Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. プログラミング言語
  4. その他の言語
  5. Swiftの主な副業案件内容とは?必要なスキルや未経験で案件を獲得するコツも解説

Swiftの主な副業案件内容とは?必要なスキルや未経験で案件を獲得するコツも解説

Swiftの主な副業案件内容とは?必要なスキルや未経験で案件を獲得するコツも解説のイメージ Swiftの主な副業案件内容とは?必要なスキルや未経験で案件を獲得するコツも解説のイメージ

「Swiftを扱った副業をしてみたい。」
「Swift関係の副業をするためには、どんなスキルが必要なんだろう。」
「Swiftを扱った副業の内容を知りたいな。」
このように、Swiftを扱った副業を始めたい方は多くいるのではないでしょうか。

スマートフォンユーザーの中には、iPhoneを持っている方も多くいるでしょう。そのiPhoneを開発したApple社が開発したSwiftというプログラミング言語を知っていますでしょうか。

本記事では、プログラミング言語Swiftを扱った副業について、「どのような案件があるのか」「必要なスキルは何か」について紹介します。

本記事を読むことで、未経験の方でも、Swiftを扱った副業がどんなものがあるのかがわかる他に、Swiftを扱うためのスキルも知ることができるようになるでしょう。

Swiftを扱った副業に興味を持っている方は、是非ご覧ください。

目次

目次を閉じる

  1. Swiftを扱うエンジニアの将来性や需要
  2. Swiftの副業案件数はどれくらい?
  3. Swiftの副業をするメリット
    1. スキルアップが期待できる
    2. 収入を増やせる
    3. 人脈が広がる
  4. 考慮すべきSwift副業のデメリット
    1. 休みが取れなくなる可能性がある
    2. 本業との兼ね合いが大変になる可能性がある
  5. Swiftの主な副業案件内容
    1. 既存アプリの更新やメンテナンス業務
    2. アプリ開発業務
    3. コンサルタント業務
    4. 受託開発案件のマネジメント業務
  6. 目安となるSwiftの副業案件の単価相場
  7. Swiftを扱うエンジニアの平均年収
  8. Swiftの副業を始めるために必要なスキル
    1. Xcodeを扱えるスキル
    2. アプリの開発スキル
    3. サーバーサイドとフロントエンドに関する知識
    4. プロジェクトマネジメントの経験
  9. 未経験でSwiftの副業案件を獲得するコツ
    1. スクールでプログラミングスキルを習得する
    2. コミュニケーション能力を習得する
    3. 課題解決につながる提案力を習得する
    4. ポートフォリオを作る
    5. 高単価の案件を選ぶ
    6. エージェントはマージン率を確認し複数登録する
  10. Swiftの副業案件獲得に資格は必要?
  11. Swiftの副業案件を獲得できる手段
    1. クラウドソーシングから探す
    2. 専門エージェントから探す
    3. 知人の紹介を受ける
    4. ブログ・SNSを利用する
    5. 在籍していた会社から仕事を紹介してもらう
  12. Swiftの副業案件を始めるときの注意点
    1. 会社に副業可能か確認する
    2. 土日・平日夜の稼働が可能であるか確認する
    3. 確定申告が必要であるか確認する
    4. スケジュール管理を行う
  13. Swiftの副業案件の獲得に役立つおすすめのクラウドソーシング
    1. クラウドワークス
    2. ランサーズ
    3. ココナラ
  14. Swiftの副業案件の獲得に役立つおすすめのエージェント
    1. Midworks(ミッドワークス)
    2. ITプロパートナーズ
    3. レバテックフリーランス
  15. Swiftの副業を始めてみよう

Swiftを扱うエンジニアの将来性や需要

Swiftは、Apple社よりiOS向けのプログラミング言語として開発されました。その後、プログラムのソースコードを無償で一般公開したことで、iOS関係のプログラムとして第一線で活躍しています。

iOS関係のプログラムであるため、Apple社のiPhoneやiPadの人気が続いている限り、Swiftの将来性はあるでしょう。

iOSのアプリは年々新しいものが開発されていますが、エンジニアの数は多くないため、Swiftを扱えるエンジニアの需要はあるといえるでしょう。

Swiftの副業案件数はどれくらい?

2022年12月の時点で応募されている案件数は、約2,600件でした。

内容は、「スマホアプリエンジニア」の案件が多くあり、スマホアプリの開発に興味のある方は、案件を確認し応募してみるといいでしょう。

また、週2,3からの稼働でも大丈夫な案件やリモートでも可能なものもあるので、Swiftを副業として考えている方も検討してみてはいかがでしょうか。

出典・参照: Swiftのフリーランス求人・案件一覧|エンジニアスタイル東京

Swiftの副業をするメリット

Swiftを副業とした場合に得られるメリットはいくつかあります。

Swiftを扱った副業に取り組んだことが後々、自分自身のキャリアにつながることもあります。そして、Swiftを扱った副業に携わったことにより、将来フリーのエンジニアになることも可能なのです。

このような様々な可能性を秘めているSwiftについて、ここでは、副業を行うことで得られるメリットを紹介しています。Swiftを副業として行いたい方は、メリットに関する情報もしっかりキャッチしておきましょう。

  • スキルアップが期待できる
  • 収入を増やせる
  • 人脈が広がる

スキルアップが期待できる

Swiftはシンプルな構造であるため、初心者でも取り組みやすいです。

ある程度Swiftの扱いに慣れてくると、開発する環境に順応していき、様々な案件に取り組めるようになります。

上級者にもなると、クライアントにとって最適な案件や企画を提示することができるようになり、活動の幅が広がっていきます。

Swiftを使ってプログラムを作成するためのコードを書き、実行をしていくことで実務経験が積みあがっていくのです。

このように、Swiftの副業に取り組み実務を繰り返すことで、自分自身のスキルもアップできるようになります。

収入を増やせる

「収入を増やしたい」と考えて、副業を始める方は多いでしょう。

Swiftを扱う副業に関しても、受注する案件の数が増えるほど収入を増やすことができます。

収入の金額は、経験や能力、使用できる言語によって左右されますが、現在(2022年12月)の価格では、平均約60万円で紹介されており、副業であっても高収入を得ることが期待できます。

さらにマネジメントスキルや開発スキルなど様々なスキルを保有することで、1回の案件につき、100万円以上の収入を稼ぐこともできるようになります。

人脈が広がる

副業は本業以外の仕事をしますので、人と出会う機会が増えます。IT業界は、新しい情報が常に入ってきており、自分自身の知識もアップデートしていかなければ対応ができなくなってしまいます。

その点、副業を行うことで、本業とは違う業種の方と出会う機会が増えます。そこで新たな情報を得ることができ、自分の知見を広げられるようになるのです。

また、副業を通じて、企業で活躍するSwiftを扱うエンジニアと出会うことができ、より深い情報を手に入れることができるようになるでしょう。

さらに、様々なエンジニアと出会ったことがきっかけで、案件を紹介してもらったり、企業のプロジェクトに誘われることもあるのです。

このように、副業を通じて、様々な人たちと出会うことができるため、将来フリーランスのエンジニアを目指している方は、副業を通じて人脈を広げていくのもいいでしょう。

考慮すべきSwift副業のデメリット

Swiftを扱う副業を行うことで、スキルアップが期待でき、人脈も広がるなど、メリットは多くあります。

しかし、副業を行うことで、メリットだけではなく、デメリットもあることを知っておきましょう。

あくまで副業ですので、専念するあまり、本業や私生活に影響が出る場合があります。

ここで紹介する、Swiftを副業にした場合のデメリットを参考にし、本業や私生活に影響がでないように注意することを心がけておきましょう。

休みが取れなくなる可能性がある

副業ですので仕事のメインは本業になります。本業では最低限の稼働時間が決められていますので、副業をする場合は、それ以外の時間で取り組まなければいけません。

もし、副業の案件が大掛かりなプロジェクトで時間を必要とするものであれば、本業の時間を削るわけにはいけませんので、休日や本業が終わった後の時間で対応する必要があります。

そのため、休日を副業に取り組む時間に当てはめてするため、休日が取れないまま本業を行わなければならなくなってしまうのです。

休みが取れないままですと、体を休めることができなくなるため、作業効率が悪くなる可能性があります。

このような状態になってしまうと、副業はおろか、本業にも支障が出てしまい、安定した収入を得ることが難しくなってしまうでしょう。

副業をしたため、休日が取れないという状態にならないためにも、副業の案件を選ぶときは、スケジュールを確保できる内容のものを選ぶようにしましょう。

本業との兼ね合いが大変になる可能性がある

副業に取り組んでいる時間が長期になるほど、本業とのスケジュール調整が難しくなってしまうでしょう。

また、副業で、Swiftのマネジメント関係の案件であると、緊急時の対応やチームとの連携を求められます。この場合、本業を行っている間は、副業の対応ができないため、何かあったときに迅速に関わることが難しくなってしまう可能性があります。

このような状況になると、クライアントからの評価が悪くなり、その後、案件を得られなくなってしまう恐れがあります。

副業によって本業との兼ね合いが難しくなってくる前に、自分のスケジュールを管理し、対応できる案件を選びましょう。

週1日のものや、本業が終わった後でも取り組める内容を選ぶのがおすすめです。

Swiftの主な副業案件内容

Swiftは、iPhoneやiPadといったApple社のアプリを開発することを目的としたものであるため、主な副業案件もiPhoneなどのアプリ開発や、既存アプリの修正や改良などがあります。

ここでは、Swiftを扱う副業に関して、どのような内容の案件があるのか一部を紹介しますので参考にしてみましょう。

既存アプリの更新やメンテナンス業務

SwiftはApple社が開発した言語であるため、iPhoneやiPadとのアプリに関連した案件が多いです。

そのため、Swiftを扱う案件は、既存アプリを更新するためのプログラミングを作成するものや、アプリのメンテナンスを行うといった案件が多く紹介されています。

このような案件に取り組みたい場合は、クライアントがエンジニアに対し、どのような内容や質、スキルを求めているのかを見極めて受注しましょう。

既存アプリの修正や更新などのプログラムを組むのが得意な方は、挑戦してみてください。

アプリ開発業務

アプリを開発する案件は、アプリを組み立てるプログラミングをお願いされている場合と、新規に開発するアプリを提案することを求めている内容のものがあります。

クライアント側から要望される内容は、詳しく開発内容が提示され、受注する側はそれにそってプログラミングを作成していけばいいでしょう。

しかし、エンジニア側に新規アプリの開発に関する提案を要望されている場合は、こちら側がクライアントの要望に応えられる内容を提示しなければいけません。そのため、エンジニア側のプレゼンテーション能力を試される案件もあるのです。

アプリ開発業務は、クライアントからのニーズに応えられる企画力と、プレゼンテーションを含めたコミュニケーション能力が必要になる案件といえるでしょう。

コンサルタント業務

Swiftを扱う案件はプログラムを作成したり修正したりするイメージがありますが、Swiftを利用して、アプリやシステムの開発や運営を考えている企業にコンサルタントを行う内容の案件もあります。

コンサルタントは、企業に対してアドバイスや開発メンバーの調整などを行う役割があり、プログラミングとは少し離れた内容に感じることもあります。

しかし、Swiftを扱う企業に対し、アドバイスや開発メンバー調整、事業に対する意見を伝えるため、Swiftに関する知識や技術がなければ対応はできません。

また、企業にアドバイスを行うため、IT業界や企業が関連する業界の知識、分析する力も必要になる案件だと捉えておきましょう。

受託開発案件のマネジメント業務

受託開発とは、企業が希望するシステムやアプリを、外部の企業に開発を依頼することをいいます。

受託開発として依頼された案件をマネジメントする業務も、副業としてあるのです。

マネジメントの業務を担当するため、開発を行うメンバーに仕事を振り分けたり、相手企業側に進捗状態を報告したりします。

Swiftに関連する開発のマネジメントであるため、Swiftの知識の他に開発メンバーをまとめたり、サポートするマネジメント力も求められる案件です。

Swiftの知識以外にもマネジメント業務もあるため、報酬は通常のSwift関連の案件よりも高めに設定されています。

目安となるSwiftの副業案件の単価相場

ドーシージョブによると、Swiftの副業案件の単価は平均が約67万円でした(2022年12月時点)。

SwiftはiOS関連のアプリを扱いますので、需要は高く高単価なものもあります。

単価については、業務内容やスキル、働く日数などによって変わるため、自分ができる範囲のものを選びましょう。

出典・参照: Swiftエンジニアの副業案件 月額単価相場|doocy Job

Swiftを扱うエンジニアの平均年収

求人ボックスによると、Swiftを扱うエンジニアの月給は平均で約57万円でした(2022年12月時点)。年収ベースに換算すると57万円×12カ月=約684万円となります。

副業と違い、会社に所属する正社員や、フリーで活動するフリーランスなど働き方は様々です。

求人条件としては、エンジニア経験を何年か求められることや、使用できる言語やスキルを採用条件として挙げています。

Swiftを副業から経験し、将来エンジニアとして働くことを考えている方は、Swiftエンジニア求人を確認して、どの程度スキルを求められているのかを知っておくことも必要でしょう。

出典・参照: Swiftエンジニア 求人|求人ボックス

Swiftの副業を始めるために必要なスキル

Swiftの副業求人を見てみると、様々な条件が提示されている場合があります。つまり、Swiftを扱う副業を行うためには、Swiftを扱える技術の他に、スキルが必要になる場合があるのです。

必要なスキルを身に付けておくと、その能力を買われ、企業からヘッドハンティングされることもあります。

ここでは、Swiftの副業を始めるために必要なスキルをいくつか紹介しますので、副業を始める前の心づもりとして確認しておきましょう。

Xcodeを扱えるスキル

Xcodeを扱えるようになるのは、Swiftを扱ってアプリを開発するためには必要なスキルです。

Xcodeは、Apple社のアプリを開発するツールであり、SwiftでiOSのアプリなどを作成や開発する際に、必要な機能が多くあります。

Apple公式のツールであるため、Apple製品のPCであれば、開発を進められることができるのです。

ショートカットの使い方やテストの仕方など、操作方法を身に付けておくと、Swiftを扱う案件をスムーズに対応できるようになるでしょう。

アプリの開発スキル

アプリの開発スキルがあると、Swift関連の案件を受注するとき安心して取り組めます。

Swiftを扱う副業求人では、アプリ開発に関する案件が多いです。依頼するクライアントも未経験の方を選ぶより、アプリの開発経験のある方を選ぶでしょう。

1年以上のアプリの開発経験があるとクライアントからも信頼されやすいです。

また、アプリを開発する経験だけでなく、アプリを開発するための企画を考えたり、アプリを開発するための周辺知識を身に付けておくと、よりクライアントから信頼を得やすくなるでしょう。

サーバーサイドとフロントエンドに関する知識

サーバー上でアプリが動くことをサーバーサイドといい、フロントエンドは、ユーザーと直接データのやり取りを行うことを指します。

Swiftは、iOSのアプリの開発や更新、修正をインターネットを介して行うため、サーバーの知識は必要です。

また、ユーザーとのやり取りは、パソコンやスマートフォンを介して行います。そのため、パソコンやスマートフォンで操作したときにユーザーが理解しやすいものにするための知識も必要です。

サーバーサイドとフロントエンドの知識を持っていると、Swiftに限らず、幅広い活動ができるようになります。

プロジェクトマネジメントの経験

Swiftを扱う副業は1人で対応する案件もありますが、複数でチームを組み作業を行うものもあります。

そのため、コミュニケーションスキルが必要であると同時に、マネジメントスキルも必要になります。

マネジメント業務は、メンバーに対してタスクの割り振りを行い進捗状況の管理も行うため、技術だけでなく人との関りや管理に関する知識も必要になるのです。

Swiftに関する技術や知識だけでなく、マネジメント管理ができる経験を持つエンジニアであれば、クライアントはより信頼して案件を提供してくれるでしょう。

未経験でSwiftの副業案件を獲得するコツ

Swiftを扱う副業を行うためには、Swiftに関する知識だけでなく、その他のプログラミング言語に関する知識やコミュニケーション能力、マネジメント力などが必要です。

また、クライアント側にとっては、ある程度経験を積んだエンジニアに案件を提供する方が安心でもあります。

しかし、エンジニア側からみると、経験したことのない案件をクリアしていかなければ経験を積むことができません。

ここでは、未経験者がSwiftで案件を獲得するためのコツを紹介しますので、これから経験を積まれる方は確認しておきましょう。

  • スクールでプログラミングスキルを習得する
  • コミュニケーション能力を習得する
  • 課題解決につながる提案力を習得する
  • ポートフォリオを作る
  • 高単価の案件を選ぶ
  • エージェントはマージン率を確認し複数登録する

スクールでプログラミングスキルを習得する

Swiftの知識や技術を独学で身に付ける方もいるでしょう。その他に知識や技術を学ぶ方法としてプログラミングのスクールで学ぶ方法があります。

プログラミングスクールでは、技術や知識を計画的に教えてくれるため、独学で身に付けるのは苦手な方にはおすすめの方法です。

費用はスクールや学習内容によって違いますので、自分の生活に合ったものを選びましょう。

コミュニケーション能力を習得する

Swiftを扱う案件は、チームで行うものも多くあります。チーム内で仕事を分担し進めることで作業効率がよくなります。

複数の人数で作業をするため、コミュニケーションを取ることは欠かせません。また、チーム内の人間関係が悪くなると、作業に悪影響を及ぼすこともあります。

技術力が高くても、人間関係が原因で作業に悪影響が出ると自分やチームの評価が下がってしまうこともあるのです。

そうならないためにも、コミュニケーション能力は必要になるでしょう。相手が何を求め、どのように対応すればいいかがわかるように、コミュニケーション能力を身に付けしましょう。

課題解決につながる提案力を習得する

クライアント側は、自分がしようとしたことに対し、何らかの課題があるため案件を提供しています。

例えば、「アプリを開発するための技術者が欲しい」、「アプリを改善するための提案をしてほしい」などです。つまり、クライアント側はある分野の技術や知識などが不足しているため案件を提供しています。

また、ITやプログラムに詳しくないため案件を提供している場合もあるため、受注する側から提案をすることも大切です。

このように、クライアント側の課題を解決できる能力もあるといいでしょう。

ポートフォリオを作る

自分がどれだけの技術があり、経験を積んでいるのかを紹介するためには、ポートフォリオを作成しておくといいでしょう。

ポートフォリオには自分が作成したアプリやホームページなどの成果物を紹介しておくと、クライアント側も事前にスキルを確認することができます。

高単価の案件を選ぶ

自分のレベルが初心者なのか中級者なのかは判断しにくいものです。そのため、なかなか高単価の案件に手を出せず、技術が向上しない方もいるのではないでしょうか。

技術を向上したいと考えるのであれば、積極的に高単価の案件に挑戦してみてはいかがでしょうか。

プロジェクトマネージャーのように、知識や技術以外に管理することや指示を出す案件であると、プログラミング技術以外のスキルも身に付き、自分の実績にもつながります。

エージェントはマージン率を確認し複数登録する

複数のエージェントに登録しておくと、案件の幅が広がります。また、マージン率(手数料)も確認しておくと、報酬の何割が自分の手取りなのかがわかるでしょう。

案件の単価はエンジニアの経験や能力によって変わりますが、エージェントに登録しておくと客観的な判断をしてくれるため、自分が思っていたよりも高単価な案件を紹介してもらえることがあります。

また、似たような案件でもエージェントによっては単価が違う場合もあるため、複数登録しておくといいでしょう。

Swiftの副業案件獲得に資格は必要?

資格を取得しておくとは相手にアピールできる手段として使えるため、取得できるよう挑戦してみましょう。

Swift関連の資格には、App Development with Swiftがあります。Swiftに関する知識を持っている証明になるため、資格を取る余裕がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

Swiftの副業案件を獲得できる手段

Swiftの副業案件を獲得するためには、いくつかの方法があります。

副業案件を獲得する方法を複数知っておくと、選択肢が増え高単価の案件に出会える確率も高くなるのです。

ここで紹介する手段を活用し、自分に合った案件を獲得しましょう。

クラウドソーシングから探す

クラウドソーシングは、クライアントと受注者の間に位置し、仕事を仲介してくれるサービスです。直接クライアントと関わらず、クラウドソーシング側が取りまとめをしてくれるケースもあります。

クラウドソーシングはいくつかのサイトがありますし、Swift関連の案件もあります。どのサービスが自分に合っているのかを確認するために、サイトを巡ってみるのもいいでしょう。

専門エージェントから探す

IT関連を専門にしているエージェントに登録して、案件を探すのもいいでしょう。

エージェントはクライアントと受注者の仲介をして、案件を紹介してくれるサービスです。クラウドソーシングと似ていますが、エージェントは受注者に直接会って対応をしてくれます。

担当のアドバイザーがクライアントとの調整やサポートを行ってくれます。様々なサポートを受けたい方は、エージェントから探すのもいいでしょう。

知人の紹介を受ける

IT関連やプログラムに関する業界での人脈がある方は、知人からの紹介を受けて案件を獲得する方法があります。

知人からの紹介であるため、その案件を受注できる確率は高いでしょう。しかし、知人という近い存在からの紹介であるため、受注後に納期が遅れることや質が悪い商品を提供すると相手に迷惑が掛かってしまいます。

ブログ・SNSを利用する

Swift関連の案件をブログやSNSで募集しているケースもあります。

受注したい案件をみつけた場合、相手のブログやTwitterにDMを送り交渉してみてください。

また、自分がブログやTwitterなどSNSに自分の実績や案件を募集していることを紹介しておくと、それを見たクライアントから連絡が来ることもあります。

しかし、SNSに案件募集を公開するだけでは連絡がつくことは少ないため、自分の情報を公開したり、自分から連絡を取ることを心がけましょう。

在籍していた会社から仕事を紹介してもらう

転職した経験があれば、在籍していた会社の上司や同僚から仕事を紹介してもらうのも案件を獲得する方法の1つです。

しかし、知人からの紹介と同じように、信頼されている相手からの案件であるため、不手際が無いように自分の力量にあった案件を紹介してもらいましょう。また相手に迷惑をかけないように自分のスキルを向上する努力も必要です。

Swiftの副業案件を始めるときの注意点

副業に専念しすぎて本業の案件を処理できなかったとなると、会社や案件を提供した受注先に迷惑をかけ信頼関係を失ってしまいます。

また、複数の副業をしている方は、収入を2か所以上から得ているため、適切な会計処理が必要になります。

ここで紹介する注意点を参考に、適切に副業が始められるようにしましょう。

会社に副業可能か確認する

会社によっては、副業を禁止しているところもあります。

副業を禁止されているのに隠れて始めていると、いつかバレてしまい業務規程違反として懲戒処分の対象になる可能性もあります。

Swift関連の副業に限らず、副業を始めたいと考える方は、自分が所属する会社では副業が可能かを確認しましょう。

土日・平日夜の稼働が可能であるか確認する

副業を始めるとき、本業に支障がない日程で取り組みたいと考える方は多いでしょう。

その場合、募集されている副業が、土日や平日の夜など、本業に支障が出ない日程なのかを確認しておきましょう。

案件の中には1週間に1回出社しなければいけないものや、会議に参加しなければならないものもあります。

本業に支障が出ないように、案件内容はしっかりと確認しておきましょう。

確定申告が必要であるか確認する

本業が会社員の場合、年末調整があります。年末調整は、会社の経理部などが処理をしてくれるため、確定申告をどのように行えばいいのか分からない方もいるでしょう。

本業以外で、所得が年間20万円を超える場合は確定申告が必要ですので、副業でいくら稼いだかまとめておく必要があります。

もし、確定申告が必要であるのに、していなかった場合、何らかのペナルティが発生してしまう可能性があるので注意しておきましょう。

出典・参照: No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁

スケジュール管理を行う

副業を始めて、たくさん稼ぎたいと考える方もいるでしょう。

しかし、あくまで仕事のメインは本業であるため、スケジュール管理はしっかりとしなければなりません。

人によっては、副業を入れすぎて休める日が取れなくなり、体調を崩してしまうこともあります。

さらに、スケジュール管理ができていないと、緊急時の対応ができなかったり作業のミスがあったりなど、本業に限らず副業にも支障が出てしまう可能性があります。

このように、副業を始める場合は、自分の体調や私生活、本業との兼ね合いを考えて取り組むようにしましょう。

Swiftの副業案件の獲得に役立つおすすめのクラウドソーシング

Swiftを扱う副業を探すとき、どのように探していますか。

インターネットで「副業」や「副業 Wワーク」など検索すると、様々な仕事を紹介するページが表示されます。

ここでは、その副業の中で、Swiftを扱う案件が提示されているクラウドソーシングサービスをいくつか紹介します。

クラウドワークス

クラウドワークスは仕事の種類が多く、ユーザー数も多いことから安心して仕事を探すことができるでしょう。

無料登録でき在宅でできる仕事も豊富であるため、Swiftを扱う副業を在宅で行いたい方も手軽に探すことができるでしょう。

出典・参照:お仕事応募するだけで全国のプロから多数応募が。|株式会社クラウドワークス

ランサーズ

350種類以上の仕事に関するカテゴリーがあるランサーズは、無料で会員登録でき、年会費も無料です。

オンラインの仕事に関する運営歴が最長である「ランサーズ」は、案件が多く、Swiftを扱う副業を探している方には、自分に合ったものを探せるでしょう。

出典・参照:自分らしい働き方・仕事がみつかる |ランサーズ株式会社

ココナラ

ココナラは、自分のスキルを出品できるクラウドソーシングサービスです。

そのため、自分ができることを出品していると、先方から仕事の依頼が来ることもあります。

また、仕事を探している方にも対応できるサービスをしているので、Swiftを扱う副業を探すこともできます。

Swiftの副業案件の獲得に役立つおすすめのエージェント

エージェントに登録しておくと、IT業界に詳しいエージェントが副業を探すためのアドバイスをしてくれたり、自分のスキルに合った案件を紹介してくれたりします。

副業であれば、本業とのスケジュール調整や勤務時間、待遇面などをエージェントが代わりに交渉してくれるので、自分に合った副業を選ぶことができるでしょう。

Midworks(ミッドワークス)

Midworksは案件の豊富さと保障が付いているところなどが、他エージェントと差別化できる強みになります。

コンサルタントからのフォローには、案件を獲得した後、収入アップを望める対応もしてくれるので、初めての方から将来、副業の収入を上げたいと考えている方にもおすすめできるエージェントといえるでしょう。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、週2日からの案件を紹介してくれたりと、自分の時間に合った副業を探すことができます。

利用企業者数が2,000件以上と紹介されているところも、これからSwiftを扱う副業を始めたいと考えている方も安心して利用することができるでしょう。

出典・参照:週2日からの案件紹介 |ITPRO PARTNERS

レバテックフリーランス

案件の多さでいうのであれば、レバテックフリーランスを選んでみてはいかがでしょうか。

専門のアドバイザーが対応してくれるので、副業を始めたいと考えているけど、具体的にどのように動いたらいいのかわからない方でも安心して利用できるでしょう。

副業を始めたい方はレバテックフリーランスを利用してみてください。

Swiftの副業を始めてみよう

Swiftを扱う副業は、収入も高単価の望める案件が多くあります。

経験者を望む案件もありますが、これか始めてみようと考えている方は、いろいろな案件に挑戦し実績を積んでいくと、より高単価な案件に出会えるでしょう。

経験を積むことで将来、フリーエンジニアとして活躍できる可能性を持っています。

ここで紹介した内容を参考にして、Swift案件に挑戦してみましょう。

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年06月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.12.27
更新日
2024.06.07

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス