初回公開日:2021年02月19日
更新日:2021年02月20日

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説

記載されている内容は2021年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

JavaScriptではどのようなフレームワークがおすすめなのでしょうか。この記事ではJavaScriptフレームワークのメリットやデメリット、JavaScriptのおすすめフレームワークなどをご紹介しますので、参考にしてみてください。

JavaScriptとは

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説
JavaScriptとは、動的なWebページの開発ができるプログラミング言語です。

JavaScriptは1990年代初めごろに生まれた言語で、もともとはLiveScriptという名前でしたが、その後当時人気だったJavaにちなんで名前が変更されました。

JavaScriptはパソコンやスマホのブラウザで動作し、学習するための環境構築などの作業が不要なため、初心者でも学習ハードルが低いなどの特徴があります。

フレームワークとは

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説
フレームワークとは「骨組み」や「枠組み」という意味の言葉で、アプリケーション開発で必要になる構造です。

フレームワークはアプリケーション開発の骨組みで、開発に必要な機能があらかじめ用意されています。そのため、フレームワークを利用することで、アプリケーションを最初から開発しなくてもよくなります。

ただし、どのようなアプリケーションにでも利用できるわけではないため、開発したいアプリケーションの領域に合わせて適したフレームワークを利用することになります。

ライブラリとの違いは?

ライブラリとは「書庫」を意味する言葉で、その名の通りプログラムコードを集めたファイルです。

頻繁に利用されるようなコードを集めたライブラリや、特定のソフトウェア開発に必要なコードがまとめられたライブラリもあります。

ライブラリもフレームワークと同様に開発を効率化できるものですが、ライブラリは便利なコードによって開発を効率化するもので、フレームワークはさらに大きな開発の枠組みをサポートすることで開発を効率化するものです。

JavaScriptフレームワークとは

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説
JavaScriptフレームワークとは、JavaScriptで開発を行う際に利用できるアプリケーションの枠組みです。

JavaScriptフレームワークを利用することで、開発者は呼び出し部分を実装するだけでフレームワークに用意されている既存のアプリケーション設計を利用することができます。そのため、プログラミングを効率化することが可能になります。

JavaScriptフレームワークのメリット2つ

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説
JavaScriptフレームワークのメリットをご紹介します。

フレームワークを利用することで効率的な開発ができるようになりますが、具体的にフレームワークにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではJavaScriptフレームワークのメリット2つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

JavaScriptフレームワークのメリット1:作業効率の改善

JavaScriptフレームワークを利用することで、コーディングの作業効率を向上することができます。

フレームワークを利用すればアプリケーション開発で必要になる機能をコーディングせずに簡単に実装できるようになるため、エンジニアがイチからコーディングする必要がなくなります。

そのため、フレームワークを利用しないケースよりも品質が高く短時間でアプリケーションを完成させることが可能です。

JavaScriptフレームワークのメリット2:バグの減少

JavaScriptフレームワークを利用することで、バグの発生をできるだけ防ぐことができます。

開発プロジェクトでは基本的に複数人のエンジニアで作業を分担して開発を行いますが、エンジニア毎にコードの書き方が異なると、他のエンジニアが見た場合にわかりにくく、バグも発生しやすくなります。

しかしフレームワークを利用すればコーディングルールも統一できるため、バグが発生する可能性を減らすことが可能です。

JavaScriptフレームワークのデメリット

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説
JavaScriptフレームワークを導入するとカスタマイズが難しくなります。

フレームワークはアプリケーションの土台となるものなので、利用することである程度完成した状態になります。

また、フレームワークは規約が定められているため、コードに統一性を持たせることができ、バグも発生しにくい代わりに、柔軟なカスタマイズが難しいものも多いです。

JavaScriptのおすすめフレームワーク4選

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説
JavaScriptのおすすめフレームワークをご紹介します。

JavaScriptには多くの便利なフレームワークがあるため、それぞれのフレームワークの特徴などを知りたいという方もいるでしょう。

ここではJavaScriptのおすすめフレームワーク4選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

JavaScriptのおすすめフレームワーク1:Angular.js

Angular.jsはGoogleが開発したフルスタックフレームワークです。

Webアプリケーション開発で必要になるほぼすべての機能を網羅しているフレームワークで、特にシステム管理画面などの開発に適しています。

また、Angular.jsで開発したアプリケーションは動作環境を気にする必要がないため、複数端末で利用されるアプリケーションも開発できます。

JavaScriptのおすすめフレームワーク2:Vue.js

Vue.jsは自由度が高い開発ができるフレームワークです。

2014年ごろにリリースされたフレームワークで、他のライブラリを導入して利用できるため、さまざまなWebアプリケーション開発が可能です。

また、UIの構築にも向いているため、フロントエンドの開発で採用されるケースも多いです。

JavaScriptのおすすめフレームワーク3:React.js

React.jsはUIを構築することができるフレームワークです。

Facebookがリリースしているオープンソースのフレームワークで、高速な動作が可能であることや、信頼性の高さから人気があります。

また、さまざまなWebアプリケーションに導入できるため、使い方を学ぶことであらゆる開発で活用できます。

JavaScriptのおすすめフレームワーク4:jQuery

jQueryはJavaScriptを容易に扱うために生まれたフレームワークです。

そのため、JavaScriptでプログラミングするよりも簡単にプログラミングができます。また、人気の高いフレームワークとなっているため、多くのECサイトやホームページの構築に利用されています。

JavaScriptのフレームワークを習得してスキルアップしよう!

【2021年】JavaScriptのおすすめフレームワークとその理由を解説
JavaScriptのフレームワークを開発に活用しましょう。

ぜひこの記事でご紹介したJavaScriptフレームワークのメリットやデメリット、JavaScriptのおすすめフレームワークなどを参考に、JavaScriptのフレームワークのスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら