初回公開日:2019年01月08日
更新日:2020年08月28日

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある

記載されている内容は2020年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「Webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある」と題して、「Webサービスを開発する手順4つ|どれだけ上手く作成できるか」についての詳細情報をはじめ、「Webサービスを開発する手順と注意点」をご紹介します。

【PR】フリーランスでも正社員並の保障を

Midworksなら、フリーランスでも正社員並みの保障が受けられます。

交通費・スキルアップ支援費支給や、万が一お仕事が途切れてしまった際の給与保障制度など、様々な保障をご用意!フリーランスエンジニアの皆さんが可能な限り負担なく働ける環境を整えています。

常時3000件の取り扱い案件の中からあなたの希望に合った案件を提案!

Midworksでは、保障分を含め80%以上の還元率を実現しています。クライアントからの案件の発注単価も公開しているので透明性があり、安心してお仕事を受注していただけます。

Webサービス開発に必要なもの

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある
現代では誰でもWebサービスを独自に開発できる時代になりましたが、そのWebサービス開発について必要な知識を持つことはどんな場合でも求められます。この「Webサービス開発に必要なもの」についてですが、まず wWbサービスを展開・運営していくためのアイディアを捻出することが必要であり、その上で経営維持を確保することが大切です。

そのためにもまず情報収集によって「Webサービス管理」の方法を学びましょう。

アイディア

先述に引き続き、「Webサービス開発のためのアイディア」についてのご紹介ですが、この場合はまず「自分だったらどのようなインターネットサイトがあれば好都合か」について考えておく必要があります。自分にとって理想的なネットサイトというのは他の人にとってもそうであり、その理想を追究することが大切です。

その際の注意点としては、「あれも、これも」とアイディアを盛り込み過ぎないことです。

知識

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある
Webサービスを開発する際に「ネット上でサイトを立ち上げるだけの知識」はどうしても必須となります。まずはこの「ネットサイト立ち上げ」に必要な情報収集をしましょう。現代ではRuby、PHP、Python、Javaなどと数多くのサイト開発用のアプリソフトが登場しているため、それらの中から自分が使いやすいソフトを選びましょう。

その作業と同時進行の形でも、Webサービスの参考書を見付けておきましょう。

気持ち

主にWebサービス開発・ネットサイトの立ち上げについて大切な点は、そのWebサービス・サイトの機能性やユーザーのニーズに適応する環境設定が大切であるため、初めから「デザイン重視」にはならないことが大切です。

どうしても「新しくWebサービスを立ち上げる」となった場合には、このデザインに凝り過ぎるあまり、つい派手なシステム設計をしてしまいがちです。この逸る気持ちをまず抑え、機能性に重点を置きましょう。

Webサービスを開発する手順4つ

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある
さて、先述では「Webサービス開発」に関わる基本的なアイディアの出し方・Webサービス開発時の諸注意などについてご紹介してきましたが、ここからは具体的にWebサービス開発に向けての手順をご紹介していきます。webサービス開発と言っても特に注意すべき点は「企画」、「作成」、「宣伝」、「管理運営」の4点に限られます。

つまり上記の4点をまず押さえておき、自分なりにWebサービス開発に励むことが大切です。

1:企画

先述の「Webサービス開発に必要な手順」に続く内容となりますが、まず「Webサービス開発する際の企画」の段階での手順・諸注意のご紹介です。この企画段階ではまず、先述しました「アイディアをどれだけ出すか」といった内容に重点が置かれるため、できるだけ「理想的なWebサービス開発にまつわるアイディア」を出しておきましょう。

この場合は多くのアイディアの中から消去法で企画していき、残った企画を選びましょう。

自分の理想をすべて並べてみる

Webサービスの開発時にまず大切なことは、「どれだけ理想的なサイトを考えられるか」というアイディアの発掘になります。つまり、オリジナルのWebサービス開発を志す上で、それが「どのユーザーにとってもニーズが得られるサイト」にしておくことが重要となります。

この場合はまず独力でアイディアを絞り出すことをメインにし、できるだけ多くの情報をピックアップしておき、思考アイディアを柔軟にしておくことが大切です。

多くのユーザーの理想をできるだけ集める

先述では「独力で理想的なWebサービス開発のアイディアを捻出すること」をメインにご紹介しましたが、次は「できるだけ多くの他人ユーザーからの情報」に焦点を当てた上で、Webサービス開発に重要なニーズの収集に尽力してみましょう。

自分が「そのサイトを必要」としていても、他人にとっては「たいして必要ではない」ということがあります。この差異を埋めるための補足的なワークになります。

自分の企画アイディアの反応を把握する

SNS利用をしている人であれば、自分のブログやフェイスブック、Twitter、Instagramなどを使って、「今度、新しい○○というWebサービス開発を企画しております」といった内容の宣伝を兼ねて説明しておき、それによって「どれくらいのユーザーからの反応が返ってくるか」を確認する作業になります。

説明できる範囲でよいので、Webサービス開発の骨子を伝え、Webサービス開発につなげましょう。

2:作る

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある
さて、先述では「Webサービス開発に必要な企画」をメインにご紹介してきましたが、ここからはそれらの企画内容をもって、実際に理想的なWebサービス開発につなげていくための手順についてご紹介していきます。

この「作る」という手順において大切なのは、まず「自分の理想的なアイディア」を壊さないことで、できるだけ丁寧に各工程を賄っていく姿勢で臨むことが大事になります。徐々に組み立てていきましょう。

フレームワークを考える

まず「フレームワーク」を考える際のメリットですが、このフレームワークというのは多くのサイト・ホームページなどを作成する際の「骨組みの部分」を指しており、つまり物を作る際に描かれる設計図と同じ働きをします。Webサービス開発の場合でもまずはこの設計図を敷いておき、その設計図どおりに作成していくことが大切になります。

この場合でも「理想的なWebサービス開発」を念頭に置き、それに近付けることが大事です。

デザインよりも機能性重視

先述でもご紹介しましたが、Webサービス開発を目指す際には「見た目のデザイン・端正さ」などにこだわるのでなく、まずは「サイトそのものの機能性」に重点を置きましょう。ユーザーがそのWebサービス開発されたサイトを使って「便利」と感じる程の機能性を備えておき、それを誰でもすぐに使えるよう配慮することが大切です。

そのための情報収集を行ない、徐々にカスタマイズしていきましょう。

自分が開発できる規模にする

次に「自分の理想どおりのWebサービス開発」を行なう際に最も大事な点になりますが、どんな場合でも必ず「そのときの自分の実力・知識をもって、作成できる範囲のモノにすること」が大切です。先述でも触れましたが、Webサービス開発をする場合に「あれも、これも」といろいろな内容を盛り込まないことが大事です。

まずは「これ」と決めたWebサービスの開発に取り組み、それを完成させることを目標にしましょう。

3:宣伝

次に「理想的なWebサービス開発」をある程度でも終えた後の「宣伝」の必要性についてのご紹介です。いくら理想的なWebサービス開発ができたとしても、誰も知らないというのではやはり開発した甲斐がありません。

そこで、自分が持つメディア力をもって利用ユーザー・ファンの確保を進めていき、できるだけ多くの人に「自分の開発したWebサービス」を知ってもらうことに努めてみましょう。この際もSNSツールは最適です。

SNSを日頃から活用しておく

これは基本的に「自分専用のメディアを持つ」ということにつながりますが、基本的にこのSNSツールというのは「情報発信のためのベース」として活用することに最適であり、一度に1つの情報を掲載するだけで、あとは継続的に閲覧ユーザーにその情報が知れ渡ることになります。

上記を踏まえた上で、ブログ、フェイスブック、Twitterの活用をぜひ日ごろからしておき、そこでWebサービス開発のことを宣伝しましょう。

説明書や参考書的な書籍をAmazonで販売

次にAmazonや楽天Koboなどを利用した「掲載販売型の宣伝方法」についてのご紹介です。最近ではYouTubeなどでの宣伝も非常にがありますが、他にもこのような「販売掲載を兼ねた宣伝方法」がさらに充実しているため、こちらの方を選ぶ人もかなり多くいます。

Amazonで書籍販売の形で「Webサービス開発に関する参考書」のような書籍を販売しておき、常に人の目に触れるようにしましょう。

ダイレクトメールで宣伝する

この場合の「ダイレクトメール」というのはなにも郵送用のメールではなく、もちろんフェイスブックやラインなどで利用できる「メッセンジャー」のことを指しています。友だち検索を行なう際に必ず利用できるこのメッセンジャー(ダイレクトメール)機能を活用する上で、Webサービス開発したサイトの宣伝も一緒にしてみましょう。

この際にはあまりしつこくならないよう配慮しておき、適度な宣伝に抑えることが大切です。

4:運用

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある
次は実際に「Webサービス開発」をした後の運営維持についてのご紹介になります。実はこの「運用」が各項目の中で一番頭を悩ませるところであり、この場合は「サーバの種類」、「使用する(バックベースとなる)インストールアプリソフトのチョイス」などを含め、初めの手順によってその後のWebサービスのあり方がほとんど決まってしまいます。

この際もできるだけ情報を集めておき、必要なツールを使いましょう。

使いやすいアプリをインストール

基本的にこの場合のアプリソフトというのは「Webサービス開発の運営を継続してサポートする土台」となります。つまり、このインストールしたアプリの上でWebサービスを提供することになるため、アプリの機能によって提供できるサービスが変わります。

シリウス、パーフェクトトレジャー、ドリームウィーバーなどのいろいろなビルダーがあり、これらの中から手っ取り早く作成・運営できる物を選びましょう。

ユーザーに見られやすくする

この場合の方法としては「SEO対策」や「SNSを利用したコミュニティ広場での掲載展開」などがあげられますが、まずは実際にユーザーに使ってもらい、そのWebサービス開発に関するリアクションを把握しておくことが大切です。

このリアクションを確認するための「アンケート式のアプリ」なども用意されており、特にグラフで月間・年間の利用状況・閲覧状況が一目でわかるアプリを先に見付けておくことが大切です。

サイトの終了や展開を工夫する

どんなに手を尽してもまったく利用数・閲覧数が伸びなかった場合には、その既存のWebサービス開発をまず終了させて、次のステップとして「新たなWebサービス開発に関する知識・情報」を確認することが大切になります。

つまり「既成のサイトの改版を作成するための情報収集・アイディア」となり、次のステップへ進むための土台づくりをすることになります。

Webサービス開発は終わりまで考える

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある
先述では「Webサービスを開発する手順4つ」と、「どれだけ多くのユーザーに上手く宣伝できるか」についての詳細情報をはじめ、「Webサービスを開発する手順と注意点」をご紹介しました。

基本的にWebサービス開発というのは「右も左もわからない手探り状態」で始めるのが常套であるため、初めから何もかもが上手くいくとは限りません。ただ一度開発したWebサービスを終了させ、次のステップを検討することは大切です。

Webサービスを開発しよう

webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある
今回は「Webサービスを開発する手順4つ|終わりまで考える必要がある」と題し、「Webサービスを開発する手順4つ|どれだけ上手く作成できるか」についての詳細情報をはじめ、「Webサービスを開発する手順と注意点」をご紹介しました。

独自開発したWebサービスを多くの人に役立ててもらい、その開発手順をもってさらに向上するためには事前準備が必要です。できる範囲の勉強をし、オリジナルの企画を展開しましょう。

【PR】首都圏・大阪エリアを中心に常時3000件以上の案件保有

正社員並みの保障つきでフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか。

Midworksは正社員並みの保障つきで、収入を最大にリスクを最小に抑えて、エンジニアの独立をサポートするサービスです。

継続性のある高額報酬案件とパフォーマンスを最大限に引き出す現場を提案し、あなた、そしてエンジニア全体の市場価値向上を約束します。

Midworks参画者の声
「フリーランスになる際、不安になる要素を支えてくれる多くのサポートがありました」
「年収アップも目指しながらスキルアップできる環境で働けています」
「フリーランスになって、参画者自分がしたい仕事をできるようになりました」

カテゴリ一覧

60秒でできる
無料会員登録
簡単! 無料会員登録はこちら