初回公開日:2022年06月13日
更新日:2022年06月13日

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説

記載されている内容は2022年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

SAPエンジニアとして独立したいが、どう始めたらよいかわからない方も多いでしょう。本記事では、フリーランスとしてひとり立ちするために必要な情報を紹介しています。SAPエンジニアの将来性や年収、関連知識などを参考にして、次のステップに生かしてみてください。

「会社を辞めSAPエンジニアとして独立したい」
「SAPエンジニアのフリーランス、年収はいくら?」
「エンジニアとして独立するのに、必要なスキルや知識が知りたい」
フリーランスのSAPエンジニアとして活躍したいものの、独立のために必要な知識に乏しく、いま一歩踏み出せないでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、SAPエンジニアとして独立するために必要な知識を解説します。これを読めば、独立後の平均年収や求人動向、将来性がわかるだけでなく、独立までに習得しておきたいスキルや知識も把握できるでしょう。

SAPエンジニアとして将来独立を考えている方や、フリーランスとしてスキルアップを目指す方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

SAPエンジニアのフリーランス求人動向

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
現在、SAPエンジニアはフリーランスでも需要が増えています。その理由の1つには、SAPを新規に導入する企業が増加傾向にあるためです。企業はSAP製品を導入後、自社に合わせ設定の変更や機能の追加をしなければならないため、導入する企業が増えるたびに案件の増加につながります。

また、SAPを開発したSAP社は、現在の製品に関するサポートを2027年に打ち切ると発表しました。それ以降も同社の製品を使用するためには、新しいバージョンの製品を購入する必要があります。そのため、今後もSAP関連の需要は増え続けるとみられています。

【言語別】フリーランスエンジニアの平均年収

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
フリーランスエンジニアとして独立した場合、気になるのが年収です。言語別で見ると、PHPやVBA言語の平均年収は約720万円です。

SAPはABAPという言語を使用して作られますが、プログラミング言語の中でも平均年収が約950万円と高い部類に入ります。フリーランスエンジニアとして独立しても、SAPの経験を積んでいけば、着実に年収をアップできるでしょう。
言語平均年収特徴
PHP約720万円Webシステムの開発言語
VBA約720万円マクロなど自動化言語
JavaScript約800万円フロントエンド開発で人気
C#約828万円ソフトウェア開発の案件が豊富
Unity約840万円ゲーム開発案件が豊富
Java約852万円Androidアプリの開発案件が豊富
Swift約900万円Apple製品向けの言語
Python約924万円統計処理やデータ分析、人工知能開発
SAP約950万円独自言語のABAPを使用してSAPシステムの開発
Ruby約960万円Webシステム開発やサイト制作案件が豊富

【経験年数別】SAPエンジニアのフリーランス年収相場

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
SAPエンジニア(コンサルタントを含む)は、経験年数によって単価の相場も違ってくるのが一般的です。

経験1年未満は単価が約40~50万円(週5常駐案件の相場単価)です。これは1つの案件を約1か月で開発するという計算なので、年収にすると約480~600万円となります。(フリーランススタート運営事務局調べ:2020年12月時点)

経験が5年以上だと単価の幅も約90~205万円(年収計算:約1080~2460万円)と広くなります。あくまでも相場のため、目安としてお考えください。
経験年数別平均年収月/週5常駐案件の相場単価
SAP経験1年未満 約480万円~600万円約40万円~50万円
SAP経験1年約720万円~840万円約60万円~70万円
SAP経験2年約780万円~900万円約65万円~75万円
SAP経験3年約900万円~1080万円約75万円~90万円
SAP経験4年約1020万円~1200万円約85万円~100万円
SAP経験5年以上約1080万円~600万円約90万円~2460万円

SAPエンジニアの仕事内容

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
SAPエンジニアの仕事には、大きく分けて「アドオン開発」と「パラメータ設定」があります。

これはSAPシステムを企業に合わせて、カスタマイズする作業です。本章では、これらの業務について詳しく紹介します。

アドオン開発

SAPに搭載されている標準機能だけでは、業務を管理できない場合があります。その際に必要なのが、アドオン(追加機能)開発です。企業は自社業務とSAP機能を分析し、不足している機能をSAPエンジニアに依頼します。

アドオン開発で用いるプログラミング言語が「ABAP」です。ABAP(Advanced Business Application Programming)は、SAPシステム開発でのみ使われる言語として知られています。プログラミング初心者でも比較的覚えやすい言語です。

パラメータ設定

SAPにおいてパラメータ設定とは、プログラムをカスタマイズすることです。SAPを導入した企業は、標準設定を自社の業務内容に合わせる必要があります。SAPエンジニアにとって、パラメータ設定はアドオン開発と同様に重要な業務の1つです。

SAPが管理できる範囲は、会計・販売・在庫・購買・生産・品質・人事等と多岐にわたります。そのため、IT関係だけでなく、財務や人事分野に関する知識を持ち合わせていると、仕事がしやすくなります。

SAPエンジニアに必要なスキルや知識

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
SAPエンジニアには、プログラミング言語のスキルを始め、さまざまな関連知識が必要です。仕事を進める際には、マネジメントや、語学の能力を求められることもあります。

本章では、SAPエンジニアに必要なスキルや知識について説明します。

ABAPの知識

SAPエンジニアには、プログラミング言語「ABAP」のスキルや知識が求められます。ABAPは、SAPシステムの開発でのみ使用される言語です。SAP以外には使われないため、習得しているエンジニアは少ないと言われています。

また、ABAPはアドオン開発でも使われる言語です。そのため、この言語のスキルを磨き関連知識を身につけることが、とても重要になります。

SAPモジュールに関する知識

SAPは業務を管理するため、関連業務の機能を1つにまとめてあります。このまとまった機能の集まりが「モジュール」です。SAPは基本的に、4つの大きなモジュールで構成されています。SAPエンジニアは、このモジュールに対する理解が必須です。

SAP社で用意したモジュールは、約20以上に上ります。基本的なモジュールカテゴリーは、ロジスティク(販売・在庫管理・生産)、人事(人事・給与)、会計(財務・管理)、その他(開発・顧客体験)の4つです。

マネジメントスキル

SAPエンジニアには、マネジメントスキルも求められます。大企業で導入することが多いSAPは、大人数でのプロジェクトで仕事を進めることが多いためです。

多くの人々と協力してプロジェクトを進めるためには、コミュニケーションをうまくとり、業務を調整するマネジメント能力が必要と言えます。

英語

最近、IT業界ではエンジニアにも語学力を求める傾向が強まっています。SAPエンジニアにも語学力が必要です。その理由は、SAPが外国語を基盤としたプログラムであることと、海外展開する企業でもSAPを導入するケースがあるためです。

とくに英語は使用頻度が高いため、読解力だけでなく、意思疎通できるスピーキング能力も備えた方が、案件の獲得や仕事を進める上で役立つでしょう。

SAP案件の種類

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
SAPエンジニアとして独立した場合、具体的に、どのような案件を獲得できるのでしょうか。

SAPの案件は、「SAP開発」と「SAPコンサルティング」の2つに分けられます。それぞれの特徴についてご紹介します。

SAP開発案件

SAPエンジニアとして獲得できる案件は、主にSAPシステムを開発する業務です。具体的な作業は、アドオン開発やパラメータ設定です。システムの運用やコンサルティングの役割を務める場合もあります。

SAP開発の案件には、SAP開発に必要な「ABAP」言語の習得が不可欠なだけでなく、高いスキルと知識も求められます。

SAPコンサルティング案件

SAPの案件には、コンサルティング業務も多数あります。コンサルタントがクライアントの企業に常駐してサービスを提供するのです。

具体的な業務としては、SAPシステムを導入する前に、コンサルタントが企業と共に現状分析や課題を抽出します。分析した結果を反映してシステムをカスタマイズした後、改善点を探しながら運用していきます。

SAPのコンサルティングを実施するためには、ERP(統合基幹業務システム)に対する知識とコンサルティングの経験が必要です。

SAPエンジニアで高単価を目指すためには?

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
SAPエンジニアとして独立し高単価の案件を獲得するためには、どうしたらよいのでしょうか。本記事でここまで説明してきたスキルや知識を習得し、キャリアを積んでいくことがポイントになってきます。

具体的には、ABAP言語のスキルアップと知識を深めるだけでなく、SAPのバージョンやモジュールに関する知識を習得します。その他、マネジメントスキルや語学力を磨くことも大切です。そうした中で、国内外企業でキャリアをアップしていくと、案件の単価も高くなっていきます。

SAP案件の将来性とフリーランスの今後

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
近年、海外と取引する国内企業が増えています。そのため、国際企業に対応したSAPの需要も増加中です。そうした中で、旧バージョンのSAPの保守サポートが2027年に終了することになり、エンジニアの需要も見込まれています。

SAPは日本で2000社以上が導入しており、今後もSAPの案件は増えると予想されています。フリーランスエンジニアが活躍できる場は、これからも増えることでしょう。

SAPエンジニアのことを理解しキャリアアップを目指そう

SAPエンジニアのフリーランス年収とは?将来性についても解説
SAPエンジニアとして積んだ経験は、キャリアアップに利用することも可能です。エンジニアの中には、経験を生かしてSAPコンサルタントとして活躍する方もいます。エンジニアとして培った知識とスキルは、コンサルタント業務を実施する上でも役に立ちます。

もう1つのキャリアアップとして、SAP以外のERPエンジニアに転向することも可能です。SAPエンジニアとして一定のキャリアを積めば、その経験を他のERPにも生かせるでしょう。

カテゴリ一覧

案件申し込みもキャリアのご相談も非公開案件のご案内もまずは60秒 無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら
案件検索