Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランスの基礎知識
  4. 課題・悩み
  5. スキルがあれば20代でもフリーランスエンジニアになれる?求められることも解説

スキルがあれば20代でもフリーランスエンジニアになれる?求められることも解説

スキルがあれば20代でもフリーランスエンジニアになれる?求められることも解説のイメージ

「20代で実務経験が少ないのにフリーランスでやっていける?」
「若いうちに独立するメリットはある?」
「なるべく早く独立したいけど、どうしたらいいかわからない」
若いエンジニアでフリーランスとして独立することを考えている人は、このような悩みや不安を抱えているのではないでしょうか。

本記事では、20代でフリーランスエンジニアになることのメリットや、成功するためのポイントをまとめています。また、フリーランスエンジニアを目指す上で、しておきたい準備についても紹介しています。

この記事を読み、メリットや目標を認識することで不安を払拭し、夢に向かって踏み出すためのきっかけを得ることができるでしょう。

20代でフリーランスエンジニアとして独立することを考えている方は、ぜひ読んでみてください。

スキルがあれば20代でもフリーランスエンジニアになれる?

実務経験の少ない20代であっても、フリーランスエンジニアになることは可能です。

もちろん、経験豊富なほど有利なことに間違いはありません。しかし、スキルさえあれば、経験不足をフォローすることができます。ここでいうスキルには技術力だけでなく、コミュニケーション能力や営業力なども含まれます。

スキルを活かし、自分を上手くプロモーションすることさえできれば、20代で独立しても十分通用するでしょう。


▶︎20代のフリーランスエンジニアの平均年収は?詳細記事はこちら!

20代でフリーランスエンジニアになるメリット

日本では、20代のうちにフリーランスエンジニアとして独立する人は、まだまだ多いとはいえません。しかし、20代だからこそ得られるメリットも存在します。

ここでは、20代でフリーランスエンジニアになるメリットについてまとめています。20代で独立することを考えている方は、参考にしてください。

30代や40代に比べるとリスクが少ない

20代は独身の割合が高く、親が働いている年代でもあるため、背負うべき責任も少なめといえます。仮に失敗したとしても迷惑をかける人が少なく、キャリアのやり直しも可能でしょう。

一方で、30代以降は結婚して家庭を持っている人も多く、失敗できないというプレッシャーを抱えなければいけません。リスクの高さから、独立に踏み切れないというパターンも多くなるでしょう。

再就職する際のハードルが低い

日本国内では、エンジニアを求めている企業が多く、若い人材は歓迎される傾向にあります。そのため、たとえ独立に失敗したとしても、再就職できる可能性は高いといえるでしょう。

また、フリーランスエンジニアとして得た経験は、アピールポイントにもなります。企業にとって有用な人材とみなされれば、以前の会社よりも好待遇で働くこともできるでしょう。

20代からフリーランスエンジニアとして活躍するためには

ここからは、フリーランスエンジニアとして活躍するための、心構えについて紹介します。

フリーランスエンジニアには特に重要ですが、会社員エンジニアに求められる要素でもあります。独立の成否に関わらず、無駄になることはないため、心に留めておいてください。

技術力を磨き続ける

フリーランスエンジニアとして成功したいのであれば、技術力を磨き続けることが重要です。

企業間の契約とは異なり、フリーランスエンジニアは技術力が足りないと判断されれば、簡単に契約を解除されてしまう恐れがあります。逆に、技術力を認められれば、より好待遇で案件を依頼されるでしょう。

現状の自分に満足せず、常にスキルアップを目指すことが、フリーランスエンジニアとして成功するための近道です。


▶︎フリーランスエンジニアがスキルアップのために活用できるものとは?詳細記事はこちら!

技術力以外のスキルも身につける

フリーランスエンジニアに求められるスキルは、ITに関する知識や技術力だけではありません。クライアントと円滑にやり取りするためのコミュニケーションスキルや、案件を獲得するための営業スキルも重要です。

これらのスキルは、クライアントに交渉や提案を行う際にも役立ちます。提示された仕事をこなすだけでなく、自分に有利な条件で仕事を行うために、技術力以外のスキルも身につけることを意識しましょう。

人間関係や人脈も重視する

フリーランスエンジニアにとって、人間関係や人脈はスキルと同様に重要な要素です。

組織に属さないフリーランスエンジニアは、様々な問題に自分1人で対処する必要があります。そんなときに頼りになるのが、同じ分野で働く友人です。悩みを相談したり、情報交換できる相手がいるということは、フリーランスにとって重要なポイントになり得ます。

また、人間関係や人脈を通して企業とのコネクションが生まれたり、新たな案件に結びついたりする可能性もあります。

独立後に新たな人間関係や人脈を構築することは、容易ではありません。会社員として働いているうちから人との関わりを大切にして、人間関係や人脈の構築に努めましょう。

20代でフリーランスエンジニアを目指すならしておくとよいこと

フリーランスエンジニアとして独立することを考えているのであれば、事前の下準備が重要です。特に、経験が不足している20代のうちは、準備不足で独立しても、よいスタートを切ることは困難でしょう。

ここからは、20代でフリーランスエンジニアを目指すなら、しておくとよいことを述べていきます。

個人事業主としての意識を身につける

フリーランスエンジニアを目指すのであれば、自分が事業主になるという意識を持たなければいけません。

フリーランスは、企業に勤める会社員とは異なり、実務以外の部分も自分で担当する必要があります。たとえ技術力が一流でも、案件をスムーズに確保できないのであれば、成功することは難しいでしょう。

また、背負わなければならない責任が大きくなることへの覚悟も必要です。フォローしてくれる上司や同僚もいないため、全ての責任を自分1人で受け持つことになります。

そのため、個人事業主に求められるノウハウを学んでおくことも、独立するための準備として重要といえるでしょう。

スキルの棚卸しをする

フリーランスエンジニアには、自分をクライアントに売り込む能力も求められます。スキルの棚卸しは、自分のアピールポイントを明確にするための作業です。

自分のスキルをリストアップして整理すれば、自分の強みを認識しやすくなります。逆に、自分に足りない部分も見えてくるため、合わない案件を除外する助けにもなるでしょう。

スキルの棚卸しをして、クライアントに何ができるのかをアピールするための準備をしておきましょう。

中心とする分野や技術を考える

フリーランスエンジニアとして独立することを目指すなら、早めに方向性を定めるのがおすすめです。幅広い知識も必要ですが、全てに中途半端では、器用貧乏なエンジニアになってしまいます。

クライアントが求めるのは、プロフェッショナルな人材です。特定の分野に特化することで、継続して案件を受注し、より報酬の高い案件を依頼されることにも期待できます。

中心とする分野や技術を考えて、その道のプロフェッショナルを目指しましょう。

年間での出納をシミュレーションする

フリーランスエンジニアは、企業と契約関係にある会社員と異なり収入が不安定です。案件に対して報酬を受け取ることになるため、月によって得られる収入が変わってきます。

そのため、あらかじめ年間の出納をシミュレーションし、今後の見通しを立てやすくしておきましょう。

また、フリーランスは、税金の計算で苦労するケースも多いです。経費の計上も自分で行う必要があります。はじめての確定申告で慌てることのないよう、税金の計算も併せてシミュレーションしておくとよいでしょう。

どんな案件に需要があるかや相場がどのくらいかを確認する

フリーランスエンジニアとして独立したあとで一番困るのが、受けられる仕事がないという状況です。自分に合った案件を確保することができなければ、収入を得ることができなくなってしまいます。

そのため、独立したあとに想定していた案件が見つからない事態に陥らないよう、事前に業界のリサーチをしておく必要があります。

独立前から、どんな案件に需要があるのか、相場がどのくらいなのかを確認しておきましょう。業界の傾向を把握することで、フリーランスとしてやっていけるかどうかの判断材料にしてください。

将来設計をする

近年におけるIT業界の進歩は目覚ましく、エンジニアに求められるスキルにも移り変わりが存在します。現在では需要のあるスキルが、数年後には時代遅れになっている可能性もあることを頭に入れておきましょう。

フリーランスエンジニアとして長期間活躍することを望むなら、未来を見据えた将来設計が必要です。新しい技術に関心を持ち、スキルを習得しようとする姿勢も、フリーランスエンジニアに求められる資質といえます。

20代でフリーランスエンジニアとして活躍するために求められることやしておくとよい準備について知っておこう

昨今のエンジニア不足に伴い、需要はますます高まってきています。自由な働き方を選択できるフリーランスという職種においても、その傾向は顕著です。

20代という若さであっても、フリーランスエンジニアとして独立することは夢ではありません。ただし、実績や実務経験の少ないうちは、勢いまかせで成功することは困難です。会社員として働いている間から、独立に向けた準備を進めておくことが、成功につながります。

本記事で紹介した内容を参考に、フリーランスエンジニアに求められることや、しておくとよい準備についての知識を深めておきましょう。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年06月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.06.13
更新日
2024.06.18

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス