初回公開日:2020年12月15日
更新日:2020年12月23日

もう不安とはおさらば!フリーランスが「仕事がない」を回避するには?

記載されている内容は2020年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

フリーランスエンジニアに興味があるけど、仕事がなかったらどうしよう、と不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、フリーランスの仕事がない要因や、仕事を受注するためのポイントについてご紹介します。フリーランスを検討している方は、ぜひ読んでみてください

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

不安で仕方ない!仕事がなくなる状態

もう不安とはおさらば!フリーランスが「仕事がない」を回避するには?
仕事がなくなるかもしれない、という不安はフリーランスにはつきものです。

フリーランスになると安定して仕事を取れなくなる不安が常につきまといがちです。特にこの新型コロナウィルスが流行しているご時世、ジャンルによっては以前と比べて受注できる案件が少なくなった方も多いのではないでしょうか。

エンジニアに限らず他の業界でも、フリーランスの仕事は世の中の流れやタイミングに影響されがちです。特に、フリーランスになりたての頃はコンスタントに仕事が入らなかったり、どこで案件を受けるかもわからず右往左往してしまう、という事も少なくありません。

フリーランスエンジニアが陥りがちな、仕事がない要因とその対策をご紹介します。

フリーランスが仕事を受注できないときの要因4つ

もう不安とはおさらば!フリーランスが「仕事がない」を回避するには?
フリーランスで仕事を受注できない要因には、時事や景気以外にもいくつかあります。

社会がどのような状況でも、仕事を安定して取れているフリーランスの人も大勢います。自分を見つめ直すことで、仕事を受注できるようになる可能性が広がるのです。

ここからは、フリーランスが仕事を受注できないときの主な要因について解説していきます。

仕事を受注できないときの要因1:実務経験が短い

仕事を受注できないときの要因の1つ目は、「実務経験が短い」です。

多くの場合、その分野での1年以上の実務経験を求められます。

エンジニアは、フリーランスに転向する場合だけでなく、同業に転職する場合にも実務経験が重視される職業だと言えます。どのような分野でどのようなスキルを武器とし、どのくらいの経験を積んだのか、というところを重要視してフリーランスに転向しましょう。

まずは1年以上を目安として、ご自分の持つスキルを磨き、案件を受注するようにしましょう。自分の得意とする分野や興味のある分野に絞って仕事を受注し、そこから実務経験を積むのも手です。

仕事を受注できないときの要因2:案件を選り好みしすぎている

仕事を受注できないときの要因の2つ目は、「案件を選り好みしすぎている」です。

そのような状況に陥ってしまった際には、案件を選ぶハードルを下げて、次の仕事に繋げることを意識しましょう。特にフリーランスでは、ふとしたことがきっかけで次の仕事に繋いでもらい、安定した受注に繋がったり条件や待遇の改善につながる場合があります。

また、条件面で案件の受注を渋ってしまうと、なかなか最初の一歩を踏み出せないことにも繋がってしまいます。フリーランスに転向した序盤や、なかなか案件がない場合は今一度条件を見直すところから始めましょう。

案件を探す際には、自分の求めるハードルに沿って絞り込んでしまいがちですが、条件を見直すことにより、自分にうってつけの案件や、その条件をギリギリ下回っていて見つからなかった案件を見つけられる場合もあるのです。

仕事を受注できないときの要因3:非公開案件の存在を知らない

仕事を受注できないときの要因の3つ目は、「非公開案件の存在を知らない」です。

つまり、仕事がないのではなく、見つけられていないだけの可能性があるのです。

エンジニアの案件には「非公開案件」という、企業が公開していない案件も数多く存在します。非公表であるためフリーランスのエンジニアは見つけづらい、という難点があります。

仕事を受注できないときの要因4:コミュニケーション能力不足

仕事を受注できないときの要因の4つ目は、「コミュニケーション能力不足」です。

フリーランスのエンジニアにとってコミュニケーション能力は必要不可欠です。

エンジニアとしてのスキル以前に仕事をするうえで求められるのが、コミュニケーション能力です。フリーランスの場合、請け負った仕事は自分で責任を持って遂行し、クライアントがどのようなものを求めているのか等の擦り合わせも自分で行う必要があります。

万が一、クライアントとエンジニアの間で意見の食い違いが生まれてしまうと、トラブルに発展しかねないほか、次の仕事に繋がらない可能性もあります。

フリーランスの仕事がない状況を回避するには?方法を3つ紹介

もう不安とはおさらば!フリーランスが「仕事がない」を回避するには?
フリーランスの仕事がない状況は、ポイントを押さえることで改善が見込めます。

前述の仕事がない原因を解消し、そして仕事に繋げるための対策を打ち出せば、仕事を受注できる確率が上がります。

ここからは、仕事がない状況を回避するためのいくつかのポイントをご紹介します。

ポートフォリオを作成し充実させる

営業する際は事前にポートフォリオを作成しましょう。

履歴書や職務経歴書同様、ポートフォリオはフリーランスのエンジニアにとってとても重要なものです。自身の得意分野や今までの成果をクライアントにアピールできます。

また、ポートフォリオはこまめに更新し、内容を充実させることを心がけましょう。

とにかく実績を積む

実績の有無によって、企業からの見られ方に大きな差が出てしまいます。

実務経験や実績を重視する業界であるため、まずは条件のハードルを下げ、小さな案件からこつこつと実務経験を積むことで、少しずつ単価の大きな案件に繋げていきましょう。

また、新しい分野を勉強したり習得したりすることも大切です。アピールできるポイントをなるべく多く作るように心がけましょう。

フリーランスエージェントに登録し、非公開案件につないでもらう

フリーランスエージェントに登録すると、非公開案件に繋いでもらうことができます。

どうしても個人で営業するだけでは受注できる仕事に限界があり、非公開案件を見つけることは至難の業です。しかし、非公開案件は大口の仕事である場合も多く、見つけられないのは損であると言えるでしょう。

フリーランスエージェントに登録することで、非公開案件に繋いでもらうことができますので、見つけられる仕事の量も自ずと変わってきます。

どうしても仕事が見つからない場合は?

もう不安とはおさらば!フリーランスが「仕事がない」を回避するには?
それでもどうしても仕事が見つからない場合もあります。

いくら優秀で実務経験が豊富であろうと、仕事とは一期一会であるため巡り合えないタイミングが出てきてしまうものです。

ここからは、そんなときのための制度をご紹介します。

給与保証制度(審査あり)を利用しよう!

どうしても仕事がないときは、Midworksの給与保障制度(審査あり)を利用しましょう。

フリーランスの場合は仕事の量や単価がそのまま給与に直結してしまいますので、生活が苦しくなってしまう可能性があります。

しかし、Midworksの給与保障制度を利用すると、万が一仕事がなくて収入が減ってしまっても、月額契約単価の約8割を保証してもらうことができます。

エージェントはいつだって不安なフリーランスの味方!

もう不安とはおさらば!フリーランスが「仕事がない」を回避するには?
フリーランスの仕事がない要因は実に様々です。しかし、自ら工夫することで思いがけない仕事を受注できる可能性があります。

エージェントに登録することでその不安を解消し、自信を持って仕事に取り組みましょう。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら