Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. エージェント紹介
  4. フリーランスエージェント
  5. BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の評判は?ポイントや使い方を解説

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の評判は?ポイントや使い方を解説

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の評判は?ポイントや使い方を解説のイメージ BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の評判は?ポイントや使い方を解説のイメージ

「BIGDATA NAVIってどんなエージェントなの?」
「BIGDATA NAVIを利用するメリットって?」
「BIGDATA NAVIをうまく活用できる人ってどんな人?」
このように、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)がどのようなエージェントなのか詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。

本記事では、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の評判について紹介しています。本記事を読むことで、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)がどのようなエージェントなのか把握できるでしょう。

また、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用するメリットやデメリットについて解説するため、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の利用を検討している人も参考にできます。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の評判について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

以下の記事では18社のフリーランスエージェントを細かく比較解説しています。
BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)含め、複数のフリーランスエージェントを比較し、ご自身に合うエージェントを見つけてください。

>>フリーランスエージェントのおすすめ18選|エンジニア向けのサービスは?

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の基本情報について

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)とは、データサイエンスやマシンラーニングなどに関わるAI人材向けのフリーランスエージェントです。AIやデータ分析などの業務に携わるフリーランスを対象としているため、機械学習やデータ分析関連のさまざまな案件を保有しています。

また、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)はAI関連の業務に特化しているため、高単価案件が多い点も特徴です。

サイト名 BIGDATA NAVI
公式サイトURL https://www.bigdata-navi.com/
運営会社 エッジテクノロジー株式会社
求人数 3477件(2024年5月7日現在)
エリア 関東
業種 AIエンジニア、機械学習エンジニア、データエンジニア、PM/PMO、コンサルタントなど
強み AI人材に特化

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用するメリット

データサイエンス分野などの業務に興味がある人の中にはBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用したいと考えている人もいるでしょう。

BIGDATA NAVIはAI人材に特化したエージェントとなっているため、データサイエンスやビッグデータ関連の案件が見つかりやすいなど、他のフリーランスエージェントを利用する場合と違ったメリットがあります。

ここではBIGDATA NAVIを利用するメリットを紹介するため、参考にしてみてください。

  • データサイエンス業界に詳しい人が担当している
  • 機械学習・データサイエンスに関する案件が多い
  • 案件に参画した後のサポートもしっかりしている
  • 経験がなくても特定のスキルがあれば案件を受けられる

データサイエンス業界に詳しい人が担当している

データサイエンス関連の案件では専門用語が使用されるため、エージェントの担当者にも専門的な知識がなければ勤まりません。

その点、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)のスタッフはデータサイエンス業界やAI、ビッグデータ関連の知識が豊富であるため、案件の詳しい内容についても説明してもらえるでしょう。また、専門的な相談とした場合もしっかりと対応してもらえます。

単純に案件の内容を説明するのではなく、案件に関するリスクまで教えてもらうことができるでしょう。

機械学習・データサイエンスに関する案件が多い

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)には機械学習やデータサイエンスに関する案件が多いというメリットがあります。

公式サイトでもAI人材向けのエージェントであることがわかるようになっていますが、実際に保有している案件の多くはAI、機械学習関連、データサイエンス関連の案件となっています。

そのため、AI関連の案件を獲得したいフリーランスであれば、ぜひ利用したいエージェントだと言えるでしょう。

案件に参画した後のサポートもしっかりしている

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)では案件に参画した後でも充実したサポートを受けられるというメリットがあります。BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)のスタッフは案件を紹介して終わりというわけではなく、フリーランスが案件に参画してからもしっかりと支援してくれます。

そのため、フリーランスとして独立したばかりの人にとって非常に心強い味方になるでしょう。また、フリーランスを集めた交流会なども実施しているため、フリーランス仲間も作りやすいでしょう。

経験がなくても特定のスキルがあれば案件を受けられる

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)ではAI開発の実務経験がない場合でも、スキル次第で案件を獲得できる可能性があります。たとえばITエンジニアとして働いた経験があり、PythonやSQLなどを扱える場合、自動化に関する案件を獲得することができるでしょう。

また、このようなAIに関連した業務に携わることで、効率的にAIの知識を習得していくこともできるため、より高度な案件も獲得しやすくなっていくことが期待できます。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の良い口コミ

なうブログを更新しました。
ビッグデータナビの評判・口コミ【単価が高すぎる】

AI人材でフリーランスになろうと言う方は、ビッグデータナビまじでおすすめです。AI専門なので単価が高い。

出典: https://twitter.com/now_weblife/status/1308290286250983424

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)には「AI専門なので単価が高い」という良い評判がありました。

実際、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)は機械学習やAIなどに特化したフリーランスエージェントであるため、先端分野に興味があるフリーランスであれば登録しておいて損はありません。案件の単価も他のエージェントと比較して高単価な傾向があります。

\\年収アップ事例も多数//

あなただけのキャリアを歩もう。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用するデメリット

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)はデータサイエンスの分野に携わるフリーランスには評判が良いエージェントであると言えます。しかし一方で、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)には利用するデメリットも存在しています。

ここではBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用するデメリットについて解説していくため、ぜひ参考にしてみてください。

  • ある程度の就業経験がないと受けられる案件が少ない
  • 地方で受けられる案件が少ない
  • 手数料が高い

ある程度の就業経験がないと受けられる案件が少ない

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)はAI関連の実務経験がなくてもスキル次第で案件を紹介してくれますが、そもそもIT関連の就業経験がない場合は受けられる案件はほとんどありません。

また、ほとんど就業経験がない状態でも獲得できるような案件はAIやデータサイエンスには関係がない案件であるため、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)ではなく一般的なフリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

地方で受けられる案件が少ない

IT企業は東京に集中していることから、データサイエンス案件もそのほとんどが東京の企業からの発注となります。そのため、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)が扱う案件のほとんどは関東圏に集中しており、地方で受けられる案件はほぼありません。

ただし近年ではリモートワーク案件の数が増加傾向にあるため、リモート可能な案件であれば地方に住んでいるフリーランスでも獲得することができるでしょう。

手数料が高い

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)は手数料が他のエージェントに比べても高いというデメリットがあります。BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)は案件の単価も高いですが、エージェントが差し引くマージン率も高いです。

しかし高額な手数料を取られても、相場よりは高い報酬を受け取ることができます。また、データサイエンス案件の発注者は大企業であるケースが多く、フリーランス個人ではそもそも契約できないような案件が多いです。

そのため、手数料が高い点を差し引いてもBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用することにはメリットがあると言えるでしょう。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の悪い口コミ

ってかビッグデータナビで案件問い合わせても1ヶ月以上放置されて全然返ってこないのでゴミすぎてもう二度と使わんわ。

出典: https://twitter.com/tdualdir/status/1262693447565053953

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)には「案件を問い合わせても一ヵ月以上放置されている」といった悪い評判がありました。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)に限らず、どのようなフリーランスエージェントでも担当者によって当たり外れはあります。また、フリーランスが直接やりとりを行うのは担当者であるため、質の悪い担当者に当たってしまうと案件獲得がうまくいかない可能性もあるでしょう。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)をうまく活用できる人

フリーランスエージェントにはBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)以外にもさまざまな種類があります。また、エージェントごとに特徴も異なるため、うまく活用するには自分に合ったエージェントを選ぶことが大切です。

それでは、どのような人であればBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を活用して案件を獲得することができるのでしょうか。ここではBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)をうまく活用できる人を紹介していくため、参考にしてみてください。

  • フリーランスとして独立を考えている人
  • 機械学習・データサイエンスに関する案件を探している人

フリーランスとして独立を考えている人

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)では無料の独立相談も実施しています。そのため、現在フリーランスとして活動している人だけでなく、これからフリーランスとして独立することを検討している人も活用できるエージェントだと言えるでしょう。

これからAI分野のフリーランスとして活動することを考えている場合は、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)のカウンセリングを活用するとよいでしょう。

機械学習・データサイエンスに関する案件を探している人

一般的なフリーランスエージェントの場合、機械学習やデータサイエンス関連の数は非常に少ないです。しかしAI人材向けのフリーランスエージェントであるBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)であれば、機械学習やデータサイエンス関連の案件を豊富に保有しています。

そのため、他のエージェントにはないような機械学習やデータサイエンス分野の案件を探している人であれば、うまく活用することができるでしょう。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の活用するポイント

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を最大限活用するためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。たとえばBIGDATA NAVIでは案件の紹介だけでなく勉強会や交流会などのイベントも実施しているため、参加すると良いでしょう。

ここではBIGDATA NAVIの活用するポイントを紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 勉強会・交流会に参加する
  • 担当者にキャリア相談をする

勉強会・交流会に参加する

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)では、エンジニアとしてAIスキルを磨く勉強会やセミナー、フリーランスだけを集めた交流会などが実施されています。

このような勉強会や交流会に参加することで、情報収集を行ったりフリーランス同士の横のつながりを作ったりすることができるようになります。このようなイベントに参加することでモチベーションを上げることができるため、積極的に参加すると良いでしょう。

担当者にキャリア相談をする

前述のとおり、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)では無料のキャリア相談も行っています。キャリア相談ではデータサイエンス分野に精通したコンサルタントがアドバイスやキャリアプランニングなどを行ってくれるため、キャリア相談を活用すると良いでしょう。

また、これからAI分野のフリーランスとして独立しようと考えている人にもキャリア相談はおすすめです。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用する流れ

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の利用を検討している人の中には、どのような流れで使えば良いのか知っておきたいという人もいるでしょう。

ここではBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用する流れについて解説していくため、参考にしてみてください。

  • 会員登録をする
  • エージェントと面談する
  • 案件を紹介してもらい企業と面談する
  • 契約を結び業務を始める

会員登録をする

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用するには、まずは公式サイトで会員登録を行いましょう。会員登録では氏名や生年月日、携帯電話番号、メールアドレスなどを入力し、希望稼働形態や希望稼働日数などを選択します。

登録を行っておくと担当者から連絡をもらえるため、連絡が来るのを待ちましょう。なお、登録が完了すると公開されている案件の詳細をチェックできるようになります。

エージェントと面談する

エージェントの担当者と面談を行いましょう。面談は電話もしくはオフィスでの対面形式で行われます。

面談の際には経歴やキャリアプラン、希望単価や希望の働き方、参画開始日などをヒアリングされるため、事前に内容を整理しておくとよいでしょう。

案件を紹介してもらい企業と面談する

面談の際のヒアリング結果をもとに、担当者が案件を紹介してくれます。参画したい案件があった場合は担当者からクライアントへ推薦してもらえるため、クライアント企業の担当者との面談へ進みましょう。

契約を結び業務を始める

クライアント企業から内定がもらえた場合は、業務委託契約を結びましょう。案件への参画開始日や単価などの条件面は担当者が代わりに交渉してくれるため、双方で合意ができた場合は正式に契約を締結します。

また、案件参画後もBIGDATA NAVIの担当者は定期的にフォローしてくれるため、困ったことがあればいつでも相談することができます。

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)の評判を参考に登録しよう

BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)はデータサイエンス関連の案件に強みを持つAIフリーランス向けエージェントです。

ぜひ本記事で紹介したBIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を利用するメリットや評判、BIGDATA NAVIを活用するポイントなどを参考に、BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)を活用してデータサイエンス案件を獲得しましょう。

以下の記事では18社のフリーランスエージェントを細かく比較解説しています。
BIGDATA NAVI(ビッグデータナビ)含め、複数のフリーランスエージェントを比較し、ご自身に合うエージェントを見つけてください。

>>フリーランスエージェントのおすすめ18選|エンジニア向けのサービスは?

フリーランス案件を探すならMidworks

Midworksでは、3,300件以上の多彩な案件に加え、全体の8割以上を占める非公開案件がたくさん。
将来のキャリアや現在の持っているスキルを参考にしたうえであなたに適した案件を提案できます。
まずは気軽に相談してみてください。

\\年収アップ事例も多数//

あなただけのキャリアを歩もう。

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年05月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.08.08
更新日
2024.05.07

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス