最終更新日時:2019年01月11日

フリーランスの職種6つと年収|年収を上げる方法2つ

フリーランスには、ビジネス系やIT系など、さまざまな職種があります。また、専門的な知識とスキルを身に付けていれば。多くの報酬をもらうことができます。この記事では、フリーランスの職種とその年収を中心に記述しています。ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスの仕事の年収が知りたい

フリーランスの職種6つと年収|年収を上げる方法2つ
フリーランスの平均年収は、約300万円前後だと言われています。フリーランスで生計を立てたり副業としてお小遣い程度稼ぐなど、さまざまな形で収入を得ています。ですので、一概にフリーランスは稼げないわけではありません。

フリーランスは、専門知識やスキルを持っている人は、年収1000万円稼ぐことも可能です。初心者の方でも、データ入力などのクラウドソーシングを活用することでお小遣いを稼ぐことも可能です。

フリーランスの仕事の種類と年収

フリーランスの職種6つと年収|年収を上げる方法2つ
フリーランスの仕事は、ビジネス系・IT系・コンサルタント系などさまざまな職種があります。大きな仕事を獲得したり、複数の企業と契約することで、年収1000万円以上稼ぐことも可能です。

今回は、フリーランスの仕事の種類と年収について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスの仕事の種類と年収1:ビジネス系

ビジネス系の仕事には、広報や人事、マーケティングなどの仕事があります。実際に働いているビジネス系のフリーランスの年収は、約400~500万円と言われています。

フリーランスを活用することで、従業員の業務量や業務負担を軽減することができるなどのメリットがあります。加えて、売上の増加にもつながるため、積極的に活用する企業が増えており、年収1000万円稼ぐことも可能です。

フリーランスの仕事の種類と年収2:IT・クリエイティブ系

IT・クリエイティブ系の仕事には、デザイナーやイラストレーター、ディレクターなどの仕事があります。実際に働いているIT・クリエイティブのフリーランスの年収は、約350~450万円と言われています。

フリーランスを活用することで、従来の考えただけではなく新たな考え方を取り入れることができるメリットがあります。複数の企業と契約を結ぶことで年収1000万円以上稼ぐことも可能です。

フリーランスの仕事の種類と年収3:コンサルタント・カウンセラー系

コンサルタント・カウンセラー系の仕事には、経営コンサルタントや心理カウンセラーなどの仕事があります。実際に働いているコンサルタント・カウンセラー系のフリーランスの年収は、約300~500万円と言われています。

フリーランスを活用することで、企業の経営方針などについて相談することができるメリットがあります。複数の企業と契約を結ぶことで年収1000万円稼ぐことも可能です。

フリーランスの仕事の種類と年収4:職人・アーティスト系

職人・アーティスト系の仕事には、スタイリストや美容師、スポーツトレーナーなどの仕事があります。実際に働いている職人・アーティスト系のフリーランスの年収は、約300万円前後と言われています。

フリーランスの職人・アーティスト系の仕事は、専門的な知識や経験が必要であり、企業にとっても数少ない人材です。複数の企業と契約を結ぶことで年収1000万円以上稼ぐことも可能です。

フリーランスの仕事の種類と年収5:専門・士業系

専門・士業系の仕事には、司法書士や社会保険労務士などの仕事があります。実際に働いている専門・士業系のフリーランスの年収は、約400~600万円と言われています。

フリーランスの専門・士業系の仕事は、資格を取得することで独立することが可能です。顧客を安定して獲得することができれば、1000万円以上稼ぐことも可能です。専門的な知識を持っているため、積極的に活用する企業が増えています。

フリーランスの仕事の種類と年収6:接客・作業系

接客・作業系の仕事には、トレーナーやメイクアップアーティストなどの仕事があります。実際に働いている接客・作業系のフリーランスの年収は、約300万円前後と言われています。

接客・作業系の仕事をしているフリーランスは主に、業務委託契約を結ぶことで収益をあげます。フリーランスなので、さまざまな企業と契約を結ぶことができ、年収1000万円以上稼ぐことも可能です。

フリーランスで年収を上げるには

フリーランスの職種6つと年収|年収を上げる方法2つ
フリーランスで稼ぐためには、専門知識やスキル、交渉力がとても大事です。これらの能力がなければ、仕事を獲得することができず、収入がなくなってしまいます。一方で、これらの能力が身についていることで、年収1000万円稼ぐことも可能です。

今回は、フリーランスで年収を上げるために必要なこととして、「スキル」と「営業力」の2つを紹介します。

年収を上げ方1:スキルを持つ

フリーランスで年収を上げるためには、スキルを持つことが大事です。スキルを持つことで、企画開発やプログラミング技術などの仕事を請け負うことができ、多くの報酬を得ることができるからです。

一般的に、高度なスキルは取得することが難しく、1年以上かかってしまうことも多いです。ですが、一度取得してしまえばフリーランスとして仕事に困ることは少なくなるでしょう。

年収を上げ方2:営業力を上げる

フリーランスで年収を上げるためには、営業力を上げることが大事です。営業力を上げることで、自分で仕事を獲得することが可能になり、より多く稼ぐことができるからです。

また、自分の持っている知識やスキルと企業が要求している技術を正確に把握することで、有利に交渉することができ、多くの仕事を獲得することができます。

ITフリーランスの4つのタイプと年収

フリーランスの職種6つと年収|年収を上げる方法2つ
フリーランスは、一般的に特定の会社に属することなく働く人のことを指します。主に、「副業系すきまワーカー」「副業系パラレルワーカー」「自由業系フリーワーカー」「自営業系独立オーナー」の4つに分類されます。

では、これら4つはどのような働き方をしているのか紹介します。

ITフリーランスのタイプと年収1:副業系すきまワーカー

「副業系すきまワーカー」は、会社に勤めながら開いた時間にフリーランスの仕事を行う人を指します。主な仕事内容は、データ入力・アンケート調査・覆面調査などです。

現在、副業系すきまワーカーとして働いている人は、約450万人と言われています。平均年収は約80万円と言われていますので、年収1000万円稼ぐことは不可能です。しかし、このような人は、お小遣い程度稼ぐことができれば充分という人が大半です。

ITフリーランスのタイプと年収2:副業系パラレルワーカー

「副業系パラレルワーカー」は、複数の企業と契約して仕事をしている人です。主な仕事内容は、イベントの企画立案・セミナー講師などです。

現在、副業系パラレルワーカーとして働いている人は、約300万人と言われています。平均年収は約150万円と言われていますので、年収1000万円稼ぐことは難しいです。しかし、専門的な資格やスキルを身に付けていれば、年収1000万円稼ぐことが可能です。

ITフリーランスのタイプと年収3:自由業系フリーワーカー

「自由業系フリーワーカー」は、企業に属さず、自分の専門分野を業務委託してもらって仕事を行っており、ジャンルに限らずさまざまな仕事を行っています。

現在、自由業系フリーワーカーとして働いている人は、約50万人と言われています。平均年収は約160万円と言われていますので、年収1000万円稼ぐことは不可能です。しかし、難易度が高く報酬が大きい仕事を獲得すれば、年収1000万円稼ぐことも可能です。

ITフリーランスのタイプと年収4:自営業系独立オーナー(年収1000万円以上も可能)

「自営業系独立オーナー」は、個人事業主や法人経営者の人が事業を行っている人を指します。主な仕事として、飲食店経営・ネイルサロンなどがあります。

現在、自営業系独立オーナーとして働いている人は、約330万人と言われています。平均年収は約350万円と言われています。一般的には、年収1000万円稼ぐことは難しいですが、軌道に乗って複数の店舗を展開することができれば、年収1000万円稼ぐとこも可能です。

フリーランスの年収は状況で大きく違う

フリーランスの職種6つと年収|年収を上げる方法2つ
フリーランスは、自由に働くことができる反面、自分で仕事を獲得しなければならないので、市場の状況把握や営業力、交渉力などの能力がとても大事です。フリーランスには、ビジネス系やIT系、コンサル系などさまざまな職種があるので、自分の得意分野を選びましょう。

どの職種においても、専門的な知識やスキルを身に付けていれば年収1000万円以上稼ぐことが可能ですので、まずは専門的な知識やスキルの習得を考えてみましょう。
60秒でできる
無料会員登録