初回公開日:2022年06月13日
更新日:2022年06月13日

C#エンジニアの将来性|キャリアの方向性や平均年収についても紹介

記載されている内容は2022年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

C#エンジニアの将来性についてご存知でしょうか。本記事では、C#エンジニアの需要や平均年収、C#エンジニアとして年収を上げていくためにはどうすれば良いかなどについて解説しています。C#エンジニアやフリーランスに興味のある人は、ぜひチェックしてみてください。

「会社員からフリーランスのC#エンジニアとして働きたい」
「既にC#エンジニアとして働いているが、ここから更にスキル・キャリアアップをしたい」
このように、C#エンジニアという職業について興味を持っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、C#エンジニアの将来性や平均年収、C#エンジニアとして年収を上げるためにはどうすれば良いかなどを解説しています。

この記事を読むことで、C#エンジニアに関する知識が得られるほか、C#エンジニアとして年収・単価を上げていくためにはどのようなキャリアプラン・スキルアップが必要か、またフリーランスの今後はどうなるのかについての情報が分かります。

C#エンジニアになりたい、C#エンジニアとしてキャリアアップしたいと思っている人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

C#エンジニアのフリーランス案件の求人動向

C#エンジニアの将来性|キャリアの方向性や平均年収についても紹介
C#はスマホアプリやWebサイトなど、様々な分野の開発で使われている言語です。Unityというゲームエンジンでの開発にも使われるなど、ゲーム開発においても重要な言語になっています。

C#の需要は増えており、求人案件も比較的多めです。

今後、VR・ARや機械学習などへの活用が進んでいけば、需要および将来性は更に高まると言われています。

C#エンジニアの年収はどれくらい?

C#エンジニアの将来性|キャリアの方向性や平均年収についても紹介
ここではC#エンジニアの平均年収を言語別、年代別に紹介しています。

会社の規模や個人のスキルなどにもよって変動しますが、C#エンジニアの平均年収は495万円程度と言われています。平均賃金が300万円程度と言われていますので、高めの年収になっていると考えられます。

また、年代別の平均賃金をみても、50代以外では他の業種よりも高い水準になっていると言われています。
言語平均年収
C# .NET495万円
PHP467万円
Ruby520万円
年代平均年収
20代381万円
30代495万円
40代616万円
50代550万円

C#エンジニアの職種と平均年収

C#エンジニアとして働く場合、働ける職種は様々です。

設計に基づきプログラムを書くプログラマーはもちろん、システムの設計・開発などを手掛けるシステムエンジニア、プロジェクトを管理するプロジェクトリーダーなどがあります。

また、C#はWindowsアプリケーションやスマートフォン向けのアプリなど幅広い分野で使われているため、技術と知識があれば様々なシステム開発に携われます。

未経験での入社の場合、年収はおよそ300~350万円になります。経験を積んでいくと500万円程度の年収も無理なく手に入れられるでしょう。さらに、ベテランのエンジニアにもなると、年収1,000万円以上も狙える求人もあります。

C#は汎用性が高いため、求人の種類が豊富で、年収の幅が大きくなっているのも特徴です。

C#エンジニアとして年収を上げるには?

C#エンジニアとして年収を上げるには、需要の高まっている分野に関する知識やスキルを身につけたり、最新の.NET Frameworkの情報にキャッチアップし続けたりすることが必要になってきます。

加えて、ソフトウェアの開発を容易にするために、WPFやXAMLの理解を深めることも重要になってきます。

ここから紹介する内容は、C#エンジニアに限らずIT業界で働いている人なら応用して活用できるのではないでしょうか。気になる方は、ぜひ参考にしてください。

需要の高まっている分野に関する知識やスキルをつける

C#は汎用性が高く、多分野で使われているプログラミング言語です。その多分野の中でも、今後の需要の高まりが見込める分野に関する知識やスキルを身につければ、平均年収を上げやすくなります。

現在では、ゲーム開発以外の場所でも積極的に使われているUnityや、AR・VRなどの技術に関する需要が高まっていると言われています。

これらに関する知識や技術を身につけ、案件を受けていきましょう。

最新の.NET Frameworkの情報にキャッチアップし続ける

.NET Frameworkとは、Microsoftが提供している「Windowsでアプリケーションを開発・実行するためのソフトウェア開発フレームワーク」です。C#は、この.NET Framework上で動く言語とも表現できます。

Microsoftの環境(Windows環境)によるC#のことを「C#.NET」とも呼びます。C#とC#.NETに大きな違いはありません。

キャッチアップとは「追いつく」という意味の単語であり、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。例えば「仕事の内容や進捗状況を理解する」、「未経験者が仕事の内容を把握する」という時に「状況・内容をキャッチアップする」といったように使います。

業界によって様々な使われ方をしている単語なので注意が必要です。

また、.NET Frameworkは頻繁に更新が行われており、少し触っていないと新しい更新内容についていけないといったことが起こりえます。そうならないためにも、常に.NET Frameworkの最新情報を勉強し、キャッチアップしていくことが大切になってきます。

WPFやXAMLの理解を深める

WPFとは「Windows Presentation Foundation」の略であり、.NET Framework 3.0以降に含まれているUIフレームワークです。主にソフトウェアのUI(ユーザーインターフェース)開発をサポートするための機能が備わっています。

そして、XMALとはアプリケーションソフトのUIを記述するためのマークアップ言語のことです。XMLがベースとなっています。

どちらもソフトウェアの開発を容易にするためのツールであり、覚えておいて損はないでしょう。

C#エンジニアの将来性とフリーランスの今後

C#エンジニアの将来性|キャリアの方向性や平均年収についても紹介
C#はアプリやソフトウェア開発に強く、またUnityに使われていることからゲーム開発でも需要が高まっています。そのUnityはAR・VRなどの最先端技術の開発にも使われていることから、C#に対する需要は今後も高まっていくでしょう。

また、フリーランスという働き方に対する認知度が上がり、フリーランスとして働く人も増えていると言われています。そうなってくると「競争率が上がって生き残れないのでは?」と思われる人もいるでしょう。

請けられる案件を増やすためにも、知識やスキルを磨き続け、仕事を貰える人脈を作っていくことが大切です。

C#エンジニアの年収や需要のある分野について理解しよう

C#エンジニアの将来性|キャリアの方向性や平均年収についても紹介
ここまで、C#エンジニアの需要や平均年収、C#エンジニアとして年収を上げていくためにはどうすれば良いかについて解説してきました。

C#は需要の高い言語であり、そのためC#エンジニアの需要も高まっているでしょう。

だからと言って、その現状に甘んじていると、いつの間にか周りに追い抜かれて請けられる仕事が少なくなる可能性もあります。

常に学習を続け、新しい技術に触れていきましょう。

カテゴリ一覧

案件申し込みもキャリアのご相談も非公開案件のご案内もまずは60秒 無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら
案件検索