Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
「Webディレクターとして副業するにはどんなスキルが必要?」
「Webディレクターの副業案件にはどんなものがあるの?」
「Webディレクターの副業を始める方法って?」
このように、Webディレクターの副業について興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。

本記事ではWebディレクターとして副業するメリットや必要なスキル、Webディレクターの副業案件例などを紹介しています。本記事を読むことで、Webディレクターの副業とはどのようなものなのかを把握できるでしょう。

また、Webディレクターの副業案件の探し方や副業を始める手順なども紹介するため、実際にこれから副業を始めるという人も参考にできます。

Webディレクターを副業にできるのかどうか知りたい人は、ぜひ本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

Webディレクターとして副業するメリット

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
現在、会社員としてWebディレクターの仕事をしている人の中には、スキルや経験を活かして副業でもWebディレクターの仕事をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。Webディレクターの副業には多くのメリットがあるため、副業の選択肢としておすすめです。

Webディレクターの仕事は幅広いWeb関連の知識が必要になりますが、副業であれば特定分野の知識だけでも取り組みやすいと言えるでしょう。ここでは、Webディレクターとして副業するメリットを紹介していきます。
  • 独立するべきか試せる
  • やりたい副業を選びやすい
  • スキルアップにつながる
  • 収入アップにつながる
  • 在宅や土日稼働の案件もある

独立するべきか試せる

会社員としてWebディレクターの仕事をしている人の中には、将来的にはフリーランスとして独立したり、起業したいと考えていたりする人も多いでしょう。しかし、独立してWebディレクターとして仕事を獲得していけるのか、不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

このような場合、副業であれば本業を続けながら取り組めるため、将来独立できるかどうか試すことができます。たとえうまくいかなかったとしても、副業であれば収入を失うようなリスクはありません。

また、副業で知り合ったクライアントと人脈ができるため、独立した場合の取引先候補を確保することにも繋がります。

さらに、フリーランスとして独立した場合の働き方も事前に知れるため、副業で慣れておけば実際に独立した際もスムーズに仕事を始められるでしょう。

やりたい副業を選びやすい

会社員としてWebディレクターの仕事をしている場合、自分で自由に仕事を選ぶことはできません。基本的に会社の指示で動くことになるため、やりたい分野の仕事があっても、うまくその仕事を回してもらえるとは限りません。

しかし、副業であれば自分で仕事を選べるため、自分のやりたい仕事に取り組みやすいというメリットがあります。もちろん仕事にはクライアントが存在するため、クライアントとの意見が合わないというケースもあるでしょう。

そのような場合は、自分の判断で契約を見送るということも可能です。そのため、Webディレクターの副業は、自分のやりたい仕事が決まっている人にはおすすめだと言えるでしょう。

スキルアップにつながる

会社員として働いていると、どうしても仕事の傾向が偏ります。同じような仕事が回ってくるため、身に付けられるスキルや経験にも偏りが出やすいでしょう。

しかし、副業の場合はあらゆる分野の案件にチャレンジできるため、幅広いスキルを身に付けることが可能です。

Webディレクターは、所属する企業が制作会社なのか事業会社なのかによっても仕事の傾向が異なりますが、副業であれば本業では携われないような案件にもチャレンジできます。そのため、副業でスキルアップした部分を本業にも活かせるでしょう。

収入アップにつながる

Webディレクターの副業に限った話ではありませんが、副業を行うことで収入がアップします。Webディレクターの副業の場合は需要が高く、さまざまな案件が存在するため、高単価案件を効率的に獲得できれば、それだけ収入アップも期待できるでしょう。

Webディレクターを募集している企業は、事業会社や制作会社に限りません。自社でWebサイトを運営している企業であれば、Webディレクターのニーズもあります。

また、Webディレクターという仕事は高度なスキルが求められるため、案件によっては週に3日程度の稼働で月額40万円という高収入を得られる場合もあります。このような副業を獲得できれば、大きく年収をアップできるでしょう。

在宅や土日稼働の案件もある

Webディレクターの副業案件の中には、土日だけの案件やフルリモート案件なども存在しています。Webディレクターの仕事は基本的には制作進行であることから、チャットやビデオ会議ツールなどを利用すれば、Webだけで済ませることも可能です。

また、仕事の内容によっては土日だけの稼働でも対応できるため、土日のみやリモート可で募集されているWebディレクターの副業案件も多いです。

Webディレクターの副業に必要なスキル・経験は?

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターの副業に興味はあっても、スキルや経験が足りていないという人もいるでしょう。副業の場合、Web関連の知識やスキルを網羅する必要はありませんが、どのような案件でも求められる基本的なスキルは存在しています。

特定のスキルを押さえておくことで、Webディレクターの副業案件を獲得しやすくなります。ここではWebディレクターの副業に必要なスキル・経験について解説していくため、参考にしてみてください。

コミュニケーションスキル

Webディレクターという仕事は制作進行を行うため、Web制作に携わるさまざまな人と関わることになります。

副業の場合でも多くの人と関わりながらプロジェクトを統括していく必要があるため、Webディレクターの副業を行う上では必須のスキルと言えるでしょう。

意思疎通や連携がうまくいかなければ、プロジェクトが失敗してしまう可能性もあります。さまざまな立場の人とうまく仕事を進めていくためには、高度なコミュニケーションスキルが求められます。

ディレクションスキル

Webディレクターの具体的な仕事はWebディレクションであるため、ディレクションスキルは重要です。WebディレクションはWebサービスやWebサイトの企画を行い、作業を行うスタッフへの指示出しや制作進行を行うことです。

Webディレクターの副業は、どのような案件であってもWebディレクションを行うということには変わりないため、制作に必要なスタッフに適切な指示を出し、進行していくスキルが必要になります。

データ解析・事業分析スキル

Webディレクターの仕事はWebサービスやWebサイトの制作に関わることですが、新規作成だけではなく、既存のWebサイトへの集客やマーケティングに関する仕事もあります。

このような案件では、Webサイトのアクセス解析や市場調査などを行い、事業の方向性を決定していくことになるため、データ解析スキルが必要になるでしょう。また、分析結果をもとにどのようなビジネスを展開していくのか検討するためには、事業分析スキルも求められます。

プロジェクトを統括した経験

Webディレクターの副業案件を獲得するには、プロジェクトを統括した経験があると有利になります。Webディレクターの副業では、実務経験が求められるケースが多いです。

また、単にWebサイトの構築を行った経験があるだけでは、スタッフへの指示出しや統括ができることを証明できません。しかし、実務経験があれば、Webディレクターに求められる管理能力やヒューマンスキルがあることもアピールしやすくなるでしょう。

Webディレクターの副業案件例・収入目安

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターの副業案件の内容としては、WebサイトやWebコンテンツなどのディレクション案件が多いです。また、サービス改善やデザイン系の案件もあります。

案件の内容によっても単価が異なるため、Webディレクターの副業にチャレンジする場合は、おおよその目安についても把握しておいた方が良いでしょう。ここでは、Webディレクターの副業案件例や収入目安を紹介していきます。

Webサイト・サービスの改善案件

Webディレクターの副業案件の中には、WebサイトやWebサービスの改善案件もあります。既存のWebサイトやWebサービスのUIやUX、コンテンツなどの改善策を検討し、実行していきます。

このような案件では実際にWebサイトを運用し、プロジェクト全体を進行することになるため、Webディレクターとしての経験があると役立つでしょう。改善案件の収入の目安は、月収30〜50万円ほどです。

Web製作のディレクション案件

Webディレクターの副業案件の中には、Web製作のディレクション案件もあります。Webディレクターの案件の中でもメジャーな案件で、Webディレクターとしての経験を活かしやすいでしょう。

また、業務はWebディレクションがメインとなるため、クライアントとのやりとりやスタッフへの指示出しなどのコミュニケーションスキルが重要になります。Web製作のディレクション案件の収入の目安は、月収30万円程度です。

Webコンテンツのディレクション案件

Webディレクターの副業案件の中には、Webコンテンツのディレクション案件もあります。Webディレクターの案件には、Webサイトに限らずSNSのコンテンツなどのディレクション案件もあります。

Webコンテンツに関連した案件では、案件で扱う媒体を実際に運用したことがあるかどうかが重要になるでしょう。Webコンテンツのディレクション案件の収入の目安は、月収40万円程度です。

Webデザイン系

Webディレクター向けの副業案件の中には、Webデザイナー案件もあります。Web関連の幅広い知識が求められるWebディレクターであれば、WebデザインやUI、UXに関する知識もあるため、Webデザインの案件にも対応できるでしょう。

Webデザイン系の副業案件の収入の目安としては、単価3,000〜2万円ほどでしょう。

Webライティング系

Webディレクター向けの副業案件の中には、Webライティング系の案件もあります。Webライティングは、Webメディアやニュースサイトなどで掲載する記事コンテンツを執筆する仕事です。

WebディレクターとしてWebサイトの企画や運用を行ってきた経験があれば、記事の見出しや構成の作成、記事のライティングなど、Webライティング系の副業案件にも対応できるでしょう。

Webライティング系の副業案件の収入の目安は、単価1,000〜3万円が目安です。

Webマーケティング系

Webディレクター向けの副業案件の中には、Webマーケティング系の案件もあります。Webディレクターとして業務を行ってきた経験があれば、マーケティング系の案件にも対応できるでしょう。

Webマーケティング系の案件にはSEOやリスティング広告、キャンペーンの企画などさまざまな内容のものがあります。施策を実行し、ユーザーからのリアクションをチェックして、Webサイトの改善を行うのが主な仕事です。

Webマーケティング系の副業案件の収入の目安は、月収15万〜20万円ほどでしょう。

Webディレクターの副業案件の探し方

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターの副業案件にチャレンジしていきたいと考えている人の中には、どのようにして案件を探せばよいのかわからないという人もいるでしょう。

副業案件を探す方法としては、クラウドソーシングやエージェントなどのサービスを利用する方法の他、SNSを活用したり友人から紹介してもらったりする方法があります。ここでは、Webディレクターの副業案件の探し方を紹介していきます。

クラウドソーシングの利用

クラウドソーシングでは、インターネット上で企業や個人などから業務委託案件を受注します。クラウドソーシングサイトにはさまざまなWeb系の案件が掲載されているため、Webディレクター向けの案件に自分で応募することが可能です。

クラウドソーシングサイトが扱っている案件は初心者からでも対応できる案件が多いため、Webディレクターとしての業務がなくても案件を獲得しやすいでしょう。ただし、案件の単価はエージェントなどと比較すると低い傾向です。

SNSの活用・知人からの紹介

SNSを活用したり、身の回りの友人知人から案件を紹介したりしてもらうことも可能です。一般的なSNSやビジネス系SNS上でもWebディレクター向けの案件が募集されているケースがあるため、自分でSNSに登録してチェックしてみると良いでしょう。

気になる案件があれば、直接メッセージを送信してやり取りを行うこともできます。また、本業の同僚や取引先などからWebディレクターの副業案件を紹介してもらうというケースもあります。

本業で信頼関係ができている相手からの紹介であれば、話もスムーズに進むでしょう。

エージェントを利用する

フリーランス向けのエージェントを活用することで、Webディレクターの案件を獲得することも可能です。エージェントの場合は、希望条件やスキルにマッチした案件を紹介してくれるため、効率的に案件を獲得できます。

ただし、エージェントが扱う案件は高単価のものが多い分、求められるスキルも高度です。そのため、一定以上のスキルや実務経験がある場合はエージェントを利用するのがおすすめです。

Webディレクターの副業を始める手順

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターの副業を始めるのは難しくありません。すでにWebディレクターとして働いた経験があり、新しく知識やスキルを身に付ける必要がない場合は、3つのステップですぐにWebディレクターの副業をスタートできるでしょう。

ここでは、Webディレクターの副業を始める手順を紹介していきます。

サイトに登録する

まずはWebディレクターの副業案件を扱っているサイトに登録しましょう。

副業を行っている人の中には、自分で営業したり知人などから仕事を貰ったりしている人もいます。しかし、そのような人脈を持っている人は多くないため、サイトを利用するのがおすすめです。

Webディレクターの案件を得意とするサイトであれば、登録しておくだけでスムーズに案件に参画できるでしょう。

案件に応募する

気になる案件があれば、応募してみましょう。どのようなサイトを利用するのかにもよりますが、多くの場合は書類選考、面談という流れで選考が進みます。

クライアントと面談する場合は、自分のスキルセットと希望条件をしっかりと伝えることが大切です。無理に自分を良く見せようとしても、実際に業務で成果が挙げられなければ、クライアントの信頼を失ってしまいます。

案件に正式参画する

双方で条件が合意できたら、正式に契約して案件に参画することになります。エージェントやクラウドソーシングサイトなどを利用する場合はサイトに仲介してもらえるため、自分で契約書などを用意する必要はありません。

案件に参画したら、クライアントの期待を上回れるように意識しましょう。クライアントから評価されれば、継続案件にも繋がります。

Webディレクターの副業案件におすすめのエージェント

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターの副業案件を探す方法としては、前述のとおりクラウドソーシングやエージェントを利用する方法がおすすめです。特にWebディレクターとしての実績がある場合はエージェントを利用することで、高単価な案件を効率的に獲得できるようになるでしょう。

一方、Webディレクターとしてのスキルや経験がない場合は、初心者からでも案件を獲得しやすいクラウドソーシングを活用するのがおすすめです。ここでは、まずはWebディレクターの副業案件におすすめのエージェントを紹介していきます。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは専属のエージェントに案件を紹介してもらえるIT起業家、フリーランス向けのエージェントです。扱っている案件は週2~3日から対応できる案件が多く、リモート案件も豊富にあるため、Webディレクターの副業案件を探している人におすすめでしょう。

扱っている案件はエンド直案件であるため、高単価の案件が多いです。週3日程度稼働するだけでも収入アップに繋がりやすいでしょう。

また、他のエージェントにはないようなトレンド技術に携われる案件も多いため、収入アップだけでなくスキルアップを目指している人にもおすすめです。

プロの副業

プロの副業は、副業案件を探している向けの副業紹介サービスです。高度なスキルを持っている人向けに、本業のスキルを活かせる副業案件を提案しています。

扱っている案件はデザイナーやエンジニア、マーケティング、広報、人事、財務など幅広いですが、もともと広告やマーケティング業界に特化した人材サービスであるため、デジタルマーケティングや広報PRの案件に強みを持ちます。

全体戦略や上流設計の案件が中心となるため、本業以上のキャリア形成を目指している人におすすめです。また、週1日から稼働できるような案件も扱っているため、短時間稼働の副業を探している人にも良いでしょう。

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、エンジニアやデザイナー向けの副業案件を紹介しているエージェントです。名前のとおり、週末や平日夜といったすきま時間で稼働できる案件が中心です。

また、扱っている案件の多くがリモート案件となっており、週10時間程度から稼働することが可能です。そのため、本業とは別に空いた時間で副業にチャレンジしたい人におすすめでしょう。

エンジニア向け案件が多いですが、Webマーケター向けの案件もあります。本業を続けながら、週末だけWebマーケターの副業を行いたいという人もおすすめです。

Webディレクターの副業案件におすすめのクラウドソーシング

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターとしてのスキルや経験がある場合は、ここまで紹介したようなエージェントを活用するのがおすすめです。しかしWebディレクターの実務経験がない場合は、エージェントを利用してもスキルが足りず、案件が獲得できない可能性が高いでしょう。

そのような場合は、まずはクラウドソーシングサイトを利用して、簡単なWebディレクター案件で実績を積んでいくのがおすすめです。

クラウドソーシングサイトであれば初心者向け、未経験者向けの案件も多く募集されているため、自分のレベルに合った案件を獲得できます。ある程度実績ができれば、エージェントでも副業案件を獲得しやすくなるでしょう。

ここではWebディレクターの副業案件におすすめのクラウドソーシングを紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

クラウドワークス

クラウドワークスは、さまざまな業務委託の案件が掲載されているクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスの中でも知名度の高いサービスであるため、案件獲得にクラウドソーシングを利用する場合は、まずはクラウドワークスに登録しておくとよいでしょう。

クラウドワークスで扱う案件カテゴリには、エンジニア向けの開発案件やデザイナー向けのデザイン案件などさまざまな案件があります。また、WebデザインやWebマーケティングなどの案件も豊富に扱っているため、自身の希望に合った案件も見つけやすいでしょう。

クラウドワークスには初心者にも対応しやすい案件が多いため、Webディレクターとしての実務経験がない人でも案件を獲得しやすいです。

ランサーズ

ランサーズも、クラウドワークスと同様に知名度の高いクラウドソーシングサービスです。ランサーズにも豊富な種類の案件が掲載されており、WebライティングやWebデザイン、Webマーケティングの案件も多いため、自分が希望する条件の案件に応募できます。

また、ランサーズには自分のスキルを出品することもできるため、登録しておくことでクライアンドから声をかけてもらえる可能性もあるでしょう。

Webディレクターの副業探しにクラウドソーシングを利用する場合は、先に紹介したクラウドワークスと併せて登録しておくのがおすすめです。

Webディレクターの副業を始める際の注意点とは

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターとしてのスキルや知識があれば、副業で収入を得られます。また、副業をこなすことで幅広い経験を積めるため、本業に活かせるスキルを身に付けられるでしょう。

しかし、実際にWebディレクターの副業を行うのであれば、いくつか気を付けなければいけないポイントがあります。ここでは最後に、Webディレクターの副業を始める際の注意点を紹介していくため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

本業の会社の就業規則の確認

副業を行う場合は、事前に勤務先の就業規則で副業が禁止されていないかどうかを確認しておく必要があります。最近は副業を許可している企業も増えてきていますが、全面禁止になっているケースもあります。

また、副業が禁止されていない場合でも、副業を行う場合は届け出をするように取り決められている可能性もあるため、事前に確認しておくようにしましょう。

職務範囲や条件の確認

副業として案件を受注する場合は、自分自身で案件の内容をよく確認した上で契約を行う必要があります。受注してから「思っていたような内容と違う」ということにならないように、契約前に職務範囲や条件をしっかりと確認しておきましょう。

具体的には、「稼働時間」「稼働日時」「報酬」「業務内容」「経費の負担」については必ず確認しましょう。たとえば土日のみ稼働したい場合は、稼働時間が平日の昼間になっている案件は、本業と被ってしまうため受注できません。

業務内容は、自分一人で対応できる内容かどうかを判断するために重要であるため、よく確認するようにしましょう。マーケティングと記載されていても、業務内容を読むとWeb制作に関わる内容全てを任されるようなケースもあります。

また、打ち合わせで発生した交通費などの経費をどちらが負担するのかなど、細かい部分もチェックしておくことが大切です。

確定申告など必要な手続き・知識の確認

会社員で給与収入を得ている人の場合は本来確定申告を行う必要はありませんが、1年間の副業の所得が20万円を超えた場合は、給与所得者でも確定申告を行う必要があります。

そのため、Webディレクターの副業で十分な収入を得ようと考えている場合は、確定申告に関する知識を身に付けておく必要があります。確定申告は手書きで作成する方法やe-Taxで行う方法などがあるため、どのような手続きを行えばよいのか確認しておきましょう。

出典:No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

Webディレクターの副業を検討しよう

Webディレクターを副業にできる?必要なスキルや仕事の探し方も詳しく紹介
Webディレクターの副業にはWebサイトやコンテンツのディレクション、Webサイト改善、マーケティングなどさまざまな案件があります。

Webディレクターとしての実務経験があれば、高単価な副業を獲得して大幅な収入アップを実現できるでしょう。

ぜひ本記事で紹介したWebディレクターとして副業するメリットやWebディレクターの副業に必要なスキル、副業案件の探し方などを参考に、Webディレクターの副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
初回公開日:2023年01月17日
更新日:2023年01月17日
記載されている内容は2023年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カテゴリ一覧

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳
案件申し込み
キャリアのご相談
非公開案件のご案内\まずは60秒/
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら
案件検索