初回公開日:2021年01月26日
更新日:2021年02月15日

ゲームプログラマーの年収を大調査|企業規模別・経験年数別・男女別

記載されている内容は2021年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ゲームプログラマーの年収がどれぐらいなのか気になる方も多いのではないでしょうか。今回は「企業規模」「経験年数」「男女別」でどれぐらいなのかを調査しています。これからゲームプログラマーのフリーランスとして活動される方に必見です。

ゲームプログラマーの年収の特徴

ゲームプログラマーの年収を大調査|企業規模別・経験年数別・男女別
近年素晴らしいゲーム機やソフトが発売されています。そこで気になるのがゲームプログラマーの年収ではないでしょうか。調査方法にもよりますが、おおよその平均年収は400万円~500万円程度です。

もちろん企業によっては、ゲーム機やゲームソフトの売り上げ次第で給料が変わっていきます。

年代別ゲームプログラマーの年収

ゲームプログラマーの年収を大調査|企業規模別・経験年数別・男女別
ゲームプログラマーの年収は年齢によっても違いが出てきます。20代あれは295万円~369万円程度で、30代で296万円~409万円、40代で339万円~515万円、50代で442万円~547万円が平均年収となっています。

企業やフリーランスの働き方によっては、平均年収は変わってきます。

男女別ゲームプログラマーの年収

ゲームプログラマーの年収を大調査|企業規模別・経験年数別・男女別
ゲームプログラマーの年収は年齢だけではなく、男女別でも変わってきます。男性の場合であれば、506万円程度が平均年収となります。また、女性の場合だと382万円程度が平均年収となっています。

ですが、働き方によって平均年収は変わってきますので参考までとして受け止めましょう。

フリーランスゲームプログラマーの相場単価

ゲームプログラマーの年収を大調査|企業規模別・経験年数別・男女別
フリーランスで働く場合、経験者、特にコンシューマーゲーム開発者が優遇されるため、1年目で日が浅い人は単価が低い傾向があります。

もちろん個人事業主としての支払いもあるため手取りの計算は変わってきますが、たとえば経験2年目の月単価の相場は、おおよそ50~60万円といわれています。

現在、ゲームプログラマーは人手不足となっており、即戦力となるフリーランスプログラマー
の需要は高くなっているため、非常に高単価の案件もあり、会社員からフリーランスになると収入も上がることも多いです。

ゲームプログラマーに求められるスキル3つ

ゲームプログラマーの年収を大調査|企業規模別・経験年数別・男女別
ゲームプログラマーという職種には、特別な資格は必要ありません。スキルさえあれば誰でもなれますが、あらゆるスキルを網羅する必要があります。

ここでは一流のゲームプログラマーになるためのスキルを紹介します。

ゲームプログラマーに求められるスキル1:コミュニケーション能力

ゲーム作りは1人ではできません。多くの人が関わってくるためチームの一員として自分の考えを提案し、上司の指示を正確に理解しないと円滑に事が運ばなくなる恐れがあるからです。

コミュニケーション能力を身につけられるように「傾聴力」「論理的に話す能力」を常日頃から意識しましょう。

ゲームプログラマーに求められるスキル2:VR・AR・MRなどの最新技術知識

一昔のゲームの支流と言えば2Dや3Dといった技術でした。しかし昨今ではVR・AR・MRなどの最新の技術を使ったゲームが話題を呼んでおり、それにともないゲームプログラマーも最新技術を身に着ける必要が出てきています。

VR・AR・MRといった最新技術のスキルを身に着けることで、フリーランスとして働く際に仕事の幅も広がってきます。

ゲームプログラマーに求められるスキル3:ディレクター経験

開発現場においてチーム全体を束ねる責任のある仕事、それがディレクターです。平均年収は勤務先によって400万円~500万円程度です。ただし、人気作のディレクターにまで成長できれば、さらに大きな収入を得ることも夢ではないでしょう。

常に時代のニーズをとらえ、豊かな感性やセンスが求められます。企画段階から完成までの間、多くのスタッフに作品のクオリティに関する指示を出す責任のある役職です。

責任のある仕事を経験している人はどの企業でも重宝するでしょう。

ゲームプログラマーの年収はいかがでしたか

ゲームプログラマーの年収を大調査|企業規模別・経験年数別・男女別
ゲームプログラマーは専門的な知識や技術が必要とされる職種のためスキルが高ければ高いほど収入も上がります。ゲームメーカーに所属して経験を重ね、やがて独立する例も決して珍しくありません。

フリーランスになると、会社の看板であるゲームプログラマーは、専門的な知識や技術が必要とされる職種のため、スキルが高ければ高いほど収入も上がります。ゲームメーカーに一旦入って経験や実績を積み重ね、独立するケースも珍しくありません。

フリーランスになると会社の看板で仕事することは難しくなりますが、スキルが高ければ高単価の案件も請け負いやすくなります。

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら