副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
「副業でアプリ開発をして収入を得ることは可能なの?」
「副業でアプリ開発をする場合の収入の仕組みについて知りたい!」
「副業でアプリ開発をする場合、どのように始めたら良いの?」
このように、副業をしたいと考えた際にアプリ開発が頭に浮かんだ人もいるでしょう。

本記事ではさまざまある副業の中で、アプリ開発を選んだ場合に生じる疑問について詳しく解説しています。

また、アプリ開発の知識を学べるスクールや仕事を受注できるクラウドソーシングサイトも紹介しているため、この記事を読めば副業でアプリ開発を行う際にどのようなステップを踏めば良いのかが理解できるでしょう。

さらに、実際に副業でアプリ開発を自分ができるかどうか、現実的に検討する材料にもできます。アプリ開発で副業としての収入を得たいと考えている人は、本記事をぜひご一読ください。

副業でできるアプリ開発の種類とは

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
近年では、隙間時間を使って本業以外の仕事をしている人が増えていると言われています。そんな副業の種類にはさまざまなものがありますが、今回取り上げるのはアプリ開発の仕事です。

アプリ開発と聞くと、企業が行っているイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、個人でプログラミングなどの知識を身につけてアプリを開発し、世に売り出して収入を得ている人も大勢います。

ここでは、副業としてのアプリ開発にはどのような種類があるのかについて、詳しく見ていきましょう。
  • スマホ用ネイティブアプリ
  • Webアプリ
  • ハイブリッドアプリ

スマホ用ネイティブアプリ

スマホ用ネイティブアプリとは、アプリケーションストアからのインストールが必要なアプリのことです。

たとえば、AndroidアプリやiOSアプリなどがこれに当たります。そして、それらを購入できるアプリケーションストアの代表格が、App StoreやGoogle Playです。

スマホ用ネイティブアプリの特徴は、動作が軽く簡単に操作できるという点でしょう。その一方で、アプリのインストールに時間がかかる場合があるという点はデメリットです。

Webアプリ

Webアプリは、プラウザ上で使用できるアプリのことです。Webアプリの場合、プラウザ上でもスマホ上でも使用できるため、スマホ用ネイティブアプリのようにインストールする必要はありません。

アカウントを作成しておけば、インターネット環境があるところならどこでも利用できる点は大きな特徴でしょう。

その一方で、ウイルスの脅威があるという点とインターネットの通信環境によっては動作が遅くなる場合があるという点がデメリットと言えます。

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリも、Web用アプリのようにインターネット環境さえあればどこでも利用できるアプリです。また、カメラやGPS機能といったデバイスも利用できます。

そのため、ハイブリッドアプリはスマホ用ネイティブアプリとWebアプリの良い点を融合したアプリとも言われています。

副業アプリ開発の収入の仕組み

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
副業でアプリを開発した際、収入はどのように発生するのでしょうか。次は、副業でアプリを開発した際の収入の仕組みについて説明していきます。

たとえば、個人で行う仕事と企業から受注して行う仕事では収入が変わります。また、開発したアプリに付随して収益が出せる部分もあるため、しっかり確認しておきましょう。
  • 広告収入
  • 受託開発
  • アプリの有料化

広告収入

広告収入とは、開発したアプリに広告を載せることで発生する収入のことです。広告は開発したアプリに簡単に取り込めるため、完成したアプリを世に出す際には広告を載せることをおすすめします。

しかしながら、広告収入で得られる収入は微々たるものという声もあります。そのため、アプリ開発で安定した収入を得たいという人は、広告収入以外の方法も検討すると良いでしょう。

受託開発

受託開発とは、企業から仕事をもらってアプリを作成することで収入を得る方法です。

受託開発の場合は、企業が提示してきた仕事内容どおりにアプリを作成していきます。そのため、それなりの経験や知識が身についていなければ仕事をもらうことは難しいでしょう。

また、受託開発の場合は決められた納期までに仕事を完了させる必要があります。そのため自由度は少なくなりますが、仕事内容によっては高収入を狙うことも可能です。

経験や知識があり、副業でもしっかり稼ぎたいという人におすすめの方法と言えるでしょう。

アプリの有料化

アプリにはユーザーが有料で使えるものもあれば、無料で使えるものもあります。アプリ開発で収入を得たいと考えるのであれば、自分が開発したアプリを有料化するのも一つの方法です。

有料化すればユーザーがアプリをダウンロードするだけで開発者に収入が発生します。その他に、アプリのダウンロード自体は無料にし、利用する際に必要な機能を有料化することも可能です。

近年では企業が開発するアプリの多くが無料ですが、性能に関しては有料のものに引けを取りません。

そのため、個人で開発したアプリを有料化したとしても、ダウンロードするユーザーの数を増やすのは難しいとも言われています。

そのような点を考慮して、個人で開発する場合はアプリのダウンロード自体は無料にし、必要な機能を課金してもらう方が良いでしょう。

アプリ開発の副業が稼げない理由とは?

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
隙間時間を使ってアプリを開発してみても、全く稼げないということはあるのでしょう。アプリの場合、たとえ開発したとしてもダウンロードして使ってもらえなければ収入にはなりません。

現在では毎日のように新しいアプリが開発されていますが、その中には誰にも使われることなく埋もれていくアプリもたくさんあることを知っておきましょう。

ここでは、アプリを開発したのに稼げない主な理由を3つ取り上げます。以下で詳しく解説するため、使ってもらえるようなアプリを開発するための参考にしてください。
  • マーケティング力とクオリティの高さが必要
  • 個人と企業の専門家のアプリの質の差
  • 日々多くのアプリがリリースされているため

マーケティング力とクオリティの高さが必要

前述のように、アプリを開発しただけでは収入は発生しません。ユーザーにダウンロードしてもらい、使ってもらって初めて利益が出ます。

そのため、個人で新しいアプリを作る場合はそれなりの技術とセンスが必要でしょう。また、どんなにクオリティが高いアプリだとしても、第三者に知ってもらわなければ意味はありません。

アプリ開発で収入を得るためには、第一にクオリティの高さが必要です。そして、アプリ開発を終えて満足するのではなく、アプリを宣伝するプロモーションやマーケティングにも力を入れていきましょう。

ただパソコンをいじるのが好きだからといった安易な考えでは、アプリ開発で収入を得ることは難しいと理解してください。

個人と企業の専門家のアプリの質の差

多くの企業がアプリ開発に力を注いでいるのは前述の通りですが、その多くはクオリティが高いにもかかわらず、ダウンロード自体は無料である場合がほとんどです。

そのため、個人でアプリを開発するためには企業のアプリ開発チームに負けないスキルと斬新なアイディアが必要となります。

個人でアプリを開発して稼ぎたいと考えているならば、まずはアプリ開発の知識をしっかりと身につけましょう。

常に世の中にアンテナを張って、人々が何を求めているのか追求し、アイディアをまとめる習慣をつけてください。

日々多くのアプリがリリースされているため

競争率が高いアプリ開発の世界では、毎日のように新しいアプリがリリースされています。

アプリ開発で稼ぐためには、まずは多くの人に知ってもらうことが大切です。クオリティが高いアプリを開発したのになぜか稼げないという場合は、この部分がネックになっている可能性があります。

人に知ってもらうにはどのように広告宣伝をするべきなのか、改めて考えてみると良いでしょう。

それでもアプリ開発の副業で稼ぐためは

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
副業としてのアプリ開発はライバルも多く、稼ぐのが難しいものの一つであると言われています。

しかし、それでもアプリ開発で稼げるようになりたいと考えている人もいるでしょう。中には個人でアプリを開発し、収入を得ている人も存在します。

では、どのように行動したらアプリ開発で稼ぐことができるのでしょうか。ここからは、アプリ開発で稼げるようになるために必要なことを紹介します。
  • 独創的なアイディアの必要性
  • マーケティングの知識の必要性
  • 開発を継続的に複数リリースする
  • ポートフォリオ作りと割り切る

独創的なアイディアの必要性

アプリ開発で稼ぐためには、まだ誰も思いついていないような独創的なアイディアが必要です。

現代に生きる私たちは、自分たちの生活を便利にしたり豊かにしたりするために、たくさんのアプリを使用して生活しています。

そのためアプリを開発する際は、今人々は何を求めているのか、どんなアプリがあったらさらに生活がより良くなるのか、ということを考えてみましょう。

そのアイディアをどんどんアプリにし、世に発信してみてください。

マーケティングの知識の必要性

アプリ開発で稼ぐためには、開発したアプリを世の中の人々に知ってもらうためのプロモーション力や、マーケティング力が必要となります。

たとえば、SNSを使ったりインフルエンサーにアプリを使用してもらったりして宣伝する方法もおすすめです。

その他にも、マーケティングの方法にはいろいろあります。マーケティングの方法は時代によって変化してくため、アプリを開発しながらマーケティングについても常に学び続け、知識をつけていきましょう。

開発を継続的に複数リリースする

どんなアプリがヒットするのかは誰にも分かりません。そのため、アプリを一つだけ開発するよりも継続していくつも開発していく方が、稼げる可能性は高まるでしょう。

アプリ開発で稼ぐためには、継続して開発するということが重要です。開発したアプリを一つだけ延々とプロモーションするよりは、継続して作り続け、どんどんリリースしていくことをおすすめします。

ポートフォリオ作りと割り切る

一般的に、個人でアプリを開発して稼ぐというのは難しいと言われています。そのため、まずは少額でもアプリ開発で稼ぎたいという人の場合は、仕事を企業やクラウドソーシングサイトから受注する方法が良いでしょう。

現在はこの方法でアプリ開発をしながら収入を得ている開発者も多く、仕事の受注も競争になっています。

スムーズに仕事を受注するために、ポートフォリオは事前に作成しておきましょう。また、自作のアプリについては案件をもらうためのポートフォリオと割り切るのも良いでしょう。

ポートフォリオの有無で企業側からの評価にも違いが生じます。まずはポートフォリオとして使えるアプリを作成し、仕事を受注しながら徐々に収入を得ていくのもおすすめです。

アプリ開発で副業を始めるステップ

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
アプリ開発で収入を得たいと考えているのであれば、一つずつステップを踏み、準備をしていくことが大切です。

ここでは、アプリ開発を始める際に必要な最低限の準備を紹介します。まずは準備を進めながら、どんなアプリなら人々が使ってくれるのかアイディアをまとめていくと良いでしょう。
  • 学ぶ言語の決定
  • 開発可能なパソコンを準備
  • ポートフォリオの作成

学ぶ言語の決定

アプリ開発では、プログラミングやプログラミング言語の知識が必要となります。

また、プログラミング言語にはさまざまな種類があり、使用する言語によって開発できるアプリにも違いが生じます。まずはプログラミング言語の種類や、それぞれの言語で何が作れるのかを知るところから始めましょう。

なお、プログラミング言語はどれも複雑なため、最初から複数の言語を学ぶのはおすすめできません。まずはどのプログラミング言語を使うのかを決めた上で学習を進めると良いでしょう。

開発可能なパソコンを準備

アプリ開発にパソコンは必需品です。まずはプログラミングについて学びながら、アプリを開発できるパソコンを準備しましょう。

また、iphoneやipad向けのアプリを作りたい場合は、XcodeというMac専用のソフトが必要となります。

もちろん、どんなパソコンでもアプリを開発することは可能です。しかし、まだどんなアプリを作りたいか決まっておらずアプリにこだわりがないのであれば、XcodeがあるMacのパソコンを準備するのが良いでしょう。

ポートフォリオの作成

ポートフォリオはあなたの作品集です。そのため、ポートフォリオの有無は案件をもらえるかどうかを左右するとも言えるでしょう。

企業やクラウドソーシングサイトから仕事をもらって収入を得たいと考えているのであれば、ポートフォリオを作成しておくことをおすすめします。

この場合のポートフォリオは、個人で開発したアプリで十分です。まずはポートフォリオとしても使えるアプリを作ってみましょう。

副業でできるアプリ開発の学習方法は?

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
アプリ開発をするためには、まずは開発に必要なプログラミングの知識を身につける必要があります。

ここでは、独学で学ぶ方法とスクールに通う方法の2種類の学習方法を紹介しましょう。どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分の性格やライフスタイルに合った方法を選んでください。
  • 独学で学ぶ
  • スクールで学ぶ

独学で学ぶ

プログラミングの知識は独学で学ぶことも可能です。最近では、プログラミングの知識を身につけられる書籍などがたくさん販売されています。

また、インターネット上でもプログラミングやWebデザインについて書かれているサイトが数多くあります。これらのコンテンツを利用し、独学で学ぶのも良いでしょう。

Webサイトには有料のものもありますが、後述するスクールに通う方法と比べるとコストをかけずに学ぶことができます。

しかしながら、疑問点などが発生した際にすぐ質問ができないというデメリットもあるため、注意が必要です。

スクールで学ぶ

プログラミングスクールに通うという方法は、コストをかけてでも効率を重視したいという人におすすめです。

スクールはプロから学べるという点が大きなメリットです。そして、疑問点があった場合にすぐに質問できるため、学習の効率が良くなるでしょう。

プログラミングの場合、独学で一から学ぶことは難易度が高く、途中で挫折してしまう人も多いと言われています。そのため、途中で挫折してしまう可能性があるという人の場合は、コストをかけてでもスクールで学ぶことを検討してみると良いでしょう。

副業でのアプリ開発における仕事のとり方

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
副業のアプリ開発で確実に収入を得たい場合は、個人で作るのではなく第三者から仕事を受注してアプリを開発する方法が良いでしょう。

個人で行う場合は自分で仕事を探してくる必要がありますが、人脈などがなければ一からクライアントを探すのは難しいでしょう。

ここでは、副業でアプリ開発をする際の仕事の受注の仕方について紹介していきます。

アプリ開発で収入をどんどん稼ぎたい場合は経験も大切です。仕事を積極的に受注し、どんどんアプリ開発を行っていきましょう。
  • クラウドソーシング
  • SNS
  • スクールでサポートを受ける

クラウドソーシング

初心者でも受注できる仕事が多いのがクラウドソーシングです。クラウドソーシングは登録さえすれば簡単に仕事を探せます。

また、初心者でも応募可能な仕事も多いため、アプリ開発でまだ経験が浅いといった人にもおすすめの方法と言えるでしょう。

しかし、クラウドソーシングは利用者が多く、その部分がデメリットになることもあります。仕事に応募したとしても、なかなか獲得できない場合も少なくないでしょう。

他にも、案件の単価が安いというデメリットがあります。単価が高い案件は経験者に取られてしまう場合が多いため、初心者が収入を上げるのは難しいでしょう。

SNS

SNSや自分のサイトを立ち上げ、自身のアプリ開発を広告宣伝し、仕事を受注するという方法もあります。

この方法の場合、他の方法に比べて条件交渉などの必要もないため、話がきたら仕事を受注できる可能性が高いでしょう。

ただし、この方法はアプリ開発者としてそれなりの知識や経験がなければできません。経験を積んでアプリ開発者として自信がついた時に、この方法に挑戦してみるのも良いでしょう。

スクールでサポートを受ける

アプリ開発の仕事の受注は競争率が高いと言われています。基本的に仕事の多くは経験者が受注してしまうため、経験がない初心者の受注は難しいというのが現状です。

経験がない人は、まずはスクールで案件受注のサポートを受けるのも良いでしょう。

スクールの中には仕事の受注の仕方や、ポートフォリオの作成方法までサポートしてくれるようなところもあります。スクールをこれから探すという人は、このようなサポート体制が整ったスクールを探してみるのもおすすめです。

アプリ開発を副業にするためのスクール3選

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
現在、アプリ開発の知識を身につけられるスクールはたくさんあります。授業形態についても、通学型もあればオンラインもあるため、自分に合った形態を選びやすいでしょう。

ここでは、アプリ開発の知識を身につけられるスクールを紹介していくため、参考にしてください。

TechAcademy

TechAcademyはプログラミングを始め、アプリ開発やWebデザインなどさまざまなコースがあるスクールです。このスクールには学習後に仕事を紹介してくれるサービスがあるため、初心者でも最初の仕事を獲得できます。

さらに、コースによっては授業料を抑えることも可能なため、スクールに通いたいがあまりコストはかけたくないという人にもおすすめのスクールと言えるでしょう。

ZeroPlus

ZeroPlusは、フリーランスレベルの実務的スキルを身につけられるスクールです。現役デザイナーやエンジニアが指導にあたってくれます。

在学中に仕事に挑戦する学生も多く、仕事で分からない部分を講師に質問できます。在学中に安心のサポート体制のもとで実務経験を積めるのは、ZeroPlusの大きな魅力と言えるでしょう。

TECH CAMP

TECH CAMPの魅力は、実務的な教育コンテンツと徹底したサポート体制です。受講期間は最短で10週間程度と超短期間で、集中的に学習を進めたいという人におすすめです。

また、いつでも質問ができる環境があり、専属のライフコーチによる徹底したマンツーマンサポートがあるため、挫折にしにくい環境になっています。

しかし、その分コストが割高になっているため、費用をかけてでもサポート体制が充実しているスクールが良いという人におすすめでしょう。

副業におすすめのクラウドソーシング3選

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
副業でアプリ開発の仕事を取る方法の一つに、クラウドソーシングサイトに登録するというものがあります。

クラウドソーシングのサイトは基本的に無料で登録できるため、気になるサイトにはとりあえず全て登録しておくのも良いでしょう。

ここでは、副業におすすめのクラウドソーシングサイトを3つ紹介していきます。それぞれの特徴を把握し、自分に合ったサイトに登録してみましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは、クラウドソーシングサイトの大手として知られています。クラウドワークスの特徴は大手ならではの仕事の多さです。アプリ開発の仕事はもちろんのこと、システム開発の仕事などさまざまな仕事が用意されています。

また、一つの仕事に対して複数の人数を採用している場合が多いため、仕事の受注率も高いと言えるでしょう。しかし、中には悪質な仕事内容のものも存在するため、仕事を受注する際は注意も必要です。

ランサーズ

ランサーズも大手クラウドソーシングサイトの一つです。クラウドワークス同様、仕事数の多さが魅力のサイトと言われており、初心者でも簡単に仕事が見つけられるでしょう。

登録自体も5分程度で簡単に行えるため、副業でアプリ開発をしたいと考えている人は登録しておくと良いでしょう。

ビズシーク

ビズシークは、クラウドソーシングサイトの中でも手数料が安いというのが魅力のクラウドソーシングサイトです。

先に紹介した大手2社のクラウドソーシングサイトの場合、手数料が20%程度かかりますが、こちらのビズシークは10%程度とかなりお得です。

その反面、仕事数は大手2社と比べると少ないというデメリットもあります。しかし、大手にはないような仕事が用意されている場合もあるため、登録しておいて良いサイトでしょう。

副業でアプリ開発する際の注意点は?

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
アプリ開発を副業で行う場合、開発に必要な知識以外にも知っておかなければならないことがいくつかあります。たとえば、経費についてなどです。

アプリ開発をする際は、まず開発ができるパソコンが必要となります。その他にもスクールの受講料など、さまざまな費用がかかる場合もあります。

副業を始める際には準備段階でそれなりの出費があるということは認識しておきましょう。

次は、アプリ開発で副業を行う際の注意点について紹介します。公務員における副業や確定申告の必要性についてなど、以下で詳しく見ていきましょう。
  • 確定申告が必要な場合がある
  • 公務員が副業を行うことは原則禁止

確定申告が必要な場合がある

一般的に本業以外で年間20万円を超える収入を得た場合は、所得税などの支払いの義務が発生します。

そのため、副業と言えども確定申告の必要があることを知っておきましょう。この確定申告を忘れてしまう人も多いと言われています。

また、先述した準備段階で発生する費用はこの確定申告時に必要経費として計上できる可能性もあります。領収書などは捨てるのではなく、必ず保管しておくようにしましょう。

出典:副収入などがある方の確定申告|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/kakutei/fukugyo.htm

公務員が副業を行うことは原則禁止

公務員は国家公務員法第103条に兼業の禁止が定められています。そのため、公務員が副業を行うことは原則禁止です。

しかし、近年では副業を認める自治体も増えており、今後公務員に対しても副業が解禁となる可能性もあると言われています。

自分が所属している地域や自治体などが副業を可としているかどうか判断が難しい場合は、トラブル防止のためにもまずは上司に相談してみると良いでしょう。

出典:国家公務員法|e-Gov法令検索
参照:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=322AC0000000120

アプリ開発を副業にするか検討しよう

副業でアプリ開発は可能?収入の仕組みや稼ぐための方法・学び方も詳しく紹介
アプリ開発の副業は、知識を身につけておくことでさまざまな働き方ができる仕事です。また、やり方次第ではそれなりの収入を得ることもできるでしょう。

ただしアプリ開発をしている人は多く、競争が激しい分野でもあります。まずは知識をしっかりと身につけ、初心者向けの案件を一つずつこなしながら経験を積むところから始めましょう。

アプリ開発は可能性をたくさん持つ副業です。本業以外で収入を得る方法を探しているという人は、アプリ開発を一つの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
初回公開日:2023年01月18日
更新日:2023年01月18日
記載されている内容は2023年01月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カテゴリ一覧

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳
案件申し込み
キャリアのご相談
非公開案件のご案内\まずは60秒/
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら
案件検索