その他の保険に関する記事

失業保険のもらい方の流れ5つ|退職前に確認したいこと4つ
失業保険にももらい方の順序や順番があります。説明会へ参加するにも必要な書類があるので、それらはどのような書類なのかを知っておく必要があります。また失業保険は延長ができたり、内職も可能なのでその際の手続き覚えておき、正しいもらい方をするようにします。
個人事業主必見|任意継続保険制度について9つの知っておくこと
個人事業主にとって「任意継続保険制度」はコストパフォーマンスのいい健康保険になる可能性があります。国民健康保険や配偶者の扶養に入る場合に加えてぜひ加入を検討してください。会社時代の所得や健康保険の内容、自治体や家族、直近の事業収入によって保険料は変わります。
個人事業主におすすめの民間保険8つ|選ぶ時のポイント
もしもの場合に備えて、個人事業主の方が民間保険に加入するケースが増えています。今回は、個人事業主におすすめの民間保険8つと選ぶ時のポイントをご紹介していきます。数ある民間保険の中から、個人事業主の人生設計にしっくりくる信頼できる保険会社を見つけ出してください。
個人事業主がおさえておきたい協会保険の情報6つ|
個人事業主の悩みの種と言えば保険に関するものではないでしょうか。個人事業主と協会保険にはどのような関係性があるのでしょうか。また、個人事業主がおさえておきたい協会保険の情報にはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ順番に説明します。
個人事業主は厚生年金に加入できるのか|加入できる年金3種
公的年金には「厚生年金」と「国民年金」があり、「国民年金」は日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は全員加入することになっています。この記事では個人事業主と「厚生年金」の話題を中心に、個人事業主の老後の生活資金にできる3つの年金制度について解説しました。
個人事業主の国民年金7つの基礎知識|雇用者の年金保険
個人事業主は国民年金の納品が義務付けられていますが、余裕があれば任意で健康保険にも加入することができます。他にも付加年金や国民年金基金、確定拠出年金(401k)などもあるため、自分にオススメの保険を見つけて将来のために積み立てておきましょう。
フリーランスが入れる社会保険とは?基礎知識を解説
フリーランスは保険に入ることができます。主な代表例は国民健康保険で、無職の人でも加入が義務付けられています。以前勤めていた勤務先の健康保険にも任意で入ることができますが、保険料を自分で払わなければいけなく、社会人の時よりも保険料が高くなっています。
個人事業主の健康診断の受け方3つ|人間ドッグについて
会社員とは異なり、個人事業主の場合には健康診断を受ける場合には自分で申請や予約が必要になります。そのため会社員よりも健康診断に関する知識が個人事業主には求められます。ここでは健康診断や人間ドックの概要について例を挙げながら紹介します。
個人事業主の方向けの損害保険会社8選|加入するべき保険
損害保険は会社員だけでなく、個人事業主やフリーランスでも加入することができます。不祥事を起こし、賠償金を負担しなければいけなくなった際に、実際の負担額を軽くすることができるでしょう。賠償金の負担だけでなく、将来受け取れる年金にも運用することができます。

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録