最終更新日時:2019年04月10日

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ

クラウドソーシングサイトとは、インターネット上で不特定多数の人に仕事を依頼、受注する場所のことをいいます。好きな時間に興味のあるジャンルの仕事をすることができます。クラウドソーシングの仕事の種類や進め方について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。



クラウドソーシングサイトとは

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
クラウドソーシングサイトとは、パソコンやスマートフォンを使ってインターネット上で不特定多数の人に仕事を依頼、または依頼を受けることを言います。ご自分のライフスタイルに合わせて、好きな時間に好きなだけ仕事ができるということで、学生や主婦の副業としても人気です。

企業に勤めた際の給与に比べ報酬は低額ですが、コツをつかめば短時間で多くの仕事がこなせるようになり、慣れると30万円から50万円稼ぐ方もいます。

クラウドソーシングサイトはどのくらいあるの?

クラウドソーシングサイトは、現在30以上のサイトがあり、そのクラウドソーシングサイトによって金額や手数料、振込方式が異なります。また、プロ向けのサイトから初心者向けサイトまで、さまざまです。

仕事量は現金で振り込まれるものがほとんどですが、中には現金のほかにAmazonポイントなどで受け取ることができるクラウドソーシングサイトもあります。

クラウドソーシングサイトの選び方

クラウドソーシングサイトでお仕事では、アンケートや記事の作成をされる方がほとんどです。クラウドソーシングサイトで取り扱いのある案件には、文字数の少ないものから多いものまでさまざまありますが、慣れるまでは 500文字程度でも時間がかかることがあります。

文字数によって時間が短く設定されているクラウドソーシングサイトもありますので、初心者の方は文字数の少ない案件を多く扱っているクラウドソーシングサイトを選びましょう。

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
それでは次に、クラウドソーシングサイトで効率的に稼ぐことができるスキルや仕事を紹介します。クラウドソーシングサイトでは、多種多様な種類の案件が用意されていますので、ご自分の特技を生かして効率的に仕事をこなしましょう。

これからクラウドソーシングにチャレンジしようという方は、仕事を選ぶ際の参考にして下さい。

1:ライティング

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
ライティングは、わかりやすく言うと記事を作製するお仕事です。クラウドソーシングサイトでは、初心者向けのものから上級者向けのものまで、たくさんの案件が用意されています。

執筆する記事は、ブログ形式のものやコラムなど、テーマも多種多様にあり、用意されたマニュアルに沿って依頼主の意向に合った記事を書いていきます。

マイナスのイメージを与える言葉を使わないなど、マニュアルをよく読んで仕事に取り掛かる必要があります。

2:デザイン

クラウドソーシングサイトでは、デザインの仕事を募集しています。イラスト作製やロゴ作成、似顔絵などさまざまなものがあります。Photoshopやillustratorなどのソフトを使えるのであれば、ぜひチャレンジしてみましょう。

デザインのお仕事は、ライティングなどの仕事に比べ単価が高いですが、それだけ時間もかかりSkypeなどを使って、クライアントとこまめに連絡を取らなければならない場合もあります。

3:翻訳

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
英語や中国語など、外国語ができるのであれば翻訳の仕事もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。翻訳の仕事は、クラウドソーシングサイトで募集している企業から受け取った資料をもとに、翻訳や通訳を行います。

そのほか、直接会場まで赴き実際に会場で通訳行う場合や、音声データや映像ファイルを見ながら翻訳する仕事もあります。外国語ができれば初心者でもできるお仕事もあり、比較的単価も高いので挑戦してみましょう。

4:アンケート

クラウドソーシングサイトでは、商品についてと企業イメージに関するアンケート調査のお仕事もあります。単価は比較的安価ですが、だれにでも簡単に答えることができ、案件数をこなせば効率的に稼ぐことができます。ただし、適当にこなしていると仕事を受けることができなくなることがありので注意しましょう。

5:軽作業

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
パソコンが苦手という方や、文字入力が苦手な方には軽作業を行う仕事もあります。例えば、ポスティングやシール貼り、通信販売や中古買い取り商品の検品作業、梱包作業など、自宅にいることが多い方に向いています。

また、荷物が大量に送られてくる場合もありますので、ある程度のスペースも必要になります。ただだし単価は安いので、稼ぐ目的であればある程度数をこなす必要があります。

6:プログラミング

プログラミングのお仕事では、ホームページの作成やアプリの開発を行います。クラウドソーシングサイトが募集する仕事の中でも、専門性が高く初心者向けではありません。

そのため、報酬額はかなり高額で、この仕事だけで生活している方も少なくありません。パソコンが得意な方は、プログラミングスキルを身につけて会社に縛られることのない自由なライフスタイルを満喫してみてはいかがでしょうか。

7:家事代行

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
家事代行サービスといえば、建物管理会社や清掃業者に依頼するイメージがありますが、クラウドソーシングサイト内でも家事代行サービスのお仕事を依頼、受注が可能です。

クラウドソーシングサイト上で連絡を取り合い、お部屋の間取りや時間、回数、掃除してほしい場所の相談を行います。しかし、報酬額は清掃業者や家事代行サービス会社に勤務した場合の半額程度になります。

8:出品作業

クラウドソーシングサイトでは、オンラインストアへの出品作業もあります。通信販売を行っている企業が運営するサイト上で商品の情報を更新したり、出品作業のお手伝いをすることもあります。

また、オークションを代行する仕事もあり、画像の編集や加工をします。出品作業を行うには、指定されたアプリが必要になる場合もあり、正確さや早さが求められます。

9:音楽制作

音楽制作の仕事もまた、初心者向けではありません。例えば企業のCM音楽や、ショップのBGMのほか、ゲーム音楽の作曲や編曲を行うこともあります。また、教材のナレーションや会話が聞きやすくなるよう編集する仕事もあります。

10:事務

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
クラウドソーシングサイトでは、簡単な事務処理を行う仕事があります。営業事務のほか、文書作成など自宅でも行いやすい仕事もあり、丁寧なやり取りができる人や仕事が早い人などが求められます。専門知識を必要とする場合もありますが、空いた時間でも行えるため、育児中の主婦にも人気です。

11:市場リサーチ

クラウドソーシングサイトでは、インターネットを利用して情報収集したり、エステや美容院などに赴き、覆面調査を行うお仕事もあります。クラウドソーシングサイトの中では比較的単価が高く、時間もそれほどかけることなく稼ぐことができます。

費用をかけずにエステで施術を行うことができ、経験や資格の必要がありませんので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

12:資料作成

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
クラウドソーシングサイトでの資料作成の仕事は、クライアントの指示に従い、会議やプレゼンに必要になる資料を作成する仕事です。PowerPointなどが必要になる場合もあり、スキルや専門知識を必要とするものは、それだけ単価が高くなります。

13:データ入力

データ入力の仕事は、その名前からもわかるように、指定された資料をもとにデータを入力していく作業です。指示に従って文字や数字を入力するだけですので、正確さが求められますが、パソコンあればだれにでもできる仕事になります。

記事を書いたことがないという初心者の方は、まずデータ入力の仕事からチャレンジしてみてもよいでしょう。

14:文字おこし

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
文字おこしのお仕事は、クライアントから送付される音声ファイルや映像データを見聞きして、それを文字入力する作業です。ある程度パソコンが使えれば誰にでもでき、慣れれば短時間で稼ぐことができます。

15:校正

これは、クライアントの指示に従って、送付された記事をもとに書き直す作業です。ライティングの仕事にも近く、使用するキーワードの回数が決められていたり、正しい言い回しをするなど、言葉づかいが正確でなければいけません。

ライティングのお仕事をしていると、記事の修正を求められることがありますが、これに慣れると校正の仕事も楽に行えるようになります。

クラウドソーシングでつかわれる用語3つ

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
クラウドソーシングサイトでは、普段はあまり耳にしない言葉も使われます。例えばクラウドソーシングサイトのお仕事は、タスク形式、プロジェクト形式、コンペ形式の3つに分類されています。

クラウドソーシングサイトで仕事をしていくと、意味が分からない用語が出てくることがあります。用語が分からないと仕事の手をとめる必要が出てきますので、これを機会にクラウドソーシングサイトでよく使われる言葉を覚えましょう。

1:タスク形式

タスク形式のお仕事は、データ入力など簡単なものが多くスキルや経験の必要がありません。初心者を対象に募集しているお仕事が多く、例えば URLを張り付けるだけなど単純作業がほとんどです。

タスク式にもブログ記事の作成などのお仕事がありますが、単価が安いものがほとんどで、大体1円から100円程度となっています。そのため稼ぐのであればかかる時間や労力と金額を照らし合わせて考えましょう。

2:プロジェクト形式

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
プロジェクト形式は、クライアントと個別に契約を取り交わし報酬を受け取るお仕事です。ライティングのお仕事からプログラミングなど、ある程度の経験やスキルが求められます。

その代わりタスク形式に比べて一回の単価が高額なのが特徴です。プロジュクト形式のお仕事に応募するにあたっては、週に1回から2回など時間や仕事量が決められていますので、ある程度時間を確保できる方に向いています。

3:コンペ形式

コンペ形式のお仕事では、デザインや商品のロゴ製作など、クリエイティブなスキルを必要とします。クライアントは、クラウドソーシングサイト上で作品を募集しますので、それに応募し選ばれれば報酬が支払われます。

作品を提出するまでには時間もかかりますし、選ばれなければ報酬が支払われませんので、確実に稼ぐ仕事をしたい方には不向きです。しかし、ご自分のスキルを試したい方や、スキルアップを目指す方にはおすすめです。

クラウドソーシングサイトで仕事を見つけよう

クラウドソーシングサイトで稼げるスキル15|用語3つ
いかがでしたか。今回はクラウドソーシングの仕事の進め方や、仕事の種類について紹介しました。クラウドソーシングで確実に稼ぐには、作業にあてられる時間と、得られる報酬額を照らし合わせて仕事のタイプを選びましょう。

まだ初心者のうちは、タスク形式のお仕事や文字数の少ないライティングのお仕事など、ある程度経験を積んでから単価の高いお仕事に取り組むと良いでしょう。
60秒でできる
無料会員登録