件紹介サービスを運営しており、サービスの規模も大きいです。

そのため、レバテッククリエイターを利用することで、希望条件にマッチした案件を探しやすいと言えるでしょう。

2:高単価を狙える

レバテッククリエイターはさまざまなフリーランス向けの案件紹介サービスの中でも単価が高いというメリットがあります。フリーランス向けのサービスの中には案件よりもフリーランスの数が多いことから、単価が低くなっているケースも多いです。

その点、レバテッククリエイターの場合は月額単価50~60万円などの高単価案件も多いため、フリーランスのクリエイターとして高収入を狙うこともできるでしょう。

3:クリエイター職の案件が見付かりやすい

レバテッククリエイターはフリーランス向け案件紹介サービスの中でも、クリエイター職に特化しているという特徴があります。取り扱っているクリエイター案件は業界でも最大規模となっており、さらに職種のジャンルも豊富です。

一般的なフリーランス向けエージェントはITエンジニア職を中心に扱っているため、クリエイター系の職種は少なめです。その点、レバテッククリエイターの場合はWebデザイナーやイラストレーター、クリエイティブディレクターなど豊富な職種の案件を扱っています。

4:派遣や業務委託としても働ける

一般的なフリーランス向けエージェントの場合、フリーランス向けの業務委託案件を中心に扱っています。

しかしレバテッククリエイターの場合、フリーランス以外にも正社員や派遣といったさまざまな働き方の案件を扱っているため、自分の希望に合った勤務形態で案件を探せるというメリットがあります。

フリーランスとしてのキャリアをスタートしようと考えている人はもちろん、派遣で仕事を探している人やまだ検討中という人まで活用できるサービスだと言えるでしょう。

5:自分で案件の検索や比較ができる

一般的なエージェントと同じように、レバテッククリエイターではテクニカルカウンセラーが希望条件やスキルに合った案件を紹介してくれます。また、レバテッククリエイターでは第三者から案件を紹介してもらう方法の他、自分で案件を検索したり、比較したりすることも可能です。

そのため、案件を紹介してもらうだけでなく、自分でも案件を探したいという人にも使いやすいサービスだと言えるでしょう。

6:週5案件も多く取り扱っている

フリーランスとして働いている人の中には、しっかり週5日稼働で稼ぎたいと考えている人も居るのではないでしょうか。その点、レバテッククリエイターは週5日フルで働ける案件も豊富に取り扱っているというメリットがあります。

他のフリーランス向けのエージェントでは、週3日稼働などの案件を中心に扱っているものもあります。しかしレバテッククリエイターの場合は週2~週3日案件から週5日案件まで幅広く扱っているため、自分が希望する勤務時間の案件を見つけやすいと言えるでしょう。

7:未経験でもできる求人を募集している場合がある

一般的なITエンジニア向けのエージェントでは、実務経験がある人材向けの案件を中心に扱っているケースが多いです。そのため、スキルを持っていても実務経験がない人の場合は案件を紹介してもらえない可能性があります。

その点、レバテッククリエイターでは未経験可の案件も取り扱っているため、実務経験がない人でも仕事を見つけやすいというメリットがあります。

これから自分のスキルを活かしてフリーランスクリエイターとしてのキャリアを築いていきたいという人に適したサービスであると言えるでしょう。

8:適度な連絡でやりとりできる

レバテッククリエイターは、各登録者の契約状況や稼働状況によっても異なりますが、月に1回程度の適度な連絡でやりとりできるというメリットがあります。

他のフリーランス向けエージェントの中には、ほぼ毎日連絡を入れなければいけないものもあります。その点、レバテッククリエイターであれば適度な距離感で付き合うことができるでしょう。

9:専門知識が豊富なコーディネーターがいる

レバテッククリエイターには技術面などの専門知識に精通したコーディネーターが在籍しています。

レバテッククリエイターに登録した後は専門知識のあるコーディネーターとの面談を行うことになりますが、スキルや経験、キャリアプランなどのヒアリングの質が高い点もレバテッククリエイターのメリットだと言えるでしょう。

また、コーディネーターは業界や職種についての最新の情報を把握しているため、専門的な内容についての相談もできます。頼りになるコーディネーターが付いてくれる点は、フリーランスにとってもありがたい点だと言えるでしょう。

10:コーディネーターのサポートやフォローも手厚い

前述のとおり、レバテッククリエイターはコーディネーターの専門知識が豊富です。希望条件に合った案件が決まるまでのサポートはもちろん、案件参画後のフォローも充実しているというメリットがあります。

コーディネーターはフリーランスクリエイターの気持ちを理解できることから、案件のミスマッチも起こりにくいです。また、定期的にメールや電話、ランチなどで相談できる場を設けてもらえるため、次の案件の相談や契約更新といった話も相談しやすいと言えるでしょう。

11:すぐに報酬が支払われる

レバテックフリーランスでは、報酬の支払いが月末締め翌月15日払いとなっています。一般的なフリーランス向けエージェントでは支払いサイトは30日となっているケースが多いため、レバテッククリエイターは業界でも最短クラスで報酬が支払われるというメリットがあります。

労働分の報酬をすぐに受け取れるということは、フリーランスとして独立したばかりの人は無収入の期間が短くなるということになるため、大きなメリットだと言えるでしょう。

12:福利厚生が整備されている

レバテッククリエイターでは、レバテックケアという充実した独自の福利厚生パッケージが用意されているというメリットがあります。

フリーランスの場合、会社員と違って福利厚生や保障の面が弱いですが、レバテッククリエイターの場合はフリーランスに特化したさまざまな保障を受けることができます。

レバテッククリエイターが提供している福利厚生には、無料での技術勉強会や賃貸の仲介手数料無料などさまざまなものがあり、非常に充実していると言えるでしょう。

レバテッククリエイターの良い口コミ

最近エージェントとか転職サイト漁る趣味を持ったんだけど、クリエイター職の派遣はレバテッククリエイターがおそらく一番強い。正社員狙いならリクナビとかDODAにも転がってるけど、派遣とかフリーランスが無い。
ただサイゲ系CSの派遣がどこ見ても無いから巧妙に隠してると思われるw

出典: https://twitter.com/aozaki_n/status/1115212842242678784

レバテッククリエイターにはクリエイター系の派遣が強いという評判がありました。レバテッククリエイターはクリエイター職に特化しているため、Webデザイナーなどのクリエイターとして利用する場合に信頼できるエージェントだと言えるでしょう。

また、テクニカルカウンセラーが業界に精通しており経験を積んでいる、多数の案件を提案してもらえるといった口コミもありました。

\\年収アップ事例も多数//

あなただけのキャリアを歩もう。

レバテッククリエイターを利用する6つのデメリット

ここまで紹介したとおり、レバテッククリエイターにはさまざまなメリットがあり、評判も良いエージェントサービスであると言えるでしょう。しかしその一方で、レバテッククリエイターにはデメリットもあります。

そのため、レバテッククリエイターを利用する場合、メリットだけでなくデメリットについてもよく理解した上で検討する必要があるでしょう。ここではレバテッククリエイターを利用するデメリットを紹介していくため、参考にしてみてください。

  • 都内近郊に求人が集中している
  • 経験がないと紹介してもらえない可能性がある
  • 週2~3日でできる求人は職種による
  • ベンチャー系企業からの求人が少ない
  • 在宅勤務でできる求人が少ない
  • 正社員求人は期待できない

1:都内近郊に求人が集中している

レバテッククリエイターには豊富な案件が掲載されていますが、そのほとんどは関東エリアの案件となっています。大阪の案件も一部ありますが、それ以外の地方案件はほとんど取り扱っていないと言えるでしょう。

そのため、都内近郊以外のエリアで案件を探している人には使いにくいです。IT系の企業は都内に集中しているため、首都圏以外に住んでいる人は地方案件まで豊富に扱っているサービスを利用した方が良いでしょう。

2:経験がないと紹介してもらえない可能性がある

レバテッククリエイターには高単価の案件も多いですが、このような案件は経験やスキルのあるフリーランスが求められる傾向があります。そのため、一定の実務経験がなければ案件を紹介してもらえない可能性もあります。

前述のとおり、未経験でもできる案件も取り扱っていますが、数は多くありません。さらにWeb系の案件は経験者が求められるケースが多いため、初心者からでは対応できる案件がないということも考えられます。

経験が全くない状態からフリーランスを目指す場合は、先に実務経験を積んでからレバテッククリエイターに登録する方が良いでしょう。

3:週2~3日でできる求人は職種による

レバテッククリエイターのメリットとして週5日でしっかり働ける案件が多い点を紹介しましたが、一方で職種によっては週2~週3日稼働の案件が少ない場合があります。

特にWeb系の週2~3日の案件はレバテッククリエイターでは少ない傾向があるため、このような案件を探している場合はなかなか見つからない可能性があります。

短い稼働時間でWeb系の案件を探している場合は、別のエージェントサービスの利用を検討した方が良いでしょう。

4:ベンチャー系企業からの求人が少ない

IT系やWeb系のフリーランスの場合、ベンチャー企業やスタートアップ企業の案件に携わりたいという人もいるでしょう。しかしレバテッククリエイターはベンチャー系企業の案件が少ないというデメリットがあります。

レバテッククリエイターで扱っている案件は中小企業や大企業がほとんどとなっているため、ベンチャー系企業の仕事を探している場合はベンチャーに強い別のエージェントを利用するのがおすすめです。

5:在宅勤務でできる求人が少ない

IT系やWeb系のフリーランスの場合、自宅からリモートで仕事をしたいと考えている人も多いでしょう。しかしレバテッククリエイターは在宅でできる案件が少ないというデメリットがあります。

レバテッククリエイターで扱っている案件は、基本的にクライアント先に常駐して対応する常駐案件がほとんどです。

中には一部在宅で対応できる可能性もありますが、基本的に常駐して働くことになるため、自宅で働きたい場合は別のエージェントを利用するか個人事業主として自分で案件を受注する方が良いでしょう。

6:正社員求人は期待できない

レバテッククリエイターは希望の働き方としてフリーランス、派遣社員、正社員などを選ぶことができますが、基本的にはフリーランスクリエイター向けのエージェントサービスです。そのため、正社員の求人は期待できないと考えておいた方が良いでしょう。

正社員への転職を検討している場合は、別の転職サイトやエージェントを利用するのがおすすめです。

ただし、レバテッククリエイターに登録してから正社員を希望していることを担当者に伝えておけば、同じレバテック系列の転職サイトで扱っている求人を紹介してくれる可能性もあります。

レバテッククリエイターの悪い口コミ

イベントが終わってからレバテッククリエイターに登録したのですが紹介できるものがありません。
ってメールが来てた。。
未経験はフォローしてもらえないのかな、、、

出典: https://twitter.com/YuYu94367075/status/1218672113902440449

レバテッククリエイターには、未経験では案件を紹介してもらえないなどの悪い評判もありました。レバテッククリエイターが扱っている案件の中には未経験からでも対応できる案件はありますが、前述のとおり職種によっては経験者が優遇されるものもあります。

そのため、実務経験がない場合は案件の紹介ができないというケースもあるでしょう。また、悪い評判の中には担当者の対応が冷たい、担当者が優柔不断など担当者に関する内容も散見されたため、担当者によっては満足いく結果にならない可能性もあります。

利用する前に確認すべき注意点

ここまで紹介してきたとおり、レバテッククリエイターにはメリットもあればデメリットもあります。そのため、レバテッククリエイターを利用する場合は事前に注意しなければいけないポイントがあると言えるでしょう。

ここではレバテッククリエイターを利用する前に確認すべき注意点について解説していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 地方在住だと利用しづらい
  • 実務経験が必要になる

地方在住だと利用しづらい

前述のとおり、レバテッククリエイターが扱っている案件は基本的に関東の一都三県の案件となっています。大阪の案件も一部ありますが、関東に比べると数は非常に限られています。

そのため、地方在住のフリーランスは利用しにくいサービスであることを事前に押さえておきましょう。東京に通勤できないエリアに住んでいる場合は、PE-BANKなどの地方の案件まで扱っているエージェントを活用するのがおすすめです。

実務経験が必要になる

前述のとおり、レバテッククリエイターが扱っている案件は高単価な案件が多いため、実務経験が求められる案件が中心となっています。中には未経験可の案件もありますが、基本的には実務経験が必要である点は押さえておきましょう。

レバテッククリエイターに限らず、フリーランス向けのエージェントは基本的に未経験者に対する案件紹介が難しい傾向があります。フリーランスとしてエージェントを利用する場合は、事前に正社員としてある程度の実務経験を積んでおくことが求められるでしょう。

レバテッククリエイターをうまく活用できる人

レバテッククリエイターには良い評判もあれば悪い評判もあります。そのため、レバテッククリエイターを利用する場合は、自分がうまく活用できるのかどうか事前に把握しておくことも大切です。

ここでは、レバテッククリエイターをうまく活用できる人の特徴について解説していきます。

  • 高収入を目指したい人
  • 専門性の高いエージェントを探している人
  • 福利厚生を重視している人
  • 実務経験がある人

高収入を目指したい人

フリーランスとして高収入を目指したいと考えている人は、レバテッククリエイターをうまく活用できる人だと言えるでしょう。前述のとおり、レバテッククリエイターは基本的にクライアント先に常駐する週5日稼働の案件が中心となっています。

また、高単価案件も多いため、しっかり週5日働いて高収入を獲得していきたい人向けのサービスであると言えます。

専門性の高いエージェントを探している人

レバテッククリエイターはテクニカルカウンセラーなど専門性の高い人材が揃っています。カウンセラーの教育レベルが高いという評判もあり、実際に経験の浅いカウンセラーであっても希望にマッチした案件の紹介を行ってくれると評判です。

そのため、専門性の高いエージェントを利用したいと考えている人は、レバテッククリエイターをうまく活用できると言えるでしょう。

福利厚生を重視している人

フリーランスの場合、正社員と比較すると仕事面でも生活面でも保障が弱いというデメリットがあります。しかしレバテッククリエイターの場合、他のエージェントと比べても福利厚生の待遇に優れています。

そのため、充実した福利厚生を受けたいと考えている人は、レバテッククリエイターをうまく活用することができるでしょう。

実務経験がある人

前述のとおり、レバテッククリエイターが扱っている案件の中には実務経験者を優遇する案件が多いです。そのため、十分な実務経験を積んでおり、これからフリーランスとして独立するというような人はレバテッククリエイターをうまく活用しやすいと言えるでしょう。

逆に言えば、実務経験がまったくない人はレバテッククリエイターを含めたフリーランス向けエージェントの利用には向いていません。

レバテッククリエイターの活用する6つのポイント

レバテッククリエイターをうまく活用すれば、スムーズに希望に合った案件を見つけることができます。そのためには、レバテッククリエイターを活用するためのポイントを押さえておく必要があります。

ここではレバテッククリエイターの活用するポイントを紹介するため、参考にしてみてください。

  • 複数のサービスと並行して活用する
  • プロフィール欄は充実させる
  • スキル習得で経験部分をカバーしておく
  • 案件募集の相談は週5案件を中心に相談する
  • ポートフォリオを作成しておく
  • クライアントとは誠実に対応する

1:複数のサービスと並行して活用する

レバテッククリエイターはクリエイター系の職種に特化したエージェントですが、全体的な求人数自体が飛びぬけて多いというわけではありません。レバテッククリエイターのみを利用していると、なかなか案件を紹介してもらえない可能性があるでしょう。

そのため、他の案件紹介サービスも併用して活用するのがおすすめです。

2:プロフィール欄は充実させる

レバテックフリーランスでは高単価案件が多いため、実務経験やスキルが重視される案件も多いです。プロフィール欄の開発経験やマネジメント経験などの内容が薄い場合、案件を紹介してもらえない可能性があります。

そのため、プロフィール欄はできるだけ具体的なエピソードまで記載し、充実させておくことが大切です。

3:スキル習得で経験部分をカバーしておく

レバテックフリーランスではスキルも重視されます。経験不足やスキル不足で案件を紹介してもらえないという事態を避けるためにも、スキルを習得して経験不足をカバーできるようにしましょう。

プロフィールにも「スキル習得の方法」があるため、スキルを習得しておけばプロフィール欄も充実します。

4:案件募集の相談は週5案件を中心に相談する

レバテッククリエイターが扱っている案件は週5日稼働の案件が中心です。そのため、できるだけ多くの案件を紹介してもらいたいのであれば、週5日の案件を探してほしいということを担当者に伝えておきましょう。

レバテッククリエイターの場合、週5日の案件で問題なければ、多くの選択肢の中から希望に合った案件を獲得しやすくなります。紹介してもらえる母数を増やすためにも、週5の案件を中心に紹介してもらうと良いでしょう。

5:ポートフォリオを作成しておく

フリーランスにとって自身のスキルや実績をアピールするために重要なものがポートフォリオです。ポートフォリオの作成は他の応募書類を作成するよりも時間がかかるため、事前に用意しておくようにしましょう。

ポートフォリオがあれば、クライアントにも自身のスキルや作品の雰囲気を伝えやすくなるため、案件のミスマッチも起こりにくくなります。

6:クライアントとは誠実に対応する

レバテッククリエイターに限った話ではありませんが、フリーランスとして働く上でクライアントとの誠実な付き合いを行うことは重要です。誠実な人材であればクライアントからの信頼も得やすくなるため、長期的に働ける可能性も上がります。

レバテッククリエイターを利用する流れ

レバテッククリエイターの利用を検討している人の中には、どのような流れで利用すれば良いのか知りたいという人もいるでしょう。レバテッククリエイターを利用する場合、まずは公式サイトから会員登録を行う必要があります。

ここでは最後に、レバテッククリエイターを利用する流れについて解説するため、参考にしてみてください。

  • 無料でサポート登録を行う
  • カウンセリングを受ける
  • 案件の申し込みと商談を実施する
  • プロジェクトへ参画する

無料でサポート登録を行う

レバテッククリエイターを利用する場合、まずは無料の会員登録を行いましょう。会員登録では、生年月日や氏名、メールアドレスなどの基本情報を入力します。

最初にフリーランスや派遣などの希望の働き方も選ぶことができますが、任意となっているためスキップすることも可能です。

カウンセリングを受ける

会員登録を行っておくと、レバテッククリエイターの担当者から連絡をもらえるため、面談やカウンセリングへと進みます。

カウンセリングやレバテックのオフィスでの対面もしくは電話で行われます。また、カウンセリングの際にはこれまでの経歴やキャリアプラン、希望単価や働き方といった内容のヒアリングが行われるため、どのような内容を話すのか事前にまとめておくとよいでしょう。

案件の申し込みと商談を実施する

担当者がヒアリングした内容をもとに、利用者に合った案件を紹介してくれます。参画したい案件があれば、案件への申し込みを行いましょう。

参画したい案件を担当者に伝えておけば、担当者から推薦してもらえます。また、その後企業の担当者との面談へを進むことになります。

プロジェクトへ参画する

内定を無事にもらえた場合は、業務委託の契約などを締結し、プロジェクトに参画することになります。稼働開始日や案件の単価などの条件面は、レバテッククリエイターの担当者に伝えておくことで企業と交渉してくれます。

なお、プロジェクトへの参画中も担当者が定期的にフォローしてくれるため、安心して業務に集中することができるでしょう。

レバテッククリエイターを活用しよう

レバテッククリエイターはITやWeb系のクリエイターに特化した高単価案件の豊富なエージェントとして評判です。

ぜひ本記事で紹介したレバテッククリエイターを利用するメリットやデメリット、レバテッククリエイターの評判などを参考に、レバテッククリエイターの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

以下の記事では18社のフリーランスエージェントを細かく比較解説しています。
レバテッククリエイター含め、複数のフリーランスエージェントを比較し、ご自身に合うエージェントを見つけてください。

>>フリーランスエージェントのおすすめ18選|エンジニア向けのサービスは?

フリーランス案件を探すならMidworks

Midworksでは、3,300件以上の多彩な案件に加え、全体の8割以上を占める非公開案件がたくさん。
将来のキャリアや現在の持っているスキルを参考にしたうえであなたに適した案件を提案できます。
まずは気軽に相談してみてください。

\\年収アップ事例も多数//

あなただけのキャリアを歩もう。

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.07.25
更新日
2024.07.11

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス