最終更新日時:2019年01月16日

エンジニアの副業のメリットとデメリット15つ|副業の探し方

副業でエンジニアの仕事をしようと考えている人も多くいるのではないでしょうか。エンジニアの仕事は特別な知識や技術が必要になるため、人を選ぶ副業でもあります。ここでは、副業でエンジニアをするメリットとデメリットを紹介するため参考にしてください。

エンジニアとは

エンジニアの副業のメリットとデメリット15つ|副業の探し方
エンジニアという職業を知っているにも関わらず、どのような作業を行っているか知らない人も多くいるのではないでしょうか。エンジニアはプログラムを開発する仕事内容が多い職業です。しかし、エンジニアと言ってもひとくくりにすることができないため、さまざまな仕事を行っている可能性があります。

エンジニアの仕事が表立って世間に出ることが少ないですが、便利なシステムを多く開発しています。

エンジニアの副業のメリットとデメリット15つ

エンジニアの副業のメリットとデメリット15つ|副業の探し方
エンジニアの副業をすることでメリットとデメリットがあります。そのため、エンジニアの副業をしようと考えている場合は、あらかじめメリットとデメリットを理解しておくことをおすすめします。

エンジニアの副業を始めようと考えている人のほとんどがメリットばかりを意識しているため、デメリットまで目が行かない場合が多いです。そのまま副業を始めてしまうとトラブルの原因になる可能性が高く、注意が必要です。

メリット

エンジニアの副業をすることでさまざまなメリットを得ることができます。そのため、次に紹介するメリットを得たい人はエンジニアの副業を始める準備を本格的に始めるようにしましょう。

さまざまなメリットが得られるエンジニアの副業ですが、全てのメリットが必ず得られるわけではないため、あらかじめ理解しておくことをおすすめします。次に、エンジニアの副業をすることで得られるメリットを紹介するので参考にしてください。

メリット1:副収入を得られる

エンジニアの副業を始めることで得られる一番のメリットが副収入を得ることができることです。そのため、現在の生活が苦しかったり、自由に使えるお金が欲しい人にはおすすめです。しかし、すぐに高収入を得られない場合が高く、長く続けることで安定した収入を得ることができます。

始めたばかりは、月に数万円程度の収入ですが、慣れて本格的に副業をすることで月に数十万稼ぐことも可能なため、夢がある副業でもあります。

メリット2:やりたい仕事ができる

エンジニアの副業をする人は本業でもエンジニアをしている割合が高いです。しかし、本業で行っているエンジニアの仕事内容は会社が指定してくる仕事をこなすことが一般的です。そのため、エンジニアの人の中には違う仕事がしたいと考えている場合もあります。

副業でエンジニアをする場合は、ある程度仕事内容を選ぶことができ、最終的には自由にプログラムを作ることも可能で、やりがいを見つけることもできます。

メリット3:身に付いたスキルを活用できる

上記でも紹介したようにエンジニアの副業をする人は本業でもエンジニアをしている割合が高く、副業でエンジニアを始めた時からある程度の手順を把握しています。そのため、即戦力でもあり、依頼主から多くの仕事をもらえる可能性もあります。

ゼロからの副業ではないため、効率よく仕事をこなすことができ、すぐに高収入を得ることも可能です。本業で身に付いたスキルをそのまま活用することができ、ストレスなく副業を行えます。

メリット4:スキルを向上させることができる

エンジニアの副業をすることで、さらにスキルを向上させることができます。そのため、より高いスキルや技術を身に付けたい人におすすめの副業です。副収入が手に入り、スキルも同時に手に入れることができるため、一石二鳥の副業でもあります。

スキルを向上させることで、本業はもちろんですが副業のエンジニアにも活用することができます。本業の仕事内容とは異なることができる場合が多く、スキルが向上しやすいです。

メリット5:視野を広く持てる

副業でもエンジニアの仕事をすることで、本業での仕事内容に対して違った見方をすることができます。本業のエンジニアでは長年働き続けていると新しい発見をすることが少なくなり、刺激も感じにくくなります。

しかし、副業でもエンジニアをすることで今までとは違う方向から物事を見ることができるようになり、さらなる向上心を抱かせることができます。そのため、違うエンジニアの考えを知りたい人におすすめの副業でもあります。

メリット6:好きに使えるお金が増える

エンジニアの副業をすることで、副収入を得ることができるため、好きに使えるお金が増えます。そのため、私生活の余裕を作ることができ、今までとは違った生活に変えることもできます。

副業にはさまざまな職種がありますが、エンジニアの副業は数ある副業の中でも高収入が見込める副業でもあります。趣味などによりお金を使いたい人はエンジニアの副業をしてみてはいかがでしょうか。

メリット7:自由な時間を有効に使うことができる

家にいる時間が長く、特にやることもない時間が多くある人もいるのではないでしょうか。そのような人がエンジニアの副業をすることで時間を有効活用することができます。今までダラダラしていた時間で収入を得ることができます。

エンジニアの副業は自宅で行える割合が高く、パソコンさえ所持していれば最低限のエンジニアの仕事をすることができます。

メリット8:独立する際に役に立つ

副業でエンジニアの仕事をすることで、将来独立する際に役立つ知識や技術を得ることができます。そのため、将来独立してエンジニアの仕事をしようと考えている人は副業でもエンジニアをすることをおすすめします。

本業で行っているエンジニアの仕事とはまた違った雰囲気の仕事をすることができるため、一従業員とは違った経験をすることができます。自身でプログラムなどを開発したい人におすすめの副業です。

デメリット

副業にエンジニアの仕事を選ぼうか悩んでいる人はメリットだけではなく、デメリットにも目を向けることをおすすめします。

副業を始める前にデメリットを把握しておくことで後悔することを未然に防ぐことができます。次に、副業にエンジニアを選ぶデメリットを紹介するので参考にしてください。

デメリット1:疲れが溜まる

副業でエンジニアの仕事をすると心身共に疲れてしまう場合があります。本職の仕事が終わり帰宅しても自宅で仕事をする必要があるため、徐々に疲れが溜まります。特に、副業を始めたばかりの頃は疲れを感じやすく、最悪の場合は途中で副職をやめてしまう可能性もあります。

そのため、副業でエンジニアの仕事を始める前に疲れが溜まることをあらかじめ覚悟しておくことをおすすめします。

デメリット2:仕事量と報酬が釣り合わない

副業のエンジニアの仕事をすると仕事内容によっては報酬が釣り合わない場合もあります。特に、エンジニアの副業を始めたばかりの場合は、仕事の効率が悪く時間をかけているため、報酬も少ないですです。

仕事量が少ないため、報酬も当然減ってきます。高収入だけを目当てにエンジニアの副業を選んだ人にとってはデメリットにしか感じません。エンジニアの副職は仕事ができないと報酬も少ないことを理解しておきましょう。

デメリット3:自由に使える時間が減る

エンジニアの副業に限った話ではありませんが、副業を始めると当然自由に使える時間が大幅に減ってしまいます。そのため、今まで自宅に帰ってからさまざまなことをに時間を費やしていた場合は生活が一変してしまい、副業が長続きしない可能性が高いです。

副業を始めようと考えている人は、時間に余裕があるかどうかを確認しましょう。

デメリット4:ノルマに追われる

エンジニアの仕事内容にもさまざまありますが、ノルマが用意されている場合もあります。ノルマが達成しないと企業側から信頼を獲得することができないため、今後仕事をもらえなくなる可能性が非常に高いです。

副業だからといってノルマを疎かにしていると、次第に仕事量が減ってしまい報酬も下がります。最悪の場合は仕事をしたいにも関わらず、仕事がない状況になり副業のメリットを受けることができません。

デメリット5:本業に影響が出る

副業を始めると上記でも紹介したように疲れやストレスが溜まりやすいです。疲れている状況が続いてしまうと本業にも影響が出てしまい、取り返しのつかないミスをしてしまう可能性もあります。最悪の場合はクビになる危険性もあります。

副業と本業では、本業の方が圧倒的に安定した収入を得ることができるため、副業をすることで本業を失うことは本末転倒でもあり、そのような状況は回避する必要があります。

デメリット6:会社にバレる

副業でエンジニアの仕事をすると高い確率で会社にばれてしまいます。副業をすることを許可している会社の場合はバレても問題ありませんが、禁止している会社の場合は大きな問題になり、さまざまな罰が与えられる可能性が高いです。

一般的には会社に許可を取ってから副業を始める場合が多いですが、許可していない会社で会社だけの収入で生活できない場合は無断で副業を始めてしまうこともあります。

デメリット7:慣れるまでが大変

エンジニアの副業は慣れるまでが大変な仕事でもあります。そのため、エンジニアの仕事をしたことがない人が始めてしまうと躓きやすい仕事でもあります。しかし、慣れてしまえば作業効率を高めることができ、高い報酬を得ることも可能です。

しかし、ゼロからスタートすることは高いリスクを伴うため、副業でエンジニアの仕事を選ぶ場合は現在か過去にエンジニアの仕事をしたことがある人におすすめです。

デメリット8:仕事の幅が限られる

副業でエンジニアをしたいと考えている人はまず、エンジニアの仕事を探す必要があります。副業にはさまざまな業種がありますが、自分に適した求人を探す必要があります。そのため、仕事内容によっては副業先がなかなか決まらない場合もあります。

エンジニアと言ってもさまざまな分野に分かれているため、自身が行いたいエンジニアの求人を探す手間がかかってしまいます。

エンジニアの副業の探し方

エンジニアの副業を探していても、どのように探すのが効率がよいのか分からない人も多くいるのではないでしょうか。上記でも紹介したように仕事を探すことは大変手間になる場合もあり、上手く探す方法を行うことをおすすめします。

エンジニアの副業を探し方はパソコンを使うことが第一条件です。内職を斡旋しているサイトも多く存在しているため、サイトに登録することから始めることをおすすめします。

エンジニアでも副業はできる

エンジニアでも副業をすることが可能で、自身に合った副業を始めることでよりよい生活を行うことができます。また、エンジニアの副業を行うことも可能で、エンジニアの知識や技術があればさまざまな面で有利に立つことができます。

特に、パソコン一台だけあれば行うことができる副業も最近増えているため、エンジニアの方には今までの知識を活用することができ、すぐに高収入を見込める可能性が高いです。
60秒でできる
無料会員登録