最終更新日時:2019年01月24日

ノマドワーカーの持ち物10選|仕事をする場所の条件3つ

新しい働き方として、少しずつ認知度が上がっている「ノマドワーカー」ですが、まだ知らない人もいるでしょう。この記事では、ノマドワーカーがどんな働き方をするのか、またノマドワーカーが、仕事に必要な物についても触れています。ノマドに興味のある方はご一読ください。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

ノマドとは

ノマドとは英語で「nomad」、遊牧民や放浪者を意味することばです。ノマドとは「定住地を持たず移動しながら暮らす人」という本来の意味から派生して「時間と場所に捕われずに働く人、そういった働き方」のことを指します。

ノマドと混同しやすい「フリーランス」は、自分のスキルで企業や個人と契約をして仕事をする人のことです。ノマドは働く場所や時間が自由、フリーランスは働き方が自由といってよいでしょう。

ノマドワークとは

ノマドワークとは、ノートパソコンや、スマートホン、タブレットなどを使って、自宅やオフィスなどの決まった職場を持たず、仕事をすることです。

満員電車や残業から解放されて、自分の時間を増やす新しい働き方として認知されはじめています。

電源やWi-Fi環境があれば、ノマドワークはどこでも仕事が可能です。スターバックスなどの喫茶店やコワワーキングスペース、公共の図書館などで仕事をする人が多い傾向にあります。

ノマドワーカーになるには

決った場所、時間に縛られずに仕事をするノマドワーカーという、ライフスタイルは日本ではまだまだ珍しいのが現状です。

ノマドワーカーとして働きやすいのが、webライター、webデザイナー、バイヤー、システムエンジニアなどが挙げられます。どれも収益が上がるまで時間がかかったり、スキルや人脈が必要になってくる厳しい世界でもあります。

ノマドワーカーになるには、会社に属さずフリーランスとして仕事を始めるのが手っ取り早いですが、まずは会社の空き時間などを利用し、副業として、どこまで稼げるのか様子を見てみるのもよいでしょう。

ノマドワーカーの持ち物10選

ノマドワーカーが、ふだん持ち歩いておくと便利な持ち物を紹介します。ノマドワーカーの浸透に伴って、軽量化しつつハイスペックな商品もたくさん販売されています。ノマドワーカーに興味のある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ノマドワーカーの持ち物1:パソコン

旅をしながらノマドワーカーとしてガッツリ働きたい人にとって、パソコンは必需品です。画像処理能力や編集機能など、自分の仕事内容に合わせたスペックのPCがあると便利です。

パソコンを持ち運ぶことになるので、パソコンの重量が重要になってきますが、それに拘り過ぎてはいけません。料理人がよい包丁を選ぶように、ノマドワーカーも自分のパソコンは相棒です。目先のコストを優先せず、そこそこにスペックの高いものを購入しましょう。

擬態的には、ノートパソコンのCPU(処理速度)は、Core i5・17ぐらい、8GB以上のメモリを津際しているモデルがお勧めです。

ノマドワーカーの持ち物2:タブレット

旅をするほどの移動はせず近くのカフェで作業をしたい、キーボードの音やパソコンのファンの音が気になって仕事が捗らないという人には、タブレットがお勧めです。

バッグに入れておいても気にならない軽さと、軽量キーボードと接続すれば、ノートパソコンに匹敵する性能を発揮してくれます。

特にライティング作業には向いています。電池の持ちがよいので、モバイルバッテリーを使う機会が少ないのも、利点の一つです。

ノマドワーカーの持ち物3:スマホ

スマホ一台で起業できる時代に、スマートフォンはなくてはならない物です。iPhone7以上であれば「Apple poy」が使えるので、キャッシュレス化ができて、旅の荷物や手間をぐっと短縮化きます、アンドロイドであれば、「Google Pay」対応のスマホを選びましょう。

そして、海外を行き来きするノマドワーカーであれば「SIMフリースマホ」にしましょう。
国ごとにSIMを差し替えてネットを利用することができます。

ノマドワーカーの持ち物4:モバイルバッテリー

パソコンやスマホの電源が切れては、仕事ができないノマドワーカーにとって、モバイルバッテリーは必須です。お勧めはAnkerのモバイルバッテリー「Power Core Fusion」です。3,000円弱で大容量、そして丈夫です。

モバイルバッテリーとして使えるし、コンセントに刺して充電器として使用することもできます。

緊急時2台同時に充電が可能な、2100Ap以上で2ポート以上のものを用意していると充電が便利です。電源がない場所で「電池がない」という事態も避けられるでしょう。

ノマドワーカーの持ち物5:ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiがあれば、いつでもどこでもネットを繋がることができるので、「急な仕事が入ったのにネット環境がない」という緊急事態でも仕事をすることができます。

ポケッWi-Fiのおかげで電車の中や屋外で仕事ができるようになりました。特にお勧めが、2年縛りなし、解約金なし、速度制限なし、安心保証つきの「民泊Wi-Fi」です。ストレスフリーでインターネットを使えるので、ノマドワーカーの間でも人気です。

ノマドワーカーの持ち物6:ワイヤレスイヤホン

旅をしたり、自宅を離れて仕事をするノマドワーカーには、周りの雑音をかき消し、好きな音楽を聴きながらノマドワークをすることで作業効率がアップします。

ノマドワーカーの中で人気の高いイヤホンは、Appleの「AirPod」です。完全ワイヤレスイヤホンで、マイク付きです。ポケットからiPhoneをその都度出さなくても、音量の上げ下げはもちろん、電話をかけることも可能です。

付属の充電ケースを使えば、24時間以上の再生も可能で、充電切れのストレスからも解放されます、

ノマドワーカーの持ち物7:ブルーライトカットメガネ

ノマドワーカーは、長時間PCを見続けることが多い仕事で、PCのブルーライトの影響で非常に眼が疲れ、視力低下が心配されます。捗れば半日以上PCに向かっていることもありうるので、長時間連続で作業するときは、ブルーライトカットメガネの購入をお勧めします。

就寝前の覚醒を防ぐ効果もあり、5,000円もしないので、あって損はありません。疲れ目やドライアイ専用の目薬と併用しているノマドワーカーもたくさんいます。

身体が資本のノマドワーカーなので、特に眼は大切にしましょう。

ノマドワーカーの持ち物8:PCスタンド

PCスタンドは、下に置くことでタイピングスピード向上、姿勢が良くなる、PCの冷却効果が期待できます。

パソコンの高さを目の位置まで持ってくることにより正しい姿勢をキープし、首の痛みや目の疲れを軽減してくれます。また、空洞デザインのものを選ぶと、熱が散乱しやすく、パソコンの運行スピードが長時間使っても変わりません。

軽く持ち運びが容易なものが多く、安価なので、ぜひ利用してみましょう。

ノマドワーカーの持ち物9:Go pro

動画を撮影するノマドワーカーの方にお勧めなのが、国内正規品のアクションカメラGo Proです。小型でありながら、優れた防水機能があり、高画質の4K映像で写真や動画を撮ることができます。

手振れ補正も優れものと評価が高いです。動画で情報発信するノマドワーカーには、大変お勧めの商品です。

ノマドワーカーの持ち物10:クレジットカード

海外に行くノマドにお勧めなのは「楽天プレミアムカード」です。還元率が高く、海外キャッシングができ、海外保険もついてきます。世界500都市1,200以上の空港ラウンジが無料になったり、ポイントが最大7%溜まるという特典も嬉しいポイントです。

何より心強いのが、海外で病気になった時に300万円まで保証があることです(アメリカやヨーロッパはクレジットカードだけではカバーできない場合もあります)。

年会費が1万円かかったり、海外旅行へ行く機会のない人には、あまりメリットはないですが、海外を旅しながら、働きたいというノマドワーカーには大変人気のあるカードです。

ノマドワーカーが仕事をする場所の条件3つ

ノマドワーカーがいかに時間や場所に拘らずに働けるといっても、やはりネット環境と電源の有無は最低限必要です。PCの電源が繋がること、Wi-Fiが繋がる場所を常に把握していなければなりません。

ここでは、ノマドワーカーが仕事をする場所で、必要な条件をまとめてみました。

仕事をする場所の条件1:Wi-Fi環境があること

ノマドワーカーにとって必需品のPCを使用するためには、インターネット環境も必要になります。Wi-Fiが繋がるカフェで仕事をするノマドワーカーが多いです。しかし取材する場所が田舎であるとWi-Fi環境の整ったカフェなどを探すのに苦心します。

Wi-Fi環境に左右されずPCを使いたいという人はポケットWi-Fiなどを使用しています。

仕事をする場所の条件2:コンセントがあること

ノマドワーカーは、電子機器を何台も持ち歩くので、バッテリーの予備があっても、充電切れになってしまうことがあります。ノマドワーカーにとって外で仕事をする時に、コンセントがないために充電ができず作業を中断するのは避けたい事柄です。

最近では、ノマドワーカーに優しい電源を貸してくれる店舗が増えています。スターバックス、マクドナルド、変わったところでは鳥貴族が電源の貸し出しサービスを行っています(店舗によっては利用できない場合もあります)。

また、電源カフェというアプリを使えば、日本全国のカフェや喫茶店、レストランなどの電源スポットを見つけることができます。

仕事をする場所の条件3:仕事に集中できること

ノマドワーカーの持ち物10選|仕事をする場所の条件3つ
ノマドワークを行うにあたって、仕事を行うにあたって、仕事を行う意欲、集中力が高まっているとに、いつでもどこでも仕事が快適にできるとうに環境を整えておく必要があります。

その他にも、騒がしくなく、キーボードを打つ音が響かない静かすぎない環境、他のお客との距離、ノマドを続けられる適度な安さが必要になってきます。

混雑時を避けたスターバックスなどの喫茶店や、ファミレス、コワワーキングスペース、公共の図書館などで仕事をする人が多い傾向にあります

ノマドワーカーをもっと知ろう

ノマドワーカーは、時間にも場所にもとらわれない自由な働き方だからこそ、はじめる前にメリットとでデメリットをよく知っておくことが大切です。

メリットは、人混みを避けて生活でき、事務所などの固定費もかからない、人間関係のストレスも少ないという点です。

デメリットは、収入面の不安、孤独に強く自己管理がきちんとできないと続けられないという点です。そして、まだまだノマドワーカーの認知度が低く信用を得にくいう面もあります。

メリットとデメリットをよく知り、なお不安がある場合は、副業からはじめてみるのもよいでしょう。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録