初回公開日:2020年12月15日
更新日:2020年12月23日

非公開求人のメリット3選|転職を有利に進めたい人必見!

記載されている内容は2020年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

非公開求人の概要を説明した上で、非公開求人を利用する理由やメリットを、求職者側と企業側のそれぞれの視点で触れています。また、デメリットと考えられるポイントにも触れていますので、安心して非公開求人を活用した就職・転職活動をするために、ぜひ参考にしてください。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

そもそも非公開求人とは

非公開求人のメリット3選|転職を有利に進めたい人必見!
一般には公開されていない求人を非公開求人といいます。

就職や転職の活動中に、ハローワークや転職サイトの検索からは知ることが出来ない非公開求人を扱っているのは、就職・転職エージェントやヘッドハンティング会社です。そういったプロフェッショナルが非公開求人に合致する人材をスカウトしています。

また、転職向けのみならず、新卒向けの非公開求人もあります。キャリアがしっかり描けている場合は非公開求人がおすすめです。

公開求人と非公開求人の違いはある?

公開求人と非公開求人の違いは何でしょうか。

両方とも掲載されている項目や内容に関しては違いはありません。しかし、非公開求人とすることで企業側にも求職者側にもメリットがあるため、敢えて非公開求人が選ばれているのです。

非公開求人へ応募するメリット3つ

非公開求人のメリット3選|転職を有利に進めたい人必見!
非公開求人に応募するメリットは大きく3つあります。

1つ目は、公開求人に比べ応募の倍率が低いことです。倍率が低いということは競合相手が少ないということなので、自ずと採用率が高まります。2つ目は、非公開求人の特性上、ミスマッチが少ないということです。

そして、3つ目は、非公開求人には大手や人気企業の求人も多いという点です。受かりやすく、ミスマッチが少なく、大手企業となるととても魅力的な求人案件といえます。

ここからそれぞれのメリットについて詳しく紹介します。

応募するメリット1:倍率が低い

非公開求人へ応募するメリットの1つ目は、倍率が低いという点です。

非公開求人はそもそも一般に公開されている求人ではありませんので、その求人を知る人は限られています。非公開求人を見るには、エージェントやスカウトを通して知る流れとなりますので、倍率は自ずと低くなります。

したがって、1つの求人に何十人も応募してくるケースと違い、面接へ進む可能性や採用率も高まります。

応募するメリット2:より自分にマッチした求人を見つけやすい

非公開求人へ応募するメリットの2つ目は、より自分にマッチした求人を見つけやすいという点です。

非公開求人は案件数が多く、また、即戦力となる人材を求める傾向があります。そのため、中途採用などで、企業側が採用する人に求める能力や人物像が明確であることが多いです。

非公開求人を目にする機会があった時点で、求職者と企業側の希望のすり合わせがかなり出来ている状態であるといえます。

応募するメリット3:大手や人気企業の案件も隠れている

非公開求人へ応募するメリットの3つ目は、大手や人気企業の案件も隠れているという点です。

大手や人気企業が好条件の求人を公開求人で出した場合、多くの応募や問い合わせで、採用担当部署が対応しきれない場合があります。そういった事態を避けるため、非公開求人を利用し、効率的に人材募集をしている優良企業も少なくありません。

また、採用情報を一般公開したくない企業や、採用までのスピードを重視している企業があることも、非公開求人の中にこうした優良案件が隠れている理由の1つです。

非公開求人へ応募するデメリット2つ

非公開求人のメリット3選|転職を有利に進めたい人必見!
ここまで非公開求人を利用するメリットを紹介してきましたが、逆にデメリットはあるのでしょうか。

敢えてデメリットを挙げるとすれば、非公開求人は自分で事前に下調べが出来ないという点と、非公開求人を知るには、非公開求人を扱うサイトへの登録が必要という点です。

本項では、この2つのデメリットについて詳しく触れるとともに、デメリットを単なるデメリットで終わらせないための方法について紹介します。

就職や転職活動を行う上で大切な考え方でもありますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

応募するデメリット1:自分で事前に下調べが出来ない

非公開求人に応募するデメリットの1つ目は、自分で事前に下調べが出来ないという点です。

非公開求人は、企業や就職・転職エージェントが選んだ求職者にのみ公開することが多く、事前に求職者側が非公開求人の企業情報や求人詳細を調べることは出来ません。

また、非公開求人に応募した場合でも、多くの企業が採用までのスピードを重視していることも多く、事前準備に時間がとれないこともあります。

しかし、企業側のニーズと自分のスキルや経験がマッチングしているという点を忘れず、自信を持って臨めば、このデメリットはある程度カバーすることが出来るでしょう。

応募するデメリット2:サイトへの登録が必要

非公開求人に応募するデメリットの2つ目は、サイトへの登録が必要であるという点です。

非公開求人の探し方は、非公開求人の案件を扱っている就職・転職サイトを探すことから始まります。それぞれのサイトには分野別の強みや特徴があります。

たとえば、IT・エンジニアに特化したサイト、医師・看護師・保健師・薬剤師など医療系のサイト、教師・保育士など教育系のサイト、介護士など福祉専門のサイトなどが得意分野を持つ就職・転職サイトの例です。

自分に合ったサイトを探し、いくつか登録するのがおすすめです。

企業が非公開求を掲載する理由2つ

非公開求人のメリット3選|転職を有利に進めたい人必見!
企業が非公開求人を出すには大きく分けて2つの理由があり、1つ目は社内の情報を漏らさないため、2つ目は効率的に採用を進めるためです。

ここでは主な2つの理由について詳しく紹介します。

企業側にもメリットがあるのが非公開求人です。企業側が非公開求人を出す理由を知り、自分の就職・転職活動に役立ててください。

どうして自分に非公開求人の案件が届いたのか、どういった背景があるのかも知ることが出来る可能性があります。特に興味のある案件であれば、企業側の立場から求人を考察するのも強みとなります。

掲載する理由1:社内の情報を漏らさないため

企業が非公開求人を掲載する理由の1つ目は、社内の情報を漏らさないためです。

企業が公開求人を行った際は、採用人数や時期、年収や業務内容まで様々な情報を一般に公開することになります。これは、企業にとっては他社に自社の情報を知られることでもあります。

特に、幹部や重要なポジションの求人を行う際は、事業戦略を含む社内の情報を漏らさないために非公開求人を利用する傾向があります。

掲載する理由2:効率的に採用を進めるため

企業が非公開求人を掲載する理由の2つ目は、効率的に採用を進めるためです。

間にエージェントやスカウトが入ることがメリットの非公開求人を利用することで、社内の採用部署が多数の応募者と向き合う手間や費用を抑え、効率的に採用を進めることが出来ます。

既に企業側と求職者がマッチングされた状態から採用活動を進めることは、双方にとってプラスであると言えるでしょう。

非公開案件を利用して転職を有利に進めよう!

非公開求人のメリット3選|転職を有利に進めたい人必見!
スキルや経験の他にも、英語や勉強中の資格などがあれば、しっかり転職サイトの登録時に記載しましょう。

未経験歓迎の非公開求人もありますので、自身のキャリアや人柄も伝わる内容であれば、非公開求人にスカウトされる可能性も高まります。一般公開に比べ応募者が少なく、優良案件も多い非公開求人を活用して、転職を有利に進めましょう。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら