最終更新日時:2019年03月30日

フリーランスが結ぶ契約形態と11個の注意点を解説

フリーランスという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、実際にフリーランスがどんな働き方なのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。この記事では、フリーランスと業務委託契約について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

フリーランスと業務委託の意味

フリーランスが結ぶ契約形態と11個の注意点を解説
最近の働き方の傾向として、通常の会社員ではなく、「フリーランス」や「業務委託」として独立しつつ働いている人が増えています。一般的にみると、フリーランスや業務委託はいずれも独立のイメージがあるのではないでしょうか。いったい、どのような違いがあるのでしょう。

以下の記事では、「フリーランス」と「業務委託」について解説していきます。それぞれどのようなものなのか、参考にしてみてください。

フリーランスとは

会社や団体などには所属せず、そのときの仕事に応じて自由に契約する働き方のことを「フリーランス」といいます。主に、カメラマンやライター、プログラマー、デザイナーなどといった、個人での仕事を職業にしている人に多いのではないでしょうか。

フリーランスという言葉の説としては、中世ヨーロッパ世代に槍のことをランスと呼んでいたことから、契約によって有力者に仕えた騎士を呼ぶ名前として広まったと言われています。

業務委託とは

「フリーランス」と似ていますが、企業に雇われるのではなく、企業と対等の立場をもって業務の依頼を受ける契約方法のことを「業務委託」と呼びます。仕事内容と値段、また、どのように遂行し、完了させるかといった詳細を仕事ごとに契約を結んで働きます。

企業側からみると、企業内で処理できない業務や、委託したほうが効率や効果が期待できると踏んだ業務を、外部に任せる際に用いるやり方です。

フリーランスの契約形態である業務委託は2種類

一般的に、フリーランスの契約形態といえる業務委託は、法的構成として2種類が存在します。納品物の完成義務がなく、ただ遂行した業務に対して報酬が支払われる「(準)委任契約」と、仕事の完成をもって報酬が支払われる「請負契約」になります。

以下の記事では、そのふたつの契約種類を解説していきます。フリーランスを目指している人はもちろん、興味がある人は、参考にしてみてください。

契約形態1:(準)委任契約

「(準)委任契約」とは、あらかじめ定められた作業内容をやり遂げることが求められるといった形が特徴である、フリーランスの契約形態になります。依頼された内容を、ミスや遅れることなく完了させることが求められる契約です。

プロフェッショナルとして、全うすべき責任を負う、といった特徴がある契約になります。結果や、報告といった最終点が大きく評価される契約であるといえるでしょう。

契約形態2:請負契約

対して、依頼されたものは完成の形をもって報酬が支払われるといった、フリーランスの契約が、「請負契約」です。もし、納品物に欠陥があったり、定められた品質を満たしていなかったりした場合、完成とは見なされず、報酬がもらえないといったこともあります。

しかし、指定がなければどのような作業を行っていたのか問われないこともあります。信頼関係のうえに成り立つ契約であるといえるでしょう。

業務委託契約を結ぶときの注意点11点

フリーランスとして働くうえでかかせない「業務委託契約」ですが、結ぶ際には、いくつか注意すべきことがあります。基本的なことから、実際にフリーランスとして働いている人の意見もふまえ、全部で11点、以下の記事で紹介していきます。

ぜひ、フリーランスで働いてる人もそうでない人も、参考にしてみてください。個人で独立して働くことの難しさがわかるとともに、自由な幅広さにも触れることができるでしょう、

業務委託契約を結ぶときの注意点1:労働関連法令の適用外になる

フリーランスは独立した働き方であるという特性により、労働基準法をはじめとする労働者向けの法律の恩恵を受けることは難しいです。また、確定申告など各種手続きも、会社や事務所に所属しているわけではないことから、自ら行うといった必要性も出てきます。

そういった団体関連の法律から抜けることは、メリットもデメリットも存在しますが、自由に働くことができるがゆえの注意点であるといえるのではないでしょうか。

業務委託契約を結ぶときの注意点2:交通費の扱いを明確にしておく

フリーランスの契約によって、委託料に交通費が含まれることもあれば、交通費関係の契約を別途設けるといったこともあります。これらの取り決めがあやふやであると、受託側の利益が大きく下がってしまうこともあり得ます。

お互いの関係や不利益の防止のためにも、交通費に関した決め事は、フリーランスと企業との間できちんと認識を共有しておくようにしましょう。

業務委託契約を結ぶときの注意点3:納得できる契約内容にする

交通費の扱いのほかにも、契約時の内容は、細かい点に至るまで書面に記すことが大事になります。口約束だけである場合だと、予定されていた報酬を受けることができなかったり、契約解消の恐れがあります。

納得のいく契約内容であるためにも、紙面に残し、双方に不利益のない契約を確定していくことが大事になります。

業務委託契約を結ぶときの注意点4:二重派遣に気をつける

「二重派遣」とは、派遣されている人材を、派遣先の会社がさらに、また別の会社へと派遣してしまう形のことをいいます。法律で禁止されている行為にも関わらず、よく見かけるケースとして問題になっています。

この場合は過剰な中間摂取など、不利益のあることが多くなります。契約中、別の会社のために作業を行うことを求められるような場合は、注意が必要となります。

業務委託契約を結ぶときの注意点5:法律違反や強制には乗らないようにする

たとえ、書類上で契約し、判を押したものであっても、法律違反や強制行為には気をつけるようにしましょう。契約段階で、不明瞭な部分がある場合は、あらかじめ確認しておくようにするべきだといえます。

また、一方にだけ有利がある契約条項は、取り消しが可能な場合も存在します。あまりにも不条理を感じた場合は、専門家を挟んで相談することも大切です。

業務委託契約を結ぶときの注意点6:ネット上で行うやりとりの確認

「クラウドソーシング」に代表されるように、インターネットを通して、自分の都合が良い時間帯に好きな場所で作業を行えるといった契約方法は、多重に確認をすることが大事になります。

当事者間が匿名のため、不透明感のある契約や遠隔的なコミュニケーションによる意思疎通での誤解、手軽さと背中合わせになってる税金処理や細かな契約の見落としには、特に気をつけるようにしましょう。

業務委託契約を結ぶときの注意点7:報酬の支払い時期に関する共通認識

契約に対する報酬がどの時期に何回に分けて、あるいは、どの時期に一括で支払われるのか、委託者側ときちんと確認し、共有しておくことが大切です。そうした確認事項を怠ったことによる、金銭のトラブルは後を絶ちません。

完了時に一括支払いが行われる、もしくは、着手時と完了時の2回に分けて支払われる、また、中間時も加わり3回に分けて支払われるというパターンがあります。しっかりと確認を行うようにしましょう。

業務委託契約を結ぶときの注意点8:責任の所在を明らかにしておく

フリーランスとして契約を交わす際には、責任の所在をはっきりとさせておくことが大切です。個人間で行う契約の際には、紙面に残しておくなど、特に注意が必要なのではないでしょうか。

仕事を行ううえで、信頼関係と責任問題は重要です。大きな団体が関わることの少ないフリーランスでは、個人の信用問題に関わりやすいといえるのではないでしょうか。気をつけるようにしましょう。

業務委託契約を結ぶときの注意点9:「業務委託契約」にとらわれすぎない

フリーランスで働くうえで、「業務委託契約」という表題にとらわれすぎて、違法に気づかず働いていたというケースもあります。

法律に抵触しているにも関わらず、理解が乏しいことから、実は不利な状況で契約をかわしていた、ほかの法律に触れていた、といった問題があり得ます。

契約をすることだけにとらわれず、内容面の細かなところにも気を配るようにしましょう。

業務委託契約を結ぶときの注意点10:法律的な視点をもつ

先述した違法や不利な状況下での契約に気づくためにも、法律的な視点をしっかりもって契約に臨むようにしましょう。不利な契約を結んでくるということは、こちらに法律的な知識が足りないと踏んでいるからです。

フリーランスという個人で仕事をしていく場合、知識や法律的な視点は不可欠です。間違いや不利をきちんと判断できるようにしましょう。

業務委託契約を結ぶときの注意点11:不公平な契約に気をつける

不公平な契約内容に気づかず、強要されるがままに契約を結んでしまったり、理不尽に耐えてそのままにしているというケースも、しばしば見受けられます。

そのような契約を引き続きしてしまっている場合、当の本人は、知識不足からその違反性や不公平さに気づくことが困難になっています。

契約内容をすみずみまで確認し、不公平な契約は避けるようにしましょう。また、必要な関連知識は多く身につけておくようにしましょう。

フリーランスの契約に関するトラブル例

フリーランスの契約は、ある程度自由である働き方であるがゆえに、さまざまなトラブルがあります。以下の記事では、そのトラブルについて例を挙げ、原因を探っていきます。

トラブルを未然に防ぐことは、独立してフリーランスで働いている人には重要なスキルとなります。ぜひ、前もって知っておくようにしましょう。

契約内容の確認が不十分だった

契約内容の確認が十分でなく、違法な契約のもとで働いていた、または、給料が支払われない、再委託をしていたなどということは、よくあるトラブルです。契約内容は、必ず紙面で残し、すみずみまで確認してから契約を結ぶよう、心がけましょう。

契約内容の確認不足は、きちんとした法律の下で働くことが難しくなるとともに、信用問題にも繋がります。欠かさず確認する癖をつけるようにしましょう。

能力に見合わない契約をしてしまった

次によくあるトラブルが、「見栄を張って」または、「できると考えて」自分の能力以上の契約を結んでしまうことではないでしょうか。こちらも個人間の信用問題に大きく繋がります。

社会人として、フリーランスとして、ある程度自由な条件で働くとしても、契約に対しては誠実であるべきです。必ず、自分の能力に見合った契約をするようにしましょう。できそうになければ断ることも、時には大事なことです。

フリーランスの契約形態や注意点を理解しよう

フリーランスの契約形態やその内容、注意すべきことを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。フリーランスという働き方は、自由が多いですが、そのぶん、個人で全うすべき信用問題があったり、問題対処や契約に対する誠実さを求められることも多くあります。

ぜひ、フリーランスで働くことを目指している人は、この記事を参考にしてみてください。トラブルを回避し、小さなことから成功を積み重ねていきましょう。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒 でできる
無料会員登録