最終更新日時:2019年03月30日

おすすめのパッケージ会計ソフト10選|クラウド会計ソフト5選

経理情報の管理を簡単かつシームレスにできるのが会計ソフトです。会計ソフトはエクセルと異なり、決算時の経理情報を一元管理し、編集する事ができるほか、データベースの情報を見て会社の経営状態の把握をしやすくする事ができます。おすすめの経理情報について解説しました。



会計ソフトとは?

おすすめのパッケージ会計ソフト10選|クラウド会計ソフト5選
正式には「会計ソフトウェア」といい、会計を専門に処理することができるアプリケーションソフトウェアです。会計ソフトは具体的には売掛金台帳、買掛金台帳、賃金台帳、試算表といった機能を持っていて、専門知識がなくても会計処理を的確に行う事ができます。

かつてはパッケージ版の会計ソフトが一般的でしたが、インターネット接続を応用した「クラウド会計ソフト」や、機能性を拡張した「ERP」も登場しています。

パッケージ会計ソフト

パッケージ会計ソフトは、家電量販店などで販売されている会計用のパッケージソフトです。パソコンが一般企業に普及した頃から販売されており、これまで長い間運用されてきた実績があります。

パッケージ会計ソフトはオンライン接続を行わずにソフトの起動や操作を行うことができるので、少し古くなったパソコンでも活用を続ける事ができるというメリットもあります。また、万が一回線障害が生じている時でも安心です。

やよい会計などが代表的な例です。

クラウド会計ソフト

近年注目を集めているのは、「クラウド型会計ソフト」です。クラウド型会計ソフトのおすすめポイントは、「ソフトの価格が割安(月額制)」という点と、他にも「仕訳作業を自動化しやすい」という点です。

使用料金は月額制で、多くは1,000円から3,000円ほどの価格で使用でき、加入前にお試し活用をする事もできて便利です。自動仕訳機能は、プログラムで自動化できるため業務の効率化を図ることができます。

ERP

ERPというのは「Enterprise Resources Planning」の略で、企業運営に関わる情報を数値化し、一元管理する事ができるシステムです。

経理や財務情報だけではなく、営業や販売員に関する情報や、商品の在庫情報、商品調達に関する情報などがデータベースに蓄積されます。経営者はデータベースにアクセスすれば経営状態を掌握でき、各部署の営業成績をグラフ化してチェックするといった事もできます。

基本的には大企業向けのものなので、フリーランスや個人事業主が使うことはないでしょうが、仕事の中で関わることはあるかもしれません。

おすすめパッケージ会計ソフト10選

記事執筆時に販売されている製品で、おすすめしたいパッケージ会計ソフトを10種類紹介していきます。現在Excelだけで経理業務を進めている方は、業務自動化などメリットがあるソフトも多く、作業効率アップに繋げる事ができます。

経理情報だけでなくさまざまな業務を一括管理できるソフトがありますので、会社の経営規模に応じた会計ソフトの選定を行い、職場の生産性向上を行いましょう。

1:EPSON財務応援

会計ソフトで有名なエプソンが作成した本格的なパッケージ会計ソフトです。このソフトは「入力から決算処理までの作業を簡単に行う」ことができ、また「経営分析に役立つ便利機能が豊富に搭載されている点」が、おすすめできるポイントです。

経理に関する情報を一元管理し、電子申請までをスムーズに手続きする事ができます。見やすい操作メニューEiボードにて、経理状態を常にチェックできる点も、おすすめできるポイントです。

EPSON財務応援

出典: https://www.epson.jp/products/ac/zaimu_oen/ |

2:MJSかんたん会計

経理初心者に最適な、個人事業~小規模法人向けの、シンプルで使いやすい会計ソフトです。このソフトは面倒でわずらわしい設定をせずとも、簡単に導入することができるほか、ソフトに備えられた支援機能により経理作業をストレスなく行うことができます。

専門的な知識が不要で、経理がはじめての方でもわかりやすく操作しやすい帳簿画面で作業を進めることができます。無料体験版があるので、気軽に試用できるのもおすすめポイントです。

MJSかんたん会計

出典: http://miroku.mjs.co.jp/kaikei |

3:ツカエル会計

シンプルでわかりやすい画面で定評がある「ツカエル会計」は、洗練されたスタイリッシュな画面構成が魅力的な会計ソフトです。

「ツカエル会計」は、快適に動作を行う事ができる点がポイントで、「今すぐ使いたいのに、立ち上がりが遅い」とか「データの集計ボタンを押すとしばらく処理に時間がかかってしまう」といったわずらわしさを感じる事がなく、スムーズな作業が可能です。

専用用紙を使わず、綺麗な帳簿印刷ができる点もおすすめポイントです。

ビズソフト・ツカエル会計

出典: http://www.bizsoft.co.jp/products/acc/ |

4:勘定奉行

自動記帳、会計帳票・分析資料、かんたん書類作成といった便利機能を搭載している、「勘定奉行」は、小規模から中堅・上場企業まで幅広い企業の経理処理に対応しています。

会計ソフトとしてはテレビコマーシャルなどでも知られており、知名度が高いという点でもおすすめできるソフトです。永年サポートに対応しており、購入後は最新プログラムの提供を受けられるという点でも安心感があり、おすすめできるポイントです。

OBC勘定奉行

出典: https://www.obc.co.jp/bugyo/kanjo |

5:弥生会計

幅広いニーズに対応したラインナップを展開している弥生会計は、個人事業主から中小規模法人まで、幅広い製品ラインナップのパッケージソフトが販売されています。

クラウド製品にも対応しているのが特徴で、パッケージ版のソフトと同等のラインナップが提供されており、クラウド上で出先での会計管理も一元的に処理する事ができるおすすめ会計ソフトです。例えば「やよいの白色申告オンライン」は、自営業主の確定申告も安心です。

弥生会計

出典: https://www.yayoi-kk.co.jp/ |

6:経理じまん

シンプルで事務管理を行いやすい帳簿画面が特徴の「経理じまん」は、伝票印刷の機能に特化しており、サプライ品として専用の伝票も用意されている会計ソフトです。

頻繁に行われる取引は、自動仕分けに登録しておくだけで簡単に記帳することができ、業務の効率化を推進させる機能も多数搭載されています。eTAXはもちろんeLTAXにも対応しており、主に中規模法人までの企業の活用に向いています。

PCA・経理じまん

出典: https://pca.jp/area_product/prokei.html |

7:会計王

個人~中小企業向けのソフトで、国内99%の金融機関から利用した際の明細を直接取り込みする事ができる機能を備えています。そのため、引き落としなどの伝票を記入する際にありがちな間違いや、記入漏れといったミスを減らすことができます。

また、実際の実務に応用できる解説テキストがついている点もおすすめポイントです。バージョンアップの無料サポートも提供されており、新年号や消費税の対策も安全です。

会計王

出典: https://www.sorimachi.co.jp/products_gyou/acc/ |

8:会計でき太

はじめて使う方におすすめな会計ソフトが「会計でき太」で、ソフトウェアベンダーのベクターPCショップなどでオンライン購入をする事ができます。「会計でき太」は、日常入力をすると自動計算と転記を行い、帳票や決算書を自動的に作成してくれる便利なソフトです。

細かいことはソフトにおまかせして、短時間で経理書類を作成したいという方におすすめしたい会計ソフトです。個人事業から中小企業にまで幅広く活用する事ができます。

WESTSIDE会計でき太

出典: https://pcshop.vector.co.jp/service/catalogue/dekita/ |

9:わくわく財務会計

わくわく財務会計は、経理の一連の作業をスムーズ、スピーディーに行う事ができるおすすめ経理ソフトです。会計ソフトとしては、必要な機能を十分に押さえながらも、手頃な価格で導入を行うことができるという点もメリットがあります。

個人事業主から中小法人まで対応できる機能性を持っており、これから起業をしたり起業準備を考えているという方にもおすすめできる会計ソフトです。コストを押さえ、機能性も求めている方はチェックしてみましょう。

わくわく財務会計

出典: https://www.lan2.jp/acc/as.html |

10:かんたん給与印刷

かんたん給与印刷は、手軽なコストで導入する事ができて、初心者の方でもわかりやすく配慮されているソフトです。

指定された必要項目へ入力を行うだけで、簡単に給与明細書、源泉徴収票などを印刷する事ができるほか、アップデートで最新の源泉徴収票にも対応可能な機能を備えており将来性もあります。従業員80名までの給与管理ができるため、個人事業から中小企業まで、給与管理を低コストで対応できます。

IRTかんたん給与印刷

出典: https://irtnet.jp/bussiness/Kantan_Kyuyo8/ |

おすすめクラウド会計ソフト5選

次に、ネットワーク上で作業を行うクラウド会計ソフトを5種類紹介していきます。クラウド会計ソフトのメリットは、個別のパソコンへソフトをインストールする事なく、クラウド会計ソフトを公開しているインターネットサイトへ登録やアクセスを行う事で活用できます。

パソコンへインストールする必要のないクラウド会計ソフトは、会社だけでなくネットカフェなどでも作業することができるというメリットがあります。

1:勘定奉行クラウド

勘定奉行クラウドはパッケージソフトの勘定奉行シリーズの機能を、クラウド機能を用いて作成する事ができる便利な経理ソフトです。

企業内にデータベースサーバを設置する必要がなく、社内からでも自由にクラウドサーバへアクセスし情報を管理を行う事ができます。世界トップレベルのセキュリティを実現できる「Microsoft Azure」を採用しており、データを安全に運用する事ができる点もおすすめできるポイントです。

OBC勘定奉行クラウド

出典: https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud |

2:クラウド会計ソフト freee(フリー)

近年人気を集めているクラウド会計ソフトがfreeeです。個人向け・法人向けと個別に用意されており、はじめての方でも簡単に操作し、確定申告に対応した帳簿作成を行うことができます。

クラウド会計ソフトでもシェアを集めているのが特徴で、シェアNo.1の実績もあります。(2019年1月現在)質問に答えるだけで、簡単に確定申告に必要な書類が作れる便利機能もあり、おすすめです。

Midworksに登録した場合、このfreeeを無料で使えるようになります。

クラウド会計ソフト freee(フリー)

出典: https://www.freee.co.jp/kakuteishinkoku/ |

3:PCA会計クラウド

PCA会計クラウドは自社サーバ不要で、インターネット経由で基幹業務ソフトを手軽に活用する事ができるクラウド会計ソフトサービスです。専用のサプライ・印刷帳票も用意されており、見やすく綺麗にプリントアウトする事ができます。

日常の業務や取引で生じた伝票を入力する太けで、元帳や試算表、決算表の作成を行う事ができます。経営分析や、各種帳簿、帳票の印刷も可能で、事務作業の効率化を図るのに役立ちます。

PCA会計クラウド

出典: https://pca.jp/area_product/prokai.html |

4:やよいの青色申告オンライン

インストール不要で、手軽に誰でも簡単に使う事ができるクラウド会計ソフトです。セルフメディケーション税制などの新しい申告内容にも柔軟に対応しているのが特徴で、はじめて青色申告をするという人には最適なクラウド会計ソフトです。

やよいの青色申告オンラインは、Macにも対応しており、簿記のことはよく分からない方でも確定申告を行いやすいように工夫されています。公式ホームページでは動画による解説もされているため、チェックしてみましょう。

やよいの青色申告オンライン

出典: https://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro_ol/ |

5:マネーフォワード クラウド会計

MFクラウドは銀行口座と連携し、データ入力・仕分け作業といったミスが生じやすい作業を自動化してくれたり、スマホでレシートを読み込んで経費清算を行う機能が搭載されています。

請求書作成や郵送などの事務作業をクラウド上で効率よく行うといった、ユニークな機能が搭載されている点でもおすすめです。これまでにない事務効率化が期待できます。

MFクラウド会計

出典: https://biz.moneyforward.com/ |

おすすめを参考に自分に合った会計ソフトを探そう!

おすすめ会計ソフトを紹介してきましたが、結局使いこなせなければ導入してもメリットがないため、自分が使いやすい形式の会計ソフトを導入しましょう。紹介してきたおすすめクラウド会計ソフトの多くは、導入前にお試し試用を行うこともできます。

会計ソフト導入には、お試し試用期間を活用し購入前の検討を行ってみるのもいいでしょう。価格や機能性、ブランドに固執せず、自分の経営規模に応じた会計ソフトを選ぶのがおすすめです。
60秒 でできる
無料会員登録