Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. プログラミング言語
  4. C言語
  5. C++エンジニアの平均年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介

C++エンジニアの平均年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介

C++エンジニアの平均年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介のイメージ C++エンジニアの平均年収はどれくらい?年収を上げる方法も紹介のイメージ

「C++を使うITエンジニアでフリーランスに転職したいんだけど、将来が不安だな」
「C++エンジニアのフリーランス案件ってあるの?」
「フリーランスのエンジニアって、年収はどのくらいなんだろう」
と、フリーランスに転職を考えていると、わからないことばかりで不安になるでしょう。

この記事では、C++エンジニアの将来性や、求人動向、フリーランスに転職するときに身につけておきたいスキルやキャリアなどを解説しています。

この記事を読むことで、C++エンジニアとして年収をアップさせる方法や、C++の将来性、フリーランスになった場合はどうなのかがわかります。

C++エンジニアとして、フリーランスへの転職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

C++エンジニアのフリーランス案件の求人動向

C++のフリーランス求人は今でも安定した求人数がありますが、今後さらに増えていくことが予想されます。プログラミング言語として、歴史が長く、汎用性が高いC++は、さまざまな開発に使われているためです。

近年、さかんに行われているIoT開発や、組み込み系の開発でもC++はよく使われており、市場が拡大していることは、業界のトレンドにアンテナを張っている人はご存じではないでしょうか。

このように、C++のニーズは多く、今後、フリーランス案件の募集も増えていくでしょう。

C++エンジニアの年収はどれくらい?

上位のプログラミング言語の平均年収です。C++の平均年収は約650万円で、数ある言語の中で上位となっています。C++は、多くのシステム開発に利用されているため、エンジニアとしての需要が多いと言えるのではないでしょうか。

また、習得が難しいとされるC++は、実務経験が収入に大きく反映される傾向があり、年代が上がると年収も多くなるようです。

言語 平均年収
C/C++ 約650万円
JavaScript 約663万円
SQL 約657万円
R 約650万円
VBA 約611万円

C++エンジニアとして年収を上げるには?

年収をアップさせるには、努力をすることを忘れてはいけません。C++の技術を磨いていくのはもちろん、そのほかのことでも成長し続けることが大切です。

ここでは、C++エンジニアとして年収をアップさせる方法を2つご紹介します。

上流工程を経験する

まずは、上流工程を経験しておきましょう。上流工程とは、システムの構想から詳細設計までを行う段階のことで、システムを開発、製品化する際にとても重要な部分です。

上流工程を経験することで、ITエンジニアとしての能力だけでなく、クライアントの要望を的確にくみ取ったり、企画を作成したりする力があると判断されます。また、チームをまとめることもありますので、リーダーとしての素質もプラスされるでしょう。

そのため、1から開発に携わることのできる人材として高く評価され、年収アップが期待できます。

ほかのプログラミング言語の知識をつける

C++以外のプログラミング言語を身につけると、年収アップにつながります。習得が難しいといわれている、C++を習得しているとなれば、ほかの言語への知識やスキルが期待される場合があります。

JavaScriptやSQLは、ITエンジニアの中でも年収上位となるため、まずは身につけるべき言語だといえるでしょう。また、それ以外の言語にも目を向けスキルを高めることで、受けられる案件の幅が増え年収アップが見込めます。

C++エンジニアの将来性とフリーランスの今後

C++言語は業界で幅広く使われているので、将来性は安定しているといえます。C++は新しい開発の市場にも影響を与える言語なので、ニーズが高まる可能性が高いでしょう。

また、フリーランスエンジニアの求人募集も増えてきています。また、フリーランスとして転職を考えている場合、前準備として、ほかの言語の知識を身につけたり、職場でのキャリアを積んでおいたりするとより将来性も安定します。


▶︎将来性のあるフリーランスエンジニアの職種とは?詳細記事はこちら!

C++エンジニアのことを理解しキャリアアップを目指そう

C++エンジニアで年収を上げるには、常に新しいものを取り入れようとする姿勢が重要になります。C++を扱う仕事は、将来性もあり、今後、さまざまな分野での求人が出てくるでしょう。

これからフリーランスとして働くことを考えている場合は、拡大する市場の情報を常にキャッチできるようにしておきましょう。それぞれのニーズに答えられるようにしておくと、高収入への道が開けます。

フリーランスエンジニアとして成功するためには、C++エンジニアのことをよく理解し、キャリアアップを目指すことから始めましょう。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.06.13
更新日
2024.05.26

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス