最終更新日時:2019年09月27日

フリーランスデザイナーになる方法10個|成功する為にすべき事

フリーランスのデザイナーと聞くと、とてもカッコ良い仕事をしているように聞こえます。フリーランスは大変なイメージがありますが、フリーランスのデザイナーになるにはどのようにすれば良いのでしょうか。また、どのようにすれば成功することができるのでしょうか。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

フリーランスデザイナーとは

フリーランスデザイナーになる方法10個|成功する為にすべき事
皆さんの周りには、フリーランスでデザイナーを職業としている人はいませんか。フリーランスとは会社などに所属せず、自身で仕事をしている人です。「個人事業主」とも呼ばれています。

フリーランスには作曲やイラストレーター、プログラマーなどさまざまな分野で仕事をしている人がいますが、デザイナーもその一つです。

デザイナーは会社に所属し仕事をした後、独立という形でフリーランスへ転身する人が多くいます。

種類

皆さんは「デザイナー」と聞くと、どのような物を思い浮かべますか。実は一口にデザイナーといっても、さまざまな種類があります。例えばWebデザイナー、CGデザイナー、ファッションデザイナー、ゲームデザイナー、DTPデザイナーなどがあげられます。

インダストリアルやグラフィックがデザイナーの種類の大半を占めており、インテリアやパッケージ、ファッションなどが残りを占めています。

平均年収について

デザイナー職は分野の種類に関わらず、平均収入は300万円から400万円台が約3割を占めています。デザイナーの年収は、下は100万円台から上は1000万以上と広く分散されているのが特徴です。

デザイナーはフリーランスになったからといって稼げるものではなく、会社員、フリーランス問わずそこまで金額に差がありません。自分をマネジメント、そしてディレクションできない人はフリーランスで稼ぐことができません。

メリット

フリーランスでデザイナーをするメリットは、受注する仕事案件などを自分で判断して決めることができることです。働く時間や場所なども自由に選ぶことができるため、仕事を充実させることができます。

また、クライアントと接する他は黙々と一人で仕事をすることができます。そのクライアントともメールや電話でやり取りをすることが多く、直接顔をあわせることの方が少ないでしょう。自分のペースで仕事ができます。

フリーランスデザイナーになる方法10個

フリーランスデザイナーになる方法10個|成功する為にすべき事
「フリーランスのデザイナーとして独立したい」と考えていても、どのようにしたらよいかわからないという人が大半でしょう。フリーランスとは個人事業主のことなので、なんでも自分でしなければいけません。独立をしても仕事がそのままできるかどうかは非常に重要なことです。

フリーランスのデザイナーになるにはどのようにしたらよいのでしょうか。フリーランスのデザイナーになる方法をご紹介します。

方法1:ポートフォリオサイトを作る

まずはポートフォリオサイトを作りましょう。ポートフォリオサイトとは、自分の作品などをインターネット上で公開しているホームページのことで、特に若手のクリエイターが自分の作品を知ってもらうために使用しています。

フリーランスのデザイナーが仕事をもらうには、まず自分がどのような作品を作るのか、どのような仕事ぶりをするのかというのをクライアントに知ってもらわなくてはいけません。そのためにサイトが必要です。

方法2:積極的に仕事を探す

次に積極的に仕事を探せるガッツが必要です。フリーランスに転身することは簡単ですが、そこから仕事にありつくのは簡単ではありません。失敗することも多いでしょう。

デザイナーだけではありませんが、フリーランスとして仕事をするにはやはり自分でなんとか仕事をしようと積極的に営業をかけなくてはいけません。自分をプロデュースする能力、自分を売り込む能力が必要です。

方法3:実績を上げる

会社に所属している人にも言えることですが、実績がある人は自ずと昇進しますし、より良い仕事が舞い込んできます。フリーランスとして仕事をするには、実績も必要です。よほど将来性がない限り、実績のないフリーランスの人に仕事を頼もうとする人は少ないでしょう。

デザイナーとして今までどのような仕事を手がけてきたのか、最初は無名でもコツコツ仕事をしていけばいずれ大きな仕事につながります。

方法4:人脈を作る

フリーランスの人は、自分で仕事を取りに行かなくてはいけません。しかし、いざデザイナーとしてフリーランスになったとしても、最初から上手く仕事にありつくことは難しいでしょう。

フリーランスには人脈も必要です。仕事を紹介してくれそうな人、一緒に仕事をしてくれそうな人、自分を高めてくれそうな人、フリーランスといっても最初からすべて一人で賄っていく必要はありません。困ったときに頼れるような人脈は大切です。

方法5:目的をはっきり定める

あなたがフリーランスのデザイナーとしてとして働くための理由はなんですか。デザイナーでもさまざまな境遇の方がいるでしょう。プロフェッショナルとしてチームで働いており独立したい人、ただフリーランス生活に憧れている人、フリーランスになるタイミングはたくさんあります。

自分自身のビジネスの方向性を考えることは、自分の売り込み方を考えることとイコールです。フリーランスになりたい方は一度考えてみましょう。

方法6:自分の商品は安売りしない

フリーランスは自分で報酬の価格設定をします。しかしフリーランスになりたての頃は交渉をしなかったり、クライアントと揉めたりすることが多いでしょう。しかし、自身のデザインした作品や仕事の内容に関して安請け合いしてはいけません。

安請け合いしたり無料で仕事をすると、あなたの価値はそこで評価されてしまいます。ビジネスはビジネス、友達などからの頼みごとは頼みごととして区別することが必要です。

方法7:自分の力量を知る

フリーランスになりたてのうちは何でもかんでも仕事を引き受けたり、急ぎすぎるスケジュールを立てることが多いでしょう。仕事が早い人はクライアントに好まれますが、そこに無理が生じているならばやめた方が良いでしょう。

時には「ノー」を言うことも必要です。なんでもイエスで仕事を請け負う必要はありません。自分の力量を知り、無理をしないで仕事をあげていく方が効率的と言えるでしょう。

方法8:Webデザイナーのスクールに通う

「Webデザイナーのスクールに通う」と言う方法は、現在デザインと関係のない仕事についている人向けの方法です。デザイナーになるには、まずデザインの勉強が必要です。デザインはアディア力だけでなく、スキルが物を言う仕事でもあります。

現在ではデザインのオンラインスクールや、動画でデザインを学ぶことができる学習サイトもあります。自分のライフスタイルに合わせてデザインを勉強をすることが可能です。

方法9:クラウドソーシングで仕事を受注する

新人時代に仕事を集める方法として画期的なのがクラウドソーシングを利用することです。クラウドソーシングはお店や企業がデザインなどを募集し、そこへコンペ形式で自分の作品を提案します。

クラウドソーシングはデザインだけでなく、Web制作などの仕事の募集もかけていることがあります。副業として活用することもできますし、自分のスキルを磨くことができるのでオススメです。

方法10:コミュニティに所属する

一人で黙々と仕事ができるのがフリーランスのメリットですが、フリーランス向けのコミュニティがることをご存知ですか。「フリーランス協会」や「ホームワーカーズコミュニティ」など、フリーランス向けのコミュニティというものがあります。

このコミュニティのメリットは、自身の仕事に対するモチベーションの維持や、悩みを共有できるという点です。また、交友関係が広がると仕事にも繋がります。

フリーランスデザイナーで成功する為にすべき事

フリーランスデザイナーになり、そこから成功するには自分自身の努力が必要です。ですが、フリーランスとして右も左も分からないところからのスタートとなります。せっかく独立するならば、好きな仕事で成功をしたいです。

フリーランスデザイナーとして成功するにはどうしたら良いのでしょうか。

事柄1:営業

フリーランスで成功するには、自分自身をアピールしなければいけません。そこで営業力が問われます。自分自身がどのようなものを作れるのか、駆け出しの頃は待っているだけでは仕事が回ってきません。

フリーランスは自分自身が商品になります。会社に所属していると会社の営業職の人がその仕事を担ってくれますが、フリーランスは自分自身で売り込みをかけます。そうやって仕事を勝ち取っていきます。

事柄2:真面目な対応

フリーランスは自分自身が仕事を探し、報酬を交渉し、仕事をします。フリーランスと聞くと自由な感じに聞こえますが、仕事の内容だけでなく、それに携わる連絡関係も真面目に対応することが必要です。

フリーランスだけでなく、仕事をする上で真面目さというものはいつも問われます。真面目な人はどの世界でも仕事ぶりを評価されます。

事柄3:スキルアップ

デザインは流行によって移り変わりが激しいです。デザインをするソフトや新しい技術がたくさん出てきます。自分自身をスキルアップさせていくことも、フリーランスには必要不可欠です。

フリーランスは受注した仕事をクライアントの要望に沿って作っていかなくてはいけません。斬新なアイディア力だけで勝負していくわけにはいきません。常に新しいことを学んでいく方が、仕事を請け負いやすくなります。

事柄4:自分の仕事を好きでいる

フリーランスはオンとオフの境目があまりありません。そして、どんな仕事をしていても時には大変だったり、しんどいと感じることがあります。特に最初の頃は思いどおりにいかなかったりと、悩みは付き物でしょう。

そんな大変な時でも、自分の仕事であるデザインを好きでいられる人は強いです。また、デザインを好きだという気持ちがあれば自ずとスキルアップにも繋がります。どれだけ貪欲でいれるかが成功の鍵です。

事柄5:変化を楽しんでいけるかどうか

フリーランスは会社員と違い、報酬が収入になります。毎月違う仕事を請け負い、納品してを繰り返すのですが、仕事がない時もあるでしょう。また、壁にぶち当たることもあります。

デザイナーだけでなくフリーランスとして成功するには、仕事内容や給料に心を乱されず、セルフマネジメントができるというのが必要です。毎日の変化を逆に楽しんでいけるぐらいの心意気が大切となります。

実績を上げて有名デザイナーを目指そう

フリーランスデザイナーになる方法10個|成功する為にすべき事
デザイナーはその仕事の幅広さが特徴です。インターネット社会ではWeb系の仕事がとても需要がありますし、ファッションやインテリアのデザインは誰にでもつける仕事ではありません。実績を積んでいけば、有名デザイナーとして名前をあげることもできます。

フリーランスは稼げるのかという言葉をよく聞きますが、セルフマネジメントさえできればフリーランスの方が稼ぐことができます。ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録