Midworks
  1. TOP
  2. お役立ちコラム
  3. フリーランスの基礎知識
  4. 課題・悩み
  5. スキルがあれば50代でもフリーランスエンジニアになれる?求められることは?

スキルがあれば50代でもフリーランスエンジニアになれる?求められることは?

スキルがあれば50代でもフリーランスエンジニアになれる?求められることは?のイメージ

「50代のフリーランスエンジニアに求められるスキルとは?」
「50代でフリーランスエンジニアになるとどんなデメリットがある?」
フリーランスになることを検討している50代のエンジニアの方は、このような疑問や不安を抱いているのではないでしょうか。

本記事では、50代のフリーランスエンジニアに求められることや案件の選び方、50代のフリーランスエンジニアが抱えがちな悩みについて解説します。

この記事を読むことで、50代のフリーランスエンジニアとして覚えておきたいポイントが一通り分かり、フリーランスになることへの不安が軽減されるでしょう。

50代でフリーランスエンジニアを目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

スキルがあれば50代からでもフリーランスエンジニアになれる?

50代でも、スキルがあればフリーランスエンジニアになることは可能です。

フリーランスエンジニア全体のうち、4割近くは50代とされていて、50代でフリーランスエンジニアとして活躍している方は多くいます。また、フリーランスには定年がないこともあり、近年フリーランスを目指す50代のエンジニアの方が増加しています。

50代の場合、経験の多さから高いスキルを持っている場合が多いでしょう。高いスキルがあれば、50代のフリーランスエンジニアでも案件を獲得し続けられる可能性があります。

ただし、案件によっては年齢制限が設けられていて、スキルがあるのに仕事を受注できないこともあるため、注意しましょう。

50代のフリーランスエンジニアに求められること

では、50代のフリーランスエンジニアとして活躍し続けるには、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか。

ここからは、50代のフリーランスエンジニアに求められることを4つ紹介します。50代でフリーランスへの転身に挑戦する前に、ぜひ紹介する内容を把握しておきましょう。

上流工程の経験

50代のフリーランスエンジニアには、マネジメントなどの上流工程の経験が求められることが多いでしょう。

会社員の場合、50代では管理職に就きやすい傾向があるでしょう。フリーランスの場合も同様に、経験がたくさんある50代のエンジニアは、プロジェクトのマネージャーなどを任される可能性があります。

よって、上流工程の経験を積んでおくと、様々な案件を受けられるようになり、50代のフリーランスエンジニアとして活躍しやすくなるでしょう。

最新の技術を学び続ける姿勢

IT技術は日々進歩しているため、最新技術を学び続ける姿勢も重要です。

新しい技術を扱えるようにしておくと、受けられる案件の幅が広がり、高収入につながるでしょう。また、学び続ける姿勢がクライアントに評価される場合もあります。

案件を獲得し続けられるように、ぜひ時間を見つけて学習を続けていきましょう。

自分自身の体調管理

50代のフリーランスエンジニアとして、しっかり自分自身の体調を管理できる力も必要です。体調を崩して稼働できない状況になると、収入やクライアントからの信頼に影響が出る可能性があります。

特に、エンジニアの場合、長時間パソコンを使って室内で作業することが多いため、運動不足になりやすいでしょう。

少しでも体を動かすことを心がけて、安定した体調を保てるようにしておくことをおすすめします。また、自身の健康状態を確認するために、定期的に健康診断を受けるのも良いでしょう。

エージェントやクラウドソーシングサイトの活用

50代のフリーランスエンジニアの場合、エージェントやクラウドソーシングサイトを活用すると良いでしょう。特に、スキルは高いけれど営業力に自信がないという方は、エージェントやクラウドソーシングサイトの利用をおすすめします。

50代のフリーランスエンジニア向けの案件を豊富に扱っているエージェントに登録すれば、効率的に自身に合った案件を獲得できるでしょう。なお、より案件を得やすくするためには、しっかり自身の強みやスキルを理解した上で登録することが大切です。

クラウドソーシングサイトは、年齢を問わない案件も多く取り扱っています。業務内容も幅広いため、自身のスキルに沿った案件を見つけやすいでしょう。ただし、登録者数の多さから希望の案件を受けられない場合もあるため、注意が必要です。

自分の強みを生かせる案件を選ぼう

50代のフリーランスエンジニアとして活躍し続けるためには、自分の強みを生かせる案件を選ぶことが大切です。

50代となると、若い世代が持っていない経験や、豊富な知識を蓄えている方が多いでしょう。こういった経験や知識は、50代だからこその強みと言えます。

若い世代や他のフリーランスエンジニアと差をつけるために、自分のアピールポイントをしっかりと把握しておき、強みを生かせる案件を探しましょう。


▶︎スキルがあれば50代でもフリーランスエンジニアになれる?詳細記事はこちら!

50代のフリーランスエンジニアが抱えがちな悩み

ここからは、50代のフリーランスエンジニアが抱えがちな悩みについて解説します。

フリーランスへ転身する前に、どのような悩みが発生する可能性があるのか知り、しっかりと対策をしていきましょう。

社会保障面

企業に勤めている場合とフリーランスの場合では、健康保険や年金などの社会保障面に違いがあります。企業に勤めている場合、社会保険の保険料は企業と労働者で半分ずつ負担しますが、フリーランスの場合は自身で全額を負担することになります。

50代のフリーランスエンジニアは、このような社会保障面の負担の増加に関して、悩みを抱える方が多いでしょう。自身の保険の内容や保険料について、見直しておくことをおすすめします。

出典:知って役立つ労働法|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/content/000719716.pdf

収入が安定しない

フリーランスは会社員のような基本給はなく、毎月獲得した案件によって収入が変わるため、不安を感じる方もいます。

フリーランスの案件は長期的なものばかりではなく、契約が終了したら次の仕事を獲得する必要があります。仕事が見つからなかった場合は収入が得られず、案件によって単価も異なるため、収入が不安定になりがちです。

しかし、幅広い案件に対応できるように対策したり、営業力を高めたりすれば、安定して収入を得ることも可能でしょう。

体力や気力の衰え

50代のフリーランスエンジニアは、体力や気力の衰えに悩むことがあるでしょう。年齢を重ねるとともに体力が衰え、若い頃のように長時間仕事ができない場合が多いです。また、スキルアップのための勉強をする気力を維持できないという方もいるでしょう。

フリーランスエンジニアは、体調を崩して仕事ができないと、収入に大きな影響が出る可能性があります。体力や気力が衰えていることを考慮して、より一層健康管理に気をつけましょう。


▶︎50代からフリーランスは目指せる?詳細記事はこちら!

50代のフリーランスエンジニアに求められることを把握しておこう

この記事では、50代のフリーランスエンジニアに求められるスキルや、50代のフリーランスエンジニアが抱えることが多い悩みについて解説しました。

自身が持っている豊富な経験や知識を生かせば、50代でもフリーランスエンジニアになることは可能です。

ぜひこの記事で紹介した50代のフリーランスエンジニアに求められることを把握した上で、フリーランスへの転身を目指してみてください。

Midworks おすすめの案件例

この記事の監修者

Branding Engineer編集部のイメージ

Branding Engineer編集部

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

Branding Engineerは、フリーランスエンジニアと企業のマッチングサービスである「Midworks」中心としたエンジニアプラットフォーム事業、総合WEBマーケティングソリューションサービス「Digital Arrow Partners」を中心としたマーケティングプラットフォーム事業を運営。

記載されている内容は2024年06月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初回公開日
2022.06.13
更新日
2024.06.17

このカテゴリの一覧へ

Midworksは
今よりあなたのキャリアに
合った働き方を提供します

詳しくはこちら

フリーランスと正社員、
働き方と年収はこんなに違う?

詳しくはこちら
運営グループ提供サービス