初回公開日:2020年12月15日
更新日:2020年12月23日

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介

記載されている内容は2020年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ScalaはWebアプリ開発やシステム開発・ソーシャルゲームの開発などに使われる言語です。Javaとの互換性が高く今後ニーズが増えていくことも考えられます。Scalaエンジニアとしての評価を高めるために実績を積むこととスキルアップを図ることが大切です。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

Scalaとは

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介
Scalaとは、2003年に開発されたプログラミング言語です。

特徴として、オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの二つを融合させているという点があります。

オブジェクト指向とは、クラスという部品を作り、それを組み合わせて作っていくプログラミングです。また、関数型プログラミングは、関数を組み合わせてプログラムを作っていきます。Scalaはこの両方を扱うことができる言語です。

また、ScalaはJVM(Java Virtual Machine)上で動作するということも特徴です。JVMとはJava仮想マシンのことで、それによりScalaは多数存在するJavaのライブラリを簡単に利用することができます。

Webサービスの中にも、Scalaで作られたものが多数あります。具体例として、海外ではTwitter、国内ではSmartNewsやChatworkなどが挙げられます。

Scalaのフリーランス案件に在宅案件はあるか

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介
現状では、Scalaのフリーランス案件に在宅での案件はほとんどありません。

Scalaの案件はセキュリティや契約の関係で、ほとんどが常駐して行う案件であるためです。そのため、在宅でフリーランスとして仕事をしたい場合はScalaは不向きと言えます。

Scalaのフリーランス案件に未経験で参画できるか

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介
今まで開発を経験したことのないエンジニアが、Scala未経験で参画できるScalaのフリーランス案件は多くありません。

ただし、Scalaは未経験であっても他言語での開発経験がある場合は、参画できるフリーランスの案件があります。特に、Scalaと互換性が高いJavaでの開発経験がある場合には評価が高くなるでしょう。

Scala案件の種類3つ

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介
では次に、Scala案件としては実際どのようなものがあるのかをご紹介します。

Scala案件としては、大きく分けてWebアプリ開発、システム開発、ソーシャルゲーム開発の3つがあります。

Scalaの案件内容1:Webアプリ開発

Scalaの案件内容の1つ目は、Webアプリ開発です。

タブレットやスマートフォンが普及したことにより、ScalaがWebアプリケーション開発に使われることが増えています。

現在、積極的にScalaを導入している企業はまだ多くはありませんが、Scalaの人気は急速に伸びてきています。今後の需要を考えるとScalaを扱えることは有利に働くと言えます。

またこれらWebアプリ開発の案件は、多くの場合でJava、PHP、Ruby、Pythonなど、Scala以外の類似開発言語での開発経験を求められます。

Scalaの案件内容2:システム開発

Scalaの案件内容の2つ目は、システム開発です。

事業所が社内のシステム開発を行う際に、Scalaを使う案件があります。

システム開発とは、企業の業務の効率化を図るためのシステムや金融機関の金銭管理のシステムなど、業務上使用されるシステムの開発のことです。

企業は安定して稼働する強固なシステムを求めますので、安定性があり実行速度が速いScalaが採用されることが多いです。

Scalaの案件内容3:ソーシャルゲーム開発

Scalaの案件内容の3つ目は、ソーシャルゲーム開発です。

ソーシャルゲームの開発に、Scalaが使われることがあります。

現在、ソーシャルゲームの開発には多額の費用がかかるため、小規模なゲーム会社での案件は多くないのが現状です。大手企業のサーバーサイドでの案件が中心となっています。

代表的なところとしてグリー株式会社があり、その他の有名なゲーム会社でもScalaが使われています。

Scalaのフリーランス案件の相場単価は?

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介
Scalaの経験年数や持っているスキルによって相場は大きく変わりますが、Scala案件は他の開発言語に比べると、単価がやや高い傾向にあります。それは、Scalaの案件数に対してScalaエンジニアの数が少ないことが原因となっています。

Scalaのフリーランス案件の相場は、月収25万円~75万円までと幅が広く、この相場は、Scalaの経験年数によって変動します。

例えば週5日常駐案件の場合、65万円~100万円の間におさまることが多いです。中には単価100万円も超える案件も存在します。Midworksに掲載されている案件の相場単価は約77万円でした。(※2020年1月1日-2020年11月30日にMidworksに掲載されている案件から算出。)

Scala開発経験が豊富な場合には、年収1,000万円を超える可能性もあります。

Scalaエンジニアのスキルアップ方法

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介
Scalaエンジニアとしてスキルアップするには、どうすれば良いのでしょうか。

次に、Scalaエンジニアとしての評価を高め高単価を目指すために必要な、Scalaエンジニアとしてのスキルアップの方法をご紹介します。

Scalaの使いこなせるフレームワークを増やす

近年Webアプリケーション開発においては、フレームワークが活用されてきています。フレームワークとは、システム開発を簡単に行うことができるよう作られた枠組みのことです。

Scalaフレームワークには、代表的なものとしてPlay Framework、Finatra、Skinny Framework、Lift、Xitrumなどがあります。

これらのフレームワークを扱うためのスキルを持っていると、Scalaエンジニアとしての評価が高くなるでしょう。

Scalaのおすすめフレームワーク1:Play Framework

Play Frameworkは、軽量で動作が早いことが特徴のフレームワークです。

コンパイルにかかる時間が短くコードがすぐに反映されますので、スピーディーな開発ができます。

また、Play Frameworkは、他のフレームワークと比べた場合、軽量であること、学習の難易度が低いことから、学習環境としても利用がしやすいと言えるでしょう。

Scalaのおすすめフレームワーク2:Finatra

Finatraとは、Twitter社が開発した軽量のWebフレームワークです。

高速でテストすることができます。また、Twitter社が自社のサービスにも使っていることからも信頼性が高いフレームワークであると言えるでしょう。

Scalaのおすすめフレームワーク3:Skinny Framework

Skinny Frameworkは、「Scala on Rails」をコンセプトとしたWebアプリのフレームワークです。

Skinny(スキニー)と略されて呼ばれることが多く、Webアプリ開発が簡単にできるように作られています。そのため、ScalaでWebアプリを作ってみたいと思った際に、気軽にスタートできるでしょう。

Scalaのおすすめフレームワーク4:Lift

Liftは、開発者を中心に考え、安全性が高い強力なWebフレームワークを意識して作られています。

特徴としては、コントローラーの概念がなく、先に画面から作っていくという点があります。

Scalaのおすすめフレームワーク5:Xitrum

Xitrumは、NettyとAkka をベースに、非同期かつクラスタ化されたWebフレームワークです。

最も安全なフレームワークを目指しており、Scalatraよりも強力であり、Liftよりも簡単です。

Scala以外の言語にも挑戦する

Scalaエンジニアとしてスキルアップを目指すのであれば、Scala以外の言語の習得を目指しましょう。

Scala開発では、例えばJava、PHP、Python、JavaScript、Rubyなども頻繁に使用されます。これらの言語を習得すればWebアプリケーション開発の場においてさらに活躍ができるでしょう。

Scalaの案件に応募してみよう!

Scalaのフリーランス案件数と相場単価ってどうなの?案件内容も紹介
現在、Scala案件で在宅や未経験者の求人はほとんどありません。

しかし、Webアプリやシステム開発の場でScalaを使うことが増えていることからも、Scalaエンジニアの需要は、今後増えてくることはあっても減ることはないでしょう。

また、キャリアアップのためにScala以外の言語を習得したり、多くのフレームワークを扱えるようになることで、Scalaエンジニアとしてのスキルが上がり評価が高くなります。

Scalaのフリーランス案件の相場は、経験年数、そして持っているスキルによって大きく変化しますので、まずは実務経験を積むことが大事です。

Scala案件に応募し、開発の実務経験を積んでいきましょう。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら