税金と確定申告に関する記事

フリーランスのための確定申告・収める税金の種類
もらう所得に比例して国に対して納税するものが所得税です。
フリーランス向け!消費税を払う条件・計算方法・還付時期
フリーランスが消費税を払わなければいけない条件は、その年が開業何年目かにより異なります。具体的には、以下の通りとなります。消費税を支払うことになった個人事業主は、課税事業者となります。なお相続を受けた場合を除き、消費税税抜きの売上高(以下、課税売上高と称します)が毎年1,000万円以下の場合は、消費税の納税は必要ありません。
フリーランスが経費として計上できるもの一覧・経費の割合
会社勤めの方であれば文房具や交通費、光熱費などの諸経費はすべて解除が負担していますので、経費削減を推薦している事でもなければ、働く側が経費を気にして仕事をすると言う事はほとんどないかと思います。
フリーランスの白色申告のつけ方・青色申告との違い
白色申告とは、確定申告の種類のひとつです。白色申告のほかに「青色申告」があり、より簡易な帳簿でも申告出来るのが「白色申告」となっています。青色申告と比較すると、事業の規模が小さい人が使用する傾向にあります。確定申告の難易度も低いため、会社員として働きつつ、副収入があるため申告をするなどのケースが多くなっているでしょう。
個人事業税とは|課される職種・個人事業税の申告と納付
個人事業税とは、その名称が示す通り、個人事業を営んでいる個人に対して発生する税金です。対象は株式会社ではありません。個人が対象、というところがポイントです。埼玉県の公表しているページ「個人事業税」には以下のような説明があります。
フリーランス/個人事業主の節税方法・受けられる控除の種類
フリーランスが経費として計上できるものには、さまざまな種類があります。備品や交通費や会議費などは経費計上できるものとして誰もが理解していることです。しかし実はそれ以外の日常生活で支払っている費用の中にも、経費として計上できるものがあるのです。
収入印紙の基礎知識|収入印紙の種類・貼り方・必要になる金額
収入印紙とはある一定額以上の買い物をする際に領収書に貼り付ける必要があるものです。実際に高額な買い物をした際に、収入印紙を貼ってある収入印紙を受け取ったことがある、という方も多いのではないでしょか。
雑損控除の基礎知識|雑損控除の対象・手続き・計算方法
地震大国の日本では、いつ自分の身に災害が降りかかるか分かりません。また日本は地震以外にも台風や大雨によって被害を受ける可能性があるため、ITフリーランスとして独立した際は、こういった災害について対策することが欠かせません。
予定納税の基礎知識|計算方法・納付期間・納付額・対象者
予定納税というのは、所得税の対象となる事業を行う居住者に対し、確定申告まで納税を待たずにある一定の時期にいくらかの金額を納付しなくてはいけないという制度です。本記事では、予定納税の計算方法、対象者、納付額、納付期間などについて説明します。
フリーランスがつける帳簿の種類とつけ方
フリーランスとして働くなら帳簿をつけることは欠かせません。なぜなら青色申告だけでなく、白色申告の場合でも帳簿をつけることは義務づけられているからです。フリーランスとして活動し始めると初年度は利益があまり出ないかもしれません。
フリーランスの年末調整と確定申告|控除額と控除種類一覧
毎年年末が近づくと従業員がいる事業主や会社にとって大きなイベントとなるのが「年末調整」です。雇用主が従業員の税金の計算を代わりに行ってくれます。
出金伝票の書き方・支払先がわかりづらい勘定科目一覧
事業を進める上で、関係する出費は「経費」として計上することが出来ます。基本的には、領収書を発行してもらい、経費計上をすることになっていますが、ものによっては必要経費でも領収書が発行されないことがありますよね。
個人事業税の仕訳例・勘定科目・納付期限・計算方法
個人事業主として、事業を営んでいると個人事業税を支払う必要があります。個人事業税とは、事業や不動産の所得によって額が決まる税金の一つです。確定申告の時期に前年度の事業や不動産の所得を明確にしますよね。年間の所得を元に個人事業税は決まります。
フリーランスがよく使う勘定科目一覧・迷いやすい勘定科目一覧
フリーランスとして働き始めたなら、是非とも活用したいものが「経費計上」です。働いて得た収入を少しでも手元に残しておきたいというのは、誰しも共通の思いでしょう。
扶養控除とは|扶養の種類・扶養控除を受ける所得上限
フリーランスとして生きていくためには、会社員の頃よりも税金関係の手続きに気を配る必要があります。税金関係の手続きの一部を会社が代行してくれている場合も多いため、会社員でいる間はほとんど自動的に済んでいた手続きを、フリーランスは自分で行わなくてはならないからです。
所得金額と収入金額の違いとは|所得金額に対する税額の計算方法
所得金額についての理解を深めるためにはまず所得とは何か、を知ることが欠かせません。当然のことですが所得とは収入ではありません。収入は単純に売り上げから経費を差し引いたものですが、所得となるとさらに差し引かなければいけないものがあります。
「元入金」の仕訳と計算方法|「元入金」と「資本金」の違い
元入金(もといれきん)は、個人事業主やフリーランスなど、個人で事業を行う方が使用する勘定科目です。個人事業主やフリーランスが新しい事業を始めるにあたって用意した開業資金や準備金が元入金として扱われます。この勘定科目は個人でのみ使われるもので、法人会計では元入金という勘定科目を使用しません。
フリーランスの経費削減のアイデアまとめ|経費削減方法と削減例
経費削減ですぐに思いつくのが「光熱費」です。日ごろから気を付けている方もいらっしゃるかと思いますが、主な光熱費の節約方法を見てみましょう。
固定資産台帳の書き方・目的・項目一覧|おすすめのテンプレート
固定資産台帳とは、固定資産の減価償却の経緯を記入するための帳簿です。車や土地などの固定資産を保有している事業主は、固定資産台帳をつけなければなりません。ここでは、固定資産台帳の仕組みがいまひとつ理解できないという方のために、「固定資産」や「減価償却」といった会計用語の説明を交えて詳しく解説していきましょう。
固定資産税とは?|納期・課税対象・土地の課税標準額の調べ方
固定資産税とは、土地や一戸建ての家、マンションなどの不動産や償却資産の所有している人が支払わなければならない税金のことで、市町村(東京都は特例で都が課税する)が、納税通知書を納税者に発送して徴収します。
荷造運賃とは?|勘定科目一覧と通信費・運賃荷造費との違い
小売業などの個人事業主は店舗を設置していれば、お客さんがお店に来て商品代金と引き換えに商品を直接渡しますが、オークションで起業している人やネットショップを経営している人は、商品が売れた時に購入者宛に商品を発送するという過程があります。
課税証明書と源泉徴収票の違いとは|取得方法と受け取りに必要なもの
課税証明書とは、収入に対して課税された住民税の額を証明するための書類です。課税金額を証明する他に、収入無かった年に無課税だったことの無課税証明書として使用されることもあります。
租税公課の計算方法とは?|勘定科目一覧と租税公課に含まれないもの
租税公課とは、国や地方公共団体が納税額を決定して納める税金や公的負担金を合わせた勘定科目のことで、「公租公課」とも言われます。「租税」には所得や取引、財産などを元に徴収される税金のことで、「公租」には国や地方公共団体、その他の団体に対して支払わなければならない交付金や会費などが当てはまります。
償却資産税の対象になる資産とは?|計算方法や手続きに必要な書類
不動産や自動車などの資産を持っていると、固定資産税や自動車税などの税金が課せられるのと同じように、事業で使用する設備や資産についても「償却資産税」という税金を支払わなければなりません。
損金と費用/経費の違いとは|損金算入のメリットとデメリット
損金とは資本などの取引によるものを除いた法人の資産の減少をきたす原価・費用・損失の額のことです。そして当該事業年度の益金からこの損金を控除した金額が法人の所得金額となり、所得金額に応じて法人税がかかることになります。
60秒 でできる
無料会員登録