初回公開日:2020年05月08日
更新日:2020年05月09日

システムエンジニアの目標設定|設定例と注意点

記載されている内容は2020年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

現代ではシステムエンジニアに関わらず様々な業種で「目標設定」という言葉が用いられています。「目標設定」することで具体的にどのような効果があるのでしょうか。本記事ではシステムエンジニアが目標を設定するうえで注意したい点や設定例などをご紹介します。

【PR】フリーランスでも正社員並の保証を




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

システムエンジニアの目標設定の仕方

システムエンジニアの目標設定|設定例と注意点
現代ではシステムエンジニアに関わらず、様々な業種で「目標設定」という言葉が用いられています。目標を設定することで労働における方向性が定まり、マンネリ化せず仕事に取り組むことができ、より効率的な組織運営が期待されています。

ですが、目標設定はあくまで過程であってゴールではありません。目標設定をするうえで注意したい点を見ていきましょう。

「目標設定」をするうえで注意したいポイント

目標をいくら作っても、ちゃんとそれに向かって行動ができなければ無駄になってしまいます。目標設定をする際には、下記のポイントに注意をしてみましょう。

無理のある目標設定をしない

「目標設定」というのは成功体験と表裏の関係にあります。到底達成できそうにない目標を掲げても十分な成果が見込まれず、仕事に対するモチベーションを下げてしまう要因にもなりかねません。

どんなに頑張っても達成することができない目標ではなく、自分の実力を客観視し現状よりも能率をあげて目標を達成することができるラインを見極めて目標設定をしましょう。

設定した目標を達成することで成功体験を積み重ねることができ、大きな自信に繋がります。

目標設定にはタイムリミットを設けよう

目標を設定する際には、タイムリミットを設けましょう。

いつまでに達成するのかを明確にすることで仕事の効率化に繋がったり計画性をもって業務に取り組むことができます。

タイムリミットを設定する際には「短期間で達成したい目標」と「長期的に達成したい目標」を分けて考えましょう。例えば1カ月、3カ月、半年、1年と期間を区切って詳細な目標を明確にすると目標達成のために、今何をすべきかが見えてくるはずです。

会社に所属している場合は会社の方針を考慮しよう

会社員のシステムエンジニアは、個人で掲げた目標が会社や部署の目標から逸脱していないか職務に支障をきたすものではないかを考える必要があります。

仕事の目標設定をする際には会社の指針からそれない内容で設定し、目標達成の進捗を自分だけではなく上司からも判断できるように具体的に数値化できると良いでしょう。

まずは、自分が所属している会社全体の年間の目標はどのようなものかを知ることが大切です。

システムエンジニアの目標設定の例

まず行うことは上司の目標を聞き出すことです。そうすれば、それを叶えるために自分ができることが自ずと見えてくるはずです。

もしそれが「早期の納品」であるなら、自分の目標設定は「過去の納期日数よりも早く仕上げる」ことにすることができます。このとき、より具体的にしたいなら過去の自分のデータを調べると良いでしょう。

例えば、1月あたりの設計書の枚数を記録し、その枚数よりも多く仕上げるように目標を設定すれば良いのです。

また、もし上司が「目標は自分で見つけるものだ」と言うならそれは個人的な目標を期待しているのでしょう。会社が社員に目標設定を要請しておいて会社としての目標設定を提示しないというケースはやや不安が残るものですが、ともかくその場合は自由に自分の興味のある技術的問題について取り組むと良いでしょう。

後々「それは会社の利益になるのか」と言われる恐れがあるならば、業務に関係する技術的問題を提示すれば問題無いはずです。例としては「設計書を書く方法の習得」や「テスト環境についての理解」となるかもしれません。

システムエンジニアにとって目標設定シートは役立つのか

そして、システムエンジニアの世界は決してマンネリ化できるような世界ではありません。常に新しい手法、新しい環境が生まれ更新されていく成長に限りの無い業界です。今現在、従来の方法で満足に運営できている状況だったとしても、数年後にその状況が覆されたり古いものとなっている可能性もあります。

新しい技術や方法を学びましょう。それは1つの明確な目標となり、業務事態にもハリを保たせてくれる事になるかもしれません。「あの方法でこれを設計すればこうなるかな」といった具合に新鮮な設計方法を考えてみるだけでも業務に意欲が出てくるはずです。

「目標がない」ときは「自分が知らないことが分からない」という状況かもしれません。自分が分からない事について意識を向けた途端、目標は噴出するように吹き上がるはずです。

例えば「自分が習得していないプログラム言語を習得する」という目標を掲げるだけでも刺激的な経験になるでしょう。もちろんその際は習得範囲を定めたり、習得できるであろう期限を定めて成功体験ができるようにしておくことが肝要です。自分が今まで見ていなかったところに目を向けて目標を作り出してみましょう。

目標設定と同時に「キャリアプラン」を考えよう

目標設定をすることで仕事の効率や成果を上げやすくなります。

自分の理想のキャリアプランを実現できるように具体的な目標設定を行い、モチベーションアップにつなげましょう。

【PR】フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら