最終更新日時:2019年01月22日

実務経験に関する7つの疑問まとめ|意味から解説します

実務経験に関する7つの疑問に回答しているので、実務経験について深く理解していけます。そもそも実務経験とは何かについても解説しているため、この記事を読んでおけばどのような場面でも実務経験を使いこなしていけるでしょう。ぜひご覧ください。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

実務経験とは何か

実務経験とは経験値を示すバロメーターであり、即戦力になるかを判断する基準になります。実務経験が多いほど転職に有利になります。根拠については以下で論じてあるのでご覧ください。

そして、3つの基準から実務経験を考えることで、実務経験とは何を指すかが把握可能になるでしょう。

1:経験値を示すバロメーター

実務経験に関する7つの疑問まとめ|意味から解説します
実務経験は、経験値を示すバロメーターとなり得ます。なぜなら、実務経験を積んでいることは、実務から多くのことを学んでいると見なせるためです。

そして、長い実務経験を有している人ほど経験値が高いと言えます。ただ、実務の内容と期間により、経験値として違う印象になるでしょう。

2:即戦力になるかを判断する

実務経験に関する7つの疑問まとめ|意味から解説します
実務経験の有無で仕事の即戦力になるか判断されるケースがあります。やはり、実務経験があると、採用した際にすぐに活躍してくれると考えられるからです。

例えば、営業の経験があれば、次の会社での営業の仕事もすぐに可能だと見なされる事例を考えると良いでしょう。

3:実務経験が多いほど転職に有利

実務経験に関する7つの疑問まとめ|意味から解説します
実務経験を積んでいる人ほど転職が有利です。なぜなら、転職先の職場でも力を確実に発揮してくれると判断されるためです。

ただ、実務経験を積んできた業務と転職先の業務が大きく異なる場合は、実務経験が多くても有利にならないでしょう。何の実務経験が多いかを明確にして、似ている職業に転職してこそ、自分自身の実務経験を活かせます。

実務経験に関する疑問7つ

実務経験に関する7つの疑問まとめ|意味から解説します
実務経験に関する7つの疑問についてお答えします。

具体的には、まず、派遣での業務も実務経験に入るかどうか、アルバイト・パートでも実務経験になるか、資格と実務経験はどちらが有利かについてです。

そして、実務経験の年数が足りないと応募できないのか、実務経験の年数は何年あると一人前とされるのか、実務経験を問われない職種はあるのかについても回答していきます。

疑問1:派遣での業務も実務経験に入る?

派遣での業務も、実務経験に入ります。なぜなら、派遣社員は正社員ほどでなくとも一通りの業務を行うためです。また、派遣業務で他の人よりも優れた実績がある人は、面接の時に語ることで有利に進められるでしょう。

また、正社員も応募するような採用面接で、ただ単に派遣の業務を行ってきたと述べるだけではいけません。正社員の方が業務で高い能力を要するケースが多く、派遣委社員は評価されない可能性があるので、注意が必要です。

疑問2:アルバイト・パートでも実務経験?

アルバイトやパートも、実務経験と言えます。他の役職よりも簡単なものでも、業務を行っていると見なされるからです。

ですが、アルバイトやパートの人達が行っている実務をこなしている人は多いでしょう。ですので、転職の際は他の人よりも突出した長所をアピールすべきです。

疑問3:資格と実務経験はどちらが有利?

資格と実務経験は、状況ごとにどちらが有利かが変わります。例えば、新卒であれば実務経験がないケースが多いですし、これから会社で育てていけるので、資格を保有しているだけで有利になります。

ただ、転職者や新卒でない人も応募可能な会社の応募者は実務経験がある場合が多いので、基本的には実務経験での勝負となりますし、難易度の高い資格を保有していなければ、資格だけでは有利にならないでしょう。

疑問4:実務経験の年数が足りないと応募できない?

実務経験の年数が足りないと応募できない仕事が存在しています。ですが、それなりの実務経験を有している人なら募集されている実務経験に到達していなくとも、熱意で採用してもらえるケースも多いです。

また、何年かの実務経験を希望している会社に全く実務経験がない人が応募した場合でも、応募者が実務で使える知識や思考を独自に学習しているケースだと、採用してもらえる可能性があります。

疑問5:実務経験の年数は何年あると一人前とされるの?

実務経験は、3年あると一人前とされます。求人で企業が経験年数を求めている場合、3年以上が多いです。

そして、転職したい人は今の仕事を3年以上は行った上で転職活動をしてみることで、スムーズにステップアップしていけるでしょう。

疑問6:実務経験年数の数え方は?

実務経験年数とは、実務をしていた期間のことです。例えば、営業を過去に一年していてその後に事務を一年しているケースは、実務経験が併せて二年と記載するのではなく営業と事務をそれぞれ一年ずつと書いた方が能力が伝わりやすいでしょう。

また、何年も前の経験だと、実際に雇用された際に実力が発揮されない可能性を有しているため、会社に評価されない場合もあります。気を付けてください。

疑問7:実務経験を問われない職種はあるの?

実務経験が問われない職種は、資格の重要性が高い職種です。資格を所有していなければ業務が行えない場合です。

具体的には、経理であれば簿記で、法律関係であれば弁護士資格です。また、弁護士資格であればたとえ法律関係以外の業種を選んだ場合でも、難易度の高さから弁護士資格所有者の有能さがうかがえるので、内定率がアップするケースがあります。

実務経験を証明するには

実務経験を証明するには、2つの方法があります。職務履歴書と実務経験証明書を書くことです。

そして、2つとも書いてみるのが企業に採用してもらう上で重要ですが、職務履歴書の方が、今までの職業を書いていけば良いだけであるので、手軽に作成可能です。

実務経験の証明1:職務履歴書を書く

職務履歴書は、実務経験の証明になります。なぜなら、職業だけでもどのような実務をしていたかが想像可能だからです。ただ、職業だけでなく何に力を入れて働いていたかを記載すると、実務経験として伝わりやすいでしょう。

また、自分が就きたい職務内容をこなしている人が多い場合は、他の人よりも優れた長所を職務履歴書に含めることで、内定率をアップさせられるのではないでしょうか。

実務経験の証明2:実務経験証明書を書く

実務経験証明書とは、仕事で採用してもらったり資格試験を受験したりする際に実務での実力を証明してくれる書類です。具体的には、建設業や介護や電気事業で必要となります。

また、建設業や介護や電気事業以外の会社に就職を考えている人も職務履歴書とは別に独自の実務経験証明書として自らの実績を明記して企業に提出することで、実力が評価されやすくなるでしょう。

実務経験があると有利になることは間違いない

実務経験に関する7つの疑問まとめ|意味から解説します
実務経験があると就職や転職活動全般で役立つことをご説明してきました。また、会社に実務経験を伝えるための職務履歴書や実務経験証明書の書き方についても言及しています。

そして、この記事に書かれている実務経験への考え方を参考にし、自分自身の実務経験の伝え方を洗練させていってください。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録