最終更新日時:2019年09月28日

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ

ネットワークエンジニアの仕事内容はどのようなものがあるのかご存知でしょうか。ネットワークエンジニアとして働くために必要な資格などもあります。ネットワークエンジニアとして働きたいと考えている方は、今回の記事を参考にして資格取得も視野に入れてみてください。




ミッドワークスなら、フリーランスでも正社員並みの保証が受けられます。

マージンは業界トップクラスの実質10%~15%、クライアントからの単価も公開されているので自分の価値がはっきり分かります。

給与保証制度も存在するので、フリーランスの特有の心配事はいっさいありません。

リモート案件も多く存在するので、まずは話を聞いてみましょう。

ネットワークエンジニアの仕事3つ

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアの仕事とは、ネットワークシステムの構築や管理、運用などをおこなう事になります。これからネットワークエンジニアを目指している方は、ネットワークエンジニアの仕事がどのような事をするのかを詳しく知りたいという方もいるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事の内容を知ることで、ネットワークエンジニアが持っていると便利な資格などもありますので、資格取得も視野に入れてみてください。

ネットワークエンジニアの仕事1:ネットワーク設計

ネットワークエンジニアは、ネットワークシステムの詳細な設計をおこなう仕事をします。ネットワークシステムの設計とは、企業やクライアントの要望を聞き、問題点などを洗い出したりし、ネットワークシステムの設計をすることになります。

ネットワークシステムに必要な機器類や使用するための回線などを決める事や、構築するためのスケジュールなども設計の段階で考えます。ITパスポート試験資格などがおすすめです。

ネットワークエンジニアの仕事2:ネットワーク構築

ネットワーク構築とは、ネットワークシステム設計のスケジュールをもとに機器類を設定していくとういう仕事内容になります。ネットワーク構築では規模によっては構築期間が何カ月もかかる場合もありますが、一人で構築を担当するといった場合がほとんどになります。

ネットワーク構築に必要な回線の設置の技術などの他に最新の製品などの知識も必要となってきますのでネットワークスペシャリストなどの資格があると良いでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事3:運用・保守

ネットワークエンジニアの仕事には、ネットワークシステムを構築するだけではなく、ネットワークシステムの運用やトラブルなどにも対応する保守なども内容に含まれています。

ネットワークエンジニアにとって、ネットワークシステムを構築し、円滑に活用することができるように維持していくことも大切です。トラブルがないように監視し、起きた場合には対処できるようにしなければならないためCCNAなどの資格があると便利です。

ネットワークエンジニアの資格5つ

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアになるためにはどのような資格をもっていればよいのか考えてみましょう。ネットワークエンジニアという仕事には、必ず必要となる資格というものはありません。

ネットワークエンジニアとして働くうえで、ネットワークエンジニアとしての知識があるのかどうかなどを証明するために資格を取得しておくことはおすすめです。ネットワークエンジニアにおすすめの資格についてご紹介しますので参考にしてください。

ネットワークエンジニアの資格1:シスコ技術者認定

シスコ技術者認定資格とは、世界でも最大手といわれているネットワーク機器のメーカーであるシスコシステムズが実地している民間資格になります。民間資格といっても、シスコ技術者認定資格を取得すれば就職や転職などの際に役に立つでしょう。

シスコ技術者認定資格にはさまざまな種類の資格があり、どれもネットワークエンジニアにとっては重要な資格といえるでしょう。シスコ技術者認定資格とはどのようなものかご紹介します。

CCENT

ネットワークエンジニアにとって最低限の知識がある事を証明する資格がCCENTになります。ネットワークエンジニアの出発点ともいえる資格ですので、基本的なネットワークのセキュリティや小規模ネットワークの運用、トラブルに対応するための知識や技術などが内容です。

シスコ技術者認定資格はネットワークに関係する仕事に携わっている人にとっては優遇される資格といえますので難易度の低いエントリーから挑戦しましょう。

CCNA

シスコ技術者認定資格であるCCNAは、ネットワークエンジニアとして評価されるアソシエイトレベルの資格になります。CCENTをレベル1とすると、CCNAはレベルが2の基礎レベルの資格といえるでしょう。

指示をうけたりすることでネットワークの運用や導入、トラブル対応などの作業をすることができるようになります。世界共通の資格ですので、持っておくと就職などの際にも自分の武器になるのではないでしょうか。

CCNP

CCNPはシスコ技術者認定資格の中でもプロフェッショナルレベルの資格になっており、難易度はレベル3になります。ルーティングやスイッチ、トラブルシューティングなどの分野を、一人でできるレベルの資格となっていますので、取得することでネットワークエンジニアとしての評価も高まるでしょう。

大規模なネットワークの設計などができる証明になりますが、CCNPを取得するためにはまずCCNAを取得する必要があります。

CCIE

CCIEはシスコ技術者認定資格の中でもエキスパートと呼ばれているレベルの資格で、難易度のレベルは5となっています。試験内容は筆記とラボがあり、シスコ技術者認定資格の中でも最高位資格といえるでしょう。

英語の試験や実機試験などがあり、世界でも共通の技術力を持っていることの証明になります。分野としては6種類に分かれていますが、日本ではルーティング&スイッチングと呼ばれる分野が最も保有者が多いでしょう。

ネットワークエンジニアの資格2:LPIC(Linux技術者認定試験)

ネットワークエンジニアとして働く場合、ネットワークの運用にLinuxサーバーを使うことがよくあるため、Linuxについての理解を深めるためにLPIC資格は取得しておくと良いでしょう。

Windowsのサーバーを使っている企業もありますが、Linuxの技術は身につけておいても損することはありません。Linuxの技術を証明するための資格であるLPICを取得しておきましょう。LPICは各レベルがあります。

ネットワークエンジニアの資格3:ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリスト試験資格は国家試験である情報技術者試験の中の分野のひとつとなっています。受験資格というものはなく、どなたでも受験することが可能です。ネットワークエンジニアを目指している方であれば持っていても損はしない資格です。

ネットワークスペシャリストは独学で取得するという事は難しいといわれていますので、基本情報技術者試験のレベルに合わせて徐々に受けていくことが大切ではないでしょうか。

ネットワークエンジニアの資格4:ORACLE MASTER

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
オラクルマスターと呼ばれる資格は、日本オラクルによって認定されるOracle製品を扱うための技術認定資格となっています。大きく2系統に分類されており、データベース管理や運用とアプリケーションという2つはそれぞれランクごとに分けられています。

データベース管理と運用については、ブロンズ、シルバーゴールドプラチナの4段階に分かれていますので、基本的なブロンズから徐々に取得していくようにしましょう。

ネットワークエンジニアの資格5:情報セキュリティスペシャリスト試験資格

情報セキュリティスペシャリスト試験資格はネットワークエンジニア業界の中でも評価の高い資格のひとつとなっています。ネットワークスペシャリストと同じように国家資格ですので、難易度は高いですが、情報セキュリティスペシャリストとしての資格はさまざまな分野で活躍することができます。

サイバーセキュリティ対策の調査などをおこなう事もできますし、セキュリティの面でも安全なネットワークシステムの開発をおこなえます。

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴5つ

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアにはどのような人が向いていると考えられるのででしょうか。ネットワークエンジニアといってもコンピューターだけを相手にしているわけではありませんので、さまざまな能力が必要といえます。

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴をいくつかご紹介しますが、特徴が当てはまらない方でも努力で補うことができるのではないでしょうか。ネットワークエンジニアを目指している人は参考にしてみましょう。

特徴1:コミュニケーション力がある

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアの仕事内容には、企業のようなクライアント側の要望を聞いて問題点を説明したり、相手に理解させるためのコミュニケーション能力が欠かせません。

ネットワークエンジニアはネットワークシステムを設計するだけではなく構築しますが、そのような場合には担当部門の方との意見交換をすることが良くあります。ある程度のコミュニケーション能力があるとスムーズに業務を進めていくことができるでしょう。

特徴2:IT機器に興味がある

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
IT機器に興味がある方はネットワークエンジニアに向いているといえるのではないでしょうか。周辺機器類についての知識がある事はネットワークエンジニアになりたい方にとって大きな強みになるでしょう。

IT機器などに興味をもっている方はITスクールなどに通ったりしている方も少なくありません。ITについて独学で勉強をはじめるような、IT機器類に興味をもっている方はネットワークエンジニアに向いているでしょう。

特徴3:途中で投げ出さない

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアの仕事には、プログラムを作ってから試験することも多く、試験段階で失敗してしまう場合も多々ありますので、忍耐強く途中で投げ出さない方が向いているとされています。

ネットワークシステムの開発段階で何度も失敗を繰り返してしまうと、気持ちも落ち込んだりすることもあります。しかし、そのようなことがあってもあきらめずに成功を信じて完成に近づけることを喜べるような特徴があると良いでしょう。

特徴4:同じ作業の繰り返しが苦にならない

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアはデスクワークなどの作業が多いため、同じ作業の繰り返しなどが苦痛と感じない方が向いているといえるでしょう。ネットワークシステムを構築するためのプログラムがくりかえしのような作業でも楽しく作業ができる方はネットワークエンジニアの仕事におすすめです。

ネットワークエンジニアの仕事にはコストやスケジュールなどが細かく管理されていますのでコツコツ作業ができる人が向いているでしょう。

特徴5:知識を習得することが好き

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアとして新しく知識を習得していくことが好きな人も向いているといえるのではないでしょうか。技術発達のためにも情報収集能力は欠かせません。敏感に最新の技術の情報を収集し、自分でも勉強して知識や技術を深めていこうと考える事ができる人が向いています。

ネットワークエンジニアの仕事としてだけではなく、自分から進んで新しい技術を取り入れていくことが楽しくできる方におすすめです。

資格を取得して仕事に活かそう

ネットワークエンジニアの5の有効資格|向いている人の特徴5つ
ネットワークエンジニアの仕事内容や、ネットワークエンジニアにあると便利な資格などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ネットワークエンジニアに必要な資格を取得することで、ネットワークエンジニアとしての仕事に活用することができるようになります。

ネットワークエンジニアの仕事を目指している方は資格取得を視野に入れて、ネットワークエンジニアとしての仕事に活用できるようにしておきましょう。

フリーランスでも正社員の福利厚生を受けられるってホント?




「フリーランスに興味はあるけど、仕事があるか心配」
「個人事業主になると、福利厚生受けられないんでしょ?」

そんなあなたにおすすめなのが、正社員並の福利厚生を受けられるサービス「ミッドワークス」です。

ミッドワークスは正社員同等の福利厚生を備えたエンジニアのためのサービスで、保有案件は3000件以上、平均単価を238万円もアップさせる実績をもったサービスです。(2019年時点)

案件がない期間も一定以上のスキルがあると判断された場合は、なんと給与の8割が保証される給与保証サービスが存在するので、安定して自分らしく働くことが可能です。

リモート案件も多く取り揃えているため、自由に働きたいあなたにはぜひおすすめです。

給与保証と業界でも低いマージン率

案件単価は公開されていて、マージン率は15~20%。保障制度を活用すれば実質的に10%近くまで下げることも可能です。

さらに給与保証もしています。マッチする案件のない時期でも、スキル次第で推定給与の8割を支給しています。

リスクを抑えてフリーランスにチャレンジしてみませんか?

多くの利用者から口コミを頂いています




60秒でできる
無料会員登録