初回公開日:2020年12月15日
更新日:2020年12月23日

フリーランスと副業は違う?メリットやデメリットと案件の探し方

記載されている内容は2020年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自身のスキルを活かしてフリーランスとして活動しようと考えている人もいることでしょう。この記事では、フリーランスと副業の違い、フリーランスのメリットやデメリット、案件の探し方についてご紹介します。フリーランスの働き方に興味がある人は、ぜひ読んでみてください。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

そもそもフリーランスと副業の違いって?

フリーランスと副業は違う?メリットやデメリットと案件の探し方
働き方が見直されている今、国を挙げての副業推進によって副業を始める人が増えています。しかし、「副業」と「フリーランス」の違いについて、明確にはわからないという方もおられるかもしれません。

実は、「副業」と「フリーランス」には働き方に大きな違いがあります。

副業の働き方

副業とは、本業として特定の企業・団体・組織と雇用契約を結んでいる従業員が、別の業務を持ち、収入を得ることです。

本業の後、または休みの日などの空いた時間を活用して、他の仕事から収入を得ます。

フリーランスの働き方

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。

自分のスキルや経験を生かして、自由に働くことができます。

フリーランスは社会的に独立した個人事業主とみなされます。企業(クライアント)と雇用契約ではなく、業務委託契約を結びます。

副業のメリットとデメリット

フリーランスと副業は違う?メリットやデメリットと案件の探し方
副業にはメリットがある一方で、デメリットもあります。

すでに本業を持っているサラリーマンが、さらに空いた時間を用いて副業を始める、または始めたいと考えるのはそのためです。副業によって成功を収めている人の経験談などを聞いたことがあるかもしれません。

デメリットはあまり注目されませんが、もし、あなたが副業を始めることを真剣にお考えなら、知っておく必要があるでしょう。

副業のメリット

一番のメリットは、副収入を得られることです。

自由に使えるお小遣いを増やすため、趣味や旅行のため、あるいは少し高いお気に入りのものを、買うための資金に充てることができます。すでに本業がありますので、安定した給料を得ながら、収入を増やせることに魅力を感じる方が多いです。

また、新しいスキルを身に着けることができます。会社では必要とされるスキルしか学べないかもしれませんが、副業によってスキルアップすることも可能です、本業の効率もアップし、収入増や昇進につながる場合もあります。

将来の独立や起業を考えている方が、事前準備として副業を選ぶケースもあります。

副業のデメリット

デメリットの一つは、自由に使える時間が奪われることです。

本業を持つサラリーマンの多くは、すでに忙しい毎日を送っています。仕事の間のちょっとした休憩時間や休日は、体を休めたり、リフレッシュするのに必要です。また、家庭がある人は家族サービスのための時間も取りたいと思うことでしょう。

副業のためには、こうした貴重な時間を割く必要があります。

また、副業を始めたものの、思うほどの収入が得られないといったケースもあります。したがって、副業が軌道に乗るまでは、辛抱強く取り組むことが必要となります。

フリーランスのメリットとデメリット

フリーランスと副業は違う?メリットやデメリットと案件の探し方
副業のデメリットを考えると、フリーランスの方が働きやすいように思われるかもしれません。

確かに、フリーランスには副業とは違ったいくつかの魅力的なメリットがありますが、やはりこちらにもデメリットはあります。

副業とフリーランスの、どちらが自分に向いているのかを考えるためにも、フリーランスのメリット、デメリットをしっかりと把握しておく必要があります。

フリーランスのメリット

フリーランスの魅力の一つは自由に働くことができることです。

フリーランスは労働時間や場所に縛られません。仕事をしっかりとこなせるならば、時間の使い方は自由ですし、家でも、カフェでも、好きな場所で働くことができます。

コロナの影響から、在宅ワークが注目されるようになっていますので、混雑を避けたい方には大きなメリットと言えます。

また、好きな仕事を選ぶことができます。自分の趣味や特技を仕事にすることもできますから、したくもない仕事を無理やりさせられることはありません。

収入は自分の成果に応じて上がります。会社員は、どんな成果を上げても給与はあまり変わらず、少しの昇給か報奨金が入るだけです。しかし、フリーランスはクライアントと直接契約を結んでいますので、働きに応じた収入をそのまま受け取ることができます。

フリーランスは個人事業者として開業届を提出することによって、確定申告の際に青色申告を行うことができます。青色申告には青色申告特別控除・赤字繰越などの特典があります。

フリーランスのデメリット

フリーランスの収入は働きの成果に直結しますので、年収が安定しないというデメリットがあります。

フリーランスとして働き始めてしばらくは、低収入であることはめずらしくなく、無収入という可能性さえあります。

さらに、自分で仕事をするため、仕事に関係したすべての責任を負わなければなりません。会社には指示を与えてくれる上司や、困ったときにフォローしてくれる同僚の存在があります。

しかし、フリーランスは、スケジュール調整や納期の確認、仕事に関わる全ての管理を自分で行なわなければなりません。さらに、自分で、出費や経費に関わる事務作業や、給与所得、所得税などを計算して確定申告を行う必要もあります。

おすすめの案件サイトを紹介

フリーランスと副業は違う?メリットやデメリットと案件の探し方
フリーランスの認知拡大と共に、自由な働き方を求める人が増えています。それに伴い、フリーランスの案件獲得は難しくなってきています。

それで、フリーランスとして働くためには、サポートしてくれるエージェント選びが重要です。

おすすめの案件サイトをご紹介いたします。

フリーランスエンジニアなら「Midworks」

Midworksは、IT系のフリーランスエンジニアやデザイナー(個人事業主)を専門に、エージェントサービスを行っています。

Midworksは、フリーランス側の技術や要望に合わせ、最適な仕事を提供します。クライアント側との面倒な契約や、やり取りを代行してくれますので、フリーランスとしての仕事に集中することができます。

フリーランスWebデザイナーなら「DYMテック」

DYMテックが独自で培ったネットワークにより、社長と直に単価や条件を交渉できますので、高単価での受注も可能です。

DYMテックは、豊富な案件をそろえておりますので、自分が納得できる条件の案件を選ぶことができます。また、サポート体制も充実しており、案件従事中も企業側とのやり取りについて相談することができ、必要に応じて改善を提案してくれることも魅力の一つです。

フリーランスWebマーケターなら「プロの副業」

その名の通り、本業と両立が可能な高単価な副業を紹介するサイトです。

特に広告・マーケティング業界に強いネットワークを持っているほか、システムエンジニア、Webデザイナーの案件もそろえています。

「月1から携われる」「土日だけ働ける」などの条件にあった案件も豊富にそろえておりますので、自分の都合に合わせた柔軟な働き方ができます。

フリーランスITコンサルタントなら「ハイパフォーマーコンサルタント」

ハイパフォーマーコンサルタントは、フリーランスコンサルタントのための案件紹介サイトです。

直受け案件・上場企業の案件を紹介しているため、高単価な案件を選ぶことができます。

サポート体制も整っているので、フリーランスコンサルタントとして、独立を考えている方には非常に心強い案件サイトです。

副業を始める前の注意点

フリーランスと副業は違う?メリットやデメリットと案件の探し方
すでにご紹介した、副業のメリットとデメリットを確認したうえで、副業を始めようと真剣に考えておられるかもしれません。

しかし、メリット・デメリットのほかにも注意しなければならない大切な点があります。

副業が認められているか確認

副業への理解が進んでいるとはいえ、いまだ副業を容認している企業は、わずか30.9パーセントほどにとどまっているのが現状です。そのため、現在勤めている会社が副業を認めているのかどうか、就業規則を確認しておく必要があります。

企業が副業を禁止している理由として、疲労による本業への支障や、副業が本業と類似している場合の情報漏えいのリスクなどが挙げられます。もし、禁止されているにも関わらす副業を行っていることが発覚すると、企業側との信頼関係が著しく損なわれる恐れがあります。

なお、公務員は基本的に副業は禁止されています。

メリットとデメリットを正しく理解して新しい働き方を始めよう!

フリーランスと副業は違う?メリットやデメリットと案件の探し方
インターネットの普及に伴い、だれもが簡単に副業やフリーランスを始められる時代になりました。必要な情報やサポートを活用すれば、初心者でもすぐに始めることができます。

副業か、フリーランスか、どちらを始めるにしても、事前にメリット・デメリットをよく確認しましょう。

今回の記事を参考に、ぜひ自分の強みを活かせる働き方を始めてみてはいかがでしょうか。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら